外事警察2
うわあぁ、しょっぱなのエンケン(遠藤憲一、警視庁警備企画課理事官・倉田俊貴役)と渡部篤郎(外事4課主任・住本役)の会話、こえー! ちょっとでも呼吸を外すとどちらかが斬られてこっちに血しぶきが飛んできそうだよっ。

[ドラマ紹介]
「テロにつながる外交官が薬殺されてしまう。住本(渡部篤郎)は地下銀行の出入りから<フィッシュ>らしき外国人を発見するも失尾。陽菜(尾野真千子)は外国人バーの監視を機に、店主のジュリオが好意を寄せる理容師、下村愛子(石田ゆり子)と再会する。所轄時代に担当した交通事故で、愛子の夫は植物状態となっていた。住本は愛子を協力者として獲得するよう陽菜に命じる。外事4課への異動が住本の計算だったことに気付く陽菜。」(公式ホームページ・ドラマ第2回紹介より)

さて今回の演出はあのドラマ「ハゲタカ」の堀切園健太郎でしたが、先週とのギャップなんてこれっぽちもねえですよ。どんだけ緻密に計算された連係プレーだっつーんでしょ。チーム外事警察の完成度は高いよなあ。

それにしても住本って男、見れば見る程すごいヤツですね。最初は渡部篤郎すごいなあって見てたのに、ドラマが終る頃には住本のすごさにぞくぞくっときましたよ。そう見せていたのはもちろん住本役をやっている渡部篤郎の演技力があってのことだろうが、そう思わせてしまうのはこのドラマが住本をしっかりと描ききっているからである。全人格を引き受ける覚悟でなければいけないという彼の「協力者」へのあり方。一旦その覚悟で協力者を運営することになれば、協力者の苦しみや辛さは運営者のものにもなってしまう。それをこの男は一体どれだけ引き受けてきたのか。この仕事柄失った協力者も一人や二人ではないはず。胸が引き裂かれる思いを一体どれほど重ねて来たのか。非常でなければやって行けない、でも非常なだけではやっていけない。今回の協力者・ニケ(R・マッカラン)との最後の別れの時に見せる二人の表情が全てを語っている。そういうことを言葉で直接いちいち説明する事なく、きちんと見せてくれるんですよ、このドラマは。

陽菜(尾野真千子)が外事4課に異動になったのも、全て協力者としての下村愛子(石田ゆり子)を獲得するための住本の策略だったが、その陽菜が五十嵐(片岡礼子)に真相を確認して結局自ら愛子に協力者になってもらおうと決意するまでの彼女の心の動き。住本に操られた結果だとしても、外事4課メンバーとしての自分の役割をきちんと自分の胸に納めて行動するという決意をするまでの描写、それは見ている私達が陽菜を通じてじわりじわりと外事4課の仕事に入り込んで行く過程でもあります。

そして一番うならされるのは、ラスト、協力者として獲得するため住本が愛子にとった方法、これでは協力は得られないと憤る陽菜に、住本は笑顔で言うんですね。「臭いものに蓋をして笑顔で慰め合うのがお前の信頼か?」「彼女が何に苦しんでいるのかわかるか? 介護でも借金でもない。自分が抱えている闇だ。心の隅に溜まっている泥を吐き出させて、全部飲み込んでやれ。それが出来なければタマを使う資格はない」と。協力者の人生を、魂を引き受ける覚悟で運営してきた住本だからこそ言えるこの言葉に、住本こそ抱えている深い深い闇を、ブラックホールのような底知れなさを感じさせせられます。

父親を殺そうとする子ども時代の住本に重なる、愛子が夫の顔を剃るためにカミソリをあてながらもそのカミソリを首筋にあてようとする一瞬の躊躇。住本はそれを直接見た訳ではないが、愛子のすべてを調査して行く過程でその心の闇を掴んでいる。協力者を獲得するというのは協力者のすべてを解剖する事であり、協力者に自分を捧げるために自分もまた解剖されるというとんでもない仕事。この住本という男をこれからも見ていきたいですね。なーんか、最後は住本の死で終るような、普通の終り方はしてほしくないです。

いやー、まいったまいった。

しかし。昨日の我が家の夕食は非常に遅く、この「外事警察」を見ている時間が夕食タイムでしたよ。私が真剣に見ているのに、「おかあさん、醤油とって」とか「ちゃんと風邪薬飲まなきゃだめでしょ」などという家族の団らんの会話が挟み込まれる訳だよ。家族の食事時に見るドラマじゃねぇーーー!(笑)

追記:(11月22日)
自分の書いた文章を翌日読み返すと、あまりの文章力のなさに本当にガッカリ(とほほ)。ちゃんとしたドラマの感想を書く時は、もっとちゃんと書きたいんだがなー。せめて映画「ハゲタカ」みたいに愛があれば(笑)その勢いでつっぱしれるんだけど、「外事警察」はすごいし面白いと思うけど、愛は全然ないしな(笑)。
テーマ:ドラマ感想
ジャンル:テレビ・ラジオ
Newスーパーマリオブラザーズ Wii
マリオといっても佐伯(「笑う警官」)じゃないですよ。スーパーマリオブラザースのマリオ。

 「クリボーは本当はキノコなんですよ(笑)」宮本茂さんが雑誌のインタビューでマリオやルイージの名前の由来を語る(はちま起稿)

マリオは実在のアメリカ人で、任天堂アメリカの倉庫のオーナーの方だそうです。そしてマリオの弟(兄?)のルイージも、「マリオにそっくり=類似」だからルイージじゃなくて、マリオのそばにいてもおかしくない名前ということで決まった名前だそうです(……でもマリオとルイージの名字って、一体なんだ?)。

しかしマリオをプレイする度に思うのだが……ピーチ姫、あんたクッパに誘拐され過ぎ。もう少し危機感を持て!(え?)
テーマ:日記
ジャンル:日記