2005052905s.jpg先週の土曜日は小学校のベルマークボランティアに行って来た。学校のほうからベルマークの集計とか付属施設の掃除とか、色々な作業のリストが来て「保護者の皆様には1年に1回以上のご協力をお願いします」と書いてあったので、仕方なく土曜日できるものを申し込んだらベルマークの担当になったのだ。他は全部平日のまっぴるま。できねーよ。

さて、ベルマークなんて意識してながめたのは自分の小学生時代以来だ。もう36、7年ぶりくらいだろうか。まだやっていると思わなかったよ。でもこの集計作業をしている時に聞いた話では、最近ではやってない学校も多いのだそうだ。そりゃそうだ、自宅で集めて学校に提出するのはまだしも、集まったものを集計するのが面倒くさすぎ。

まず、皆様ベルマークの部分を大雑把に切り取ってあるので、これをマークの周囲2mmくらい残してきれいに切り落とす。それからメーカーごとに分けて専用のトレイに入れ、そして更に点数ごとに5枚10枚単位でセロテープにビラビラと貼り付ける。点数も同じメーカーで1点のものもあれば3点のもあり、それは勿論別々にまとめる。そして今度はそれを集計するのだが、中には1.3点5枚とか2.5点13枚みたいな中途半端な点数もある。それを点数ごとに分けて集計し、終わったら隣の人と交換して検算をして無事合っていたらベルマークと集計用紙をメーカーごとの専用袋に入れる。この後はまたメーカーごとの発送作業とかあるのだろうが、土曜日はそこまではしなかった。これって受け入れ側の作業も大変だろうな。

めんどくせーじゃねーかーと言いつつもマーク集めが結構たのしかったので、帰宅したら早速ベルマークが付いているものを探してみたりしたのだが、あんまりありませんでしたよ。昔はもっとあったような気がしたのだが。ところでピアノ1台でベルマーク100点、保険契約(ニッセイ)でもベルマークが付くらしい。また日本酒にもベルマークが付いていて白鶴(白鶴は飲まないなぁ)とか真澄が対象商品らしい。ビールについていてくれればこれからの季節、結構ポイントがたまるのに。