龍馬伝 第24回2
龍馬伝 第24回(6月13日放映)。今回リアルタイム放送の時は夕飯の支度をしていたので(←なんとか8時までに終らそうと思っていたのに間に合わなかったぜよ)、細切れにしか見られなかったせいかあの蛍のシーンを見てても「これはないわーーー」と思ったんですけど、今日改めてちゃんとみたら、……よかったです。

[あらすじ]
「池田屋に向かった龍馬(福山雅治)は、亀弥太(音尾琢真)の死を目の当たりにする。運よく逃げ延びた桂小五郎(谷原章介)は、新選組に挑もうとする龍馬を引き止める。龍馬はお龍(真木よう子)の家に身を隠すが、亀弥太の死を防げなかった自分自身にいらだっていた。一方、勝麟太郎(武田鉄矢)は池田屋の策謀に加わった浪士が海軍操練所にいたと責められる。龍馬は、お龍に亀弥太の志を認めるべきと諭され、海軍操練所に戻る」(NHK番組表より)。

いやあ先週バッサリ切って見せてくれた池田屋の顛末をオープニングでこんな形で見せるとはニクイですね。そしてやっとここで初めて新撰組がどういう連中なのかと言う解説が入る訳ですが、もう、気が遠くなるくらい言葉だけ、台詞だけで背景描写や情景描写をしやがるこの脚本で、この新撰組だけは説明が一切無く、まずビジュアルとインパクトで訴えて見る者の心情に切り込んできておいて、これですよ。日本史の中でも何が興味が無いって、坂本龍馬と新撰組くらい興味が無い物はない私だが(ま、徳川家康とか前田利家とか毛利元就にも興味ねーけど)、これはこのドラマの本当にいいアクセントになってます。しかもお龍(真木よう子)が働く扇岩にやってきた新撰組も、ここでお約束の「御用改めである」と来て、近藤勇(原田泰造)とお龍の一騎討ち、どっちも負けてねえぇ。その合間に描かれる龍馬の陰の薄い事薄い事、「あれ、いたの?」って感じだ。

一方土佐では牢番の野中さん、ちゃう、和助(小市慢太郎)という強力なサポータがついたおかげで富さん(奥貫薫)と文通ができている半平太さんですけんど、日がな一日以蔵(佐藤健)の悲鳴を聞かされて苦しみ続けているところに、ドSのしょうちゃん(後藤象二郎、青木崇高)の手によって送り込まれた刺客(違)の弥太郎(香川照之)、ここの弥太郎と半平太の会話がね、もう真剣勝負。弥太郎は口では商売ができんのは困るから本当の事を話せというものの、半平太のためにも富さんのためにも、もう「楽」になってもいいじゃないかという弥太郎流の気遣い、それに対して半平太さんは毅然と「わしがやってきたことは全て大殿様のためぜよ。それが大殿様に背いた逆臣じゃと思われるがは、こればあ悔しいことがあるかえ。このままでは終れんがじゃき。自分の夫が侍ではなかったと言われて、富を悲しませる事は断じて出来ん」と言い放つんですね。すごい重量感がある場面だ。

一方なんだかいっちゃってる感じのお殿様。うーむ、これは一体何だろう? 大殿様って、罪のないものを捕らえるわけにはいかんとか、現在の半平太の身分の者を拷問はできんと言ってたり、ドSのしょうちゃんのもっといじめていい?というお伺いも却下してるんですよね。当時の各藩の行政って今現在の県単位の地方行政よりももっと独立性が高かったように思うのですが、お殿様は下士ははっきり差別しているけど、土佐と言う藩はちゃんとした法治国家なんですよね。そこらへんの葛藤から大殿様も苦しんでいてなんとか楽になりたいと思っているという描写なのか? わかんねーなー。

そして今回のメインイベント「愛の蛍」……。もう、サブタイトルがアレなんですけど(泣)それは置いておいて、一番の泣かせどころです。弥太郎には富さんのためにも意志を貫き通すということを宣言しちゃった半平太さんですが、やっぱり富さんには「おまんに辛い思いをさせてすまん、まっことすまん」と和助に伝言するわけですよ。じっと耐える富さんと、富さんが和助に託した蛍を半平太さんがじっと見る場面、非常に美しく切ない場面です。

で、ここなんですけど、普通だったらここでじーんとくるはずなのに、わたくし「美しいシーンだなあ」とは思ったものの、最初に見た時は「富さん、こりゃマズイですって。もし見つかったら力になってくれている和助にだって迷惑かけるんじゃないんですかい?」「蛍はちゃんと隙間から外に飛んでいくことが出来たのか?」とか思ってしまいました(いつだって雑念だらけなのよ)。

獄中にある半平太に、富さんが毎日の食事とか手紙とか花とか果ては死装束まで差し入れたと言うのは有名なエピソード(ということになっている)ですけんど、そういうことが出来たのは半平太を支えるサポーターが和助のような牢番だけじゃなくて、幅広く色々な支援者がいたからこそ出来たことだろうし、半平太さんの獄中闘争も全然無駄なものではなかったということでもあるし、しかもこんだけじゃんじゃん差し入れしても全然OKだったということは、その状況下なら蛍の差し入れも問題がなかったんだろうなと思うんです。

でもこのドラマの中では、前回は「半」の文字のみの署名の短い手紙、そして今回は手紙ですらなく口頭での伝言、半平太さんが追い詰められ状況が切羽詰っているのを伺わせるのに、蛍……。このドラマのこの状況で蛍の差し入れは、いくら場面的に美しくて切なくてもちょっとマズイんじゃないのか!? せめて今回も手紙での便りにすれば切迫感が中和される分蛍の差し入れが孕む緊迫感を相殺してまだよかったんじゃないのか!?とか思ってしまいました。ええ、血も涙もないやつなのさ、わたくし(←開き直り)。なーんか脚本家さんがさー、おいしいところだけつまみ食いしているように見えちゃったのさー。

けんど、今日もう1回ちゃんと見たら、(おいしいところのつまみぐいには違いないけど、でも)この状況だからあの蛍でよかったの鴨と思った事であるよ。半平太さんからの言づてによる言葉、それに対して一種の消え物である蛍を送る事で応える富さん。この状況だからこそのあの蛍。ベタベタな展開ですけど、このね、手ぬぐいの中から舞い上がるように飛ぶ蛍(ま、CGだけどさ)を見る半平太さんの表情がよかったんです。呆然というのとはちょっと違うんだけど、何かこう、尊い物を見るかのような感じで。

また今回は場面場面の対比がこんちくしょうというかね。月明かりのみの暗く広い家の中にポツンと一人でいる富さんとそのそばに手つかずで置かれているまるまんま1個のスイカ、対して明るくにぎやかに皆でスイカを食べながら富さんの噂話をしている坂本家(ここは説明台詞が多すぎだっっ)。暗い牢の中で微かな命の火を見つめ、泣き笑いのような表情の半平太さん、対して生まれたばかりの幼子を抱きしめあやしつつささやかな幸せをかみしめている岩崎家と、安らかに眠る家族を静かに見守るお龍……。あざといっちゃああざとい場面連写なんですけんど、嵐の前のひと時の静の描写がね、よかったです。

ここでお龍が龍馬に思いを馳せているのかもしれんというところで、川を下る龍馬の場面になり龍馬の周りを舞う蛍。これまた龍馬の周りで散っていった若い命を象徴しているのかもしれんですけんど。で、ここでやめときゃいいのに、「亀弥太、お前の命は決して無駄にはせん」となんとか言っちゃうもんだからさ、ついつい、もうアンタはなんもしゃべらんでええですから!と言ってしまう私です。もちろん福山雅治が悪い訳じゃないんですけどね。

そんなわけでこの「半平太伝」も残す所あと4回、もうさ、いいじゃん、龍馬が全く登場しない回があっても。別に邪魔っつーんじゃなくて(←明らかに邪魔扱いしているように見えているかもしれないが、それは気のせい)龍馬を登場させずに龍馬を描くというのもこの大河ではアリなんじゃないですか? この間の美冬さんの「ストップ・ザ・サカモト!」を聞いてからずっと、結構真剣に「龍馬が登場しない「龍馬伝」があってもいいよなあ」と、本屋さんで高校の日本史の参考書を見て、龍馬を消すならどの回かなあとか妄想しております。……で、もしかするとそれは今回だったかも。
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ
ここんとこブログの更新がないように見えると思うが、怠けているんじゃないのよ。色々下書きをしている途中なんだが、どれもこれも完成してないので下書きのままの記事がどんどん溜まる一方だ。そんな訳で今回は軽くつぶやくと言うか、独り言もどきで。

実は先週の映画「ハゲタカ」1周年記念祭りの時には、「叫べ! 廃人」と「3kg太っても、結局3kg以上は減ったのではないのか? 背中編」の他に、「日本橋なう」(6月4日のロケ地周辺散策)、「映画の鷲津はどれだ!?」(映画「ハゲタカ」とドラマ「ハゲタカ」と他の映画やドラマの大森南朋の眼鏡顔を並べる予定だった)と、「大森南朋はどれだ!?」(山崎まさよし、古田新太、箭内道彦などの大森南朋類似品と大森南朋の顔を並べる予定だった)を書く予定だったのだが、先々週は残業三昧だった上に、現在のオフィスが非常に健康に悪い職場なのでどうやら風邪をひいてしまったらしく土曜日に寝込んでしまって出来なかったのだ(←もっと早くからやっておけ!)。そんで今更やるのもなんだしなーと放置下書き記事に。

あと、近日中にアップする予定だが恒例の「2010年7月からのTVドラマ」も現在書き込んでいる最中。これ、いちいち脚本家や演出、プロデューサーの名前まで調べているもんだから時間かかるんだよなー(誰かに書けとかいわれている訳でもないのに自分が色々気になるもんだからさ)。ま、七月ドラマで見るかもしれないのはオダジョーの「熱海の捜査官」とクドカンと長瀬の「うぬぼれ刑事」(これは大当たりか大ハズレかどちらかの予感)あたりでしょうか。フジ火9枠では堺雅人さんが昼と夜とでは違う二つの顔を持つ刑事の役をやるようですが……はげしくハズレの予感がしているのは気のせいですよね?(ちなみに脚本は「セレブと貧乏太郎」や「アタシんちの男子」のヒトですけどね)。

そして会社のランチ事情がいかにひどいかという記事(タイトルは「お嬢様の直訴」だ)と本日の「龍馬伝」の感想もも多分近日中にアップする予定。

で、今日の「龍馬伝」のすぐ後に見た「新参者」では、阿部ちゃんがもこみちと話している場面でマンダリンオリエンタル東京が映っていたもんだから「え? ここはシグネチャ(37階のフレンチレストラン)じゃないよな? でも外の景色からいって高層階のレストランだし。どこだ? もしかしてケシキ(38階の中華レストラン)かしら?」などと話そっちのけでガン見していた私です。もう、煩悩だらけ。

さらに本日のBShiの「シネマ堂本舗」のテーマが「ドリームガールズ&ハゲタカ」だったのに見逃してしまってちっくと悔しいとか(参照:NHK番組表)。

録画してあった「タモリ倶楽部」を見たら今回は石特集だったのだが、ここでかかるBGMについて「この曲、ケツメイシだよ。石だから。あれ? この曲は何?」「シーナ・イーストンの曲だな」「ああ、石だからストーンで?」「いや違うよ、シナイの石のネタだからシナイ、シーナでシーナ・イーストンなんだよ」「くだらないーー」などという会話を子ども(11歳)としてて、こういう会話ができるようになったのねと、しみじみしたり。

あと昨日チラッと見てみたら面白そうだったので買ったブルボン小林の「マンガホニャララ」とか、今朝の朝日新聞の書評欄にさっそく記事が載っていて、全く知らなかったけどブルボン小林って作家の長嶋有だったんですねとか、昨日ビニールがけがしてあったために中身を見ずに買った「文藝別冊 萩尾望都 少女マンガ界の偉大なる母」がまだパラパラとしか見てないけど、これは結構読み応えがありそうとか、「君に届け」の最新刊も買ったので読むのが楽しみ、とか、漫画ネタも色々。

まあ、そんなこんなで本日の独り言でした(笑)。
テーマ:日記
ジャンル:日記