華麗なる一族 第9回(3月11日放映)~最終回(3月18日放映)

前回、鉄平(木村拓哉)が父親であり阪神特殊製鋼の役員である大介(北大路欣也)を背任行為で告訴するという事態になって、「えーーーーっ!? これって原作にある設定なの!?」と思ったら、やっぱりここは原作にはなかった設定だったようだ。裁判で決着だなんて実に現代的な問題解決方法だと思うし、第一、昭和43年だったら親と子で裁判で争うという以前に、告訴されること自体、ダメージが無茶苦茶大きいはずで、この物語の流れから行くとそうなる前に絶対大介が手を打つはずだし、鉄平にしても告訴のハードルは想像を絶する高さだったんじゃないかと思う。

それに、鉄平が銭高(西村雅彦)に裁判での証言を頼んだことで銭高が大介と鉄平の板挟みになって苦悩する場面、この時代のこの立場の人だったら絶対もう自殺しちゃうんじゃないかと思ってみていたら、最後に鉄平サイドに立つ証言をしたのもビックリだ。いくらその前に前フリがあって銭高の心境が変わったといっても、これまたかなり現代的な展開だと思うがなあ。どうせこういう風に現代的アレンジをするなら、いっそのこと鉄平の自殺という決着も変えてしまってもいいんじゃないのか? あるいは死に損なって九死に一生を得るみたいな話の流れで、実は鉄平が大介の実の子であるというのがわかってめでたしめでたし、みたいな。……それじゃあホームドラマになっちゃうのか。この話はあれほどの犠牲を払って得た栄光が、実は儚く脆いものであったというもテーマの一つだもんね。

それにしても鉄平が死ぬまでが長すぎ。キムタクが主人公なんだから仕方ないのかもしれないが、延長しないでいつもの1時間枠の中で放送してくれたほうが、もっとすっきりした物語になったんじゃないだろうか。あと、鉄平の死を報告する地元の警官役の前田吟、「男らしい死に様でした」ってやや笑顔で言うのもなんだったけど、その前に死体に男らしいも何もあるかよ。でもって、鉄平の血液型がB型だったということがわかり、お母様(原田美枝子)が「鉄平さんは、あなたの子供だったんです。私とあなたの子供だったんです」って大介に言うシーン、あんただってわかってなかったくせに、とついつぶやいてしまいましたよ。

とか色々文句をいいつつも久しぶりに胃にもたれる重量感のあるドラマを堪能いたしました。もしかして鉄平じゃなくて銀平(山本耕史)が主人公だったらもっと別な面白さがあったかもとも思うけど。さて、今回の「華麗なる一族」、紅白よりも視聴率が上だったんですってよ。

 「華麗なる一族」視聴率、関西では「紅白」超える(朝日新聞)

「関東地区で30.4%だった。ドラマの舞台となった関西地区では39.3%に達し、昨年の同地区の紅白歌合戦第2部(37.6%)を超えた。瞬間最高視聴率は終了直前の午後10時18分に関東地区で35.5%、関西地区で44.9%だった。」

「華麗」がすごいという前に、紅白ってそんな視聴率だったんだーというのが一番の感想。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
広さの単位に「ドームの○倍」って言い方をするけど、視聴率はいまだに「紅白を抜いた」なのね。でもわたしなんかもう「紅白」は死んだと認識してたので、抜いたことがどうなんだって感じ。かといって「華麗なる一族を抜いた」って言い回しもくどいから、あいかわらず「紅白」がものさしに使われるんだろうね。
2007/03/20(Tue) 07:39 | URL | suika | 【編集
紅白は年々下落しているからねぇ。大昔に60%とか70%だったというのが、いかに他に娯楽がなかったかってことかとしみじみするしね。

>あいかわらず「紅白」がものさしに使われるんだろうね。

「華麗なる一族」は毎年、1年に1回やらないから。
2007/03/20(Tue) 09:02 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>でもって、鉄平の血液型がB型だったということがわかり~

前回の「華麗なる~」の後、少女マンガで、この手のエピソード&エンディングが多くなったような気がします。

4月からは重い重いドラマ2本立てを見ないで済みます。次回の日9はノーテンキそうで良かった。初回だけだと思うけどニースの街並みも見れそうだし、ここだけ楽しみ。
2007/03/20(Tue) 11:30 | URL | P子 | 【編集
ぜ、前回のって、1974年版ですかい? 少女漫画に関してはどうだったかなー。血のつながりがどうのこうので印象的だったのは「デザイナー」(一条ゆかり)とか「あわ雪さん」(西谷祥子)だけど、これは1972年前後の作品だしな。自殺(あるいは死亡)で終わる少女漫画なら「雪割草」(大矢ちき)とか「いちご物語」(大島弓子)、「この秋の終りに」(篠崎まこと)とか? このころはドロドロ系の漫画って読んでなかったからなあ(例えば里中満智子「彼方へ」みたいな)。

>初回だけだと思うけどニースの街並みも見れそうだし

あら、P子さんも草刈正雄周辺のおポンチぶりに期待?
2007/03/20(Tue) 11:59 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
鉄平って自殺するんだ。もうそんなことは忘却のかなたでした。
鉄平は自分の信じる道をまっすぐに歩いた人だから後悔はないかも知れないけど、何もかも知っていた銀平はずっと、そしてこれからも辛いだろうな。
もしもう一度リメイクすることがあるなら、銀平目線で描いてほしいな。

ところで映画「アンフェア」初日に観ました。しかし何度も娘に起こされてしまうほど寝てしまいました。これはわたしに問題があるのかしら…。
2007/03/20(Tue) 12:49 | URL | いがらし | 【編集
>もしもう一度リメイクすることがあるなら、銀平目線で描いてほしいな。

そうなのよ、生きてゆく銀平の方がつらいだろうし物語としても本編とはまた違った形のドラマがありそうだよね。また、今回は銀平役の山本耕史が渋くてよかったしな。

>ところで映画「アンフェア」初日に観ました

私も「アンフェア」は見てみたいんだけど、あんまり評判よくないみたいね。
2007/03/20(Tue) 13:04 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
今日になってようやく「華麗なる・・」最終回見ました。
なるほど。Kさんの指摘するどいわね。
訴えられる、という事自体が当時じゃ大変な事だったでしょうねぇ。色々現代の感覚にあわせて脚本を工夫してるんでしょうけど、一番不思議だったのは、皆が爺チャンを讃えてるじゃない?でも息子の嫁に手を出すエロ爺だったことは、なぜ避難されないのか?とっても疑問だったわ。
それにしても、キムタクのアップが多い!
全然趣味じゃないんだけど、よくアップに耐える顔だなぁ~とちょっぴり感心。
スマスマでは全くいい男に見えないんだけど、ギャッツビーのCMでもきれいだし、結局ハンサムなのね(←今頃何を?)
山本耕史はいいわね~。広~いおでこがグッときます。(別にハゲて欲しい訳じゃないが・・)

2007/03/20(Tue) 13:58 | URL | oha~ | 【編集
>でも息子の嫁に手を出すエロ爺だったことは、なぜ避難されないのか?

そうなんだよねぇ。でも他の人はじーさんの淫行を知らないわけだし、息子のほうの妻妾同衾に比べたらまだまだなのかもね。同僚のS嬢なんか「親子揃ってエロジジイ」って言ってたけど。

キムタクは今回頑張ってたよね。あれだけの達者なメンツに囲まれててさ。でも見れば見るほど女顔っぽく見えるのだが。

>山本耕史はいいわね~。広~いおでこがグッときます。

げっ、意識してなかったけど、もしかしてあのおでこにグッと来てたのかしら、私……。
2007/03/20(Tue) 14:14 | URL | tsumire→ohaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック