羽衣ミシン今月のチャレンジ本(1月1日「忘備録:1月発売のコミック新刊ラインアップ」)第1弾として「羽衣ミシン」(小玉ユキ、フラワーコミックス)を買ってみた。確か「このマンガがすごい!2008」(宝島社、580円)のオンナ編ベストテンに入ってたはずと思って見て見たら14位だったよ。まあ、いいけど。

物語は橋の工事足場でひっかかっていた白鳥を助けた陽一の元に、その白鳥である(人間の女性の姿の)美羽が「今日から陽一さんの妻になりました」とやってくるというもの。話はまんま鶴の恩返しなので読者も最後はどうなるのかしょっぱなから想像できてしまうのだが、今時の少女漫画の絵柄ながら、懐かしい感じがする作品だと感じるのは、昔話がベースになっているからと言うだけじゃないと思う。

私が読んでいて思い出したのは、一条ゆかりのデビュー作「雪のセレナーデ」と太刀掛秀子のデビュー作「雪の朝」だ。どちらも確か雪の精の女の子と主人公の男の子のラブストーリー。この作品に懐かしさを感じるのは、こういう古典的な少女漫画の原点がここにあるからのような気がするな。まあ、それだけでなく、とても静かで美しい物語でございました。

ところで「このマンガがすごい!2008」のオンナ編第13位「テレプシコーラ」の解説を読んでいたら、「少女マンガとは、女子が思春期を乗り切るための舟のようなではないだろうか」と書いてありましたよ。うーんんん、と……。渡りきってもまーだ舟に乗っている場合はなんと言えばいいのか?
テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック
きょうの料理ビギナーズ去年の4月にNHKの料理番組「きょうの料理」の姉妹番組として「きょうの料理ビギナーズ」が始まったというのは知っていたが、まだ見たことがなく、でも書店でテキストだけはパラパラめくったこともあり、万年料理ビギナーの私としては一度くらい目を通してみようかなあとか思ったこともあったわけですよ。

で、今日はなんとはなしにNHKを入れてみたらたまたまこの番組が始まったので、試しに見て見たのだが……次回分を録画予約しちゃいましたよ。今日やっていたのはどうやら再放送らしく、テーマは卵、最初に卵の大きさの違いとか保存方法とか説明があるのは当然だが、卵を使った一番最初の料理はなんと「おいしい卵かけごはんの作り方」ですよ。今までこんなに懇切丁寧なたまごかけごはんの作り方の説明を見たのはこれで2回目だ(1回目は子ども向けの料理本「平野レミのおりょうりブック ひも ほうちょうも つかわない (かがくのとも傑作集) 」)。その後は卵焼き、オムレツ、いり卵とどんどんレベルアップ(?)していき、途中で家を出たので最後まで見られなかったが親子丼とかもやっていたようだった。

またね、主人公のキャラが「高木ハツ江」というかわいいおばあちゃんのアニメキャラなのもよいですよ。しかもこのおばあちゃんには息子と娘がいてさらに孫もちょくちょく遊びに来るようだが、どうも娘の敏子が料理がヘタらしく、ヘタクソ相手に料理の説明するのに慣れているみたい。料理番組なんぞじっくり見たことがない私だが(料理番組見るくらいならドラマかニュースかドキュメンタリーを見ているし)、これはなかなか楽しかったですよ。しかし一番の収穫は子ども(9歳)が「私もあれ作ってみたい!」と興味を持ってくれたことだが、しかしそれはそれでそうなると色々面倒くさいのよね。
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
1ポンドの福音 第1回(1月12日21時放映、日本テレビ)。日テレの土曜9時枠ドラマは玉石混淆、期待しないでみるのが吉なのだが……いやいやなかなか思っていたよりも面白かったです。まあ原作(高橋留美子)を全く読んだことがないからそう思うのかもしれないが(現に原作を読んでいる「ハチクロ」の場合はアレだったしな)、主人公の亀梨も「たったひとつの恋」(2006年、日テレ)のようなスカスカ感もなかったしね。やっぱり脇ががっちりガードを固めていたからか?

畑中耕作(亀梨和也)が所属するジムの会長・向田聖子に小林聡美で、これまた小学生の頃に男子5人を完全にのしてしまうのも、そして小さな頃からのボクシングへの強い思いも納得できるキャラ。トレーナーの三鷹(光石研)も先輩連中(よっちゃん!(岡田義徳)、高橋一生他)、そして修道院サイドのもたいまさこ (修道院長役)や「時効警察」の江口のりこ(シスターミリー役)、更にゲストキャラの田中要次(鬼丸勝兵役)、ベンガル (高山会長役)などもよかったし。でもこのドラマって暗黒キャラがいないんだね。それともこれから出てくるのか?

そしてシスターアンジェラ(黒木メイサ)、原作の表紙絵から想像してみるともっともっと天然系のような気もするけど、でもこれはこれでいいんじゃないだろうか。黒木メイサを初めて見たのは「めだか」(フジ、2004年)だったけど、顔の造作だけでなく強烈な印象を残す子だなあとか思ったもんでしたよ。でも今回のような天然ボケ系も結構魅力的。もっとも、ストーリーとしては耕作に八百長をやらせようとするなんざ、まだまだこいつも耕作同様に修行が足りないキャラなんだろうけど。

ところでボクシングのルールも練習方法も全くわからない私だが、運動をしているのに水を全く飲んじゃダメって、それじゃあ死んじゃうんじゃないのか!? んーー、「あしたのジョー」ではどうだったっけ??

これは脇の皆さん見たさにタイミングが合えば次も見るかも。でも今度からNHKでは「フルスウィング」が始まっちゃうんだよなあ。高橋克実が主人公だけど。
テーマ:1ポンドの福音
ジャンル:テレビ・ラジオ