……って、電車の中はパブリックですよ、パブリック! しかし世の中、そうじゃないみたいというのが同僚と話してて分かりました。

Nさん「昨日電車に乗ったら中でお菓子を食べている子がいたよのよ」
私「それくらいいるよ。最近珍しく無いよ」
練馬のS嬢「だってNさんが乗っているのって湘南ライナーでしょ? そりゃお菓子だってだべるよ」
私「湘南ライナーじゃ乗車時間長いもんね。おなかだってすくよ」
Nさん「えーーー、だって別にボックス席じゃないんだよ?」
私「でもボックス席だったら食べるでしょ」
Nあん「そりゃ食べる人もいるけどさー、でも湘南ライナーは一応通勤電車だよ」
私「私は山手線の中でアイスを食べている子を見かけたよ」
Nさん「……ありえない」
私「それよりか、Sさんは以前電車の中で着替えをしているのを見かけたって言ってたよね」
Nさん「えーーーっ!?」
S嬢「そうそう、見たよ。空いている電車だったんだけどさ、近くにいた女子高生みたいな子がいきなりスカートのホックをはずして下に下ろしたのよ。え? っと思ったんだけどそのスカートの下に別のスカートをはいていたんだね。いつの間にか早替わりしていたよ。アレ見たら電車の中で化粧なんてまだまだと思ったよ」
私「それって(Sさんがいつも乗っている)有楽町線?」
S嬢「ううん、武蔵野線」
私「武蔵野線でかあ……。じゃあそういうこともあるかもね……」
S嬢「でも一番驚いたのは電車の中で腋毛を剃ってた子がいたことだな」
Nさん、私「えーーーーーーーっ!?」
S嬢「なんか、電車の中じゃなくて完全に自分んちだよね」

世の中、結構知らないことがまだまだ多いみたいですよ。私がそういう種類の変り種を見かけないのは(明らかに頭がおかしいヒトとか痴漢はいるのだが)、満員電車の中央線に乗っているからなのか、それとも回りをまったく見ないで電車に乗っているからなのか。そしてそんなのを見かけないで済んでいるのは幸せなことなのかそうでないのか、全くわからん。
テーマ:日記
ジャンル:日記
もうすぐね、アレですよ。アレがやってきます。いや夏コミ原稿の印刷締切日ではなく「JR東日本ポケモン・スタンプラリー2006」ですよ。今年は今週末の7月29日(土)の朝9時30分から開始ですよ、奥さん(参照:2005年7月30日「ポケモンスタンプラリーに行ってきました。」、2005年8月1日「ポケモンスタンプラリー 第2弾」、2005年8月8日「ポケモンスタンプラリー2005 参戦記 第3日目」)。

そんなわけで2、3日前に自宅最寄り駅をチェックした時にはスタンプラリーのパンフがなかったが、昨日見たらあったので持ち帰って子どもに渡したら大喜び。広げて眺めて「見て見て見て」と閲覧強制。

「今年は○○(←ポケモンの名前)が××駅になっているよ。去年は△△駅だったのに。一昨年は○○(←ポケモンの名前)だったんだよ。今年は○○(←ポケモンの名前)が△△駅だよ」
「……」なんだか暗号を聞いているようだ。
「赤羽駅は○○(←ポケモンの名前)だよ。赤羽は毎年特別なポケモンの駅になるんだよ」
「え? 去年は何だったの?」
「○○(←ポケモンの名前)」
「……へぇー」
毎年映画版で新登場するポケモンが赤羽駅に配置されているような気もするけど、よくわからない。私が覚えていることといえば、去年はピカチュウの配置駅だった日暮里駅ではスタンプ押し待ち行列が駅の外にまで延々と続いていて30分以上並んだとか。秋葉原では行列の横にメイド服を着た看板娘が立っていたとか。大久保駅で一人で何枚ものスタンプラリー用紙にスタンプを押しているオヤジがいたとか。昼飯を食った池袋の定食屋で、冷たい日本酒を飲みたかったがビールで我慢したとか、そんなことしか覚えていない。あとは暑かったとかムシムシしていたとかエスカレータがない駅が結構多くて疲れたとか。

しかしそれよりもその無駄な記憶力だよ。よく新幹線の全駅を言える子どもとかがTVに出たりするけど、このぐらいの年の子どもってみんなこれくらいの記憶力当たり前なのかもしれんが、無駄だよ、無駄。その記憶力を私にも分けてくれーーーーーー(←心の絶叫)。
テーマ:日記
ジャンル:日記