のだめカンタービレ 第6回(11月20日放映)。祭りの後はいつだって寂しい。峰(瑛太)はSオケをまたやっていこうと言い出し、Sオケの他のメンバーは就職活動に三々五々、千秋(玉木宏)はSオケでやっていくつもりはないと断言、そしてのだめ(上野樹里)はというと千秋のピアノ演奏に衝撃を受けて、ハエがたかり臭気で周囲の空気がよどむほどに(!)一心不乱にピアノの練習を繰り返す。とりつかれたように。そしてうわごとのように千秋のように弾いてみたいというのだめを連れて、千秋は学校に向かう。それを見つめる多賀谷彩子(上原美佐) 、いやーーー、まるで「ちびまる子ちゃん」の野口さんみたいでしたよ! おまけに彩子のライバルの菅沼沙也(井上佳子)がこれまた「ちびまる子ちゃん」のみぎわさんみたいだったし。今回も面白かったけどなんか今迄で一番マンガっぽかったような気がするのは極端なキャラやら演出のせいだろうか?

「ヘレン・ケラー」で「ウォーター」を発見した時の北島マヤや姫川亜弓のような状態だったのだめ(って、おいっ!)は、オーケストラに見立てた千秋の伴奏でラフマニノフを弾きつくして、すっかり満足しきってしまう。一方千秋は日本から脱出できないゆえに現状のまま立ち止まり続けていることにあせりを感じていたが、現状に満足して幼稚園の先生になりたいというのだめを見て、問題は「日本から脱出できないこと」ではないということに気が付く。それにしても千秋を心配して精一杯回転寿司をおごってくれようとしたのだめに対して「のだめのくせに人に気を使っている場合か」って、アンタ、それじゃ「お前なんかのび太のくせに」(byドラえもん)って言うのと同じだよっ。 

その後のSオケ解散打ち上げ?では、どうぞ突っ込んでくださいよ、というネタのオンパレード。焼酎のメニューとか二人組の陰謀とか。でも一番だったのは、太鼓の達人で大河内(遠藤雄弥)が千秋を跳ね飛ばして「地上の星」をやろうとするところに真澄ちゃん(小出恵介。ちょっとお肌が荒れてますよ)が「あべしっ!」と叫びながらスティックを奪い取るところですよ。それじゃあ大河内はもうすでに死んでいるんじゃないのか? しかし千秋のために愛をこめて太鼓を叩く真澄ちゃんに、千秋は釘付けになる。

さて自分のやりたいことが見えてきた千秋は、三木清良(水川あさみ) の誘いに応じて新しいオーケストラを作るべく動き出す。そのリストには清良推薦の他の大学の3人のほかに、真澄ちゃんの名前もあった。真澄ちゃん、よかったね。一方のだめの方は、千秋とのだめの演奏を聴いて驚いた江藤耕造(豊原功補)が何を思ったかのだめの担当教授になっていた。豊原さんがこれまた「電車男」を髣髴させますよ。

前回はオーケストラ演奏を思い切り堪能したが、今回は千秋とのだめの演奏がたっぷり聴けてよかったですよ。ちなみに今朝のめざましテレビ(フジ)では、「のだめオーケストラ LIVE!」のランキング入り報告とのだめ番宣を兼ねて、これからののだめで最終回までにどの曲が使われるか説明してたけど、かなりの人が原作読んでいて話を知っているとはいえ、最終回までの粗筋をしゃべってしまうのはどうかと思う。
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
目覚まし時計が時刻をセットしても鳴らなくなってしまった。時計自体は普通に動いているのだが電池を取り替えても目覚まし音がならない。仕方が無いのでとりあえず携帯電話の目覚まし時計をセットしておいたが、これが翌朝鳴らない。なんか設定がうまくいってない? まあいつも大抵目覚まし時計が鳴る5分くらい前に目がさめるからいいようなものの、そうでなかったら遅刻だ。

次に台所に置いてある旅行用の小さな目覚まし時計をセットしておく。翌朝5分前に目が覚めて目覚まし時計がなるかと思って見てみたら、こいつ、昨日の夜、目覚ましをセットした時刻で時計が止まってましたよ。これまたあやうく遅刻するところだった。つぎなる手は携帯電話のスケジュールで目覚ましのセットだ。これは翌日ちゃんと指定の時刻に目覚まし音が鳴ったが、やはり目覚まし時計をちゃんと買ったほうがいいということを実感しただけだった。

という訳で駆け足で東急ハンズとLoftとLAOXに行って時計をチェック。色々時計を見ていると、とりあえず自分はデジタル時計は嫌いなんだということが分かった。多分数字だけを見ていても瞬時に時刻を把握できないんだろうな。デジタル時計の方がオサレな目覚ましが多いのだが。それから文字盤に必ず数字がついていなくては気がすまないということもわかった。多分文字盤を見ても瞬時に(以下略)。それから秒針が必ずついているもの。多分文字盤を見ても瞬時に(以下略)。次にスヌーズ機能(スイッチをオフにしても本スイッチを切らないと何分かおきにしつこく目覚ましがなるという機能)がついていて、なおかつ今まで使っていた目覚まし時計と同じように目覚まし時刻を2回セットできて、しかも2回目からスヌーズ機能が働くものを探す。

しかし時間があまりなくてそこまではチェックできずしかも時計の目覚まし音もチェックする時間がなかったので、とりあえずアナログ時計で、文字盤に数字が付いていて、スヌーズ機能がついていて見た目もシンプルなものを買って帰ったのだが。

これが家族に超不評。今までの目覚まし時計の音が「ピピッ、ピピッ、ピピッ」となるものだったのだが、新しい目覚まし時計はいきなり「ジリジリジリジリーーーーー!!」と鳴るために目が覚めて二度寝が出来なくなってしまうのだという。目覚まし時計は目を覚ますためにあるんだから今までのよりは本来の機能を果たしているような気もするのだが、とにかく不評。子どもには「目覚まし時計のせいで寝不足」とまで言われている。まあ、私も今までのピピッタイプだと布団からのそのそと起きてのそのそと時計を止めていたものだが、今度の時計は鳴った途端に飛び起きて止めたしな。

また新しい時計を買うか、それとも壊れた時計を修理するかどうか検討中だ。
テーマ:日記
ジャンル:日記