バンビ~ノ! 第1回(4月18日放映、日本テ レビ、22時)。なんだか微妙。脇が無茶苦茶濃くて(市村正親、 佐々木蔵之介、佐藤隆太、ほっしゃん、北村一輝)期待大だし、主役の伴省吾役の松本潤もキャラクタがぴったり合っている感じでいいし、こういう成長ものは結構好みではあるんだけど、あの厨房の雰囲気の悪さと、ところどころで余計なテロップが入ったり不必要にスローモーションになるのが、なんか嫌。そんな小細工をしないでストレートに見せてほしい。

博多のイタリア料理店でバイトながらも料理を出して客に褒められてすっかりいい気になっていた伴省吾(松本潤)は、シェフの遠藤(山本圭)に勧められて遠藤のイタリア修行仲間だった宍戸鉄幹(市村正親)がオーナーシェフを務める東京のトラットリア・バッカナーレで春休みの間ヘルプとして働く事になった。しょっぱなから「博多では前菜からメインまで全部やってました」と宣言したせいか、鉄幹にはパスタを任され厨房一同から反感を買う伴だが、あまりの手際の悪さにあっという間に皿洗いに降格。その後鉄幹にブロード(出し汁)作りを任せられたものの、実は一度も作ったことがなくしかも下拵えの甘さから大失敗してしまい、さらに料理人のくせに煙草を吸っていた事で香取望(佐藤隆太)にボコボコにされてしまう。

こういう高級レストランの厨房で働いている人たちというのは、そりゃまあプライドが高いだろうし、あんだけ伴の手際が悪くてなおかつ出来もしないのに鼻っ柱は高くてしかも実力が伴わないのにシェフに目をかけられていたりした日にゃ、ことさら冷たく当たるのは当たり前かもしれんけど、でも「3日で辞めるか辞めないか」を賭けるのが恒例の行事っつーことは、誰が来ても毎回いじめて追い出しているっつーことなんじゃないのか? しかも給仕長の与那嶺司(北村一輝)が「厨房の連中はキツイから」みたいな台詞(←うろおぼえ)を言うってことはそれをシェフやオーナーも認めちゃっているってことか? あんだけ色々なタイプのメンバーがいながら、いくらなんでも厨房の雰囲気悪すぎてなんだかなーと思ってしまうのは私の心が狭いのか? それからあんなに長い間雨に打たれていると肩を壊して球が投げられなくなるぞ(←違う!)。

でも食べ物を含めて画面の色がきれい。とくに料理がきれいで魅力的なので、せっかくなんだからここはもっと丁寧に見せてほしい。厨房のスピード感もいいけれど所々に入るスローモーションやカメラを揺らすのはやめて、テンポよく画面をパッパッと切り替えて、見せるところはしっかり見せてほしいなあ。時々見ている方のリズムを崩されるのがちょっと苦痛だ。

さて北村一輝様、「大奥」(フジ、2003年)も「夜王」(TBS、2005年)も「医龍」(フジ、2006年)も「嫌われ松子の一生」(TBS、2006年)も「14歳の母」(日本テレビ、2006年)も全くみていないのでちゃんと見るのは今回が初めてだ。記憶にあるのはせいぜい「タイガー&ドラゴン」(TBS、2005年)くらいだけなのだが、何とも言えない怪しい(いや、妖しい?)魅力がある人なんだな。これはちょっとクセになるかも。しかも一輝と市村正親とマツジュンがジローラモと並んでいてイタリア人だって言い張っていても違和感ないですよ(え?)。

まあ、マツジュンが色々経験してシェフとして成長していく事であのレストランも(あの厨房の雰囲気の悪さも含めて)変わっていくところがこれから描かれるんだろうけど、とりあえず様子見かなー。ところであのトラットリア・バッカナーレの建物って、もしかして「役者魂」(フジ、2006年)の時のヤマザキエクスプレス演劇班が入居していたビル?
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
このドラマは見てないんだけど、北村一輝はなんとなーく見てた医龍でタイガーの時と全然雰囲気が違うのに驚かされ、14才の母の時もまたまた変身という感じで、その濃さも含めて私の中では佐藤浩市と同じフォルダに入れときました。

例のビルの話はうちの夫も同じこと言ってたよ。ただし正確には「あれ?このビル、あのドラマに出てたビルだよね?ほらほら、あの人が主演の」....自分で「役者魂」って番組名を思い出してくださいませ。
2007/04/20(Fri) 07:21 | URL | suika | 【編集
このドラマ、脇の配役はまさしくP子テイストなので始まる前から楽しみにしていました。
意外と蔵さんが、松ジュンをカバー助けるような発言をしているので、ちょっとがっかり。彼のS役は中々なものなので今後に期待。マスター(あ、木更津・・)が、のっけから熱い~彼は自分のポジションを良く解っている演技をするので安心してみていられます。北村一輝はドラマを何本か見ているんだけど「ウィンダム!」のCMが、一番印象に強いです。
建物にはP子は「役者魂」より先に六本木にこんなビルあったっけ?と現実と混同するような発言。結構ヤバイ!昨日はブラウスシャツを裏表間違えて(ボタンもきちっりとめて)出勤したし・・あ、話ずれてすみません。
建物といえば「セクシー~」の浅丘ルリ子のお店の中、昔「DxD」で使っていなかったかしら?
2007/04/20(Fri) 09:02 | URL | P子 | 【編集
>私の中では佐藤浩市と同じフォルダに入れときました。

そのフォルダの中には他に一体誰が入っているんだか知りたいところだな。
タイガー&ドラゴンの時はメインじゃなかったから気にしてなかったんだけど、北村一輝って、怪しすぎだよなあ。ちょっとこのドラマは北村一輝目当てで見ちゃうかも(別に好きというわけでは全くないんだけど)。
2007/04/20(Fri) 09:03 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>彼のS役は中々なものなので今後に期待。

P子さん、ストライクゾーン、低くないよ……。あ、ストライクじゃあないのか。

北村一輝の「ウィンダム!」、もう日本人に見えないんだけど、彼ってもしかしてあちらの血が入っているのか?

>昔「DxD」で使っていなかったかしら?

「DxD」はみてないんだけど、建物自体はこれだよね。店内はセットだと思うけど。
http://location.la.coocan.jp/images/sexyvoice01.jpg
2007/04/20(Fri) 09:24 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
うちの子も「あ、これ役者魂の演劇班のビルだ!」って喝破しとりました。みんな良く見てるよなー。一体何見てるんだわたし。主人公の名前とか、役者名とか、本当に覚え悪いんだよ。

ところで今回の松潤、しゃべりが道明寺じゃん、と家族でつっこみましたが、最後に素直に教えを請うところなんていいなーっておもっちゃった。今の職場で、ろくに仕事もできないくせに文句は多くて徒党を組むやつらがいて閉口してんだよね。やることやってから口出せ!と常々思っているわたしとしては、新人君にはこんな態度を望みたい。いまどきの…とは言いたくないけど、新人おばさんって謙虚さに欠けてイヤ!(ちょっと意地悪な心がもたげてきたI)
2007/04/20(Fri) 13:03 | URL | いがらし | 【編集
>みんな良く見てるよなー。

いや、あのビルはかなり特徴的なビルなんだよ。クラシックな感じで、物覚えが無茶苦茶悪い私でも覚えていたくらいっつーかさ。だから他の建物なんかだと全然覚えてないよー。

今回のマツジュンは髪型が違うなあとか思いながら見ていたよ。しかも多分現地の方々には思い切り評判が悪そうな博多弁が気になったけど、でも髪形が違うだけでも結構違って見えるもんだなあとか表面的なことばかり見てたな。

>新人おばさんって謙虚さに欠けてイヤ!

新人の若者は多分「謙虚」って言葉すら知らないみたいよ。挨拶もしないし、タメ口だし。
2007/04/20(Fri) 13:17 | URL | tsumire→いがらしさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 厨房はこわかところばい・・・パスタが血の匂いがするよお・・・ さて、博多のイタリア料理店サンマルツァーノじゃ、バイトながらも厨房を任されていて自信満々だった大学生の伴省吾(松本潤)は店主の勧めで東京六本木にある「バッカナーレ」のヘルプに行くよう....
2007/04/20(Fri) 08:40:16 |  トリ猫家族
形は内容は違うものの、「ハケンの品格」同様、仕事をテーマにしたドラマです。思い上がりも甚だしい社会人未満の大学生が初めて目の当たりにした、プロの世界の厳しさです。
2007/04/22(Sun) 01:35:02 |  伊達でございます!