名作の舞台裏「黄金の日日」 名作の舞台裏「ハゲタカ」
一昨年の10月に横浜の放送ライブラリーで「龍馬伝」の制作秘話を聞きに行って(2010年10月19日「生大友Dを見に(「制作者に聞く!~番組制作の現場から~「龍馬伝」)。」)そこで展示してあった過去の「名作の舞台裏」シリーズの今までの記録、特に2008年6月22日開催の第20回「ハゲタカ」の写真に涎を流しつつ、ちくしょーー、私も見てみたかったぜーーー! と思ったもんでした。そして2011年2月に名古屋まで大友さんを追っかけて「ハゲタカ」話を聞きに行ったら「ハゲタカ」のハの字もなく超ガッカリだったものの、伝説の「ハゲタカ」セミナーに実際に参加されたBOOKOさんから色々お話をうかがってさらに涎ドバドバだった訳です(2011年5月28日「ハゲタカ廃人名古屋珍道中記(2011年2月19日)」)。

でもこの名作の舞台裏シリーズ、「ハゲタカ」に限らずヒット作や話題作、名作ドラマを色々取り上げているのでドラマによっては見てみたいと思っていた所に、Mackyさんから今度「黄金の日日」のセミナーがあるよとのタレコミが。もちろん申し込みましたよ。前にも書いたが私は小学生の頃からテレビ番組のスクラップ帳を作っていて、今現在も1年で1冊、その年に放映されたドラマ関連のノートが増えて行っているのだが「黄金の日日」と「ハゲタカ」だけはそれぞれ1冊ずつ別のノートにしている(2011年12月12日「脚本家の市川森一さん死去」)。そんな私の目の前にぶら下げられた「黄金の日日」セミナーの案内、ゲストに松本幸四郎と竹下景子が来るとの事だが、私が聞きたいのはドラマ作りの方なのであんまり俳優さんには興味ががない。しかしこの豪華ゲストに申込が殺到したらしくあえなく落選の通知が来てガックリですよ。

しかし。そこに弊ブログにコメントや情報のタレコミ(そして向井理普及運動も(笑))をくださるむぎこがしさんより当選したのでご一緒にどうですか?とのお誘いが。もちろんお言葉に甘えて昨日の午後、横浜までいそいそとご一緒させていただきました。ありがとうございました、むぎこがしさん。

会場に12時30分につくとまだ受付前の行列は10名ちょっとなので安心してボケっとしていたら、あっというまに行列がどんどん長くなって行くので慌てて並び始める。客層は……平均年齢高っっ! 私だってもう相当年なのは自覚しているが、あの中ではまだまだ絶対若い方だったと思う。うーん、見た感じ「劔岳」とか「沈まぬ太陽」の客層なんじゃね? 大河ドラマのコアな視聴者層でなおかつ「黄金の日日」をリアルで見ていた皆様なんだろうけど。

セミナーは午後1時半から始まり、NHK大河ドラマ第16作「黄金の日日」の第1話と第31話の上映の後、休憩を挟んで15時20分よりゲストの松本幸四郎(出演)、竹下景子(出演)、近藤晋(制作)、高橋康夫(演出)に司会の渡辺紘史(放送人の会、「黄金の日日」放映時はチーフ助監督)の5名を迎えてのトークイベントでした。

なお、今回のイベントはこの「黄金の日日」の脚本を書いた市川森一(脚本家)氏の先日の訃報を受けての追悼イベントかと思ったら違ってて、東アジアの放送作家とプロデューサーの会議の時に渡辺氏と市川氏が「名作の舞台裏」シリーズで「黄金の日日」をやりたいということで決まったイベントで、当初市川氏も参加の予定だったが亡くなってしまったために一時は開催中止にもなりかけたのだという。しかしこういう時期なので追悼の意味も込めて開催してもいいのではないかという後押しを受けての開催だったとのこと。

そんな訳で非常に聞きごたえのある充実したトークショーで、わたくし、必死になってメモを取っておりましたが↓……今、自分で書いた文字の解読ができないっ!(泣)。えー、なので折りたたみ先に簡単にざっくりと残しておきますが、もしかすると細かい所等実際とは違っていたり聞き取れていない部分が多々あるかもしれないことをあらかじめお断りしておきます(泣)。はぁ~、毎度の事だけど速記とか習った方がいいのかあ??
名作の舞台裏「黄金の日日」
テーマ:NHK
ジャンル:テレビ・ラジオ
「ハゲタカ」注意(笑)。

2月19日は何の日? Googleでチェックしてみたら、「プロレスの日」だそうで、1955年の2月19日、日本初のプロレスの本格的な国際試合、力道山・木村政彦組対シャープ兄弟の試合が開催されたことに由来、ですって。出来事としては1998年の2月19日には証券スキャンダルで新井将敬代議士が自殺。この日に生まれた人は、ジャーン、1972年、大森南朋(俳優)、そして1969年の2月19日は……かとうれいこ(タレント)……って鷲津政彦(大森南朋)の名前がない!(←当たり前)。もう、Wikipediaに「鷲津政彦」の項目を作っちゃうよ!

マンダリンオリエンタル東京38階からの眺め 日本銀行とマンダリンオリエンタル東京
そんな訳で(どんな訳で?)先週の土曜日の2月18日、誕生日の1日前だけど、有志で鷲津の43歳の誕生日のお祝いをしました。この手のイベントにはお付き合いくださるnanakoさんが当日体調不良のため欠席だったのが残念だったが、実は私も仕事は11月12月に比べたら随分と楽になってきたものの結構体が弱っていたらしく、当日かなりヘロヘロな状況で(←もちろん二日酔いではない(笑))進行がグダグダだったり途中で迷子になったりと参加された皆様にえらい迷惑をかけちゃったYO! 皆さん、ごめんなさい(ペコリ)。

常盤橋公園は工事中 常盤橋公園は工事中2
常盤橋公園は工事中3 常盤橋公園は工事中4
しかしまあこの手の集まりをやって楽しいのは、やはり思う存分馬鹿話をできる事だ。映画「ハゲタカ」の終盤近くに登場する日本橋の常盤橋公園が昨年の東日本大震災で破損し(破損と言うよりは破損の恐れがあるからか)修復のため現在閉鎖されているのだが、にもかかわらず熱心に中を覗き込もうとするわしら。
「絶対、怪しいですよね、私たち」
「今、色んなマニアが結構いるから、工事現場マニアっつーことにしとけばいいんじゃないか?」
「なるほど」
「じゃ、私は石垣マニアということで」
「じゃあ私は工事中の標識マニアということで」
「マニアなら仕方ないですよね」
本当か!?(笑)

ドラマ第3話のナンパストリート(丸の内仲通り)はすっかり面変わりし、正面の大手町フィナンシャルセンタービルもなくなってしまったので今回はパスしてそこいらを散策し、映画で西野治(松田龍平)が鷲津を待ち伏せしていた第一ホテル東京(新橋)へ。

第一ホテル東京 第一ホテル東京
第一ホテルの1階ロビーへの入口は3箇所、フロント側入口、駐車場側入口、そして鷲津と中延さんが入ってきた新橋駅寄りの入口である。1階ロビーラウンジは吹き抜けになっていて西野みたいに2階の吹き抜けの手すりから覗き込むと、誰が行き来しているかはよくわかる。しかし、もし鷲津がフロント側の入口から入ってきたなら西野治と向かい合う形になるのですぐに気がつくが、新橋駅寄りの入口から入ってくると西野が立って見下ろしている方向と鷲津が歩いて行く方向が同じなので、2階の西野治のすぐ下を鷲津がフロント目指して通り過ぎてもまず後姿しか目に入らず、注意してみていないと気がつかないはずである。それをすぐに気がついて「鷲津さん」と声をかけたのは、実はまだかなまだかなとずっと下を覗き込んでたからなんじゃないのか?

「鷲津さんは一体どこに行こうとしてたんですかね?」
「そりゃ西野と密談をするためにここに来たんだし、まっすぐ行った先にフロントがあるからそこで予約してある部屋とかレストランの個室に入ろうとしたんじゃないのか?」
「どこのレストランで密談するつもりだったんでしょう」
と、ホテル内のレストラン一覧をじっと見るわしら。
「ロビーラウンジ?」
「でも密談だしきっと個室では?」
「しゃぶしゃぶ、焼き鳥、寿司、フレンチ、色々ありますね」
「鷲津は肉なんか食わないよ。でも入るとしたら和食の個室かな?」
と、見ると西野が立っていた場所のすぐ横が和食の店、じゃきっとここで鷲津を待ってたけど待ちきれなくって出てきたんじゃないの?という結論に。ちなみにここでも不審者なわしら。
「えっと、こんどは何マニア?」
「もちろん、ホテルマニアですよ」
「じゃ私はホテルの手すりマニアっつーことで」。

その後は某所でDVD鑑賞会をして、何度も何度も「この国を、買い叩く」場面をガン見。
「もう、今日何回この場面を見た事か(笑)」
「普通の人にしてみたら一生分かもな」

そして夜はドラマ第6話で飯島さん(中尾彬)に鷲津が全財産を差し出したバー(銀座・水響亭)で「鷲津、43歳の誕生日、おめでとう!」と乾杯。このお店、料理はおいしいし雰囲気もいいしサービスも満点なのだが、特定の席をお願いすると毎回「差し支えなければなぜこの席なのか教えていただけますか?」と追求されるのが難だ(笑)。しかし今までは「えっと…テレビドラマで使われていたので」と渋々答えたら「相棒ですか?」と言われたのだが今回はなんと「ハゲタカですね!」と言われちゃったYO! ……前に2回だか3回だか行って毎回この席を予約してたからすっかり覚えられちゃったんだな……(泣)。そんなこんなで今年の2月もまたおバカな夜を過ごしてしまったが、我が人生に悔いなし!(笑)
テーマ:日記
ジャンル:日記
去年の秋の事だが、あのnanakoさんに唆されて向井理主演の「僕たちは世界を変えることができない。」をそのうち見に行くから、という話になっていたのだが(2011年10月4日「つい、ひとひねりしてしまう悪い癖」)、去年は11月あたりから仕事が無茶苦茶忙しくてとてもじゃないけどロードショーで見る事が出来ないまま日々が過ぎ、忙しいながらもハゲタカ廃人な皆様と忘年会をやった時に「2月に早稲田松竹でやりますから見て下さいね」と念押しされてiPhoneにもアラーム入れちゃったもんだから、上映開始日の2月4日にはちゃんとアラームが鳴ってましたよ……。

私は向井理には全く興味がないし、しかもいい話系のドラマは苦手なので見ないのだがnanakoさんの唆し方が絶妙だったのである。映画館であの「笑う警官」を見て余りのひどさにもう一度確認のため見たくなったり(ちなみに見た時の感想はコレ→2009年11月14日「映画「笑う警官」」)、超駄作大作という噂の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を確認のため見に行ったり(2011年1月13日「映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」)、あの去年の大河ドラマ「江」のひどさをたまに確認のために見てみたりという、私のゲテモノ趣味を刺激するキーワードを私にささやいたのである。

「僕セカは、贅沢な×××××ですから」
「なぬっ、それは見てみたいかも!」

この「贅沢な」の後に入る単語はそのままなんの説明もなく使うと非常に誤解を呼ぶ言葉なので、折り畳んでから説明するが、見に行く前に会社でランチ仲間の皆には「贅沢な×××××っていう話だから、これから見に行ってみるんだよね」と話していたのだ。

Nさん「贅沢な×××××って、どういう意味?」
私「多分、私も友人(nanakoさん)も脚本と演出の密度が高くて、しかも細かい所をほじくり返しても必ずそれなりの収穫があるようなドラマばかり見ているから、それに対して敢えての×××××ということなんじゃないかなあ」
Y岡さん「だいたいどういう映画なんですか?」
私「んーーー、向井理が主演でー」
Nさん「向井理って薄いよね。Kさん(←私の事だ)は一番興味なさそうなタイプ(笑)」
私「そう。大体若手イケメンに全く興味がない。私はジジィ好きだからさー、でも老け専だと悲しいのは訃報を聞く事が多いってことだね」
Nさん「確かに(笑)。でもKさんって、120歳くらいまで生きそうな気がするね」
私「なんだ、それ?」
Y岡さん「そうそう、ずっと長生きしても今とほとんど変わらないような気がしますね」
私「あー、そんで120歳になっても今と同じような事を言ってて、やっぱり向井理には興味がないとか言ってて?」
Nさん「でもそのころにはKさんが生きてても向井理はもう死んでるかもね」(←ヒドイ(笑))
私「ははは。で、物語はカンボジアだかどこだかに学校を建てるっていういい話系の話じゃなかったかなー」
Y岡さん「私はそういうのは苦手かも」
私「私も多分ダメだと思う。でもさー、『贅沢な×××××』ってのが気になってさ」
Nさん「ほんと、物好きなんだからー。でも映画とかテレビドラマを見る時にはすごく頼りにしているから!」

と言う訳で映画を見た感想はネタバレを含むので折り畳みますが、それ以上に、えーー、基本的に感動作品の僕セカに対して上から目線で勝手な事を書いていますので、そういうのを見たくない方は読み飛ばしてね。

[あらすじ]
「医大生のコータは、あるパンフレットを見て150万円でカンボジアに学校を建てられる事を知る。触発された彼は、友人の芝山と矢野、パーティーで知り合った本田を誘い、カンボジアに学校を建てるための“そらまめプロジェクト”を立ち上げた。カンボジアを訪れた彼らは虐殺の傷跡やHIVの蔓延、地雷原といった、カンボジアの現実を目の当たりにする。帰国後、彼らは自分に何ができるのか、悩みながらも資金集めに奔走するが…。」(goo映画紹介より)
テーマ:見た映画
ジャンル:映画
12月にiPhoneを買って1ヶ月ちょい、相変わらず使いこなしておりません(泣)(2011年12月18日「その買い物の目的は、何だ!? 」)。というか、そのヒマがなく、帰宅したらiPhoneで遊びたがる子どもに取られてやっぱり使う暇なし。そんな訳で使いこなしたら最強の兵器らしいのに、大したことはなんにもやっていないという体たらく……。とりあえずの感想としては、

・今までiPodで曲を聞いていた時はモニタ?画面を見なくてもポケットの中に手をつっこんで手探りで停止とか曲飛ばしとかをやっていたのに、iPhoneになってからはいちいちモニタを見て確認しないといけない。

・ウェブページやアプリの上部や下部に表示される広告が非常に鬱陶しい。今までの携帯でネットを見ていた時にも広告は表示されてはいたが文字盤?で操作するため特に影響もなくエロ広告以外は特に気にならなかった。しかしiPhoneは画面にタッチして操作するため画面内上部と下部の広告にうっかりタッチしてしまう事が非常に多く、見たくもない広告ページに飛ぶ事がちょくちょくあるのだ。まー、私が不器用で指が太いせいもあるんだが(泣)。

・何故か右手の指より、左手の指でタッチする方が認識されやすい。なんでだ。右手の方がよく使う分今の季節は冷たいことがあるけど、指の温度が関係あるのか?

・電池の減りが本当に早い! 一応余計なアプリは終了させたり位置情報関連の設定はオフにしたりしてなるべく押さえているのだが、とにかく減りが早い。これはなんとかしてほしい。

・前のiPodは超粗忽な私が300回くらい落としても壊れなかったが、iPhoneはこの間初めて落としたものの、まだ壊れていない(笑)。今まで携帯電話に保険なんかかけたことなんかなかったが、さすがにこれは超粗忽な私が壊す可能性が高いので、Apple Careには入りました。

・iPhoneで使うRSSリーダーは前の携帯で使っていたものよりも非常に使い勝手がいい(どちらもgoogle RSSリーダー)。だいたいデータを更新したら一旦全部貯め込むせいか、地下鉄の中でRSSリーダを使って新聞記事などを読んでいても途中で切れたりしない(もちろん、Safariなどで読んでいると地下鉄内ではブチブチ切れまくりだ)。

・現在のランチ仲間5人のうち、私と同僚のY岡さん、派遣のSさんの3名がiPhone持ちのため、非常に基本的で初歩的な情報交換をして(アプリの終了のさせ方とか、スクリーンショットの撮り方とか、スリープボタンの位置とか)、必要最低限の技をなんとか習得しかけている(笑)。ちなみに一番の古株ユーザーのSさんのオススメアプリはなめこの育成ゲーム(その名も「おさわり探偵 なめこ栽培キット」という、、、)だが、これがまた非常に地味だけど結構なめこキャラがかわいい。

というわけで、以下、超初心者のアプリ使用感想。どうせ私の事だからアプリを沢山入れても使いこなせないにきまっているため、ごくごく基本的なものしか入れていない。また、画面が3ページ以上になったら多分どこに何を入れたかも覚えきれないはず(泣)。

iPhone便利ツール iPhoneででか文字
しかし使ってみて実感したのは、iPhoneこそ年寄りが使った方がいいんじゃないのか?ということだ。そりゃま、最初の設定はハードルが高いかもしんないのでそれは誰かにやってもらうとして、使い始めたら小さいくせに色々便利だし、わけわかんなくなったらとにかくホームボタンを押せば元に戻るし。

便利ツールフォルダに入れてある「でか文字」というアプリはただひたすら文字をでかく表示してくれるだけだが、薔薇とか檸檬とか憂鬱みたいな画数の多い漢字だけでなく(だいたい画数の多い漢字ってあんまり使わないよなあ)、もっと基本的な漢字の確認にも便利。この漢字は竹冠だっけ?草冠だっけ?みたいなボケ老人お助けツールになっとる。ま、手書き文字が必要な場面自体あまりないけどさ。「RMaker」は着メロ作成アプリで、iPhone用の着メロに「ハゲタカ」が見つからないのでこれで作成してデフォルト着信音を「His Wings」にしとります。なお携帯の時と同様に、うちの母からの電話の着信音用「犬神家の一族」ももちろんこれで作成済み。

iPhoneでナビ iPhone便利ツール2(防災用)
ナビフォルダには地図関係や交通機関関連のアプリを入れてあるが、まだほとんど使っていない。しかし生活・防災フォルダに入れてある拡大鏡アプリ(「明るく大きく」)は老眼の友ですよ。このトシになると本当に小さい字が見えないので(泣)活用しております。「LED Light」は懐中電灯アプリ(という言い方をするのかわからんが)。もちろん電池を食うのでそうそう使えないが、かなり明るく照らしてくれるので結構便利。ラジオアプリの「radiko」は土日にラジオ番組を聞くので目立つところに置いてあるが、Y岡さん情報によると「radiko」はNHKに弱い場合もあるとの事なので、NHKラジオ専用の「NHKネットラジオ」も防災フォルダに。

iPhoneでピグライフ iPhoneでtwitter
さて当初の目的だった携帯電話でピグライフだが(写真左)、PCでプレイするのと違って画面が小さく、なおかつ指でタッチして操作するため変な所に指が滑って色々やりづらいが、それでも会社で昼休みに色々収穫やら種まきやら基礎食材作りができるようになったのでクエストがそこそこ順調に進む。twitterアプリ(写真右)は私のiPhoneを使って子どもが自分のアカウントでつぶやくことがあるのだが、アカウントの切替が簡単で便利。

iPhoneでスクラップ iPhoneでスクラップ
さて、私は子どもの頃から新聞記事のスクラップブックを作っているのだが(2005年8月17日「ナンシー関が抜けた穴は大きい。」)この間の土日に半年分の新聞記事の整理をしていたときに試しにiPhoneでスクラップ帳を作ってみた。「snap2PDF」というアプリで新聞記事の写真を撮って、それにタイトルやタグをつけると本棚にその写真が並ぶという程度の事しかまだやってないが、これはもう少し色々やってみたい。

iPhoneで写真整理 iPhoneで写真整理
で、iPhoneをまだまだ全然使いこなしていないせいか(っつーか、マニュアルとか全く読んでないしなあ…)、デフォルトで入っている写真アプリで撮った写真を後から見てみても日付とか時刻が表示されないんで、とりあえず写真整理用に「iPicture」というのを入れて見た。左の写真は一昨年11月の銀座Appleのイベントの時の大友さん(2010年11月4日「生大友Dを見に2(DVJ BUZZ TV #14:「龍馬伝」)」)、右の写真はこの間初めて入ってみた旧・日比谷図書館(現・日比谷図書文化館、場所は勿論、大空電機株主総会会場の隣)。ここはドラマ「ハゲタカ」で芝野(柴田恭兵)と由香タン(栗山千明)が会っていた場所。しかし鷲津(大森南朋)がいた訳ではない場所なので今一つ萌えがない。

iPhoneでテレビ、映画 iPhoneでテレビ見ながらtwitter
テレビ、映画関連のアプリもまとめてあるがまだほとんど使っていない。「tuneTV」はテレビ局ごとのつぶやきをリアルタイムにチェックできるアプリだが(ただ単にタグを拾っているだけかも)、テレビ局ごとのつぶやき量が一目瞭然なのでリアルタイムで盛り上がっているテレビ局がどこなのかもよくわかる。「テレBing」は1週間分のテレビ番組表を見ることができて、なおかつ見たい番組のアラームをセット出来たり、あるいはその番組関連でつぶやいたりも出来る。ま、平日は夜中に帰宅するのでほとんど使えないけど(とほほ)。

iPhoneで日記(i手帳) iPhoneで日記(i手帳)
iPhoneで日記(i手帳) iPhoneで日記(i手帳)
さて、私は記憶力が本当にないので、今まで普通の手帳と(2008年10月6日「今年も残すところあと2ヶ月ちょっと」)と携帯のスケジュール帳に色々イベントやらメモやらを入れてきたが、今回試しに「i手帳」というアプリも入れてみた。これは無料版と有料版(700円)があり、無料版でもかなり色々できるのだがとにかく広告が入って鬱陶しいので有料版を使っている。

いやあ、これ、結構面白い。写真とか手書きの絵とか文字も入れられるしリンクも色々貼れるので、映画を見たらその映画の写真を入れたり、ツイート済みのドラマの感想を入れてみたり、子どもの学校関係の写真を貼ってみたり。しかしこのところ平日は朝から晩までずっと会社で仕事をしているため(他に何もできなくて)、会社で仕事をしている時間のメモしか入れる事がない! と昼飯時に言ってみた所、なめこゲーマーのSさんに「毎日同じ場所から撮っている写真を、iPhoneに貼ったらどうですか」と提案が。

私は去年の秋から会社から見える風景を毎日同じ場所同じ時刻で写真を撮っているのだが、他に入れる物もないことだし、これもこの手帳に入れて見た。写真自体は面白くもおかしくもないが続けてみると季節の移り変わりが色々はっきりわかっておもしろそうだし。できれば定点観測用カメラアプリがあったらいいんだけど。前日の写真をうっすらかさねて自動的に位置合わせをするとか、決め位置ポイントを何カ所か指定出来るとか、同じ位置の写真を重ねて動画にできるとか(って需要はないか、、、)。さらに、新聞整理している時に、毎日朝刊の一面の写真を入れて置くとあとから見てみた時にその時の社会情勢とか色々わかって面白いかも、とその火の新聞の一面記事写真も入れて見た。しかし。1ヶ月分程入れて見たけど……新聞の一面、特に朝刊の一面って、結構つまらなかったよ……。まあもう少し続けてみるけどね。

iPhoneで大友啓史
そんなわけでこーんなに小さな小道具に結構色々詰まってて(色々詰め込めて)便利なので、もう少し基本的な使い方から勉強しなくては、と思う今日この頃。探せば年寄りにやさしいアプリももっと沢山あるかも。ところで上の写真は大友啓史アプリ(笑)。大友さんのサイトがさくさく見られるだけのアプリなんだけど(ツイート出来たり質問にも答えてくれるらしいけど)、そのうちここに次の「ハゲタカ」ネタが載るのを祈りつつ(「ハゲタカ」アプリも希望)、さ、今日の分の日記も少し入れて置くか。ドラマ「ストロベリーナイト」と「孤独のグルメ」視聴終了、と。
テーマ:iPhone 4S
ジャンル:携帯電話・PHS