龍馬伝 第24回
龍馬伝第25回(6月24日放映)。まあ、なんでしょう、私の前を素通りしていった感じ? 大事件(蛤御門の変、海軍繰練所閉鎖、毒饅頭お披露目など)が起こっているのにもかかわらず、印象が非常に薄かったというか。おまけに今週はわたくし、ハゲタカスペシャルウィークでしたので「龍馬伝」どころじゃなかったぜよ。

しかし上の写真↑「お代官様、これでおねげえしますだ」って言っているような感じだ(意味不明)。じゃ、この写真は本当はなんと言っているでしょうか?

「こっちのつぶ餡入り、そっちの抹茶餡入りのと1個交換して~」(大嘘)

[あらすじ]
「龍馬(福山雅治)は船宿・寺田屋で、亡き母そっくりのお登勢(草刈民代)に出会う。お登勢に励まされ、龍馬は気持ちを新たに海軍操練所に戻る。そのころ、池田屋で多くの同志を殺された長州藩は御所に向かって進軍し、後に「蛤(はまぐり)御門の変」と呼ばれる、会津藩との戦いが始まる。薩摩軍の参戦で長州藩は総崩れとなり、久坂玄瑞(やべきょうすけ)も自刃する。龍馬は焼け出されたお龍(真木よう子)を寺田屋に預ける」(NHK番組表より)。

今週の演出担当が渡辺さんなのは「ザテレビジョン」を見てわかってたので期待せずに見ていたんですが、んー、以前のような過呼吸半平太さん(大森南朋)とかフラフラ半平太さんのような極端なキャラ描写や、写楽の役者絵のようだった井伊直弼の死にっぷりみたいなマンガチックな描写があまり目につかなかったんですよね。今回は大殿様(近藤正臣)がかつてのフラフラ半平太さん並にキテはいましたけんど。それよかこの時期の一大イベント、蛤御門の変の描写なんかはメリハリを強調する渡辺さんには合っているのかもとか思いました(エラソー)。ま、京の町が焼け野原になった後にお約束のように龍馬(福山雅治)が登場して「なんちゅうことじゃあ」「どういてこんなことに」とか、侍が勝手なことやるからとか責めるお龍(真木よう子)に「まっこと、おまんの言うとおりじゃあ」とか、海軍操練所の閉鎖に「そんなことがあってええがか」とか、ラストも「わしはどうすればええがじゃ」とか、いつもの台詞を言ってて、はいはいはいとスルーモードだったので、今三つ、素通り感が強いのかしら。

小学校では「いかのおすし」という言葉があるんですよね。いか…知らない人についていかない、の…他人の車にのらない、お…おおごえを出す、す…すぐ逃げる、し…何かあったらすぐしらせる、という要注意ワード集なんですけんど。わたしゃついつい龍馬版を考えちゃってたよ。龍馬の「わしはなんどこんなこと言うがじゃ」(意味不明)。

「"わしは"どうすればええがじゃーー!」
「"なん"ちゅうことじゃあーー!」
「"ど"ういてこんなことにーー!」
「"こんなこと"(そんなこと)があってええがかーー!」
「おまんの"言う"とおりじゃーー!」

うるせぇーーー!!

さて先週、お殿様の言動が意味不明と書いた訳ですが、今回を見る限りでは大殿様ったら半平太さんのことで色々悩んで苦悩しちゃっている訳ですか? 「武市、武市と、どういて儂はあんな下賎な男の事を考えにゃならん!」ですって? はっ、恋煩い!?(違)。そんで極楽浄土絵図に救いを求めているんですか? ……なんで!? 半平太さんが大殿様のためにあんなことやこんなことをやってこんな事態になっていることに、まさか心を痛めとるちゅうことっすか? それとも恩義を感じてごひいきにしている徳川幕府の所業(長州への態度とか新撰組の活動とか?)に心痛めて逃避したいと思っているのか? やっぱり、わからん。でも最後の最後でお殿様が半平太の前に登場して、半平太さんが光り輝く大殿様にひれ伏して全部自白し、「わしがわるかったー、龍馬、おまんの言う通りにしちょればよかったー」とか言ってジ・エンド、というのだけはやめてーーーー。でもやりかねないよ、この脚本は(泣)。

龍馬とお龍のラブストーリーの進展具合は、さすが月9脚本、結構丁寧でしたね。少なくとも加尾(広末涼子)やお佐那さま(貫地谷しほり)の時みたいに私たちにはまっっっっったく、見えてない龍馬フェロモンのせいですぐに一方的にラブラブだったのとは違って、龍馬フェロモン、なかなかヒットしません(ま、龍馬は別に狙っているわけじゃないけどさ)。ぎこちなく笑うお龍さん、ナイス。

あ、そういやこの回のメインは「寺田屋の母」だったっけか。うーむ。ずーーーーっと、現代的価値観で「武市さんは間違っちゅう」「どういてこんなことに」とか叫んでいた龍馬さんですけんど、現代的価値観から言ったら、ニートの30男が「ママン」って、絶対引きますからっ。「いっぺんだけ、いっぺんだけでいいき、母上ち、呼んでもいいですろうか?」「ほんで龍馬ち応えてくれんですろうか」と言いやがった時は、この脚本家に真剣にゴルゴ13を派遣することを考えたぜよ。ま、お登勢さん(草刈民代)に実際に呼ばれてみて「やっぱり、全然違う」とか言っているのでかろうじてセーフといえなくもないけど、こういう変な設定を入れなくても、お登勢さんをちゃんと魅力的に描けば龍馬が慕っていたのだって納得できるじゃないっすか。ま、いつものように台詞だけでの説明でも全然OKだしー(棒読み)。龍馬がお登勢さんを慕っていたのはベースに母親と瓜二つというのがあったからなんていう100万年前の設定をわざわざつかわんでもええやろ(いつの間にやら偽関西弁)。どうも今回のコレの主犯は鈴木CPのようですけど、うまくエピソードとして処理しているというよりも、あざとさといやらしさが大また開きで(←非常にお下品な表現)、なんか嫌。

そして、毒饅頭エピソードですよ。散々史実を無視してたくせによりによって毒饅頭エピ(コレ自体は史実かどうか不明だがとにかく有名なエピソード)。「以蔵(佐藤健)が可哀想だから」「楽にしてやってくれ」(このままだと死んじゃうから!)と毒饅頭の差し入れかよっ! なんか納得できん。だったら以前の「以蔵は使えるぜよ」バージョンの黒半平太が口封じのために毒饅頭差し入れの方がまだ納得出来るっつーもんです。せめて「いい人モード」のままどうしても毒饅頭エピを入れたいなら、他の、弾圧を受けてもまだ頑張っている勤皇党メンバーのために死なすって流れにしてくれればまだしも、可愛そうだから死なすって……。そんなに「以蔵が可哀想」ならいっそのこと、自分がその毒饅頭食っちゃえばみんな楽になれるんじゃねーのー?(棒読み)。もちろん半平太さんがここで死ぬわけにはいかないのは、外で戦っている勤王党メンバーやその家族のためであり、お富さん(奥貫薫)のためでもあるわけだけど、そういう描写がほとんどないし、今まできちんと正座していたのが今週はもう以蔵の叫びを聞きすぎて壊れちゃったのか、足を投げ出してほうけてますからね、かなりもう「壊れちゃった」半平太さんの所業なのかもしれんけど。

で、今回は海軍操練所が閉鎖されちゃって「わしの夢やった日本海軍はなくなってしもうた」「わしはどうすればええがじゃー」とかなんとか言っている龍馬さんはどうでもいいので置いておいて(←ヒドイ)、私も海軍操練所閉鎖は悲しんでおる。佐藤教頭先生(勝塾塾頭、有薗芳記)よかったのに。もう見られないのかしら。せめて勝海舟(武田鉄矢)の秘書みたいな感じで今後も登場して欲しいっす。ほんとにまあ、この「龍馬伝」は脇がいいですよ。渋くて手堅すぎ。ナイスキャスティング。

さて来週は、って明日だが、いよいよトリビアおじさん(高橋克実)登場。「西郷さんの名前は…………「隆盛」ではなく「隆永」」「へぇー」。「西郷隆盛の肖像画は…………本人ではない」「へぇー」。「次の回の演出は……渡辺Dである」「へぇー……ええええっ! また!?」。
テーマ:龍馬伝
ジャンル:テレビ・ラジオ