brains.jpg学校のお値段」という教員さんのホームページを見ていたら「胎児模型・98,000円」とあり、他にどんなものがどんな値段なんだろうとふと興味をひかれて人体模型屋さんを見てみた。そこにあった人体おもしろグッズ、脳みそ模様の帽子。「脳の帽子をかぶってもIQがあがるわけではありませんが、注目を浴びることは間違い無しです」だって。他にも腰椎ペンスタンドとかクリスタルキューブ・ハート(心臓)とか。


taijis.jpgなお、この人体模型屋さんでの胎児模型は、「妊娠中の主要な段階を示す、胎児の入った子宮のモデル5点から成るセットです。5点を1枚のベースにマウントした模型です。妊娠1ヶ月、妊娠2ヶ月、妊娠3ヶ月、妊娠5ヶ月(胎児は骨盤位)、妊娠7ヶ月(胎児は頭位)の5点セット」で74,550円。


2005060702s.jpg昨日の夜、子どもが翌日の授業のための教科書を準備していて「音楽袋がいるんだよ」と言いだした。そういえばクラスだよりに「音楽袋を持って来てください」って書いてあったけど、どのくらいの大きさのどういう種類の袋が必要なのか、いつまでに必要なのか全然書いていなかったので、クラスのママ友に「音楽袋っていったいどういうものなの?」とお伺いのメイルを出していたところだったのだ。

「えーっ、いつ必要なの?」
「明日」
「えーーっ、それってどれくらいの大きさのものなの? だいたい何入れるために必要なの?」
「30cmくらい。音楽の教科書とか楽譜とか。先生がね、持って来ている人ーって言うと、みんな手をあげるんだけど、まだ持ってない人もいますよって言うの」
「……」何かにつけていつも一言多い先生だよ。
「わかったよ、今作るよ……」
「えっと、長過ぎて床に着いちゃだめなんだよ」
「床に着く??? 音楽袋って、持ち歩くもんなの? どこかに吊るしておくもんなの? 手提げ袋みたいに持ち手がついていた方がいいの?」
「こんな感じ」と子どもが絵に描いてくれる。どうやら横長の手提げバックを机の横か教室の後ろにぶらさげるようだった。

というわけで夜9時を過ぎてから急いで作った何の芸もないバッグ。最近必要があって作る袋物ばかりでさすがに飽きて来たのだが、一応内側には名前のタグを縫い付け表側にはうさぎのアップリケをつけた。裏地は子どもが大好きなパワーパフガールズの布地、表地はCHECK&STRIPEのコードレーンピンク。

で、今日の朝子どもに見せると「パワーパフの模様、(表地の)ここら辺にあったほうがよかったのに」などと文句を言いつつも「これで明日は大丈夫」と驚愕の一言を。
「明日!? 昨日の夜、『明日いるから』って言ってたじゃん」
「明日だよ。今日は音楽の授業ないもん」
「なっにーーーー」
一瞬、昨日の夜の分の疲れがどっと来てしまったのだった。