セクシーボイスアンドロボ 第5回(5月8日放映)。今回の脚本の根本ノンジって誰!? と思ってチェックしてみたら、この人も日本テレビシナリオ登竜門の出身だったのね(2001年度)。今まで「野ブタ。をプロデュース」や「マイ・ボスマイ・ヒーロー」のブレーン担当だったようだ。今回は前回よりはまだ面白かったけど、でももうひとひねりしてほしかったかも(←えらそー)。うしみつ様のからくりとか女子高生達の心情とかちょっと単純すぎるし。

真境名(浅丘ルリ子)の指示で高校に潜入することになったロボ(松山ケンイチ)とニコ(大後寿々花)。いやがるロボの心を動かしたのは「女子高生…ハイソックス…放課後…体育館の裏…初恋…告白……」というよっちゃん(岡田義徳)の言葉。「ロボ、出動します!」ってアンタ。そのよっちゃんも「あの二人に任せておいて大丈夫ですかね」と実はうらやましげなのを真境名に見抜かれ「リーゼント…マブダチ…メンチ切り…タイマン…尾崎豊……」という言葉でバイクに乗って飛び出してゆく。「盗んだバイク」かよ! 「炎の転校生、名梨秀吉!」って島本和彦かよ! でも今回はよっちゃんが一番生き生きとしていたかも。そして月曜日の「プロポーズ大作戦」に続いてここでもロボとよっちゃんが(主にロボが)青春のやりなおしに燃えてたけど、もちろん高校生どころか現役中学生なニコはいたってクール。ちなみに今回、ロボとニコが着ていた制服は「マイ・ボスマイ・ヒーロー」の時のものだそうだ。

ところでニコが吹き替えをしていたうしみつ様の声、鬼太郎のオヤジの声(田の中勇)なんじゃないかと思って、エンドクレジットをじーっっと見ていたんだけど、名前はありませんでした。ちょっと気になる。

もしかしてもうしばらく脚本は木皿泉じゃなくて別の人が担当になるのかなー。新人をつぎ込んで来ているってことは実験枠なのかしら。視聴率もどんどん下がっているみたいだけど(昨日の回は6.9%!)、この先ちゃんと続くのかなあ。あまり大っぴらにカミングアウトできないけど(何故!?)結構楽しみにしているんだけど。

さて来週はりょうの殺し屋はともかくとして、ロボの母親役に白石加代子ですよ。「ロボは突如上京した母親に翻弄され、それどころではなかった」って、すごい親子になりそう。しかも松山ケンイチは「とある韓流スター」役との一人二役って。来週も違う人が脚本だったら、もうドラマの見所はこの二人で決まりだ(←邪道?)。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
先週に比べたら面白かったけど、ニコが主犯格の女の子に「いい加減にしなよ~」と言っている台詞と言い方には、なんとなく違和感を感じました。いつものニコのモノローグとの温度差のせいかしら?
しかし、ロボは何関係の会社に勤務しているんでしょうね?外回りしているみたいだから営業職みたいだけど来週おっかさんが出るなら今まで明かされなかったロボの細かいエピソードが出てくることを期待します。
2007/05/10(Thu) 10:20 | URL | P子 | 【編集
ロボが一体何をやってるのかは気になるよね。今回はうしみつ様の売り上げグラフを見て「大人になったらいくらでもやらされるのに」とか言っていたから、もしかしてあれでも営業とかやっているのか?と私も思ったけど。

白石加代子はねぇ、これは期待大ですよ。あの息子にしてこの母ありな描写が楽しみだな。
2007/05/10(Thu) 10:39 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
今ひとつな出来でした。最初から事件の真相を明かした展開でしたが、それを踏まえての以降の展開に工夫や捻りが見られず、ストーリーとしてのおもしろみが感じられません。
2007/05/10(Thu) 01:02:56 |  伊達でございます!