ちゃんとした刑事が妄想で事件を解決って、そりゃダメなんじゃないのー?

 “腐女子刑事”妄想爆発で事件解決 (スポニチ)
 腐女子デカ(テレビ朝日)

「今回も普段はお茶くみに精を出している女性警察官が「事件の裏に美男子あり」と知るや、オタクパワー全開の“腐女子デカ”に変貌し、持ち前の妄想で事件を解決するという破天荒な内容。「特命…」で必ずセクシーシーンがあったのと同様、「腐女子デカ」では毎回“イケメンの犯人”が登場するというのも見どころだ」(スポニチより)。アイタタタ……。

しかし「テレビ朝日の深夜ドラマは00年の「TRICK」をはじめ、「特命係長・只野仁」「時効警察」など個性的な内容のヒット作を連発」って言うから、「え? 「時効警察」と同じ時間帯の今クールのドラマはクドカン脚本・深キョン主演の「未来講師めぐる」じゃなかったっけ??」と思ったら、金曜の深夜じゃなく土曜の深夜でしたよ。だから「時効警察」や「てるてるあした」、「特命係長・只野仁」「モップガール」の枠ではなく、正確には「拝み屋横町顛末記」(2006年12月)や「吉祥天女」(2006年4月)、「失踪HOLIDAY」(2007年2月)と同じ枠。どれもまったく見たことねぇ(「拝み屋横町顛末記」は原作を読んでいるが)。引っかけ問題だったぜ。

ところで主演の篠原真衣は置いておいて、「貴腐人」に高橋ひとみ、「セバスチャン」役に飯田基祐って……やっぱり貴腐人の執事がセバスチャンって設定がお約束? なお、同僚の腐女子のM様にこんなドラマがあるんだよとご報告したところ、「私、その頃はハワイでバカンスですから見ないですね」とあっさり言われてしまったのだった。
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記