ちゃららららーららららー、ちゃらららーららららー、ちゃーらーらーらーらーらららー(←「華麗なる一族」のテーマで)。遥かなる旅路、華麗なる一族編(←大嘘)。

昔、北海道の葬式では親族が集合写真を撮ると言うと同僚の練馬のS嬢が驚いたことに驚いたものだった。でも、なんで葬式の時にわざわざそんな写真を撮るの? と聞かれても私も知らないし。実家にあるアルバムを見てもやはり親族の葬式の時の集合写真が残っているものがあるし、2年半前に出席した家人の伯母の葬式の時もやはり写真を撮ったので、葬式というのはそういうもんだとばかり思っていたよ。

S嬢「葬式なんだから泣きはらした顔とか撮られたらいやなんじゃないのかなあ」
私「うーん。昔の写真とか、この前(2年半前)行ったときの写真とかは死んだ人が皆年寄りだったからねぇ、一番最後の別れのときは泣いてる人もいたけど、だいたい和やかで親戚の同窓会みたいな雰囲気だったからいいのかもね。これで若い人の葬式だと泣いている人が多いから、写真撮るのもはばかられるだろうけど、私は北海道で若い人の葬式って出たことないし」
S嬢「だいたい、どのタイミングで写真撮るの?」
私「えーー!? いつだったっけなあ……」
Nさん「葬式じゃ、カメラマンも笑ってくださいとは言えないだろうしねぇ」
S嬢「写真はいつ出来て来るの?」
私「2年半前は焼き場から戻ってきたらもう全員分あったけど」
S嬢「葬式で写真撮影なんて、ここいらじゃやらないけどねぇ」
Nさん「うち(ダンナの実家、鎌倉)の近所でもないよ。お棺の回りをぐるぐる回るってのはあったけど」
私、S嬢「何、それ」
Nさん「ダンナの親戚の葬式の時に、お棺の回りを親族がお祈りしながらぐるぐる回ってたのよ。私も始めて見たけど」
S嬢「そういえば、姉ちゃんのダンナの実家がある川崎では葬式のときに写真撮影していてビックリしたことがあったわ」
Nさん「地方によって色々あるんだろうね」

という訳で、今回は写真撮影のタイミングがいつなのかもチェックしながら通夜と葬式に参列したのだった。

ところで通夜が始まる前に義妹のK子ちゃんが家人と久しぶりに会う親戚の話をしていた。K子ちゃんが「Y(家人の従兄弟)、すっかり変わって、お兄ちゃん見てもあれはわからないわ」というので私もつい「Yさんって、もしかしてあのハゲている人?」と聞いてしまう。「そうそう、ハゲてるのさ」とK子ちゃんが言う。人の顔など全く覚えられず、なおかつ10年に1度会うかどうかの婚戚の顔なんかこれっぽちも覚えられない私だが、ハゲのYさんの顔は何故か覚えていた。そして続けて「ハゲといえばお兄ちゃん、Aちゃん(家人の従兄弟)、カツラかぶっているからね、それ本人に言っちゃダメだよ。気にしているからね」と釘を刺したばかりに、私は式の間中ずっと、ヅラのAさんって一体どの人だとついつい探してしまいましたよ。通夜の席で一体何やっているんだか。

さて、通夜が始まると葬儀業者の進行係の人が、オープニングナレーションみたいな台詞をしゃべりはじめたのだが、それにはちょっとびっくりだ。「○○さんは去年脳梗塞で倒れられるまでは本当にお元気で(略)、まだまだこれから老いの坂を上り始めるという矢先の、突然の出来事でした。本当に悔やまれてなりません」。伯父さん、86歳ですよ。86歳で老いの坂ののぼり始めなら、まだ40代の私なんかピッチピチのコギャルか?

通夜の席はその後ごく普通に進行し、読経や弔辞、弔電紹介などが1時間ほどで終了して一般客が帰ると、いよいよ親戚だけで写真撮影が始まった。業者の人が椅子を並べて「どんどん座っていってください」という中、おばさんたちは「○ちゃん、先に座りな」「いや、×ちゃん座りなよ」「この場所なら△おばさんが座らないと」と譲り合いと微妙な親戚内ポジション確認が続いたためになかなか写真撮影が始まらない。やっと全員がどうにか位置に着くとカメラマンが「はい、写します」と声をかけて何枚か撮影していた。やっぱり「ニコッと笑ってくださいね」とは言わないもんなんだな。

そしてその集合写真は翌日の告別式終了後には親戚全員に配られていたのだった。仕事、はやっ。その後ヘトヘトになって帰宅し、翌日会社での昼飯のときには練馬のS嬢に「写真撮影の時、やっぱり、はい、チーズとは言わなかったよ」と報告したのだった。
関連記事
テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
コメント
葬式の時に集合写真って初めて聞いたわ。まぁ確かに親戚が一堂に会するのって結婚式か葬式だもんね。

>通夜の席で一体何やっているんだか

全然OKだよ。なんか気晴らしでもないと退屈だからね、葬式は。(わたしは結婚式も退屈だけど。自分の時も退屈だったしぃ)
2007/04/05(Thu) 08:05 | URL | suika | 【編集
葬式の親戚一同写真って全国的にやるものだと思っていましたが違うんですね?!
P子の地元では自宅で葬儀を行う場合は必ず撮影しますね。それも写真館からわざわざ来てもらって・・ただtsumireさんとこみたいに当日に渡されることはなく、後日郵送されてきました。
葬式って続いたりするから遺影の為の撮影と思っていました。
2007/04/05(Thu) 10:50 | URL | P子 | 【編集
とりあえず山形ではお葬式で集合写真は撮らないよー。
でも時間がたったとき、「あのときこの人はまだ元気だったのねー」とか、話題にことかかないかも。
北海道は会費制結婚式とか、現代的というか、進歩的?なところがあるよね。
2007/04/05(Thu) 13:04 | URL | いがらし | 【編集
葬式関係は地方によって随分と違うみたいだね。ま、横溝正史の小説なんか読むと結婚式も結構違う物みたいだけど。

結婚式は私もすっげー退屈だったなあ。前日遅くまで親とけんかしてたから疲れて最低な顔になってたし。やることないんでバクバク食ったり飲んだりしてたよ。また私の席に挨拶に来る人が「飲めるんでしょ」と言って酒つぎにくるしさー。もしかすると葬式の方がまだましだったかも。
2007/04/05(Thu) 20:41 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
今回と前回(2年半前)もちゃんと写真スタジオの人が写していたみたいよ。
ま、昔は写真自体めったに撮るもんじゃなかったから、本当に遺影をこの集合写真からとることも多かったんだって。

>当日に渡されることはなく、後日郵送されてきました。

最近のハイテクぶりはすごいね。告別式の翌日には葬儀参列者の全てのデータ(誰がいくら出したとか、参列者の住所氏名とかお花代とかお供えとか弔電とかを出した人のリストとか、式次第とか色々)が入ったCDとプリントアウトして本の形にした物が、喪主に渡されていたよ。びっくり。
2007/04/05(Thu) 20:46 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
>でも時間がたったとき、「あのときこの人はまだ元気だったのねー」とか、話題にことかかないかも。

そうなんだよねー。あと、カラーコピーをして誰が誰なのか名前を書き込んでおくと、後々便利だし(だって自分の親戚だって顔を覚えきれないのに、婚戚なんか絶対覚えられないし)。

>海道は会費制結婚式とか、現代的というか、進歩的?なところがあるよね。

でも最近は情報が色々いきわたっているせいか、結婚式なんかは全国平均的なものになっているという噂もきくけどね。
2007/04/05(Thu) 20:49 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック