先日同僚のT田と一緒に昼飯を食ったのだが(T田については2008年6月20日「「娘の部屋にボクイモがあったのよ」」参照)。

T田「この間、上の娘の部屋を掃除したら、すっごい物を見つけちゃってさ」
私「え? 中学3年生の子でしょ!?」
練馬のS嬢「す、すごいもの!?」
興味津々な私とS嬢だったが。
T田「ベッドとか棚とかから」
私、S嬢「うんうん」
T田「すっごい量のホコリが出てきちゃって」
私「え? ホコリ?」
S嬢「……」
T田「もう、ほんとうに片付けられない娘でさあ、ベッドの隙間とか本棚とかすごかったのよ」
私「おまいは~~! 中三の娘の部屋でみつけたすごい物っていうから、どんなとんでもないものかと期待しちゃったじゃないか!」
S嬢「そうだよ、第一、中3の娘の部屋を親が掃除するの?」
T田「だって全然掃除しないから本当にとんでもないことになっているのよ」
私「T田~、中三の娘の部屋で見つけたすごい物っつーたら普通、避妊具とか秘密の交換日記(←死語?)とかおこづかいでは買えないような高価なアクセサリーとかバッグとかだから!」
T田「いや、うちの娘、そっち方面は全然ないから!」

すっかり肩すかしを食らったわしらだが、その後「あの時はホコリが出てきたと聞いて、すっかり肩すかしだったよ」とT田に言うと、「他には携帯電話のメールを書き写した物とかも出てきたけど」というので聞いてみると。
T田「中学2年生くらいのときのものなんだけど、彼氏からもらったメールを紙に書き写してたよ。青春だね」
私「あ、彼氏いるんだ」
T田「そうなのよ。それでその書き写したのを見て見たら、彼氏がどうやら他の女の子とに言いよられてキスしたとかなんとか書いてあって」
私「つまりその彼氏は二股かけてたってこと?」
T田「そうみたいね。でも結局別れたみたいだけど」
私「中2のくせに、結構泥沼に片足突っ込んでるじゃん。……って、この間そっちの話をしてたらよかったのよ!」
T田「えーーーーっ!」

ちょっと油断できないT田の娘。でも部屋がそんなにひどいことになっているなら彼氏を家には(少なくとも自分の部屋には)呼べないだろうなあ。
テーマ:日記
ジャンル:日記