手塚治虫文化賞の発表記事(←写真)は10日の朝日新聞で見たのだが、朝日新聞のウェブページではまだ更新されていない(5月12日現在)。今回はマンガ大賞に「舞姫 テレプシコーラ」(山岸涼子、メディアファクトリー)、新生賞「神聖喜劇」(のぞゑのぶひさ・作画、岩田和博・企画・脚色、原作・大西巨人)、短編賞「大阪ハムレット」(森下裕美、双葉社)が選出された。しかし特別賞は「マンガ評論家の故・米澤嘉博さんらを推す声もあったが、専門家の意見を参考に、朝日新聞社内で検討した結果、該当者なしとした」(5月10日朝新聞朝刊17面より)ってなんじゃそりゃーーーーー! 今授賞しないでいつやるというんだ!!

ウェブ速報で早かったのは時事通信だったが、

 2007/05/10-05:45 手塚治虫文化賞大賞に山岸凉子さん(時事通信)

今朝見たら北海道新聞にも記事が。

 手塚治虫文化賞 山岸凉子さん(上砂川出身)に(北海道新聞)

山岸先生、北海道出身だから。だったら去年の受賞者の吾妻ひでおだって北海道十勝郡浦幌町出身だから2年続けて北海道出身の作家が受賞ってことですよ。

さてノミネートの記事は前に書いたが(3月24日「手塚治虫文化賞作品ノミネート」)、やっぱり「大奥」はもう少し様子見だったのかしら(まだあと10年は続くみたいだしなー)。なお、選考結果については以下の通り。

1.「舞姫 テレプシコーラ」 21点(萩尾5、村上5、荒俣4、いしかわ4、藤本3)
2.「のだめカンタービレ」18点・辞退(香山5、萩尾5、藤本5、いしかわ3)。辞退ってアリ!?
3.「大阪ハムレット」13点(いしかわ5、印口5、呉3)
4.「もやしもん」10点(印口3、村上3、荒俣2、呉2)
5.「へうげもの」7点(荒俣5、村上2)
5.「大奥」7点(藤本3、香山2、村上2)
7.「DEATH NOTE」6点(香山3、藤本2、萩尾1)
8.「団地ともお」5点(呉5)
8.「皇国の守護者」5点(印口5)
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
山岸涼子も息の長い作家だよねぇ。決して一般受けする作品とは言えないものも多いのに(それどころか少女漫画とは言いづらい絵柄だと思ってるし)、やっぱり「読ませる」ということでしょうか。(てか、この受賞作品は少女漫画じゃないか)
「のだめ」は辞退・・・・・・・・・・・・なんでかね?受賞前に言うってのは「あっしを選んでも無駄ですぜ」ってことなのかしら。
「大奥」、十年も続くのか。ま、でも、漫画の世界では珍しくもないか。おもしろかったけど一巻でごちそうさまでしただったな。
2007/05/12(Sat) 21:47 | URL | suika | 【編集
「大奥」10年かかりますか・・・メロディは隔月発売だし、たまに休んでいるし、最近モーニングでも連載始めたからしょうがないか..
2007/05/12(Sat) 22:21 | URL | P子 | 【編集
>やっぱり「読ませる」ということでしょうか。

読ませる力はすごいよね。それでもやっぱり作品としての魅力は今なお「アラベスク」の方が輝いていた、と私は思うけどさ。でも、もう40年近く?以上?コンスタントに作品を描き続けていてなおかつこれだけのレベルの作品を作り出しているっていうのは本当にすごいことだけどねぇ。
2007/05/13(Sun) 23:34 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
結局3代将軍から15代将軍まで全部描くみたいでなおかつ1年に1冊ずつコミックスを出す予定だっていうからねぇ。先は長いよね。
2007/05/13(Sun) 23:35 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック