神代植物公園の薔薇(20130429) 神代植物公園の薔薇(20130505)
神代植物公園の薔薇(20130512) 神代植物公園の薔薇(20130518)
今年の春は桜をほとんど見ることが出来なかった……(泣)。せめて例年通りのスピードで桜が開花していればまだもう少し見られたのだが、今年の桜前線の早さと言ったらもうシューマッハもセナもびっくりなスピードだよ(←例えが古い……)。まあ、そのリベンジという分けではないのだが、4月後半から神代植物公園の薔薇をちょこまか見にいきました。上の写真は4月29日(上左)、5月5日(上右)、5月12日(下左)、5月18日(下右)で、4月末にはほとんど咲いていなかった薔薇も、5月5日にはやっと3分咲き、そして天候がよかったせいか5月12日は満開、5月19日も満開、でも散りかけの花も結構多い(まだ咲いていない花もあったけど)という感じ。

そういえば今年はあちこちで「おばちゃん達は何故か必ず花の写真を撮っている」というつぶやきみたいなものを耳にしたけど、私の場合は花の写真を撮りたくて花を見ているのではなく、花の写真は花が咲いてない時のエナジー補給、いわば保存食用ですから(意味不明)。しかし今年は色々体調絶不調のせいか、撮った写真もなんだか今一つぱっとしない感じがいたしまする。

神代植物公園の藤 神代植物公園の藤
タイトルが「5月の薔薇」なのに藤の花。藤の花は匂いが結構強いのであまり近寄れないのだが、それでもクチナシよりはまだまし鴨。クチナシはあの甘い強烈な匂いが苦手なので通り道に咲いていたら道を変えるぐらいだ。前にも書いたが「クチナシの花のような女」って絶対怖い女だと思う。

神代植物公園のモッコウバラ 神代植物公園のキモッコウバラ
モッコウバラとキモッコウバラ。他の薔薇よりも半月くらい早く咲く花。

神代植物公園の薔薇(マチルダ) 神代植物公園の薔薇(マチルダ)
神代植物公園の薔薇(ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ) 神代植物公園の薔薇(ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ)
上は薄ピンクが可憐なマチルダ、下はダイアナ プリンセス オブ ウェールズ。

神代植物公園の薔薇(ブルームーン) 神代植物公園の薔薇(ブルームーン)
神代植物公園の薔薇(ブルーバユー) 神代植物公園の薔薇(ブルーバユー)
上がブルームーン、下がブルーバユー、どっちも紫色にしか見えないけど、とりあえず青薔薇のジャンルらしい。

神代植物公園の薔薇(朝霧) 神代植物公園の薔薇(朝霧)
神代植物公園の薔薇(マジョレット) 神代植物公園の薔薇(マジョレット)
神代植物公園の薔薇(シルバ) 神代植物公園の薔薇(シルバ)
神代植物公園の薔薇(バニラ・パフューム) 神代植物公園の薔薇(バニラ・パフューム)

神代植物公園の薔薇(天津乙女) 神代植物公園の薔薇(天津乙女)
神代植物公園の薔薇(ピース) 神代植物公園の薔薇(ピース)
神代植物公園の薔薇(エメラルド・アイル) 神代植物公園の薔薇(エメラルド・アイル)

神代植物公園の薔薇(ロイヤル・ハイネス) 神代植物公園の薔薇(ロイヤル・ハイネス)
神代植物公園の薔薇(チャイコフスキー) 神代植物公園の薔薇(チャイコフスキー)
神代植物公園の薔薇(マジョリカ) 神代植物公園の薔薇(マジョリカ)

神代植物公園の薔薇(レッド・デビル) 神代植物公園の薔薇(レッド・デビル)
神代植物公園の薔薇(プリンセス・ドゥ・モナコ) 神代植物公園の薔薇(プリンセス・ドゥ・モナコ)
神代植物公園の薔薇(ダブル・ディライト) 神代植物公園の薔薇(ダブル・ディライト)
神代植物公園の薔薇 神代植物公園の薔薇

神代植物公園の薔薇(ピエールドゥロンサール) 神代植物公園の薔薇(ピエールドゥロンサール)
神代植物公園の薔薇(緑光) 神代植物公園の薔薇(緑光)
神代植物公園の薔薇の中で一番すきなピエール(上、正確には「ピエールドゥロンサール」)と緑光(写真下)。

新宿御苑の薔薇(インターナショナル ヘラルド トリビューン) 新宿御苑の薔薇(インターナショナル ヘラルド トリビューン)
ここんとこ絶賛体調不良のため色々情報収集をして、とりあえず16日に会社を休んでカイロプラクティクを受けてみました。そのあと新宿御苑で薔薇を見て↑、それから新宿ピカデリーで映画を見て帰宅。映画は「ハッシュパピー バスタブ島の少女」という作品で予備知識ゼロ、予告編すら見た事が無い映画で、ピカデリーの溜まっていたポイントでただで見られたので適当に選んだのだが……訳判らん映画だった。orz 「生と死」あるいは「滅びと再生」を描いているのかもしれんけど、なんだろ、どこまでが現実でどこまでが寓話でどこまでがファンタジーなのかさっぱりわからんかった……(とほほ)。

何はともあれ、今年の薔薇の季節はこれで終了。夏場は派手な花が多いし、とにかく暑さに弱いのでこれからしばらくはひっそりとしています(ホントか!?)。
テーマ:日記
ジャンル:日記
早い……、早いよ、今年の春は! もうね、年取ると色んな事について行けない訳ですが、桜の季節だけは先陣を切って突っ走ってきた私です。しかし今年は走る前からもう息切れ? 桜の季節だし、走っちゃうよ!と玄関で靴ひも結んでいたら目の前をF1カーみたいなスピードで桜前線が横切ってるみたいな? 今年の春のスピードにはもうついていけてません!(泣)

今の仕事についてから、特にこの3年ほど春と年末が一番忙しく以前のように平日会社をサボって花見三昧などという夢のような休み方が出来なくなって、前回の上司との面談でも「次の春はちゃんと花見をしたいです」と主張して呆れさせてしまったのだが、私は100%、本気なんだよおおおお! でもまあね、土日祝日は一応休みなので、3月に入ってからは定番の場所でかけずり回っています。どんだけかけずり回っているかというと、私はiPhoneにMovesという移動履歴記録アプリを入れているのだが、3月17日(日)に新宿御苑→皇居東御苑→浜離宮庭園と移動しつつ花を見ていたのがこんな感じに。↓

20130317moves新宿御苑
上の地図の下のペットボトルマークは新宿御苑千駄ヶ谷門近くのコンビニ、千駄ヶ谷門から新宿御苑に入場し入口そばの大寒桜を堪能し、レストハウスそばのベンチで買って来たパン類を食べつつ葉桜になりつつある修善寺寒桜を見て、枝垂れ桜や都内で一番大きな白木蓮の満開ぶりに見とれつつ新宿門(上のベンチマーク)から脱出、地図の芝生が緑色なので、薄緑で表示されている移動履歴が非常に見にくく、しかもかけずり回っているというよりも徘徊しているとしか見えないかもしれないが(笑)。

20130317moves皇居東御苑
新宿御苑から皇居東御苑へ。移動履歴の色を指定できるともっと見やすくなるんだが(もしかすると指定できるのかもしれないが、使い方をわかってないので指定できていない)。

20130317moves浜離宮恩賜庭園
そして浜離宮恩賜庭園へ。なんかクレヨンでぐしゃぐしゃと塗りつぶしたようになっていてこの線通りに歩いてたんだとするとちょっと危ない人みたいに見えるかもしれんが、ここは順路として細い道がたくさんあるので道なりに移動しているとどうしてもこうなってしまうのである。そんなこんなでこの日の歩数は18,814歩、結構歩きました。体重は全く減ってないがなー。なおこのアプリ、移動履歴記録とか(場所名、店舗名なども入れられる)万歩計の他にも色々表示できて面白いのだが、バッテリーを非常に食うのでオススメはできない。

新宿御苑の寒桜 新宿御苑の寒桜
そんなわけで3月9日(土)、新宿御苑は寒桜が満開。

新宿御苑の河津桜 新宿御苑の木瓜
関東地方ではいち早く咲く河津桜(写真左)も満開、木瓜の花(右)はまだまだ咲き始め、白木蓮は上の方がちょっと咲き始め、ソメイヨシノは全く咲く気配なし。

浜離宮恩賜庭園の梅林 浜離宮恩賜庭園の梅
移動して浜離宮恩賜庭園(新橋)へ。ここは満開の梅が解放中で、普段は柵で囲ってある梅林の中に入ることができた。

浜離宮恩師庭園の梅 浜離宮恩師庭園の梅
ちょっとわかりにくいかもしれないが、「緑萼梅(リョクガクバイ)」という緑色っぽい梅。

浜離宮恩師庭園
庭園の池の真ん中にある東屋と背後のビルの風景が静かで美しくて、つい、この景色の中に鷲津(大森南朋)を置いてみたくなるハゲタカ廃人の昼下がり(笑)。昼間だから酒じゃなくてお茶で、庭園を見渡せる東屋の縁台に腰を下ろす鷲津、背後に控えている中延さん(志賀廣太郎)、そして多分どっかのおえらいオヤジ(俳優未定、まあ財界の黒幕となっているだろう飯島さん(中尾彬)でもいいけど)が日本に帰ってきたのなら顔ぐらい見せなさいとか言われて仕事ではないということで会っているけど、もちろん今後の活動の布石でもあるわけね。……とか(うっとり)。

翌日の日曜日は確か黄砂と風がひどかったんじゃなかったけ? 一日家でずっと溜まっていたドラマの録画を見ていたような気が。そして翌週の休み、3月16日(土)はハゲタカ廃人な皆様と「公開セミナー 名作の舞台裏「カーネーション」」を聞きに行って、その後ドラマ「ハゲタカ」ロケ地「賭けてくれませんか、私と芝野に」倶楽部(新宿、オーキッド倶楽部)で鷲津が眺めていた夜景を見ていたので花見はなし(このネタは次の記事で書きます)、翌日17日(日)が上で書いた徘徊18,814歩の花見三昧。

新宿御苑の高遠小彼岸 新宿御苑の高遠小彼岸
17日、新宿御苑のソメイヨシノはまだ咲く気配なし、写真は「高遠小彼岸」という小振りの桜。小彼岸はどの系統の木もソメイヨシノみたいにまとまってどぼどぼ花をつけないのでちょっと寂しげ。

新宿御苑の枝垂れ桜 新宿御苑の枝垂れ桜
枝垂れ桜は満開〜。

新宿御苑の大寒桜 新宿御苑の陽光(桜)
写真左は満開の「大寒桜」、右は一分咲きの「陽光」。「陽光」は花の色が濃くてソメイヨシノよりも咲くのが早め。

新宿御苑の白木蓮 新宿御苑の白木蓮
新宿御苑のでっかい白木蓮、満開〜。東京では確か前日に桜の開花宣言をしていたようなので、開花宣言の基準木の桜がある靖国神社に行こうかと迷いつつ移動。

皇居東御苑の寒緋桜 皇居東御苑の天城吉野(桜)
結局靖国神社ではなく皇居東御苑へ。写真左が満開の「寒緋桜」、右はやや満開の「天城吉野」。葉っぱ以外で「大島桜」との違いがよくわからない。

浜離宮恩賜庭園の菜の花畑
さらに移動して浜離宮恩賜庭園へ。ここは……八重桜が多いせいか桜の木がまだ全然咲いてないーー。でも菜の花畑が満開。

気がつくともう夕方、まだ六義園(駒込)の夜桜は開放してないかな?とかこの際、井の頭公園(吉祥寺)の開花状況もチェックしたいしとか思いながらもさすがにヘトヘトになって帰宅、家で大河ドラマ「八重の桜」を見ながら夕飯を食べていたらなんと9時過ぎにバタンキュー(←死語)でした。

あー、まだまだ花見の季節はこれから! ……なのに、すでに置いてけぼりな予感(泣)。
テーマ:日記
ジャンル:日記
冬桜(十月桜) 新宿御苑の十月桜
三が日が終わったのでトップ写真を変えて通常モードのテンプレートにしてみましたが……もしかして上の写真の桜、ソメイヨシノみたいな春の桜を景気付けにアップしてるとか思われるかも(別に思われてもかまわんが)という気もしたので、たまにアップしたブログトップ写真について書いてみます。

上のトップ画像(下2枚の内左側)は去年の1月に会社の近くにあった十月桜、右はやはり去年の1月の新宿御苑の十月桜。十月桜といっても冬の桜って秋から冬の間結構長い間咲いているんだけど、春に咲く桜と違ってちょっと寂しい感じ。そしてなんで今年の冬桜の写真がないかっつーと、寒くて外に出られないからだ(とほほ)。
(2012.1.5)
テーマ:日記
ジャンル:日記
先々週の土曜日、久しぶりにピーカン天気なのでもちろん花見に行ってきました。神代植物公園の薔薇は、前週行ったときはほとんど咲いていなかったのだが、そして花見の前に名物のそばを食べようと思ったのに気がついたら日本酒を飲んでて、酔っぱらって花見をしていたのは置いておいて、満開の花が6分7分という感じでなかなか見応えがありました。しかしまあ、桜の季節の花見客って桜に見とれてたり桜そっちのけで宴会三昧な事が多いのに、薔薇の花を見に来る客ってどうも何かをつい言ってしまうものなのか? それとも桜よりも格段に花の方を見ているからこそ色々言いたくなるのか?

神代植物公園の薔薇(ミスター・リンカーン) 神代植物公園の薔薇(ブルー・ムーン)
神代植物公園の薔薇(マチルダ) 神代植物公園の薔薇(パスカリ)
神代植物公園の薔薇(ピエールドゥロンサール) 神代植物公園の薔薇(フラワー・ガール)
白くてクチナシみたいな匂いの薔薇に近寄る年配のご夫婦。ダンナさんがずっと匂いをかいでいると奥さんが「あなた、甘い匂いが好きだもんね。私は酸っぱい匂いが好き」と。ん?酸っぱい匂いの薔薇って何だ!? その後一回りしてから香りが特徴的な花、というくくりで囲ってある花壇の薔薇を見ていたら通りすがりのオヤジが「この花は香りが酸っぱいんだよ」と言っていたのでビックリして匂いを嗅いでみたのだが、すっと鼻にくる香りではあるものの特に酸っぱさも感じず。そしたらそのオヤジが「スパイシーだよね」と言っている。酸っぱい=スパイシーじゃないやんけ。

神代植物公園の薔薇(ゴールドクローネ) 神代植物公園の薔薇(コンフィダンス)
中央の通路を歩いていたアラフォーぽい三人組女子の一人は「いよいよ私たちもこういう所に来る年頃になりましたよ」と。確かに私も昔よりも格段に花好きにはなっていると思うが、「こういう所に来る年頃」って(笑)。

神代植物公園の薔薇(ガーデン・パーティー) 神代植物公園の薔薇(ゴールドバニー)
神代植物公園の薔薇(シルバ) 神代植物公園の薔薇(黄金)
さてこの日は天気がいいので他の公園にも足を伸ばしたかったのだが、7月末までになんとか引越をしなくてはならないので、あきらめて家捜しですよ。平日の夜は以前に比べたらかなり早く帰れるようになったとはいえ、まだまだ不動産屋が開いている時間には帰れないので土日が勝負なのだが、しかし今の時期、物件がなさすぎ(泣)。

そして先週の土曜日、満開のピークを過ぎたか?と思いつつもまたもや神代植物公園へ。やはりかなりの花が超満開状態で、水曜日あたりに見に来れなかったのが悔やまれる。

神代植物公園の薔薇(つるサマースノー) 神代植物公園の薔薇(ピエールドゥロンサール)
去年も書いたけど、薔薇の中で一番好きな花、ピエール(ちゃんとした名前はピエールドゥロンサール)。近くにいるオバサマがたが「マリーアントワネットみたいな花」と言っている。確かにロココ〜な花っぽい(笑)。

神代植物公園の薔薇(つるブルームーン) 神代植物公園の薔薇(偽ブルームーン)
左は「ブルームーン」という花で、精一杯青に近い花らしいが紫色だとしてもまだ青みが足らんよなあとか思って、青色に加工してみた(写真右)が、なんかホラー映画っぽくなってしまった(笑)。

神代植物公園の薔薇(緑光) 神代植物公園の薔薇(花名不明)
どうも桜といい薔薇といい緑がかった花に目が行く。左は「緑光」というちょっとカーネーションっぽい花だが、右は品評会で評価するためだかなんだかで名前ではなく番号が表示しているだけなので名前が不明。

神代植物公園の薔薇(マジョリカ) 神代植物公園の薔薇(ガーデン・パーティー)
そして薔薇を見た後はまた不動産屋へ。去年物件を紹介してもらって引越を決めた店に行って今年も色々紹介してもらったが(でも条件に合う部屋はなかったが)、担当者の人が「僕もこの街には来年引っ越そうと思っているんですよ。駅前に○○って店がありますよね、あそこ、どうですか?」とどっちが担当なんだよ、というような非常にローカルな質問をしてくるのだった。

そして今日は薔薇の季節もいよいよ終わりか?と思いつつとにかく天気がいいので新宿御苑に。いつも年間パスポートで入園しているのだが、ここんとこ神代植物公園の方にばかり行っていて気がつかなかったがパスポートの期限が切れてたよ……。

新宿御苑の薔薇(アラベスク) 新宿御苑の薔薇(ラベンダードリーム)
新宿御苑の薔薇(ジュード ジ オプスキュア) 新宿御苑の薔薇(ワイフ オブ バス)
新宿御苑の薔薇(モリニュー) 新宿御苑の薔薇(エスメラルダ)
新宿御苑でざっくり花を見て外に出たらなんと花園神社のお祭りだったのか、神輿と担ぐ人達と警備の人と観客と野次馬でごった返している中をなんとかすり抜けて、世界堂(画材屋)に行ったら中にいた客の「来月はコミケの当落が来るから」という会話を耳にしてガックリですよ。ついこの間反省したばかりだったのに(5月8日「COMITIA100に行ってきました。」)、まだ何も手をつけておりません(泣)。会社でも隣の席のY岡さんと年末調整の準備をについて話していたばかりだったが、時間が過ぎるのが早いよ!
テーマ:日記
ジャンル:日記
今年の春は梅も桜も他の花もみないつもよりも咲くのが遅かったが、暖かくなったらどの花も一気に咲きはじめていつもよりも格段に花見の期間が短かったため、仕事が相変わらずとんでもないことになっていてなかなか抜け出せず今年は殆ど花見をできませんでした(泣)。そんな訳で、今年はこんな感じ(そりゃま、普通の人よりは見ているかもしれんが(笑))。

3月20日(火) 新宿御苑、皇居東御苑、井の頭公園
3月22日〜3月24日までインフルエンザで寝たきり(とほほ)
3月25日(日) 神代植物公園、井の頭公園
3月31日(土) 休日出勤で花見ナッシング(泣)
4月01日(日) 新宿御苑、井の頭公園
4月06日(金) 四ッ谷外濠公園←会社の近所
4月07日(土) 皇居東御苑、千鳥ヶ淵、靖国神社
4月08日(日) 新宿御苑、浜離宮恩賜庭園、日比谷公園
4月09日(月) 清水谷公園←会社の近所
4月10日(火) 外濠公園、新宿御苑←午後、会社を2時間だけ脱出(泣)
4月12日(木) 新宿御苑←午前中会社を2時間遅刻して立寄
4月15日(日) 新宿御苑、神代植物公園

新宿御苑の白木蓮 新宿御苑の白木蓮
そんな訳で4月1日の新宿御苑の白木蓮。前日の休日出勤が結構堪えていて、あまりあちこち見て回れなかった。つくづくトシ取ったら酒は飲めなくなるし休日出勤もできなくなるのをしみじみ実感。

皇居東御苑のコシノヒガン 皇居東御苑のコシノヒガン
そしてどこにも行けないままやっと土曜日に。いい天気〜。皇居東御苑の「コシノヒガン」。花はソメイヨシノよりも小振りでソメイヨシノよりもうっすらピンク系、花のつき方がどぼどぼしていて遠くから見ても面白い感じ(写真左)。

皇居東御苑大手門入口近くには「ショウワザクラ」という木があり花はほとんど咲いてなかったが、枝の広がり方が雪の結晶のようというか非常に規則正しい感じで、それに比べてソメイヨシノって枝振りも花づきもすごくランダムだよなあ、もしかしてソメイヨシノの魅力ってそこか?とか思いました。

皇居東御苑の山桜 千鳥ヶ淵
写真左は皇居東御苑の山桜。たらたら桜を見た後は千鳥ヶ淵の手前と靖国神社へ。

靖国神社の前は出店で賑わっていて花見客でごった返していたのだが、そういえば去年は出店も全く出てなかったし元からある茶屋(みたいな店)も午後6時には店仕舞して、なおかつ花見自粛看板があちこちに立っていたんだよなあと思い出したり。

新宿御苑の陽光 新宿御苑の陽光
そして翌日は新宿御苑へ。千駄ヶ谷門から入ったのだが、天気がよくなおかつソメイヨシノが満開だったために花見客の行列がすごいことになっていた。なんと入園券売り場の行列が千駄ヶ谷門から千駄ヶ谷駅近くまで伸びていて(300mくらい?)ビックリ。これは入園待ちの行列?と思ったら「入園券窓口 最後尾」の立て札を持っている人がいたので、その行列をすいすい追い越して入口へ。年間パスポートを持っててよかったとこの時程思ったことはない(笑)。しかし入口では厳戒体制で持ち物検査。もしかして爆破予告でもあったのか?とか思ったら「アルコールの持ち込みはありませんね?」と。まー、去年から一貫しているといえば一貫しているけどな。

新宿御苑の中は人だらけ、そしてソメイヨシノが満開!

写真は「陽光」という名の桜。かなりピンク色が濃い。

新宿御苑のコヒガン 新宿御苑の高遠小彼岸
左は「コヒガン」、右は「高遠小彼岸」、どちらも他の年ならソメイヨシノよりも1週間ぐらい前に咲いているのだが、今年は花がまとめて満開。

浜離宮恩賜庭園の桜 浜離宮恩賜庭園の山桜
そのあと新橋の浜離宮恩師庭園へ。ソメイヨシノはここでも満開。

浜離宮恩賜庭園の菜の花
浜離宮恩賜庭園の菜の花畑。

日比谷公園の桜
そこからまだ時間があったので小石川後楽園か六義園に行こうかと思ったが、ふと、そういえば日比谷公園の桜って見た事ないなと思い出して、日比谷公園へ。でも桜はそんなにはなかった。この後夜桜ライトアップもやっている六義園と井の頭公園に行こうかと思ったが、もうヘトヘトだったのでおとなしく帰宅。

四ッ谷外濠公園のチラシ 四ッ谷外濠公園の残骸
写真左は翌日朝の四ッ谷外濠公園。いつもの通勤経路を変えて四ッ谷駅で降り外濠公園の中を通って会社へ。朝から場所取りのシートが並んでいるが、そこに抜け目なく「一番近くの酒屋はココです」とのチラシが挟んであった。写真右はさらに翌日の朝の四ッ谷外濠公園。前日夜に宴会をやった連中が連ちゃんで花見をするためか、散らかったまま、ゴミを放置したままになっている。ちゃんと片付けろ!

四ッ谷外濠公園のソメイヨシノ 四ッ谷外濠公園のソメイヨシノ
四ッ谷外濠公園のソメイヨシノ。

清水谷公園の枝垂れ桜
会社の近くにある清水谷公園で昼休みにちょい花見。

新宿御苑の花吹雪
そんで天気がよかった4月10日の午後、「2時間だけ!」と言って会社を脱出。新宿御苑は花吹雪。平日の昼間だったせいか、あるいは満開を過ぎてしまったせいか日曜日程の人出はなかったのだが、私がボケっと花吹雪の中を歩いているといきなり「どけてください!」との複数の声が。見ると(多分)プロのカメラマンや(多分素人の)カメラ野郎が写真を撮っているところだったようだ。プロのカメラマンはこの二度とない一瞬を撮っておかないと仕方がないからわかるが、同じ入園料を払っておとなしく見ているだけなのにカメラ野郎に「どけろ」などと言われたくないが。

新宿御苑、花吹雪の山桜
花吹雪の山桜。

新宿御苑のアメリカ 新宿御苑のアメリカ
「アメリカ」という名の桜。ほんのりピンク色が可憐。

新宿御苑の白雪 新宿御苑の白雪
八重桜の「白雪」は満開。

四ッ谷外濠公園 四ッ谷外濠公園
そして通勤途中の外濠公園。桜吹雪の中を遅刻しそうなので(笑)走って通り抜ける。

新宿御苑のゲンペイモモ 新宿御苑のゲンペイモモ
木曜日は朝、やっぱりきれいに晴れていたので会社に「11時までに出社します!」と連絡して新宿御苑に。「ゲンペイモモ」は白と赤のまだらなので散った花びらももちろんまだら。

新宿御苑の八重紅枝垂 新宿御苑の八重紅枝垂
「八重紅枝垂桜」。遠くからの姿が美しい。

新宿御苑の横浜緋桜 新宿御苑の白妙
写真左は「横浜緋桜」、右は「白妙」。

そして昨日(4月14日)は雨だったので花見もせず、今日はやや晴れたので新宿御苑へ。

新宿御苑の花絨毯 新宿御苑の花絨毯
新宿御苑の花絨毯 新宿御苑の花絨毯
「陽光」はピンクいろが濃い花なので花の絨毯も少し濃いめ(写真上右)。

新宿御苑の一葉 新宿御苑の嵐山
八重桜の「一葉」は満開。右は「嵐山」という名前の桜。

新宿御苑の長州緋桜 新宿御苑の長州緋桜
「長州緋桜」。花は大振りで山桜のような茶色の葉が花と一緒に伸びている。

新宿御苑の鬱金 新宿御苑の鬱金
私が好きな緑色の桜、「鬱金」もやっと咲き始め。園内では「一葉」は満開だったものの「関山」や「普賢象」のような八重桜はまだ全然咲いてなかったので、多分八重桜の見頃は今度の土日かも。もちろん、見に行きますよ!
テーマ:日記
ジャンル:日記
今年は花が咲くのがかなり遅い。去年や一昨年と比べてどんくらい遅れているんだ?と去年撮った写真を見てたら、3月11日以降、下旬になるまでほとんど花見をしてなかった! まー、どこも閉園していたり、電車も間引き運転だったり、エスカレータも止まってたり、うかつに出歩くと家族に白い目で見られるからというのもあってちょっと自粛していたんだな。そして4月になったら例によって走り回っていた訳だが、どこに行っても花見自粛の看板が立っていたもんだから、その自粛看板コレクションをしたりしてましたよ。

そんな訳で今年もまた花の季節がやってまいりましたが、ここんとこ平日はいい天気なのに土日は雨という日が続いてなかなか花見日和にならない。いつもだったら平日は会社をサボって見に行くのだが、昨年11月頃からの激動の仕事状況がまだ少し続いているのでなかなか抜け出せない(泣)。しかし今日、やっといい天気! ……なのに風邪ひいて寝込んでいるとは何事か。午前中はずっと寝たきり状態。もったいなさ過ぎる。と言う訳で午後からやっと蠢き始めました。

新宿御苑のサンシュユ 新宿御苑の寒桜
最初は年間パスポートをフル活用している新宿御苑に。寒桜が満開~。左はサンシュユ。

新宿御苑の寒桜 新宿御苑の寒桜
桜の下にはつい、鷲津を置いてみたくなりますね(笑)。

さて、iPhoneを去年12月に購入して以来サブのデジカメとして利用しているものの、接写撮影が出来ないのが非常に不満だったので、専用のレンズまで買ってみたのである。ううううむ、しかし一つは真ん中がはっきりするものの周囲がぼやけ過ぎるのが不満、もう一つは対象物に2、3cmくらいの距離にまで近寄らないとピントが合わなくて、花の一部だけでかくきれいに写るというのが不満だった(レンズを2個も買ったのな)。しかし今日使ってみて、あれ?と思ったのだが、もしかして先日のiPhoneのOSのバージョンアップでデジカメの接写撮影もかなり出来るようになったような気がする(気のせい? ただ単に使い慣れてきたのか?)。今回いつものデジカメでも写していたが、ここでアップしたのは全てiPhoneで撮った写真だ。買ったレンズは全く使ってないが、結構近寄って撮れている。

新宿御苑の福寿草 新宿御苑の梅
新宿御苑の福寿草と梅。梅はまだ3分咲きっつー感じ。

新宿御苑の白木蓮 新宿御苑の白木蓮
3月20日だというのに白木蓮がまだ全然咲いていない! 右は去年の3月21日の新宿御苑の白木蓮。

そんで今度は皇居東御苑へ。

皇居東御苑の壁(2011年4月) 皇居東御苑の壁(2011年9月)
皇居東御苑の壁(3月)
おおおお、崩壊していた壁が修理されとる! 写真上左が去年の4月、右が去年の9月のもの。度重なる余震のせいか、9月の時点で少し崩壊が進んでいる。

皇居東御苑のミツマタ 皇居東御苑のフキノトウ
皇居東御苑のミツマタ(左)とフキノトウ(右)。

皇居東御苑の梅 皇居東御苑の梅
ここの梅は7分咲きという感じ。

皇居東御苑の川津桜 皇居東御苑の寒桜
川津桜(左)と寒桜(右)。寒桜は新宿御苑の方が花びらが大振りだ。

皇居東御苑の馬酔木 皇居東御苑の曙馬酔木
馬酔木と赤い馬酔木の曙馬酔木。

さてこの後、皇居東御苑のある大手町から日比谷まで歩いて、宝塚劇場前のMUJI Cafeで休憩、その後井の頭公園に行って梅を見て、もうすっかりヘロヘロになって帰宅。もともと体調が悪かったのに歩き回ったせいかすっかり疲れていて、夕飯の買い出しのために西友でカートを押していても、何買ったらいいのか思いつかず店内をぐるぐるしてたよ……。

ま、今日は桜チャージはばっちり出来たので、そろそろハゲタカチャージもしたいところだ。
テーマ:日記
ジャンル:日記
今日は久しぶりに会社を休んで、先週受けた人間ドックで食道に何か塊があると言う事で再検査になったため胃カメラの検査を受け、そのあと天気がいいので新宿御苑に行って花を見て、さらに新宿ピカデリーで映画「ミッション・インポッシブル4」を見て、ちょっとだけウィンドウショッピングをして、その後ネットカフェでだらだらして、普通に帰宅という私的に非常に充実した1日だった。

しかし、胃カメラ、本当にしんどかったわ~。以前胃カメラの検査をした時は日赤で受けたせいか全身麻酔ですっかり眠りこけていたため、目が覚めたら丁度カメラを引っ張り出す所だったため辛かった記憶がまったくなかったのだが、今回は喉元だけの麻酔だったためモニタに映し出される自分の胃の中をじっくり見る事ができたとはいえ、非常につらいものでございました。なお検査結果は「食道の出来物は水の塊」「胃は非常にきれい。こういうきれいな胃の人に見られる小さいポリープがあちこちにあるので経過観察で定期的に検査は受けて下さい」との事だ。まー、とにかく健康第一だよね…。

さて新宿御苑はこの季節、まだそんなには花は咲いていなかったが、天気がいいので青空も本当にきれい。ふと思い立っていつも使っているCANONのカメラとiPhoneのカメラではどのくらい写りが違うもんなのか比べてみる事にした。比べるっつーても撮影者がへっぽこ野郎だからさしたる差はあまりないのだが。

カメラ(IXY) カメラ(iPhone)
左がいつも使っているCANON IXY DIGITAL800IS、買ったのは5年前で確か前のカメラのシャッタスピードの遅さに耐えきれずに新しいのを買ったんだったような気がする。今もこのカメラに不満はないが相変わらず物使いが荒いせいかどこかのネジが取れてしまって少し分解しかかっている(←ダメダメ)。右はこの間買ったIPhone4S、私は今までの携帯では待ち受け画像にお気に入りの何かを設定した事はなかったのだが(携帯はシンプルなのが一番だと思っているので)、今回は設定してしまいました(てへっ)。なお、今日見た「ミッション・インポッシブル」でもiPhoneは大活躍、イーサン・ハント(トム・クルーズ)がやたらめったら危険な目にあうから一緒にとんでもない目に遇ってても全然壊れないiPhoneすごい!それなら私が300回くらい落としたって全然平気だよね!(違)。以下の写真は左がデジカメ、右がiPhoneで撮ったもの。デジカメで撮った写真はいつもは色味を少し調整してブログに載せているのだが、今回は比較のため、撮った写真をそのまま載せている。

新宿御苑の水仙 新宿御苑の水仙
新宿御苑の水仙。iPhoneで写すととにかく色合いがきれいなのだが、デジカメみたいに筐体をしっかりにぎってシャッターを押すということが出来にくく(私が不器用なだけか!?)私の場合ピントを合わせるのに時間がかかったり持ち方によっちゃあすぐに自分の手とか写しちゃうんだよな。

新宿御苑のスイセン“ペーパーホワイト” 新宿御苑のスイセン“ペーパーホワイト”
また、デジカメだと花を撮る時は接写モード、風景を撮る時は遠景モードと選んで撮っているが、iPhoneはどうやら接写モードがないらしく(まだ私がよくわかってないだけ??)近寄りすぎるとぼやけてしまう。

新宿御苑の十月桜 新宿御苑の十月桜
新宿御苑の十月桜 新宿御苑の十月桜
新宿御苑の十月桜。もちろん十月頃からずっと咲いている。

新宿御苑のエリカ 新宿御苑のエリカ
新宿御苑のエリカ。

新宿御苑の枯葉 新宿御苑の枯葉
新宿御苑の枯葉 新宿御苑の枯葉
新宿御苑の遠景 新宿御苑の遠景

新宿御苑の白木蓮 新宿御苑の白木蓮
都内で一番大きいらしい白木蓮の木にはまだまだつぼみもない。

新宿御苑の梅もどき 新宿御苑の梅もどき
新宿御苑の梅もどき。

新宿御苑のストック 新宿御苑のストック
新塾御年のストック。右のiPhoneはこれ以上近づくとぼやけてダメだった。

新宿MUJI Cafe 新宿MUJI Cafe
今日は検査のために昨日の夜9時以降全くのまず食わずでの苦行だったため、映画を見る前に新宿のMUJI Cafeで腹ごしらえ。ここではiPhoneの写真の方がやはりメリハリがきいているように見えるが、もっと暗い場所だとiPhoneはちょっと不利っぽい。

まー、もう少し使いこなしたらもっときれいな写真が撮れるのだろうが、断念ながらまだ全然iPhoneの基本の使い方もマスターしてないのだった(泣)。
テーマ:日記
ジャンル:日記
新宿御苑の彼岸花 新宿御苑の彼岸花(黄色)
夏にはめっきり弱い私にも大分すごしやすい季節になったので、ちょこまか出歩いている(9月25日「そろそろ秋の花見の季節」)。先々週の10月1日は映画の日なので午前中に新宿ピカデリーで「エンディングノート」を見た後、新宿御苑へ。彼岸花がちょうど満開だったが、千駄ヶ谷門の入口左脇には黄色い彼岸花が。ぱっと見、百合っぽく見えるが葉がなく(葉は桜同様に花の後で生えるらしい)つぼみも百合とは違うので多分彼岸花だと思われる。白い彼岸花は昨年、北の丸公園で見たし、今年も皇居東御苑で咲いていたらしい。ちなみに白、赤、黄色の他に桃色や紫もあるらしい。

新宿御苑の金木犀 新宿御苑の銀木犀
左が金木犀、右が銀木犀。金木犀の香りに本当に幸せな気分になる。私のこの幸せ気分の大元はかつて読んだ漫画作品のせいでもある(2005年10月16日「金木犀狩り」)。ちょっと金木犀気分に浸ろうとうちにあるはずの本(内田善美「星の時計のLiddell」を探してみようとしたら、、、オーマイガー! まだまだ山積みの段ボール箱の奥にあるみたいだったYO! ……今年中にはなんとかしたい(とほほ)。ちなみに杓文字も計量スプーンもワインオープナーもみつからないままなので買い直したのだが、きっと引越作業のどさくさに捨ててしまったような気がする(泣)。

神代植物公園、「この木、大好木」
そして一昨日の朝、twitterを見てみたら気象予報士の方が等々力渓谷でキンモクセイが満開であるとツイートしていたので、まだ一度も行ったことがないが今日は等々力渓谷に行ってみるぜ!と後先考えずに電車に乗る。都内にあるのに「渓谷」って名前がついているのもすごい。しかし無茶苦茶ぼんやりしていたらしく乗り換え時に電車を間違えて高尾方面行きの中央線に乗ってしまう(とほほ)。逆方向じゃん(泣)。荻窪でやっと気がついて引き返そうかと思ったが、もういいやっ、この際吉祥寺から神代植物公園に行ったるわい、と下車して神代植物公園へ。公園は入口のチケット売り場にもう金木犀の香りが蔓延していて非常にうれしい。ここで来年の春のために年間パスポート(2,500円)を購入しようかどうか一瞬まようが、結局1回入園券(500円)を購入して入園。うひゃーーーー、お年寄り率多し(自分もいいトシだけどさーー)。

園では今、「木」人気投票をやっているらしい。その名も「この木、大好木」……。神代植物公園は今年の10月20日で開園50周年を迎えるとのことで色々イベントがあるようだ。

入ってすぐの所にダリア園があり、子どもの頃からダリヤは嫌いだったのでスルーしようかと思ったものの、なんとはなしにダリアエリアに入ってみた。

神代植物公園のダリア「お色気」 神代植物公園のダリア「栄華」
神代植物公園のダリア「晩秋の森」 神代植物公園のダリア「成人式」
神代植物公園のダリア「ハッピーギャル」 神代植物公園のダリア「サンタクロース」
北海道では夏に咲いていたけど(北海道は冬が長く夏が短いので、春の花も夏の花も秋の花もいっぺんに咲くのだ)、東京では今自分がダリアの季節なんだろうか。しかし、ダリアの花の名前に驚く。一番上の右の「栄華」はなんとなくわからないでもないが、左は「お色気」。蓮の花っぽい清楚な感じのする花なのに「お色気」とは? ほんわりピンク色な部分が湯上がりの女性っぽいとかそんな感じかのか? その下左が「晩秋の森」、右が「成人式」、一番下左が「ハッピーギャル」、右が「サンタクロース」。と、ここまではまだ普通の領域。花がすっかり終っているらしく名札だけだったのが「プチ太郎」「望郷」「数え唄」「乱れ髪」「土俵入り」とヒジョーに情緒的だったり謎な花の名前が並んでいる。うーん、一体誰が名前をつけるんだろう。

神代植物公園の薔薇「緑光(千鳥)」 神代植物公園の薔薇「デスティニイ」
神代植物公園の薔薇「マジョリカ」 神代植物公園の薔薇「ジャルダン ド フランス」
神代植物公園の薔薇「ローズ ゴジャール」 神代植物公園の薔薇「夕霧」
神代植物公園の薔薇「ゴールドバニー」 神代植物公園の薔薇「ブルーバユー」
神代植物公園の薔薇「ふれ太鼓」 神代植物公園の薔薇「オクラホマ」
バラ園は今が満開の花もこれから咲きそうな花もよりどりみどりで、今月一杯は楽しめそう。しかしダリアに比べると薔薇はごく普通のネーミング。「緑光(千鳥)」「デスティニイ」「マジョリカ」「ジャルダン ド フランス」「ローズ ゴジャール」「夕霧」「ゴールドバニー」「ブルーバユー」「ふれ太鼓」「オクラホマ」……でも横文字で誤摩化されているだけか?

神代植物公園の薔薇 神代植物公園のバラ園
春に咲いていた薔薇はあちこちで実をつけていた。

神代植物公園のパンパスグラス(でけぇー) 神代植物公園のパンパスグラス
でかいススキ? これはパンパスグラスというイネ科の植物らしいが、とにかくでかい(参照、写真右)。3m以上はあるんじゃなかろうか。

神代植物公園のシオン 神代植物公園のコスモス
写真左は「シオン」だが、園内の花で一番虫が群がっていて、虫のマンションのようだった。

神代植物公園の金木犀 神代植物公園の金木犀
入り口付近で香りを占拠していた金木犀の木はかなりでかかった。でもほとんど終りかけだったのが残念。

ご近所の金木犀 ご近所の金木犀
ご近所のピラカンサ ご近所の萩
今年は金木犀を見る時間がなかなかなくすっかり出遅れてしまったので、昨日の朝、自転車に乗ってご近所を徘徊し(笑)香りをかすめ取っていた。……と花見から帰ってピグの拙宅の庭でnanakoさんに報告していたら「効率第一」と言われたのだった(ええ、相変わらず庭でしゃべくっているわしらです(笑)。昨日はiPhone4Sを買うかどうかという話をしていたが)。拙宅のご近所は桜と金木犀を植えているお宅が非常に多いので、春と秋はささやかに楽しめる。

小石川後楽園の彼岸花 小石川後楽園の彼岸花
そして今日こそは等々力渓谷に、とか思っていたのにいつのまにやら小石川後楽園へ。一度も行ったことがない所に行くのはなかなかハードルが高いせいか、ついついいつも行っている所に足が向かってしまう。今年はもうあらかた終っていたがここは彼岸花が非常に多かった。来年の彼岸花の季節には要チェック。

新宿御苑のハナミズキ 新宿御苑の十月桜
その後は毎度おなじみ新宿御苑へ。写真左はハナミズキ、右が十月桜。天気がいいせいか芝生に寝転がっているあちこちのアベック(死語か?)の合間を縫って写真を撮っている私。不審者か!?

新宿御苑の薔薇「ニコール」 新宿御苑の薔薇「マイグラニー」
新宿御苑の薔薇「クリームデライト」 新宿御苑の薔薇「スプリングコサージュ」
新宿御苑の薔薇「ダブルデライト」 新宿御苑の薔薇「ピカソ」
新宿御苑の薔薇。「ニコール」「マイグラニー」「クリームデライト」「スプリングコサージュ」「ダブルデライト」「ピカソ」。

新宿御苑のイベント準備 新宿御苑のイベント準備
広い芝の部分で何やらイベント準備をしていたので「もうそろそろ園遊会だったけ?」とか思って見たら、昨日は「新宿御苑森の薪能」というのをやっていたらしい。

新宿御苑のコムラサキ 新宿御苑の葉鶏頭
新宿御苑のコムラサキ(写真左)と葉鶏頭(写真右)。

さて、もう10月も中旬、そろそろ今度こそ本当に同人誌の原稿にとりかからなくてわ~(←毎回、こればっかり)。
テーマ:雑記
ジャンル:日記
近所の彼岸花
昨日は子ども(12歳)の中学校で文化祭があり、今年はPTA広報委員をやっているので一日あちこちで写真を撮っていたのだが、昨日のあの晴っぷり(と暑さ)にすっかりヘトヘトになって帰宅しただよ。子どもの中学校は始業式や終業式のようなイベント時には「正装」(決まった制服はない。冠婚葬祭時にも着られるちゃんとした服装、という指定があるのみ)着用なのだが、それ以外は自由なので昨日も子どもたちは思い思いの格好をしていた。しかし事前に発売されていた文化祭仕様の中学校オリジナルTシャツ(4色あったようだ)をオサレな女子がそれぞれアレンジして着ていて面白かった。

ある子はTシャツの襟ぐりを大きくカットしてタンクトップの上に重ね着していたり、あるいは裾や袖をギザギザに切ったり大胆に斜めに切ったり、はたまた脇にシャーリングしてレースのリボンで結んでいたり、デコっていたり、色々イラストやカットや文字等の書き込みをしていたりと様々。中には2枚の色違いのTシャツを半分ずつ縫い合わせて着ている子などもいてビックリ。オサレな子は何を着てもオサレだ。

そんでもってあちこちかけずり回って写真を撮っていたら校内でけつまづいて足の親指を突き指してしまったのである。とほほ。さして痛くはないのだがどうしても少し足を引きずって歩いてしまうようで、いつものようにガシガシ歩けない。今日はもう一日家でダラダラしてようかと思ったのだが、昨日学校からの帰り道で彼岸花を見かけてしまい、これは見に行かなくては! でもあまり歩けないのでとにかく彼岸花だけでも見ようと目標を決め、いつもの新宿御苑にGO! 新宿御苑は年間パスポートを持っているが、私の場合完全にモトを取っているな。

新宿御苑のウメモドキ 新宿御苑のススキ
新宿御苑のウメモドキとススキ。

新宿御苑のタイワンホトトギス 新宿御苑の彼岸花
タイワンホトトギスと彼岸花。彼岸花にはお年寄りが沢山群がっていた。

新宿御苑のコムラサキ 新宿御苑の十月桜
新宿御苑のコムラサキ(写真左)はまだまだ色づき始めたばかり、十月桜(写真右)は相変わらず寂しい花だ。

新宿御苑の倒れていた看板
そして先日の台風のせいか看板が倒れていた。

新宿御苑もいつもなら新宿門から千駄ヶ谷門まで園内を縦断(横断?)し満遍なく咲いている花を見るのだが、今回はあまり歩けないので新宿門から彼岸花が咲いている日本庭園のあたりまでをさくっと散策。そういや彼岸花と言えば皇居東御苑にもあったはず、と今度は大手町へGO。

皇居東御苑の壁(9月) 皇居東御苑の壁(4月)
間違い探し(笑)。大手門から皇居東御苑に入ると相変わらず壁が崩落しているのだが、春に来たときよりもさらにボロボロになっている!?と思って写真を見比べちゃったよ。左が今日の東御苑、右が4月の東御苑。

皇居東御苑の十月桜
皇居東御苑の十月桜。隣にいたおばちゃんたちが「十月じゃないのにねー」と言っていた。

皇居東御苑の彼岸花 皇居東御苑の倒木
そして彼岸花は先日の台風のせいか倒れていた。さらに上の方に行くと枝がガッツリ折れている木も。

皇居東御苑のコムラサキ 皇居東御苑のシロシキブ
皇居東御苑のコムラサキとシロシキブ。そういや去年の今頃はハゲタカ廃人な皆様とここに遠足に来たんだったな(2010年10月12日「秋晴れの日のプチ遠足」)。

皇居東御苑のウメモドキ 皇居東御苑の女郎花
皇居東御苑のウメモドキと女郎花。新宿御苑のウメモドキの方が葉っぱがボロボロだったが、新宿御苑の方が虫やトリの被害にあっているっつーことなのか?

そういえば劉一華記念公園(常盤橋公園)にも彼岸花があったはず。しかし皇居東御苑から劉一華記念公園までは地下鉄に乗っても歩いても中途半端な距離にあり、いつもなら皇居東御苑からサクサクと歩いて公園に行くのだが、今回はあまり歩けないので残念ながら劉一華記念公園はパス。

日本武道館
変な歩き方をしているせいかそろそろ足もだるくなってきたのでもう帰ろうかと思ったが、ふと、そういえば北の丸公園にも彼岸花があったはず、彼岸花だけ見て帰ろう、とよせばいいのに九段下へ(笑)。

今年の春の地下鉄九段下駅は節電のためにエスカレータが全部止まっていて、地上まで上がるのに苦労したものだが(4月5日「お花見日記[4/5]自粛って何? 教えて、エライ人。」)、幸いなことに地上まで全部エスカレータが動いていた。これで止まっていたらそのまま家に帰っていた所だ。

九段下駅から武道館の前を通り過ぎた辺りで子どもから電話が来る。
「いま、どこにいるの?」
「武道館前」
「え!?なんで??」
武道館ではこのあと始まるイベントの準備中らしく、スタッフがこまごまと動いていたり、武道館内からはリハーハル中なのか派手な音が(音楽か)ガンガン聞こえて来る。
「北の丸公園に行く途中、前を通りかかったから」
「……もう、いいよ。じゃね」
子どもが電話をかけて来ると私は茨城県湖南省にいたり、名古屋にいたりしたものだが(5月28日「ハゲタカ廃人名古屋珍道中記(2011年2月19日)」)、九段下ならまだ近いんだからいいじゃんかよう。

北の丸公園のコムラサキ 北の丸公園の彼岸花
さて歩くのもそろそろしんどくなってきたので彼岸花だけ見て帰るぞ、と思って北の丸公園の九段下出口まで行くと、まだ咲き始めなのか彼岸花はまばらにしか咲いていない。そういえば北の丸公園の彼岸花はこの出口の反対側の濠沿いに沢山生えていて、しかも確かここには白い彼岸花もあったんだったーー。しまった、もう反対側までいく体力と気力がねぇええ。

と言う訳で一応足をけがしているので今日はちょっと控えめなお花見でした(←ホントだ!)。
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
皇居東御苑 皇居東御苑の関山(カンザン)
4月17日のお花見日記って……もう半月も前の事なんかなんにも覚えてない(泣)。ネタは熱いうちに打てとエーベルバッハ少佐も言っていたのに(違)、すっかり怠けきっていた私です(遠い目)。そんなわけで写真だけずらずらと。

写真を見ると4月17日は天気がよかったようなので(←自分の記憶を写真で辿っとる)、多分お昼くらいに皇居東御苑に行ったようだ(←推測(笑))。ここの桜の背後には天守台跡の石垣が見えるので、ついつい頭の中で暴れん坊将軍のテーマが鳴り響いていたのだった。

皇居東御苑の鬱金(ウコン) 皇居東御苑の八重桜、御衣黄(ギョイコウ)
左は私が好きな薄緑色の桜、「鬱金」、そして右が「御衣黄(ギョイコウ)」。好きな桜を見られる幸せ、しみじみ。

皇居東御苑の桜、千里香(センリコウ) 皇居東御苑の八重桜、一葉(イチヨウ)
左は「千里香(センリコウ)」、右は一「葉(イチヨウ)」。千里香というからには香りが強い桜なのかもしれないが、風が強かったせいか、それとも私の鼻が馬鹿だったせいかよくわからなかった。

皇居東御苑の桜、東錦(アズマニシキ) 皇居東御苑の桜一覧
左は「東錦(アズマニシキ)」、皇居にふさわしいお名前。

皇居東御苑のオトコヨウゾメ 東御苑のオトコヨウゾメ
そういや前回の大人のプチ遠足の時に(2010年10月12日「秋晴れの日のプチ遠足」)、ボケッと見ていたら通りがかりのオッサンに「オンナヨウゾメもあるんだよ」と法螺を吹かれた木、オトコヨウゾメの花が咲いていた(写真右が去年の秋のもの)。

劉一華記念公園(常盤橋公園)のバリケード 劉一華記念公園(常盤橋公園)の八重桜
さて例によって、皇居東御苑に来たらもちろんその後は劉一華記念公園(常盤橋公園)ですよ。相変わらず園内にはバリケードがあり、常盤橋は全く渡ることが出来ない。いったいいつになったら封鎖解除となるのか。

劉一華記念公園(常盤橋公園)の枝垂れ桜 劉一華記念公園(常盤橋公園)の姫林檎
ソメイヨシノはもうすっかり散っていたし枝垂れ桜も散り始め。そしてここで私が何をやったかというとこの公園内の桜マップ作成である。地図を作ったら後でアップします(←全く誰かに必要とされることがない作業(笑))。右の写真は姫林檎、背後に微かに見える建物がマンダリン。

マンダリンの千疋屋で昼飯
腹が減ったので、マンダリンのシグネチャーでランチ……ではなく、1階の千疋屋でカレーをいただきました。無駄とは思ったけど「グラスビールかグラスワインはありますか?」と聞いいたらあっさりないと言われたのでカフェオレで。

浜離宮の自粛看板
そして昼飯を食った後は浜離宮恩賜庭園へ。ありましたよ、入口に自粛看板が。

浜離宮の桜、薄毛山桜 浜離宮の桜の看板
この桜の名前はね、「薄毛山桜」と言うんですよ……。

浜離宮の桜 浜離宮の桜
さすが古い庭園なので木の枝振りが本当に素晴らしい。色んな木の古び加減にしみじみしてたら、そういえば同僚のY岡さんが「年を取るに連れて、段々と花から木へ、木から岩へと関心が移っていくって話ですよ」って言っていたのを思い出す。やべえ、もう第2段階に入ってる、私!?(笑)

浜離宮の桜 浜離宮の桜
浜離宮はあまり花の名前とかが表示がないのが難である(「薄毛山桜」はそんなに大振りの花でもないのに表示してあったのに!)。それぞれ「江戸」とか「八重紅虎の尾」とか、もしかすると「東錦」か?とか思いつつボケッと園内散策。

浜離宮で一服 浜離宮の茶屋からの眺め
大きな池の真ん中にある茶屋で休憩。ベランダ席にいたのだが隣の席にいたカップルが「ここの建物ってガラスと障子だけで区切ってあるけど、江戸時代って窓ガラスあったの? なかったんだったら花見をするなら窓をあけなくちゃならないからすっごい寒いよね?」と話していて、そういやそうだなあと思いつつ、まったり。

浜離宮の藤の木 浜離宮の松
藤の木の枝振りにもまたしみじみとしてまた藤の花の頃に来ようと思いつつそろそろ閉園時間なので出口へ。また松の木が絵に描いたような松で感心しつつ本日の花見終了。
テーマ:日記
ジャンル:日記
ソメイヨシノの花絨毯 花絨毯の上でひっそり花見
うーむ、いくらなんでもお花見記事を書くのはもう飽きて来たのである。いや、花見は全然飽きないのだが、お花見記事はさっさと終らせて「JIN」や「BOSS」のようなドラマネタ、鷲津政彦神経衰弱やお花見鷲津のような政彦ネタ、そして中学校のPTAネタ、地震ネタ、場末の居酒屋「とん太」ネタ、この間見た映画「英国王のスピーチ」や今日買った本「テルマエ・ロマエIII」他書きたいネタは盛りだくさんだが、とにかく後で自分が桜の写真をたまに見ては楽しむためにも花見ネタは書いておきたいのだ。読んでいただいている皆様もさぞかし飽き飽きしていると思うが、すまん、今回と4月17日分と4月20日分を書いたら(←もう既に「いい加減にしろ」な分量(笑))他のネタを書くので、見逃してつかあさい。

新宿御苑の市原虎の尾 新宿御苑の松月
4月16日はせっかく晴れていたと言うのに、かなりダラダラ過ごして結局家を出たのは12時前という体たらく。4月14日に会社を抜け出して新宿御苑に行って桜吹雪を満喫したが(4月21日「お花見日記 [4/14] 桜吹雪の新宿御苑」)、まだいい感じに桜吹雪かもというのと、そろそろ八重桜、特に私が好きな「鬱金」も咲きはじめか?という期待でしつこく新宿御苑に。写真左は「市原虎の尾」、右は「松月」。しかしだんだんと花の区別がつかなくなってくる。もう、似たような花にみんな勝手に別の名前をつけてんじゃないの??(違)

新宿御苑の一葉 新宿御苑の一葉
「一葉」はほとんどの木が満開。

新宿御苑の鬱金 新宿御苑の鬱金
この薄緑の八重桜、「鬱金」が大好きなので満開を見逃したくなかったのだが、このところ天気がよかったせいか少し満開が早かったような気もする。

新宿御苑のカリン 新宿御苑のカラス
左はカリン。右のカラスの視線の先には女子大生っぽい3人組がいた。

新宿御苑の嵐山 新宿御苑の御殿場桜
左は「嵐山」、右は「御殿場桜」。どちらも一重の桜だが、他の一重の桜(ソメイヨシノや大島桜、山桜)などが散っている中、まだこれから満開になるというところ。

神代植物公園の八重御室有明 神代植物公園の早晩山
さてうすらぼけっとしていたらもう午後2時、そういえば今年はまだ神代植物公園に行ってなかった、ということで吉祥寺へGO! ついた途端になんと雨が降り始めたために持っていた日傘をさす。くそー、東京の雨は汚いのでいくら晴雨兼用の日傘でも雨の日には使いたくなかったのだが。しかも天気が悪い日の桜は今一つなのでがっくりしていたら、通り雨だったのかなんなのか、うっすらと晴れて来てほっとする。しかしさすがにここもソメイヨシノはすっかり散っていたが。左は「八重御室有明」、右は「早晩山(いつかやま)」。

神代植物公園の菊桃 神代植物公園の花蘇芳
こちらは桜ではなく、左が菊桃、右が花蘇芳。花桃は満開を過ぎてちょっと汚く散り始めていた。

神代植物公園の妹背 神代植物公園の大提灯
左は誰が名付けたのか「妹背」、右は「大提灯」。

神代植物公園の枝垂れ桜 神代植物公園の枝垂れ桜
枝垂れ桜もちょうど満開~散りかけだった。写真右は枝垂れ桜の真ん中から上を見あげてみたところ。

はぁ……ちょっと息切れ気味。ちなみにこの日の歩数は15,776歩。
テーマ:日記
ジャンル:日記
新宿御苑 新宿御苑の大島桜
4月14日、それはそれはお天気がよかったのである。しかし会社を休む訳には行かない。毎年年度末年度始めは爆発的に忙しいのに、3月の地震のせいで強制短縮業務の日が続いて仕事が全然片付かない所に来て、業務の締め日が間近で片付けなきゃならない仕事が山盛りだからだ(泣)。おまけに15日(金)には子どもの中学校での初めての保護者会があるために会社を休まなくてはならないのだ。でも今日はきっと桜吹雪……。みたいよう~。

月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、やゝ年も暮、春立る霞の空に白川の関こえんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず(松尾芭蕉「奥の細道」)。

午後になりついに思いあまって超真面目な部長に真剣な表情で「申し訳ありませんが、私用で2時間程外出してもいいでしょうか?」と聞いて許可をもらってついに会社を脱出する。ここはやはり新宿御苑であろう。行ってみると平日の昼間なのに結構な人出である。「あなたたち、一体何をやっているんですか!」(by 三島由香)。

新宿御苑の長州緋桜 新宿御苑の白妙
時間がないので園内を小走りである(そんな花見って、アリか!?(笑)。写真左は「長州緋桜」、右は「白妙」。去年の今頃この「長州緋桜」を見ていた時は「龍馬伝」の事等思い出しながら見ていたものだった。

新宿御苑の一葉 新宿御苑の山桜
八重桜の「一葉」と山桜。

新宿御苑 新宿御苑
ソメイヨシノの林の中で桜の花びらが散り続けている。桜吹雪がため息が出る程美しい。会社抜け出して来てよかった……。そして部長、こんな私を許してつかあさい。

新宿御苑のソメイヨシノ
あーー、2時間は短い……。泣く泣く会社に戻って仕事をしていた私である。土曜日までに花が持ってくれればいいんだけどと祈りつつ。
テーマ:日記
ジャンル:日記
外濠公園の桜並木
天気がいいと会社を休んで各地の桜を見に行きたい所だが、仕事がハンパなく忙しいので(泣)もう会社から時々抜け出して見に行くしかない。上智大学のすぐ横の外濠公園の桜並木も満開。ここは枝が低いので桜のトンネル状態になっている。

外濠公園のソメイヨシノ 外濠公園のソメイヨシノ
外濠公園のソメイヨシノ。

紀尾井町の猫 清水谷公園の枝垂れ桜
会社をちょっと抜け出してご近所の桜を見に行ったら、猫が道を塞いでいた。写真右は清水谷公園の枝垂れ桜。ここはその昔大久保利通が暗殺された場所らしい。

赤坂プリンスホテル
3月31日で閉館した赤坂プリンスホテルの入口の所で、閉館案内の貼り紙をうすらボケッと見ていたら外国人に声をかけられてしまう。「Can you speak English?」の質問に明解に「No!」と言ったのにも関わらず、その外国人は私が見ていた貼り紙を指差してなんて書いてあるんだ?みたいなことを聞いてくるのである。「No!」と言ったじゃんかよう。うううう、閉館ってなんて言えばいいんだっけ? 「Hotel is……えっとー」ホテルの終了だからえーと? と考えていると「close?」と聞いてきて「Yes,Close!」とオウム返しな私(とほほ)。そしたら次は「Why?」である。しるかーー!

外濠公園の黄昏 花見の季節の終わり
この外濠公園は千代田区の管轄なせいか花見の自粛看板もなく、仮設の大型ゴミ箱もちゃんとあったのだが、11日の朝見てみたらもうすっかり解体されていた。もう花見の季節も終わり? まだまだ八重桜はこれからなんだけどなー。
テーマ:日記
ジャンル:日記
井の頭公園 井の頭公園のソメイヨシノ
もう10日前の事なんか何も覚えてないよう……。そして書きたいネタがどんどんたまる一方だ。花見ネタもてんこ盛りだし、4月は毎日1万歩以上歩いていたのに全然体重が減ってない話(泣)や、「JIN第1回」や「BOSS第1回」の感想も書きたいし、もちろん2月3月にいじくっていた鷲津政彦神経衰弱の続きや、試しに合成してみたお花見鷲津政彦も別のバージョンを作ってみたいし、まだ全然書いてないが2月の「ハゲタカ廃人名古屋珍道中記」や「鷲津政彦お誕生会」、それから「TAROの塔」の感想や、「2011年3月11日、その後」も書きかけだ。なのに今日は映画「英国王のスピーチ」を見てきて結構面白かったのでその感想も書きたいし。なんで1日は24時間しかないんだーー。

さて、3月はあんな感じの日々で花見に行こうとすると家族に白い目で見られたものだが4月に入って私の花見活動も加速度がついている。しかしこんだけ色々間が開くと花見の記憶が薄れるだけでなく、ブログに何をどこまで書いたかも思い出せん(ダメダメ)。まー、気を取り直して(遠い目)。4月10日(日)は選挙に行った後そのまま投票会場からまずは井の頭公園へ。さすがにソメイヨシノが満開なせいか花見客でごったがえしている。

去年の井の頭公園の枝垂れ桜
前回書いた(4月5日「お花見日記[4/5]自粛って何? 教えて、エライ人。」)去年の猛暑を乗り切ることが出来なかった枝垂れ桜の去年の春の写真。

井の頭公園の掲示板
そして井の頭公園は前回入口にあった花見自粛看板が無くなっていたのであれ?と思ったら、掲示板に色々貼り出してあった。そして電車に乗ってから次はどこにしようかと思っていたのに、なんとなく新宿御苑へ。すると入口で手荷物検査をやっていてびっくり。今まで新宿御苑には何十回も来ているが、手荷物検査があったのは初めてだ。なんか爆破予告でもあったのか!?と思ったが、ただ単にアルコールを持ち込んでないかをチェックしていただけのようだ。

新宿御苑の枝垂れ桜 新宿御苑の枝垂れ桜
前日は「福山雅治「I'm with U キミと、24時間ラジオ」」(ニッポン放送ラジオ)をたまに聞いていて、それが結構面白かったのだが(松村邦洋の龍馬伝キャストのモノマネと福山雅治の龍馬伝キャスト物まねが絶妙過ぎ。ちなみに午後6時40分すぎにゲストとして大森南朋と宮迫博之が登場したのだが、なんとその二人にくっついて大友Dまで登場していた)、日曜日の午前中なので「安住紳一郎の日曜天国」(TBSラジオ)を聞きながら園内の桜を堪能。そしたら番組の終りかけに安住アナが「福山雅治さん、あと一時間ですね、頑張ってください」と応援しててびっくり。

新宿御苑のソメイヨシノ 新宿御苑のソメイヨシノ
新宿御苑のソメイヨシノ。

新宿御苑の鶴松桜 新宿御苑の白妙
左は「鶴松桜」、右が「白妙」。

新宿御苑の椿 新宿御苑の椿
新宿御苑の椿。

新宿御苑の花海棠 新宿御苑の山桜
ついこの間まだつぼみだったのに花海棠(写真左)もかなり咲き始めている。右は山桜。

「御婦人方 投票をお忘れなく」
じゃ次は武道館と北の丸公園に行ってみようと地下鉄に乗って九段下へ。駅の柱に貼ってあったポスター「御婦人方 投票をお忘れなく」。3月19日~5月15日まで九段下にある昭和館で開催している「ポスターに見る戦中・戦後」展案内だったようだ。

日本武道館 北の丸公園
しかしさすがに桜が満開でこの花見日和の日曜日、混雑も例年通りただごとではなく、地上に出る出口までずっと満員電車の中のような状態で動きがあまりなく、結局地上に出るまでに20分以上かかってしまった。武道館も武道館に隣接する北の丸公園ももちろん花見客だらけ。自粛なんのその。

皇居東御苑の椿 皇居東御苑のボケ
北の丸公園から歩いて千鳥ヶ淵公園の方に行こうと思っていたのに方向を間違ったらしく、なんと皇居東御苑に来てしまう。椿(写真左)とボケ(写真右)。

皇居東御苑のソメイヨシノ 皇居東御苑
皇居東御苑のソメイヨシノ。

皇居東御苑の桜 皇居東御苑、破損
しかしここも先日の地震で破損したらしい。至る所で節電のため(エスカレータ停止や一部の出口封鎖など)、もしくは地震による一部損壊のため通行止めになっていて、都内が迷路化しとる。

劉一華記念公園(常盤橋公園)の枝垂れ桜 常盤橋公園前のデモ
そしてここまで来たらやっぱり行っちゃうよね、劉一華記念公園(常盤橋公園)に。しかし地下鉄出口から出たら警官だらけでびっくり。特に公園の近くにわらわらといるが、この公園の花見を強制的に自粛させるためじゃないようなあ??(←当たり前)とか思ってボンヤリと桜を見ていたら、なんと反原発デモのご一行が公園に次から次となだれ込んで来たのである。うひゃー。

千鳥ヶ淵公園の看板 千鳥ヶ淵公園
そして今度こそ千鳥ヶ淵公園へ。ライトアップしてないのがやっぱり惜しい。

千鳥ヶ淵公園のソメイヨシノ 靖国神社
千鳥ヶ淵公園をぐるっと一周して最後に靖国神社へ。小腹が空いたので何か買いたい所だが例年ならある出店が全くない。でも確か境内前の店が何か売ってたよなあ?と思って行ってみたら、なんと5時半に閉店しとる。残念。

本日のコース:井の頭公園→新宿御苑→日本武道館→北の丸公園→皇居東御苑→劉一華記念公園(常盤橋公園)→千鳥ヶ淵公園→靖国神社→自宅、で合計21,059歩~。しかし家について夕飯の準備してたら、8時になった途端に「石原慎太郎当確」のニュース速報が出てがっくりぐったり。せめてもの救いは、かの当選知事はもう結構なお年寄りなのでまかり間違ってポックリ逝っちゃう可能性がゼロではないっつーことだな、とかつぶやいてみたり。
テーマ:日記
ジャンル:日記
六義園入口の自粛看板 六義園の椿
もうここんとこ毎日仕事をしているか花見をしているか寝ているかのどれかしかない毎日だ(泣)。ブログ記事を書かないでいる間にどんどん花見ネタが溜まってしまって(他のネタはもっと溜まりっぱなしだが)、もうどの花見のネタを書いたんだったか書いてないんだったかも朦朧として来ている日日である。とにかくもう寝ちゃうのは、仕事のし過ぎか? 花見のし過ぎか? それともやっぱり春だから?(←しつこい)。やっぱその点ツイッターは一言書き込みなので書きやすいっちゃあ書きやすいので、ツイッターの方には花見しながらつぶやいていたのだが。

さて4月7日は子どもの中学校の入学式があり、デブデブに対処することが出来ずに結局新調したスーツ(泣)を着てごく普通に式に参加して、終った後に家族で昼飯を食い、それから家族で記念写真を撮影し……写真館で持って来た服(カジュアルな服と散歩用のいつもの靴)に着替えてスーツは子どもに持たせて、そのまままた花見に行って私だ。花見中に帯広の母から電話があり「あんた、一人で花見しているのかい!?」と驚かれたが、そりゃ一人で花見するよ。一人焼き肉よりは格段にハードルがハードルが低いし~。

さてこの日行ったのは駒込の六義園。しかし駒込駅そばの入口(染井門)は閉鎖されていてかなりぐるっとまわって正門からではないと入れなくなっていた。そして恒例、自粛看板。

六義園の枝垂れ桜 六義園の枝垂れ桜
六義園の枝垂れ桜は一番人気の踊り子さんなので、ライトアップ時の扱い(っつーか照明による演出)はなかなかのものなのだが(参照:2010年4月5日「お花見日記 [4/3] 超いきあたりばったりな一日」)、今年はライトアップ中止のため夜桜は見られないのだった。

六義園でちょっと休憩 六義園正門の自粛看板
私は甘いものは苦手なのであまり食べないようにしているのだが、花見の時の和菓子は別(笑)。そして正門の方の掲示板には色々注意書きが。そうかー、いつも駒込駅の染井門から入っていたのだが、染井門は臨時の門でライトアップしている時だけしか開いてなかったのか。花見の時と紅葉の時の染井門が開いている時期にしか着た事なかったから気がつかなかったよ。

上野恩賜公園 上野恩賜公園のソメイヨシノ
さて自粛看板コレクション充実のため(違)その足で上野恩賜公園へ。はっきり言って上野の桜はすきではない。桜の本数がそれはそれは多いがソメイヨシノがほとんどなので花吹雪のとき以外はそれほど面白みがなく、またオープンな公園であるために花見時の花見客のうるささが尋常じゃないためである。しかし今年は某都知事による自粛令が出たため都立の公園はほとんど、ゴミ箱なし、仮設トイレなし、ライトアップなし状態のため(区立はそれぞれ区の判断によるらしい)上野公園も例年とはちと違っているというニュースを見ていたが。

……人ごみはいつもよりは少ないものの、それでもやはり見ずにはいられないんだな、皆様粛々と(?)花見をされていて、これはこれでよかったですよ。

上野恩賜公園の自粛看板 上野恩賜公園の猫
しかし園内を見回しても花見自粛看板が見当たらない。あれー? ニュースでも上野公園は自粛しているって書いてあったのにー(←完全に間違っちゅう)。そしたらやっとありました。

写真右は、人だかりが出来ている木があったので何事か?と思って寄ってみたら木の上に猫がいたのである。猫達は別に花見をしている訳ではないようだ(笑)。

上野恩賜公園入口 上野恩賜公園入口の注意書き
上野公園入り口のお見舞い提灯と注意書き。

上野恩賜公園入口そばのバス停
そして公園から出たらバス停があり、どうやらここから被災地への支援スタッフの皆様が乗るバスが出ているらしい。

劉一華記念公園 劉一華記念公園のソメイヨシノ
ま、ここまで来たら花の状況を確認しに行きますよ、劉一華記念公園(常盤橋公園)へね……(←大馬鹿野郎)。園内は相変わらず工事中みたいな感じになっているが、そんなのにはおかまいなくソメイヨシノは満開。しかし客は誰もいない……。ここは毎年千代田さくら祭りが開催される場所でもあるのだが(参照:2010年4月1日「お花見日記 [4/1] 常盤橋公園さくらまつり」)今年は中止のため、実にひっそり。静かに眠れ、劉一華。

ちなみにこの日の歩数は19,413歩。結構歩いたなー。

赤坂プリンスホテル
翌日4月8日、赤坂プリンスホテル前の桜。ここは3月31日で閉鎖となり、翌4月9日より被災地の皆様が来る事になっている。

外濠公園四ッ谷駅そばの花見注意看板
そして会社帰りに四ッ谷駅寄りの外濠公園へ。千代田区はライトアップの他に色々と花見関連のイベントは中止しているのだが、「花見を自粛」するつもりはまったくないらしく、先日行った千鳥ヶ淵公園同様に花見の際の注意書きの看板があるだけで、花見客がほとんどいない満開の公園のあちこちに、空っぽの大仮設ゴミ箱が設置してある。

外濠公園四ッ谷駅そば 外濠公園四ッ谷駅そば
ライトアップしていないのでもちろん公園はかなり暗い。そしてこれだけ満開なのに花見客は多分すぐ横の上智大学の学生達と思われる連中がひっそりと宴会をしているか、たまにすれ違う怪しげな雰囲気のカップルのみ。なんか今年の花見は色々例年とは違うなあ。
テーマ:日記
ジャンル:日記