かつて「渡る世間は鬼ばかり」の橋田壽賀子センセイはおっしゃいました。家事をしている主婦がいつみても、途中から見ても、家事をしながら声だけ聞いていてもわかるように脚本を書いている、と。今年の大河のターゲットが日常雑事に追われて多忙な、そしてテレビ以上にエンタテインメント性にあふれた各種ツールに取り囲まれた現代女性である以上、「華やかで、はっきりくっきりわかりやすい時代劇」になるのは致し方ないことで、今さらそこに文句言っても仕方ないというのは重々承知致しております。

[あらすじ]
「天正9年、春。江(上野樹里)たちは信長(豊川悦司)が開く「馬揃え」に招待され、訪れた京で明智光秀(市村正親)や娘・たま(ミムラ)と出会う。圧倒的な華やかさで群集を魅了する馬揃えに感動した江は、ひとり本能寺で信長と対面するが、「自らが神である」という信長のごう慢さが許せず、怒って寺を後にする。やがて、迎えた天正10年。信長率いる織田軍は、天下統一への最終局面を迎えるが、光秀は独り焦慮を募らせていた」(NHK番組表より)。

しかしまた今週もtwitterで文句ばかり炸裂してしまい、全くもってよろしくないと反省してるのでございます。そんな毒ばかり吐くくらいなら見なきゃいいのにとは思うが、作品と言うのは見て楽しむだけでなく、ツッコんで楽しむというのもアリだと思うです。ただねー、突っ込んで楽しい作品と、そうじゃない作品があるのねー。その点去年の「龍馬伝」は突っ込んで楽しい(楽しいだけじゃなかったけど)、というか突っ込みがいのある作品でした。今回の記事の80%がたは日曜日に書いちゃっていたんですけど、とにかく文句ばっかり書いてしまうので、このまま表に出すのもどうかと思って迷いつつの水曜日ですよ(遠い目)。以下、非常にネガティブな、戯言ですので読み飛ばしていただけると幸いです。そんな訳で今回は折り畳みます。
テーマ:大河ドラマ 江
ジャンル:テレビ・ラジオ
kiritani_s

道産子鷲津「僭越ながら飯島さんは三葉銀行さあって、汚れ役を一身さ引き受けてこられた功労者である…と、認識してるんだわ。」http://namatter.com/ うーむ、色々惜しい……。
02-01 13:33

メンバーのお名前を見るだけで涎が、、、(笑)楽しんで下さいね。RT @tsugeisao: メンバー:演出部大友、渡辺、西村、撮影部達之助、美術部山口、山尾、小宮山、清、、と僕。大変なことになってます。
02-01 23:23

@tamashanao 「さあって」って北海道弁と言うよりは東北系のような気もしますよね。「なまら」は私も使わないんですけど、名寄出身の家人はたまに使うんですよね。ま、たいてい「はんかくさい」とセットなんですけど(笑)。
02-01 23:39