(2020/5/31追記)この記事を書いた3月下旬には思ってもみなかった事態になっている。コロナ禍による撮影延期のため4月期ドラマはほとんど全滅である。

・7月期あきらめた作品も、困難極めるドラマ編成事情(日刊スポーツ

この記事もどうしようかなーと思ったけど、まあ何とか人類も(私も)生き残ってそういえばあの時はどうだったかな?と思った時に見返せるよう、現状をちょいと書き足しておく。以下の放映予定だったドラマはほとんどが初回から放送延期、同じ曜日時間帯の同じ系統のドラマの再放送をしている。かろうじて初回から数回分放映出来たドラマもその後が続かずやはり他のドラマの再放送をしている。再放送についてはもしかすると放映地方によってかなり違うのかもしれないけど、とりあえず東京地方ということで。

面白かったドラマの再放送自体は大歓迎である。でも再放送というのは大人の事情で思ったよりも簡単にできるものではないらしく、これを再放送してほしいのに!というものはやってくれてない。残念。そして各局、テレワークドラマの模索もしている。

・「リモートドラマ Living」リモートドラマの新作・制作決定!(NHKドラマトピックス
・『今だから、新作ドラマ作ってみました』"テレワークドラマ"5月上旬放送!(NHKドラマトピックス
・『警視庁・捜査一課長2020』初のテレワーク捜査を開始!内藤剛志「みんなで一生懸命、面白い仕掛けを考えた」(テレ朝POST)
・「家政夫のミタゾノ」リモートドラマ制作、テレワークを駆使して不倫を暴く?(cinemacafe.net
・坂元裕二脚本『リモートドラマ Living』がファンタジーになった理由 制作統括・訓覇圭に聞く(Real Sound

この中では映画「サーチ」方式のドラマだった「家政夫のミタゾノ」がリモートであることを生かしたドラマだったと思う。NHKの「今だから…」ままだ見てないけど「Living」は出演者がそれぞれ家族であるというすごいキャスティングがまず目を引くけど、実際に見てみたら妙な緊張感がただようドラマだった。そして「捜査一課長」、一度もみた事なかったけど先週木曜朝の情報番組で「テレワーク捜査、開始!」という台詞が聞こえてきてマジか!?と思って録画したけど、何の事は無い、再放送の前後にリモートのミニドラマを追加しただけだった。回線が不調で聞きちがえとかはテレワークならではかもしれんけど、中身は多分いつものドラマで、何せ初めて見るもんだから「どこにリモートの要素が?」というのと「え?ノンキャリ最高トップの捜査一課長って、こんなに現場に来るもんなの?」という疑問点だけで最後までみちゃったよ……。

まあ、東京都の緊急事態宣言も解除されたせいか、撮影再開のニュースもちらほら出てきたけど、初回から放送延期になったドラマはもう7月開始にした方がいいのでは、、、っつーかそうするしかないような気も?

◆月曜日
4月13日、月曜21時フジテレビ「SUITS/スーツ season2」■原作・Universal Studios.「SUITS」、脚本・小峯裕之、演出・平野眞、森脇智延、星野和成、P・後藤博幸、荒井俊雄■出演・織田裕二、中島裕翔他▲「「SUITS/スーツ」は、シーズン9まで放送されている米人気ドラマ「SUITS」が原作で、続編はシーズン2が題材となる。物語は、敏腕ながら傲慢な弁護士・甲斐と“完全記憶能力”を持つ大貴がバディーを組み、難しい訴訟をさまざまな手段で解決していく姿を描く」(MANTANWEBより)●
→2回まで放映、その後は「コンフィデンスマンJP」「鍵のかかった部屋」を再放送中。

4月20日、月曜22時テレビ東京「ドラマBiz 行列の女神〜らーめん才遊記〜」■原作・久部緑郎、河合単「らーめん才遊記」、脚本・古家和尚、演出・星護、池澤辰也、P・浅野太、中川順平、倉地雄大、黒沢淳、雫石瑞穂■出演・鈴木京香、黒島結菜、高橋メアリージュン、小関裕太、前野朋哉、石塚英彦、杉本哲太他▲「鈴木京香がラーメンのカリスマに!華やかだが過酷なラーメン業界をけん引するひとりの女性職人が、苦境にあえぐラーメン店を救う、ラーメン・コンサルティングの物語! 」(番組公式サイトより)●
→6月1日には第7回の放映があるようで4月期ドラマ全滅を免れている。ただなんというか、昔のグルメドラマみたいというか「美味しんぼ」みたいなドラマで、特に見なくてもいいかなーと言う感じ。

4月20日、月曜深夜日本テレビ「シンドラ 正しいロックバンドの作り方」■企画・西田征史、脚本・おかざきさとこ、演出・山岸聖太、P・■出演・藤井流星、神山智洋、栗原類、吉田健悟他▲「不器用で真っすぐなダメダメだけど、愛すべき4人の青年たちが日本最大級の音楽フェスへの出場を目指す成長物語(ザテレビジョンより)●
→6月1日には第7回の放映があるようだけど、見ません。

4月6日、月曜深夜フジテレビ「地獄のガールフレンド」■企画・、原作・鳥飼茜、脚本・黒沢久子、ねじめ彩木、演出・相沢秀幸、P・清水一幸、菊池誠、岡美鶴■出演・加藤ローサ、武田梨奈、桜井ユキ他▲FODオリジナルドラマ全10話配信済み、「20〜30代の女性の心情や悩みを赤裸々に描写し、多くの女性から共感を得た鳥飼茜の同名漫画をドラマ化」(ザテレビジョンより)●
→すでに配信済みドラマなので問題なく放映中。見ないけど。

4月6日、月曜深夜BSテレ東「ワカコ酒 season5」■原作・新久千映、脚本・阿相クミコ、女里山桃花、演出・久万真路、湯浅弘章、岩渕崇、片桐健滋、若林 将平、P・小林教子、湊谷恭史、石井光雄■出演・武田梨奈、野添義弘、鎌苅健太他▲「「酒呑みの舌」を持って生まれたOL・村崎ワカコ(26歳)が様々な酒場をさすらい、女ひとり酒を堪能する人気ドラマシリーズ」(番組公式サイトより)●
→6月1日には第9回の放映がある模様。深夜ドラマ、意外と普通に放映できている??

◆火曜日
4月14日、火曜21時フジテレビ「竜の道 二つの顔の復讐者」■企画・、原作・白川道「竜の道」、脚本・篠﨑絵里子、守口悠介、演出・城宝秀則、岩田和行、紙谷楓、吉田使憲、P・米田孝、水野綾子■出演・玉木宏、高橋一生、松本穂香、細田善彦、奈緒、今野浩喜、渡辺邦斗、西郷輝彦、松本まりか、斉藤由貴、遠藤憲一他▲「主演:玉木宏、高橋一生と初共演にして整形双子役!!復讐に燃える双子の兄弟が、家族を奪った大企業に立ち向かう本格サスペンス!」(番組公式サイトより)●生まれてすぐに引き取られて育った双子が育ての親を自死に追いやった相手に復讐を誓い、片やお役人になり、片や裏社会に入り込むって何か昔の復讐ドラマっぽーい。きっと重要な人物が生みの親って設定なんだろうな。一昨年の「モンテ・クリスト伯」的な本気の復讐ものなら見てみたいかも。
→初回から放送延期。2014年の「素敵な選TAXI」を毎回再放送中。再放送ドラマのセレクトが素敵♡

4月14日、火曜22時TBS「火曜ドラマ 私の家政夫ナギサさん」■原作・四ツ原フリコ「家政夫のナギサさん」、脚本・徳尾浩司、演出・坪井敏雄、山本剛義、P・岩崎愛奈、加藤章一■出演・多部未華子、大森南朋、瀬戸康史、眞栄田郷敦、高橋メアリージュン、宮尾俊太郎、平山祐介、水澤紳吾、岡部大、若月佑美、飯尾和樹、夏子、富田靖子、草刈民代、趣里他▲「家働き盛りで仕事に一直線!だけど家事と恋は不器用な28歳の独身女性がおじさん家政夫を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ!「おじさん、私家事やらなくてもいいんですか?」」(番組公式サイトより)●
→初回から放送延期。ドラマ・映画「ハゲタカ」の鷲津政彦の大森南朋が出るけどもちろん鷲津の影はナッシング。そして全く興味がないが、1月期ドラマの「恋はつづくよどこまでも」の編集版を5回ほど再放送していた。5/19と5/26「逃げるは恥だが役に立つ」の特別版を放映。5/19分の録画はまだ見てないけど、5/26分を見る限りではかなり編集されていて、しかも脚本の野木さんのtweetを見ると未公開場面もかなり入っているらしい。6/2も「逃げ恥」放映予定。恋つづと同じように5回ぐらい放送があるのかな?

4月7日、火曜深夜TBS「ドラマイズム 映像研には手を出すな!」■原作・大童澄瞳、脚本・英勉、演出・英勉、P・上野裕平他■出演・齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波、小西桜子、グレイス・エマ、福本莉子、高嶋政宏他▲「映像研を立ち上げてアニメーション制作に挑む3人の女子高校生の青春物語」(CINEMATODAYより)●「映像研には手を出すな!」のアニメ化、実写ドラマ化、映画化は当初から込みで展開されているみたいだけど、1月から始まったアニメの方が素晴らしすぎたので(←30年ぶりくらいに連続放映のアニメを見た)ドラマの方は今一つピンと来てないというか、坂道アイドルがメインなら別に見なくてもいい鴨という感想しかない。
→当初5月公開予定の映画と合わせて制作されていたのか無事放送できていたらしく、5月12日の新聞のラテ欄には「終」の表記があった。本当に終わったのかここらで終わらせても問題ないと判断されたのかは見てないのでわからない。アニメ版の「映像研には手を出すな!」の録画予約を消さないでいたら自動的にこちらも録画されているのだが、ちらりと見た家人いわく「どこまでひどくすることができるのか、実験してるんじゃないのか?」と言っていて、そうとうアレな代物らしい。なお、その後この時間帯には「深夜食堂」の再放送をやっている。

◆水曜
4月8日、水曜21時テレビ朝日「特捜9 SEASON3」■脚本・徳永富彦、稲葉一広、瀧川晃代、岡崎由紀子他、演出・田村直己、兼﨑涼介、上堀内佳寿也、鈴木浩介他、P・大川武宏他■出演・井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、山田裕貴、宮近海斗、中越典子、原沙知絵、中村梅雀他▲「井ノ原快彦主演の大人気ミステリードラマ『特捜9』が、3シーズン目に突入!記念すべきオリンピックイヤーにお送りする『season3』は個性派刑事たちの内なる“ポテンシャル”を最大限に引き出しほかのドラマにはない“複眼捜査”の面白さを追求!これまで以上に、上質で骨太なミステリーをお届けします!」(番組公式サイトより)●かなり端折ったけど紹介文のビックリマーク、多すぎだよ。
→4月29日に第4回まで放送したものの以降は前シーズンまでの傑作選を再放送中。こういう1話完結ものの刑事ドラマは再放送しやすいよなー。

4月15日、水曜22時日本テレビ「新水曜ドラマ ハケンの品格」■脚本・中園ミホ他、演出・佐藤東弥、丸谷俊平、P・西憲彦、櫨山裕子、山口雅俊、秋元孝之■出演・篠原涼子、小泉孝太郎、勝地涼、杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人、上地雄輔、塚地武雅、大泉洋、伊東四朗他▲「一匹狼の最強ハケン社員・大前春子が、13年ぶりに帰ってくる!新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わった。(中略)職場がカオスと化したこの令和の時代、スーパーハケン大前春子はどんな働き方をしているのであろうか?このドラマは、新しい時代の働く者の品格を問うドラマとなる」(番組公式サイトより)●
→初回から放送延期。現時点で前作(2007年)の特別総集編「春子の物語 ハケンの品格2007特別編」が放送されている。

4月8日、水曜深夜テレビ東京「ドラマホリック! レンタルなんもしない人」 ■原作・レンタルなんもしない人「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」、脚本・政池洋佑、本田隆朗、竹川春菜、演出・草野翔吾、タナダユキ、棚澤孝義、進藤丈広 、P・山鹿達也他■出演・増田貴久、比嘉愛未、葉山奨之、松川星、古舘寛治他▲「ドラマ史上初!? “なんもしない”主人公が、出会う人の心を温めるーそんな不思議で新しいヒューマンドラマが誕生します!」(番組公式サイトより)●
→5月27日の第8回まで放送したものの9回以降の放送は未定。

4月8日、水曜深夜(0時52分~0時58分)テレビ東京「ミニドラマ きょうの猫村さん」■原作・ほしよりこ、脚本・ふじきみつ彦、演出・松本佳奈、P・濱谷晃一他■出演・松重豊、濱田岳、石田ひかり、市川実日子、松尾スズキ、小雪、池田エライザ、水間ロン、染谷将太、安藤サクラ、荒川良々他▲「松重豊が演じる猫村ねこは、自分を拾ってくれた飼い主・ぼっちゃんとの再会を果たすため、家政婦として働いてお金を貯めることを決意し、村田家政婦紹介所の門をたたく。心温まる2分30秒のミニドラマ。個性豊かな登場キャラクターたちを演じる豪華俳優陣もご期待いただけますと幸いです」(公式サイトより)●まあ、最初に実写ドラマ化のニュースを見た時には「この作品を実写ドラマ化??」というのと同時に松重豊が猫村さんというキャストにもびっくりしたもんだけど、5分のミニドラマとは言え他のキャストもすごい。
→こちらも現時点では初回から全話放送されているが、本編の長さが2分くらいなので(本当に一瞬で終わる)、もしかして収録も1日で終わっていたのでは?

4月15日、水曜深夜テレビ東京「ドラマパラビ 藤原竜也の三回道」■企画・、原作・、脚本・、演出・、P・山鹿達也、大和健太郎、小林昌平、堤智志■出演・藤原竜也他▲「映画やドラマでは決して見ることのできない藤原竜也の素顔に迫り、多忙なスケジュールの合間を縫って自身の冠番組にふさわしく様々な企画にチャレンジする姿はバラエティーでありながら、まるで藤原竜也の生き方のドキュメントドラマそのもの。普段は絶対見ることのできない“藤原竜也”をお楽しみください!」(番組公式サイトより)●
→5月20日の最終回まで完走。全6回だけど。そして見ていません。

4月8日、水曜深夜日本テレビ「FAKE MOTION -卓球の王将-」■企画・原・汐留ヱビス商店街、脚本・小山正太、演出・河合勇人、千村利光、P・沢桂一、藤下良司他■出演・、佐野勇斗、草川拓弥、森崎ウィン他▲「全国優勝を目指して激しい卓球バトルを繰り広げる高校生たちの熱き戦いと友情、絆を描くスポーツ青春ドラマ」(ザテレビジョンより)●
→5月27日の第8回まで放送中。6月以降のスケジュールはノーチェック。見てないけど。

◆木曜日
4月9日、木曜20時テレビ朝日「木曜ミステリー 警視庁・捜査一課長2020」■脚本・深沢正樹、田辺満他、演出・池澤辰也、木川学、濱龍也他、P・関拓也、残間理央、島田薫■出演・内藤剛志、金田明夫、塙宣之、三吉彩花他▲「400人超の精鋭刑事を統率するノンキャリアの“たたき上げ”捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が、難事件を解決に導くシリーズ最新作」(ザテレビジョンより)●
→5月14日の第6回まで放送、5月21日、28日は私がびっくりしたテレワーク特別版ですよ……。予告編を見る限りでは来週もテレーワーク特別編らしい。これ、テレワークドラマとは呼ばないよー、幾ら何でも。

4月16日、木曜21時テレビ朝日「木曜ドラマ BG〜身辺警護人〜」■脚本・井上由美子、演出・常廣丈太、七髙剛、P・内山聖子、三輪祐見子他■出演・木村拓哉、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、市川実日子、勝村政信、仲村トオル他▲「木村拓哉演じる島崎章が、権力や武力を備えた警察官に対し、丸腰でチーム一丸となって敵に挑んでいく“民間ボディーガード”の姿を描くシリーズの続編」(ザテレビジョンより)●
→初回から放送延期。1stシーズンの「BG」を再放送中。キムタクと山口智子が出ているので本放送の時はランチ仲間が「あれは絶対、ロンバケを狙って作っている」って言ってたなー。

4月9日、木曜22時フジテレビ「木曜劇場 アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」■原作・荒井ママレ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」、脚本・黒岩勉、演出・田中亮、P・野田悠介■出演・石原さとみ、西野七瀬、清原翔、桜井ユキ、井之脇 海、金澤美穂、真矢ミキ、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん、田中圭他▲「『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』では、病院内にある薬剤部にて、主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描いていきます。病院薬剤師を主人公として描く日本の連続ドラマは初となります。“アンサング”とは「褒められない」という意味。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する病院薬剤師たちの、まだ誰も知らないヒューマンドラマが幕を開けます! 」(番組公式サイトより)●
→初回から放送延期。2018年の「グッドドクター」を再放送している。フジ木曜劇場は傑作が多いのに「グッドドクター」……。でも1話完結のヒューマンドラマだから途中で再放送を打ち切って新ドラマの放送を始めても全然問題ないの鴨。

4月2日、木曜深夜日本テレビ「ギルティ〜この恋は罪ですか?〜」■原作・丘上あい「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」、脚本・泉澤陽子、大林利江子、三浦希紗、演出・河原瑶、林雅貴、野田健太、P・岡本浩一、中間利彦、黒沢淳、水野督世■出演・新川優愛、町田啓太、中村ゆりか、神尾楓珠、阿部亮平、長井短、大西礼芳、徳永えり、戸田菜穂、小池徹平他▲「登場人物、全員裏切り者!新感覚“ドロキュン”ラブ・サスペンス!」(番組公式サイトより)●この「ドロキュン」とはドロドロ”の人間関係と“キュンキュン”する恋愛模様が交錯する様だそうです。見ません。
→4月16日の第3回まで放映、以降第1回から再放送して5月13日から2018年の「ラブリラン」を再放送中。

4月16日木曜深夜テレビ東京「木ドラ25 あなた犯人じゃありません」■企画・秋元康、佐久間宣行 、脚本・土屋亮一、西条みつとし、根本宗子、冨坂友、福田卓也 、演出・北畑龍一、門馬直人 、P・寺原洋平、山科翔太郎、三宅優樹、菊地聖、角田道明、間宮由玲子■出演・日比野芽奈、山崎樹範、北乃きい他▲「ドラマは1話完結型の学園ミステリーで、学校で起こった殺人事件をクイズ好きなクラスの委員長・日比野と担当刑事・五島がタッグを組んで解決していくというもの。犯人を名乗る人物が現れるものの、殺人方法と理由に矛盾を感じる日比野が、自白する犯人に「あなた犯人じゃありません」と毎回論破していき、真実を見つけて真犯人を暴いていくという物語」(番組公式サイトより)●
→初回から放送延期。2019年10月放映の「新米姉妹のふたりごはん」を再放送中。

◆金曜日
4月、金曜20時テレビ東京「金曜8時のドラマ らせんの迷宮 ~DNA科学捜査~」■原作・夏緑、菊田洋之、脚本・黒岩勉、酒井雅秋、福田哲平、演出・岩本仁志、P・濱谷晃一、山鹿達也、北川俊樹、尾上貴洋■出演・田中圭、安田顕、倉科カナ、中田圭祐、渡辺いっけい他▲「32億桁の遺伝子配列を記憶する遺伝子科学者・神保仁が、熱血刑事・安堂源次と科捜研の美女・乱原蘭を相棒に、未解決事件に挑むサスペンス」(MANTANWEBより)●
→初回から放送延期。代わりに「サイレント・ボイス」を再放送中。本放送の時は見てなかったけど意外と面白い。

5月15日、金曜20時NHKBSP「BS時代劇 明治開化 新十郎探偵帖」■原作・坂口安吾「明治開化 安吾捕物帖」、脚本・小松江里子、伊藤靖朗、演出・笠浦友愛、本木一博、岡野宏信、P・内藤愼介、磯智明■出演・福士蒼汰、内田理央、矢本悠馬、中村靖日、勝村政信、鶴見辰吾、稲森いずみ、高橋克典他▲「坂口安吾原作「明治開化 安吾捕物帖」をドラマ化!文明開化に沸く東京を舞台に、坂口安吾が描き出す推理合戦!明治版シャーロックホームズによる、明治に入り乱れる人間の愛憎に迫る新型サスペンス時代劇登場!」(NHKドラマトピックスより)●「安吾捕物帖」は大昔、「新十郎捕物帖・快刀乱麻」(1973年)というタイトルでドラマ化されたんですが、その時は若林豪が主人公の新十郎、池部良が勝海舟役でドラマの方も面白かったです。ちなみにこの時の主題歌(時代劇およびミステリー物らしからぬ明るいバラード調の曲の)「少女ひとり」はCD「ちょんまげ天国 in DEEP」に収録されています。
→初回から放送延期。2013年の「妻は、くノ一 」を再放送中。

4月17日、金曜22時NHK総合「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」■原作・南杏子「ディア・ペイシェント」、脚本・荒井修子、演出・西谷真一、福井充広、武田祐輔、P・真鍋斎、髙橋練■出演・貫地谷しほり、内田有紀、田中哲司、浅香航大、高梨臨、浜野謙太、永井大、鷲尾真知子、升毅、竜雷太、石黒賢、朝加真由美、平田満、伊武雅刀他▲「昨今増え続けるクレーマー患者たちに悩む女性医師が、先輩医師や同僚とともに、患者たちと真摯に向き合い寄り添おうと努力する中で、人と人との絆を見つけ出してゆく物語。主人公の真野千晶役に貫地谷しほりさん、信頼のおける先輩女医・浜口陽子役に内田有紀さん、“最凶のモンスター・ペイシェント”・座間敦司役に田中哲司さんを迎え、感涙のハートフルドラマを、時にサスペンスを交えて描きます」(NHKドラマトピックスより)●
→初回から放送延期。代わりに2017年放映の時代劇「アシガール」を再放送している。本放送の時はちょっとキャピキャピしている感じがして見ていなかったけど、これが思いのほか面白い。大昔のNHK少年ドラマシリーズ(「タイムトラベラー」とか「なぞの転校生」とか「暁はただ銀色」とか)的な雰囲気なんだけどずっとテンポが良くて楽しい。全12回らしいけど最後まで放送してほしい。

4月10日、金曜22時TBS「金曜ドラマ MIU404」■脚本・野木亜紀子、演出・塚原あゆ子、P・新井順子■出演・星野源、綾野剛、岡田健史、橋本じゅん、麻生久美子他▲「機動捜査隊(通称:機捜)を舞台に、24時間のタイムリミットのなかで、犯人逮捕にすべてを懸ける1話完結の"機捜"エンターテインメント」(公式twitterより)●
→初回から放送延期。4月5月は飛び飛びで2015年、2017年の「コウノドリ」の再放送、6月のスケジュールはまだノーチェック。

4月24日、金曜23時15分「金曜ナイトドラマ 家政夫のミタゾノ」■脚本・小峯裕之他、演出・片山修、小松隆志他、P・内山聖子、秋山貴人、木曽貴美子、椋尾由希子■出演・松岡昌宏、伊野尾慧、飯豊まりえ、しゅはまはるみ、平田敦子、余 貴美子他▲「4度目の正直でございます!あの最恐家政夫が帰ってまいりました。松岡昌宏主演『家政夫のミタゾノ』、2020年も「痛み入ります。」伊野尾慧&飯豊まりえとともにご家庭の隠れた汚れを“キレイ”にいたします」(番組公式サイトより)●
→5月1日の第2回まで放送、以降は前シリーズの傑作選を再放送。そして先週はリモートドラマ「特別編 ~今だから、新作つくらせて頂きました~」ですよ。

4月10日、金曜深夜テレビ東京「ドラマ24 浦安鉄筋家族」■原作・浜岡賢次、脚本・上田誠、諏訪雅、酒井善史、演出・瑠東東一郎、吉原通克、諏訪雅、松下敏也、P・阿部真士、藤田絵里花、神山明子■出演・佐藤二朗、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、キノスケ、坂田利夫、染谷将太、大東駿介、松井玲奈、宍戸美和公、滝藤賢一 他▲「浜岡賢次の同名漫画を佐藤二朗主演、ドラマ「おっさんずラブ」シリーズ(テレビ朝日系)を手掛けた瑠東東一郎監督で実写化。千葉・浦安の大沢木家を舞台に繰り広げられるホームコメディー。佐藤は適当でだらしない大沢木家の大黒柱・大鉄を演じる。どんななわずかな出来事もドンチャン騒ぎになる一家の日常を描く」(ザテレビジョンより)●
→5月15日の第6話(公式サイトには「第6発目」という表記)まで放送、5月22日から2011年の「勇者ヨシヒコと魔王の城」を再放送中。録画はしてあるもののまだ見ていないが同じ部のIさんには「是非、見てみて!」と言われている。

4月17日、金曜深夜テレビ東京「捨ててよ、安達さん。」■企画・、原作・、脚本・大九明子、下田悠子、演出・大九明子、成瀬朋一、林雅貴、P・漆間宏一■出演・安達祐実、臼田あさ美、梶原ひかり、片桐はいり、加藤諒、貫地谷しほり、北村匠海、早織、シソンヌ・じろう、徳永えり、戸塚純貴、松本まりか、YOU、渡辺大知他▲「主人公の安達さんが「手放して心地よく暮らすひと。」をテーマとした女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自身の代表作がダビングされた完パケDVDなど、さまざまな“捨てられないモノ”を捨てていく(中略)毎話、擬人化したモノが安達さんの夢の中に現れ、自分を捨ててほしいと名乗り出る」(MANTANWEBより)●
→初回から現在まで放映中。録画してあるものの見ていない。でも内容からいってリモート製作できそうな作品ではある。

◆土曜日
4月11日、土曜18時5分「土曜時代ドラマ 雲霧仁左衛門3」■原作・池波正太郎、脚本・前川洋一、岡本さとる、松下隆一、演出・山下智彦、服部大二、前原康貴、井上昌典、宇喜田尚、P・陸田元一、渡邊竜、山本敏彦■出演・中井貴一、内山理名、近藤芳正、手塚とおる、大東駿介、朝倉あき、村田雄浩、板尾創路、春風亭小朝、國村隼他▲「姿を消してより1年。あの雲霧仁左衛門が帰ってくる!宿敵・藤堂家から一万両と武家の面目を奪った仁左衛門に復讐を企む藤堂家家老・磯部主膳と、磯部の使う剣客・関口雄介が新たな敵として登場。火付盗賊改方長官・安部式部も交えた三つ巴の戦いが始まる」(NHKドラマトピックスより)
→まあこれは初回放送がBSプレミアムで撮影終了済みなので問題ないけど、BSプレミアムで放送予定だった。「雲霧仁左衛門5」の方は収録延期になっている模様。

5月16日、土曜21時NHK総合「路~台湾エクスプレス~」(全3回)■原作・吉田修一 「路」、脚本・田渕久美子、演出・松浦善之助、P・土屋勝裕、松川博敬、於蓓華、坪井清治、林彦輝■出演・波瑠、井浦新、寺脇康文、高橋長英、炎亞綸、邵雨薇他▲「台湾新幹線プロジェクトの軌跡を縦糸に、日本人と台湾人のあたたかな心の絆を描いた吉田修一の傑作小説を、NHKと台湾のテレビ局・PTS(公共電視台)との共同制作でドラマ化します」(NHKドラマトピックスより)●
→製作開始とのお知らせが去年の11月に出ているし全3回と短めだからか、5月30日の最終回まで完走。第1回しか見てないけど真面目だなーとは思いました。

4月11日、土曜21時BSテレ東「土曜ドラマ9 サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2」■原作・佐藤青南 「行動心理捜査官・楯岡絵麻シリーズ」、脚本・ブラジリィー・アン・山田、大浦光太、本田隆朗 、演出・山内大典、根本和政、P・森田昇、岩田祐二、山内大典■出演・栗山千明、馬場徹、宇梶剛士、筧利夫、平慈英、杉田かおる、小川紗良、渡部豪太、横田栄司、姜暢雄、石田法嗣他▲「人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取り『被疑者の嘘を見破る』女刑事、泣く子も黙る“閻魔さま”こと楯岡絵麻が、毎回登場する手強い容疑者の嘘を、特殊な技術・行動心理学を駆使し事件を解決していくミステリーです」(番組公式サイトより)●
→5月30日の第8話で終了したらしい。まだ録画を見てないのでノーチェックだけど。なお公式サイトの特別記事「3人のドラマプロデューサーが語るwithコロナ~キスシーンは本番だけ? ドラマ制作ガイドラインの実情を明かす」がなかなか興味深い。

4月11日、土曜22時日本テレビ「新土曜ドラマ 未満警察 ミッドナイトランナー」■脚本・渡辺雄介、演出・南雲聖一、長沼誠、大谷太郎、P・池田健司、藤村直人、森雅弘、柳内久仁子■出演・中島健人、平野紫耀、吉瀬美智子、中村ゆり、原田泰造、伊勢谷友介他▲「中島健人(Sexy Zone)と平野紫耀W主演!警察学校で最強バディを結成!!警察未満の二人が難事件に挑む!!予測不能なフルスピードクライムサスペンス!!警察学校を舞台に、理論派、体力派のバディが、毎回新たな事件に巻き込まれる。学校の授業で得た知識を駆使して、リアルタイムで難事件を解決していく、新しい警察ドラマが誕生!!」(番組公式サイトより)●
→初回から放送延期。このドラマには微塵も興味がなかったけど、代わりの再放送ドラマがなんと2005年の「野ブタを、プロデュース。」ですよ。ジャニーズ枠ということか?子どもなんか「最終回までずっと野ブタでいいよ!」と言っている。私も賛成だ。

4月18日、土曜23時15分テレビ朝日「土曜ナイトドラマ M 愛すべき人がいて」■企画・藤田晋、原作・小松成美、脚本・鈴木おさむ、演出・木下高男、麻生学、P・横地郁英、服部宣之、谷口達彦、山形亮介、佐藤雅彦■出演・安斉かれん、三浦翔平、白濱亜嵐、田中みな実、高嶋政伸、高橋克典他▲「歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き、大ヒットした話題作『 M 愛すべき人がいて』(小松成美著・幻冬舎刊)に、ドラマならではの彩りを加え、壮大なスケールで連続ドラマ化!」(番組公式サイトより)●
→初回から第3回まで放送、以降、リミックス版を2回放送後に2017年の「奪い愛、冬」を再放送中。ドロドロ繋がり? 「M」の方は目を見張るトンデモドラマらしく、第1回は録画したもののみていないけど、ランチ仲間の皆さんから「ぜひとも見てみて感想を!」とか「第1回なんてまだまだですよ、第2回の方がすごいですから。なんなら2回と3回、もってきましょうか?」と言われている。この間ネットだか雑誌だかの見出しに「令和のスチュワーデス物語」と書いてあったし、同僚のSさんなんか「とにかく田中みな実です。彼女を見るためだけに見ています」と言っている。田中みな実、「スチュワーデス物語」なら片平なぎさ的ポジションのキャラなのか?噂では水野美紀もすごいらしいけど。やっぱり見た方がいいのか??

4月4日、土曜23時30分NHK総合「よるドラ いいね!光源氏くん」■原作・えすとえむ、脚本・あべ美佳、演出・小中和哉、田中諭、P・管原浩、竹内敬明■出演・千葉雄大、伊藤沙莉、桐山漣、入山杏奈、神尾楓珠他▲「原作は女性コミック誌で連載中の同名人気コミック。「源氏物語」の中で、雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現。あたりまえに見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだり・・・また、光源氏は千年もの間、絶対的美男子として数多くの女性たちをトキめかせてきた登場人物。こんな光源氏をヒモ同然のように住まわせることになる、地味で自分に自信がない今風のこじらせOL・沙織。はじめは違和感を覚えつつも、徐々に光の存在に癒されていく。そんな矢先、ふたりのもとに新たな源氏物語の登場人物、あの頭中将まで現れて!?奇想天外ながら、ゆる~く笑える千年の時を越えた“いけめん”居候コメディ!!」(NHKドラマトピックスより)●光源氏くん、twitter始めたそうですが3月28日時点で3ツイートしかありません。4月4日からスタートなのにちょっと出遅れているよ。
→初回から最終回まで完走。まだ全部は見てないけど明るく楽しいドラマだし、やっぱり伊藤沙莉がいい。

4月11日、金曜23時40分フジテレビ「オトナの土ドラ 隕石家族」(全8回)■脚本・小松江里子、演出・竹村謙太郎、千葉行利、P・松崎智宏、千葉行利、宮川晶■出演・羽田美智子、泉里香、北香那、松原智恵子、天野ひろゆきさん、中尾暢樹、ブラザートム、中村俊介他▲「巨大隕石が接近‼地球滅亡まで・・・あと半年!?最後まで家族一緒に・・・って、わたし、このままでいいの!?たった今から主婦卒業。高校時代の憧れの彼と…熱い恋をもう一度!母のビッグバンが幸せな家族をブラックホールに突き落とす。地球最後の“スペクタクルホームドラマ”、開幕!!」(番組公式サイトより)●
→初回から5月30日の最終回まで完走の模様。見てないけど。

4月11日、土曜深夜BSテレ東「真夜中ドラマ 女ともだち」■原作・柴門ふみ、脚本・吉川菜美、狗飼恭子、演出・久万真路、大内隆弘、吉川鮎太、P・小林教子、奥村麻美子■出演・原沙知絵、磯山さやか、袴田吉彦、竹財輝之助、須賀健太、八十田勇一、他▲「恋愛、結婚、不倫などで揺れる女性の心理や葛藤を描いた、柴門ふみの「女ともだち」を原沙知絵主演で実写化。原が演じるセツはDVによって離婚し、不感症だが不倫をやめられないシューズデザイナー。またセツの高校時代からの親友で、何度も浮気する夫を捨てきれない主婦・ちさとを磯山さやかが演じる」(ザテレビジョンより)●
→5月30日に第8話まで放送、6月6日は第2話を再放送予定らしい。なんで第1話じゃなくて第2話なんだ?

4月11日、土曜深夜テレビ朝日「ドラマL 年下彼氏」■脚本・岸本鮎佳、モラル、内田裕基、演出・植田尚、小野浩司、倉木義典、P・山崎宏太、大畑拓也、中西研二、森一季■出演・関西ジャニーズJr.他▲「 きっと、あなたも恋したくなる…。可愛かったり元気だったり、ちょっと⽣意気だったり…。年下の彼⽒と年上の彼⼥の淡い恋物語。関西ジャニーズJr.総出演!20の恋物語を紡ぐオムニバスドラマ」(番組公式サイトより)●
→新聞のラテ欄にもずっと載っているし公式サイトも普通に今後のお話も載っているので特に問題なし?見ないけど。

◆日曜日
継続、日曜20時NHK総合「大河ドラマ 麒麟がくる」■脚本・池端俊策、演出・大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志、P・落合将、藤並英樹、中野亮平■出演・長谷川博己、門脇麦、岡村隆史、石川さゆり、西村まさ彦、高橋克典、上杉祥三、尾美としのり、伊藤英明、染谷将太、堺正章、本木雅弘、川口春奈、木村文乃、南果歩、村田雄浩、徳重聡、片岡愛之助、檀れい、佐々木蔵之介、滝藤賢一、谷原章介、眞島秀和、吉田鋼太郎、尾野真千子、向井理、風間俊介、伊吹吾郎他、語り・市川海老蔵▲「大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生にも光があてられます」(NHKドラマトピックスより)●去年の大河「いだてん」があまりにも面白過ぎたので今年の大河には今一つ、気が乗らないけど、でもさすが「夏目漱石の妻」の池端脚本、説得力はものすごくあるんですよね。
→現在も途切れることなく放送中。なんといっても去年6月から撮っているから余裕だねと思ったら、昨年末の事件で大幅な撮り直しもあったせいか、6月7日の第21回の放送をもって一時休止、オリンピックのせいで元々少ない放映回数がさらに少なくなるらしい。twitter見てたら「もう、本能寺までいかなくてもいいじゃん」とかあった(笑)。

4月19日、日曜21時TBS「日曜劇場 半沢直樹」■原作・池井戸潤「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」、脚本・丑尾健太郎他、演出・福澤克雄、田中健太、松木彩、P・伊與田英徳、川嶋龍太郎、青山貴洋■出演・堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、賀来賢人、山崎銀之丞、今井朋彦、戸次重幸、益岡徹、南野陽子、山根基世、筒井道隆、江口のりこ、柄本明、古田新太、井川遥、尾上松也、市川猿之助、北大路欣也、香川照之他▲「東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作は、その半沢が出向先の東京セントラル証券に赴任するところから物語が始まります。果たして、半沢直樹は出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか!?型破りのバンカー、半沢直樹の新たな伝説が、令和の歴史に刻まれます!!」(番組公式サイトより)●
→初回から放送延期。4月から5月にかけては「下町ロケット」の編集版を再放送、5月は「ノーサイドゲーム」の編集版を再放送。5月31日は「99.9 特別編」を放送。

4月5日、日曜22時NHKBSP「プレミアムドラマ 70才、初めて産みますセブンティウイザン。」(全8回)■原作・タイム涼介「セブンティウイザン 70才の初産」「セブンティドリームズ 70才からの希望」、脚本・本調有香、演出・渡辺一貴、渡辺昭寛、P・柴田直之、西村崇、三木和史■出演・小日向文世・竹下景子、伊藤歩、矢本悠馬、臼田あさ美、蔵下穂波、田中美央、笑福亭鶴光、山本圭祐、竜雷太、ふせえり、前田亜季、吉澤健、根岸季衣、宇崎竜童、中村梅雀他▲「定年を迎えた65才のサラリーマン、家に帰ると70才まぢかの妻が衝撃の告白。「わたし 妊娠しました!」ありえないけどリアル、笑いと涙と奮闘の日々が始まった」(NHKドラマトピックスより)●公式サイトに第1話のあらすじが載っていますがサブタイトルが「脳梗塞ではありません、つわりです」です。
→初回から最終回まで完走。まだ全然見てない。

4月12日、日曜22時30分日本テレビ「新日曜ドラマ 美食探偵 明智五郎」■企画・、原作・東村アキコ「美食探偵-明智五郎-」、脚本・田辺茂範、演出・菅原伸太郎・水野格他、P・西憲彦、荻野哲弘・本多繁勝、西紀州■出演・中村倫也、小芝風花、佐藤寛太、富田望生、北村有起哉、小池栄子他▲「容姿端麗だが超変わり者の探偵・明智はおいしい料理をこよなく愛している。そんな明智が類いまれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”」(MANTANWEBより)●
→5月17日の第6話まで放送、以降は特別編という名の編集版の再放送?

4月26日、日曜深夜BSフジ「CODE1515」■原案・脚本・監督・杉本達、P・■出演・和田琢磨、陳内将、安里勇哉、赤澤 燈、校條拳太朗、佐奈宏紀、高佐一慈、尾関高文他▲「3 人のTVクルーが、人形のような奇妙なものを発見。その人形の腕に付いたUSB ポートからダウンロードしたデータには謎の数字が…。さらにそのデータを残し、人形は跡形もなく消えてしまう…!」(番組公式サイトより)●
→当初4月26日スタートと出ていたけど、今見たら5月10日になっていて、5月31日の第4回まで放送。全10回とあるけど6月以降のスケジュールはノーチェック。

◆帯ドラマ
3月30日、月〜金8NHK「連続テレビ小説 エール」■企画・、原作・、脚本・清水友佳子、嶋田うれ葉、演出・吉田照幸、松園武大、P・土屋勝裕、小西千栄子、小林泰子、土居美希■出演・窪田正孝、二階堂ふみ、薬師丸ひろ子、菊池桃子、光石研、中村蒼、山崎育三郎、森山直太朗、風間杜夫、唐沢寿明他▲「連続テレビ小説 第102作目の「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家とその妻の物語です。福島の青年と豊橋に住む女学生が、文通で愛をはぐくみ、電撃結婚。音楽によって強く結ばれた二人は、戦前・戦中・戦後を生き抜き、多くの名曲を生み出します」(NHKドラマトピックスより)●働き方改革の一環で今期から月曜日から金曜日までの週5回放送となっているようです。
→こちらも6月27日までの第13週をもって放送を一時休止、休止期間中は『エール』を第1回から再放送するとのこと。

今年はオリンピックが予定されていて夏ドラマもあまり入ってなかっただろうから、3ヶ月くらいずれてももしかすると問題ないのかもしれない。でもドラマも再放送ばかり、バラエティ番組も中途半端なリモート放送や総集編だの傑作選だのばかりで、今回はNetflixとかにかなり流れていった人も多かったんじゃなかろうか。これじゃあ7月期ドラマも何がどうなるのかまったく見えんよ……。
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ