7月発売のコミック新刊ラインアップ

10日 うつうつひでお日記[吾妻ひでお]
14日 ハチミツとクローバー 9[羽海野チカ]
18日 せんせいになれません 4[小坂俊史]バンブーコミックス
19日 ボクを包む月の光 「ぼく地球」次世代編 3 [日渡早紀]
21日 不思議な少年 5[山下和美] モーニングKC
28日 月館の殺人 下[綾辻行人/佐々木倫子]
下旬 魔法使いの娘 4 [那州雪絵]

うつうつひでお日記」(参照:7月3日「「うつうつひでお日記」吾妻ひでお」)は昨日bk1のコミックスリマインダから入荷案内のメイルが来ていたのだが、まずは手に取って見てみてから。でも今朝新宿駅構内にある本屋でチェックしたらまだ入ってなかった。

ハチクロは映画化されるので雑誌などで実写版のキャンペーンなどを結構見かける。森田忍役に伊勢谷友介はどうかとも思うのだが(←芝居は全く見たこと無いが、ついキャシャーンだったしなと色目で見がち)、はぐみ役の蒼井優は実在する人間としてはかなり原作のキャラに近いんじゃないかなぁ。ま、映画版はどうせ見ないけど。

小坂俊史は最近結構コミックスが出ているけど、一番最初のこの「せんせいになれません」が一番面白いと思う。「「ぼく地球」次世代編」は1回読めばいいだけなので、買う必要はないのだが、漫画喫茶行く時間とか全然無いから仕方が無い。「月館の殺人」はまだ全然読んでいない(買っていない)。原作が綾辻だし、下巻が出たら上巻も見てみようかとは思っていたのだが、どんなもんだろう。

さて、去年チャレンジ本として買った「DEATH NOTE 第1巻」、やっと読みましたよ。なるほどこれは面白いかも。絵がまたいいしね。それで同僚のH杉に貸した所彼女がすっかりはまってしまい、2巻目以降を買いに行ったら映画版が上映中のせいかコミックスが無いところが多かったそうだ。私も2巻を買いに近所の本屋に行ったらやっぱりなかったしな。私はH杉ほどにははまっていないので読み終わったら貸してねーと言った所、H杉のあとにはH田、そしてその後には本部長のFさんと本のルートが決まっていたのだ。ま、別にFさんの後でかまわんがな。

ところで「働きマン」がアニメ化されるようだ。これは出版社で働く女性の話なんだからアニメより実写のほうがあっている思うんだけど。あの荒れ果てた生活ぶりが実写化できないとか? 同じ出版社で働く女性者が主人公の漫画でも「ベル・エポック」の方だったら実写よりもアニメのほうがあっている気もするけど。