2005061502s.jpgTruth Is No Wordsさんのところにリンクされていた「あの人の着せ替え」、(ハゲ専で)着せ替え人形マニアの私にはウハウハ(←死語)なものだったが、今日Solid Inspiration Blogさんの記事「頂点に立つ者が見つめた余命」を見てびっくり。去年癌で入院して無事生還したスチ~ブ、スタンフォード大学の卒業式で行なった講演で自分の半生を振り返って生い立ちとかApple設立のいきさつとかを語り、そして(去年の病気の時は)当初は医師団から余命半年と宣言されていたと告白したそうだ(Stanford Report, June 12, 2005より。講演全文)。

About a year ago I was diagnosed with cancer. I had a scan at 7:30 in the morning, and it clearly showed a tumor on my pancreas. I didn't even know what a pancreas was. The doctors told me this was almost certainly a type of cancer that is incurable, and that I should expect to live no longer than three to six months. My doctor advised me to go home and get my affairs in order, which is doctor's code for prepare to die.

17歳の時から33年間、一日一日が人生最後の日であるかのように真剣に生きてきたっていうのもすごいが(さすが世界のスチ~ブ)、その33年目に本当に死の宣告をされていたとわ。その死線を乗り越えた今、そりゃあ思い切って色々変えることもできるよなぁとしみぢみ。

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma - which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of other's opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

でもー。時間は限られているんだから他人の意見に振り回されたりしないで自分の信念をつらぬいてみろ、と言われても超凡人で超怠け者な私には部屋の掃除すらままならないのだった。しょぼーん。

おまけ:ヒューマン・テトリス、街中を行くマクさんより)


追記:(2005.6.16)
2005061501s.jpgやっぱかわいいオヤジかも。若いときよりもジジィになってからのほうがイカス(←死語)。こんな格好をしているけど、卒業式の黒いローブの下はジーンズとサンダルだって。