この週末は北海道からあの母がやってくることになっていた(参照:カテゴリー「唐突の人」)。もちろん、東京に桜を見るためだけにだ。母が来たときはいつも母が泊まっているホテルに子供と二人で泊まりに行くのだが、今回も土曜日の夜に東京駅そばのホテルに一泊することになっていた。

と、そこに金曜日の夜、訃報が入った。家人の本家の伯父が亡くなったのだ。そこで家族で北海道の義伯父(という言い方があるのか?)の葬儀に行くことになったのだが、日曜日に通夜、月曜日に告別式なので、今日は予定通りホテルに泊まっている。しかし明日は午前中の飛行機で旭川方面に向かうため(午前便で行ったって現地に着くのは夕方なのだ)、明日は東京駅から直接羽田に向かい、羽田で家人と合流することになった。

そこで久しぶりに喪服を出してみたらクリーニングから戻ってきたままなのだが狭いところに押し込んでいたせいでしわだらけになっていた。あわててアイロンをかけてみるもうまくしわがとれないので、試しに近所のクリーニング屋に電話してみたら、プレスだけもやってくれるという。おお、素晴らしい。何をアイロンかけするんですか?と聞かれて一言だけ(やや暗めの声で)、「喪服です」と答えたのだが功を奏したのだろうか。……もしかしてクリーニング屋のおばさんが同情してくれたのかもしれない。

そんな訳で今、お泊り道具と二人分の喪服一式(喪服も靴もバッグも数珠も、と色々。礼服って本当に面倒くさい……)を大きなかばんに詰めてホテルにいる。かばんだけ見たら台湾3泊4日旅行と全然変わらない。東京と北海道に1泊ずつするだけなのに。ここのホテルはパソコンの無料貸し出しをしてくれるのでこうしてブログの書き込みもできるのだが、子供はやっぱりまたもやアニメ番組ウェブサイトのゲームをやっていやがる(参照:2005年11月23日「お局OL台湾漫遊記」)。

さて今回も母の唐突振りを聞いてみた。
私「この間、本家の伯父さん(←これは私の父方の方の本家の話)の葬式に行ってきたんでしょ?」
母「行ってきたよ。おばちゃん(亡くなった伯父の妻)がもうすっかりしおれているからさ、通夜の前の日に行って徹底的におばちゃんの家の掃除してきたのさ。それで通夜の日に他の○○のおばさんとか、△△のおばさんとか来て、今日はきれいになっているねって驚いてたのさ」
うーむ。本家のおばちゃんはすごくいい人なのだが、非常に大雑把というか、整理整頓とか清潔という概念が薄い人だったのだ。
母「それで(葬儀から)帰ってきて、すぐ石垣島へ飛んだのさ」
私「はい?」
母「女友達4人で南の島に行く計画を立ててたんだけど、その直前に伯父さんが亡くなったから私だけ遅れてツアーに参加したのさ」
私「あー、他の3人はもう南の島に行っていたんだ……」
母「うん、(突然の弔事で)キャンセルしても全然お金は戻ってこないから、行きの飛行機はJALの株主優待券のチケットを使って、2日目からツアーに参加したのさ」
私「え? JALの株なんか持ってたの?」
母「いや、JTBの人が株主優待券チケットなら半額だからって教えてくれたからそれを買ってきたのさ」
私「あー、金券屋から買ったんだ(やるなあ……)。それで石垣島で何をしてたのさ」
母「石垣島1周っていうのは1日目だから参加できなかったんだけど、そのあと他の島を3つくらい回ったよ。西表島とか、あと名前を忘れた島とか。猫(イリオモテヤマネコ)は見れなかったわ」
そうりゃそうだよ、イリオモテヤマネコは現地の人ですら一生に一度見れるかどうかっていうくらいめったに見れない代物らしいからな。
母「それで南の島で3泊してうちに帰ったらすぐ、同じ日に葬儀が3件あったのさ」
私「はい?」
母「1件は父さんが行って、あとの2件は私が行ったんだけど、それぞれ通夜と告別式が同じ会場だったのさ」
私「あー、葬式のはしごをしたんだ」
母「そうなのさー。いや、忙しかったわ~」

そりゃそうだろ。なんだか今回の北海道行きの葬式は、母が持ってきたような気がしないでもない。
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:日記
コメント
うーん、数多くのドラマを見ているうちにtsumireさんにも演技力がついて、クリーニング屋さんをだませたとは考えられないだろうか。
それにしてもお母様、相変わらずパワフル。近所の公園の桜でも思い切って行ってみるかというわたしには、桜だけ見に東京に行くなんて信じられないよ。
我々の親の世代はバブルの恩恵を受けているので、子供がいつまでも脛をかじれるって何かで読んだけど、あるのは経済力だけじゃないね。
明日は気をつけていってらっしゃいませ。
2007/04/01(Sun) 00:16 | URL | suika | 【編集
>桜だけ見に東京に行くなんて信じられないよ。

だって北海道はまだ雪だし。それにだいたい北海道の桜はすっごいしょぼいんだよね。エゾなんたらって種類の樹なんだけど、花の付き方がすごく地味。そしてsuikaさんは「動物のお医者さん」で学習していると思うけど、北海道の花見は、桜を見るんじゃなくてジンギスカンを野外で食べるイベントだから!

>あるのは経済力だけじゃないね。

もはやこの世代の行動力は真似しようたってできないよね。では行ってきまーす。
2007/04/01(Sun) 06:58 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
いやーお母さんの行動力というか、
めくるめく日々は、とても私には耐えられない。葬儀があったえも、「どりゃ、いっちょかたづけるかー」みたいな感じで、
あまりしんみりとしたものを感じられません。たぶんにKさんもその血を引いておられるのでしょうね。
こんなに訃報を書いたブログなのに
「旅行記か?」って感じだもんね。

今頃は北海道か…。1回しか行ったことないよ。結婚前に亡き母と一緒に行ったんだ。
4月に行ったのに、五稜郭であっという間に冬景色になったのには驚きました。でもいい思い出です。

ご両親との時間を大切にしてくださいませ。
2007/04/02(Mon) 13:06 | URL | いがらし | 【編集
>葬儀があったえも、「どりゃ、いっちょかたづけるかー」みたいな感じで

ま、うちの母親の年代になると葬式なんか日常茶飯事だからね。「どりゃー」と言うほどの意気込みもないだろうね。旅行友達とのツアーもしょっちゅう誰か彼かの身内の葬儀と重なっちゃうって言ってたよ。夫婦で入っている旅行サークルなんか、ダンナさんの方がみんなぼろぼろ欠けていくんだって。
2007/04/03(Tue) 06:58 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック