輪舞曲-ロンド- 第11回(最終回、3月26日放映)。

このドラマ、始まる前にまず設定(竹野内豊がアジアンマフィア「神狗」の構成員だが実は警察の潜入捜査官で、韓国で殺された父の死の真相を探るうちに、チェ・ジウとラブラブに)からしてどうなの?と思っていたのだが、それだけでなく日曜の夜9時にこんな暗そうなドラマは見てられないやと全く見ていなかったのだ。しかし先日昼間たまたまやっていた第9回の再放送を見て、「なんだよ、思っていたより面白いじゃん」と思ったものの、続きの第10回を日曜の夜9時に見る気にはならず、でも昨日の最終回はつい見てしまいましたよ。

実は私は会社では最終回マニアと呼ばれている。普段は見ない連ドラでも最終回だけはみるからだ。それというのもTV情報誌でドラマのストーリーは把握しているものの、毎日1時間~2時間もTVドラマを見るほどの時間がないので、面白そうなのを週に2、3本セレクトして見ているのだが、見ていないドラマでも話がどう決着ついたのかだけは気になるのだ。ちなみに、たまたま見てしまったすっごくつまらないバラエティ番組のすっごくくだらないクイズ問題も、答えを確認しないと気がすまないので最後まで見てしまうことがある。で、どのTV情報誌も(TVブロス以外は)最終回の話のオチがどんなものだったかまでは載せてくれないので、つまらなそうなドラマでも最終回だけは見ていたのだが、でも今は放送局のウェブサイトにはもちろん、ドラマのあらすじレビューサイトが結構たくさんあるので、最終回をわざわざ見なくてもいいのが便利だな(いいのか? それで)。

という訳で「輪舞曲」最終回。いやぁ……「アンフェア」の100万倍突っ込みどころ満載(3月22日「アンフェア 第11回(最終回)」)。なんでそこでEnterキーを即座に押さない! 壁のスクリーンは悪の秘密結社の本部っぽいけどでも必要あるの、それ? なんで宗(橋爪功)がユニとユナ(チェ・ジウ)と会話している隙に琢己(竹野内豊)は肝心のパソコンを破壊しないの! なんで護送中の容疑者をそこまで優遇して妹やら恋人やらとの最後の別れをさせてくれの? なんで撃たれて倒れた琢己のところに他の警官がこないのに護送中の容疑者が一人で駆け寄ることが出来るの? どうしてすぐに救急車なり助けを呼ばないの! ラスト、チェ・ジウの側にいた子犬、抱かれるのをすごく嫌がっているんじゃないか? まあ、その他色々。

さらにそこはそんなに時間かけなくてもいいからという場面も山盛り。時間延長しないでいつも通りの時間内で作ったほうがもう少しビシッとしまったんじゃないかなー。必要な箇所をちゃんと描いてないくせに、それは変だろ?という場面が長すぎ。話も特にラストはなー、物語的にはあそこで琢己が死んでしまっていたほうがずっと余韻が残るいいラストだと思うんだけど(もちろんマグナムとかで撃たれたわけでないし腹をちょっと撃たれただけでそんなにすぐに死ぬかよーーと思ったけど)。予定調和のハッピーエンドが好きな私なので、最後に竹野内が出てきたときにはほっとしたりもしたのだが、でも、お話的にはもともとグタグタなのがあのラストでさらにグタグタに。おまけに竹野内とチェ・ジウの最後の「ロンド……」ってつぶやきは何? ずっと見てきた人にだけわかるお約束なのか?

でもなんだかんだといいつつも設定がここまで非現実的で(いや、実際に犯罪組織に極秘に潜入して捜査されている方々はそれなりにいらっしゃるのだろうし、中には身内の死の謎を追求している人もいるだろうし、更には好きになった人がその組織内の天才ハッカーだったり、実はそれが幼なじみだったりということも完全にないわけではなかろうが)、物語が山あり谷あり過去に複雑な秘密ありのジェットコースタードラマ、そして登場人物は美男美女ばかり(杉浦直樹、橋爪功、ムッシュかまやつ除く)、ここまでいくといっそすがすがしいような気さえしてきて、なんとなくハーレクインロマンスや韓流ドラマにハマる人の気持ちがちょっと分かったような気もする。わけのわからない美しい夢をみていたような気もするのが、このドラマのいいところだったかも(←これって、ほめてる??)。と、たった2回しか見てないくせに大口を叩いてしまう私だ。
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
今朝会社の近所の墓場の隣の公園を通り抜けたら、墓守が(←違います)一人で陣地を死守していましたよ。ちなみに去年の桜はこれ(2005年4月8日「桜の木の下には……」)。

ここの公園の桜(左側)は5分咲きくらい。でも今日の天気だとこの2、3日で一気に満開になりそう。右の写真はうちの近所の雪柳。他にも梅やら椿やら土佐水木や日向水木、さんしゅゆ、こでまりなど東京は本当に緑が豊かな場所だ。

こっちもうちの近所の木瓜の花と山吹の花。しみじみ春を実感。夏には生ける屍、秋には夏の疲れで半分死体、冬は寒いから外に出ないという私が唯一、活動するのが今の季節だ。もう少し年間活動を平均化したいものだが。
テーマ:雑記
ジャンル:日記