今日は子どもが3年生になって初めての保護者会だった。子どもの小学校では3年生になる時と5年生になる時にクラス替えをするので、今回は初めて顔合わせをしたお母さん達も沢山いたのだが、担任の先生も今まで聞いた事が全くない先生になっていた。最初に校長先生からこの1年の学校行事や学校のポリシーみたいなもんとかの説明があり、3年担当の教師の紹介があってびっくり、子どものクラスの担任は、なんと大学を卒業したばかりのぴっちぴちの新採用の先生だったのだ。

なるほどな~。学校が始まってから配られたクラス便りに描かれていたマンガチックな自画像(でもヘタクソ)、先週子どもが熱を出して休んだときにわざわざ電話をかけてきて健康状況を確認してくれたり連絡事項などを丁寧に教えてくれたり、また連絡帳には保育園の連絡帳か!?というくらい丁寧に子どもの行動について書かれてあって、結構若い先生なんだろうなあと思っていたけど、22歳かあ……。

こういう新採用の教師に対しては学校側のバックアップも結構がっちりつくらしい。入社(じゃなくて入校? 入学? 赴任、か?)して1年は300時間の研修が義務づけられているために、それはそれは忙しいらしく、そのために3年生の保護者会の日程や他の3年生の行事日程をずらしたり、この新人さんが研修でいないときにはちゃんと他の先生がフォローするようにスケジュールが組まれているとのことだ。先生って大変だな。多分そのためだろうけど、同じ学年の隣のクラスの担任の先生は手慣れた熟練の先生って感じで、ベシャリが滅法うまくて保護者達の笑いが絶えない。見た目は40代くらいなのだろうが、「息子が26歳と22歳で」と言ったときには保護者達の間からどよめきが起こったくらい若い感じだ。うわー、私と同年代で26歳の子どもか……。

一方新人さんは初々しいとかぴちぴちという感じじゃなくて、もうね、「幼い」って感じ。まじめで一生懸命なのは伝わってくるけど、本当にまだまだ子どもって感じなんだよなあ。でもこういう初々しい真面目さってのはなかなか得難いものでもあるので、私は気にしないけど。

その新人先生から1年間の学習計画とか、用意しておかなきゃならないものとかの説明があった後、今回のハイライト、クラスのPTA役員決めですよ。しかし今回は気まずい凍り付いた時間がながれることも、すったもんだもめる事も全くないまま、事前に提出した役員希望表どおりにPTAの役員をやってみたい人がそのまま役員になるという、すんなり人事でこの新人先生もほっとしたのだろう、最後にこう言ったのだった。

「PTAの役員決めは本当に大変だって、私が子どもの頃にうちの母が言っていました。でも今回は皆さんのおかげでスムーズに決まってよかったです」

「うちの母かよ!?」とその場にいた新人先生よりも新人先生のお母様の方にトシが近い保護者たちが一斉に心の中で突っ込んだのは言うまでもない(ガクッと崩れ落ちていた保護者もいたよ……)。まあ、とにかく何も経験が無いんだから仕方ないよね。でもこの一生懸命ぶりは結構ウォッチしがいがあるかもね。
関連記事
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記
コメント
私の友達が新人や産休の補助教員やってるんだけど、昔に比べて新人のフォローが手厚くなったにも関わらず、1年未満で辞めちゃう先生が後を断たないそうだよ。
昨年も補助に付いた新人が2人続けて辞めてがっくりきてたわ。
彼女曰く、一番の問題は親だそう・・。昔じゃ考えられないムチャ言う親が増えて、若い先生はうまくあしらえないため、ストレスのドツボに嵌ってしまうらしい。
まあせいぜいKさん、初々しい先生を暖かく見守ってあげなはれ。
2007/04/17(Tue) 23:21 | URL | oha~ | 【編集
>彼女曰く、一番の問題は親だそう・・。

それはよく聞くよね。新聞なんかでもたびたび特集されているけど。給食費を払わないなんてかわいいレベルじゃないみたいだよね。「あの子の親と仲が悪いから、今すぐうちの子を別のクラスに移して」、持ち込み禁止の携帯電話を生徒から取り上げると「基本料金を日割りで払え」「行事のスナップ写真でうちの子が真ん中に写っていないのはなぜだ」とか「石をぶつけてガラスを割ったのは、そこに石が落ちていたのが悪い」みたいなさ。私には理解できんよ。
2007/04/18(Wed) 06:36 | URL | tsumire→ohaさん | 【編集
子供たちを育てる先生を育てるお母さんたちの図?
あまり学校とかかわりを持ちたがらないわたしには、無理難題を押し付ける親の話は入ってこないけど、確かに新米先生は周囲がかなーり暖かい目を持ってみないとつぶれちゃうだろうねぇ。
でも新卒でいきなり担任ってありなんだね。まずは副担任あたりからかと思ってたよ。
2007/04/18(Wed) 07:59 | URL | suika | 【編集
>子供たちを育てる先生を育てるお母さんたちの図?

もうね、校長先生も副校長も教務主任も隣の担任も皆こぞって「教師を育てるのはおこさんと保護者の皆さんですから」を連発してたよ。トキの卵を孵化させるようなもんなのか?

>まずは副担任あたりからかと思ってたよ。

あー、そういえばそうかもね。でもうちの学校副担任みたいな制度がないみたいなんだけど。サポートの先生は何人もいるけど必要な時に必要な先生についたり、あるいは少人数学級(算数などの特定の教科を1学年2クラスを3クラスに分けて行なう)の時の担任とかやってるなー。
2007/04/18(Wed) 11:08 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
22歳かぁ…
いきなり担任ってのも大変だけど、3年生ってとこがミソなんだね。
1年は幼稚園あがりで手がかかるし、高学年は生意気盛り、お受験となにかとあるからね。新人は3年生あたりで子どもと親(親のほうも3年ともなれば学校になじんできている)とサポート連に育ててもらうのさ。
たぶん本人にその自覚は全くないだろうけど。
新学期「先生はずれたー」「うちは当たったー」とか必ず話題になるけど、聞いてていやだったなぁ。いろんな人がいて、同じ先生なのに絶賛する親、非難する親がいるからなー。もう最後は「うちの子に合うか合わないか」だった気がするよ。
へんな親も多いらしいけど、うちの子の場合5年生で学級崩壊が起きちゃって先生が「保護者の方助けてください」って緊急保護者会開いたよ。
でも校長とかは同席しないんだよ。先生は勤務10年超えるベテラン男性だったけど、自分の指導には触れず、「子どもたちが何々しない、私の話を聞かない」だから親から「人に優しくしなさい」「先生の言うことききなさい」と話してくれと涙ながらに語ったんだよ。もーここは幼稚園かい、と思っちゃった。Kさん、小学校生活はまだまだネタの宝庫ですぞ。
2007/04/18(Wed) 11:45 | URL | いがらし | 【編集
さすが、新卒ならではのお言葉!
「一人じゃ何もできませんから皆さん助けて下さいね」という心の声が聞こえるようだわ
2007/04/18(Wed) 14:10 | URL | P子 | 【編集
まわりの先生もしきりと「誰にでも新人の時代はある」「私にも新採(新採用)の時もありました」と力説していたよ。保護者の皆さん、お願いしますよ!って感じなんだろうあ。

>もう最後は「うちの子に合うか合わないか」だった気がするよ。

まあ、絶対的にどうしようもない人も中にはいるけど、ほとんど大抵はそんなもんかもね。私も小学校時代から大学までどの先生もみんないい先生だったなあ、ハズレはなかったなあとか思うんだけど、他の人の話を聞くとそんなことは滅多に無いみたいなんだよね。まあ、私の場合、精神病院に通っていたという噂のかなりおかしな先生が担任になった時も、これはこれでこの人の持ち味なんだろうなあとか思っていたくらいで、無茶苦茶能天気かすごくラッキーかだったのかもしれんけどなー。
2007/04/18(Wed) 20:12 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
引き出しの中にまだ何も無い状態だからねぇ、仕方が無いよね。私はこれはこれでネタになる、とか思っているけど。
2007/04/18(Wed) 20:15 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック