帰ってきた時効警察 第5回(5月11日放映)。今回はやっぱりリアルタイムで見ることが出来なかった上に、家人が私より先に録画を見ていたせいで「いやー、今回は時効警察でなきゃ許されない解決方法だったよ。他のドラマだったらありえないね」「ヒントはおそ松くん」などと見る前に余計な情報を振舞われてしまい、時効警察はやっぱりリアルタイムで見なくちゃだめだと心に誓ったのに、またもや第6回(5月18日放映)分をまだ見ていないという体たらく。いかーーん。こんなことではリアルタイムで見ていた家人にまたもや余計なヒントを出されてしまうっ!

今回は三日月さん(麻生久美子)の妄想からしてホラー風味……とかいっても時効警察だからこれっぽちも怖くないが。そして今回の事件は「女優黒井桜子の神隠し事件」(平成14年4月28日)。そうそう、熊本課長が「ホラー映画の主人公は好奇心ゆえに死ぬほど怖い目に合うと決まってる」って言っているけど確かにそうだよね、そこに行かなきゃいいのにって言うところに必ず行って、それはやめておいたほうがいいのにってことを必ずやるんだよね。しかし今回出てきた元アイドル歌手・白鳥その子役のりりィって、もしかしあの「私は泣いています」(1974年) のあのりりィ!? いっそ歌ってくれればよかったのに。

さて今回は双子の姉・黒井桜子を殺したのが結局双子の妹・桃子で、そのアリバイを作っていた(期せずにしてアリバイになっていた?)のは実は五つ子の姉妹・梅子、竹子、松子だったというオチ。わたしゃこの名前を聞いただけで「犬神家の一族」を思い出しちゃったよ……。もちろんキャストは高峰三枝子(松子)、三条美紀(竹子)、草笛光子(梅子) で。新バージョンの富司純子(松子)、松坂慶子(竹子)、萬田久子(梅子)はおどろおどろしさが全然足りないよな。時効警察にはまったく関係ないけど。でもって双子が(結局五つ子だったわけだけど)入れ替わって同じ人物を演じていたというところは成田美名子の「CIPHER」的と言えなくはないかも。

ところで「誰にも言いませんよカードロイヤルストレートフラッシュ」だったら5枚のカードは全く同じ絵柄のカードじゃなくて、同じマークのカードでなおかつ10・ジャック・クイーン・キング・エースと違ってなくちゃだめなんじゃないの、霧山君(オダギリジョー)。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
ふふふ、tsumireさん、第6回のヒントはね・・・・・・・・・・・・DVD見ながら途中で寝ちまっただ。ここでネタをばらされないうちに早く見ちゃおっと!
松竹梅って言えばわたしも同じ三人だけど、失礼ながら三条美紀は覚えてなかった。その代わり(?)月丘夢路の印象が強いんだけど、これはテレビのほうだった?映画のほうは岸田今日子も出てたよね。
時効警察、ヒントはおそ松くんって、なるほどーだわ。確かにね。でも鶴田真由が五人もいたらくどかったな。
リリィは全然気が付かなかったぜ。もう一回見たいかも。
2007/05/20(Sun) 20:30 | URL | suika | 【編集
月丘夢路は古谷一行版テレビドラマの方に出てたみたいね(Wikipedia参照)。岸田今日子はもちろん「あおぬましずまだぁ~」(と、佐清が叫ぶシーンがあるんだよな)の青沼静馬の母親役ですよ……あーー、どうしてこんな無駄な記憶だけあるのーーーー!!  

会社で時効警察を見ている人がいないので(同僚のNさんは「プロポーズ大作戦」だけ、練馬のS嬢は「ホテルアー」だけだし、テレビっ子の派遣のMさんも多分みていないはず)会社でネタばらしされる危険はないものの、家に帰ると油断できないからさっさと見なくてわ!
2007/05/20(Sun) 22:38 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
リアルタイムで見ながら寝ちまいました。後で録画したのを見直し、日本酒の銘柄を思い出していました。
「犬神家~」も「おそ松くん」も見ているのに・・・・


2007/05/21(Mon) 09:45 | URL | P子 | 【編集
やっぱり金曜日の夜は疲れていることが多くてリアルタイム視聴はかなり難しいわ~。

>日本酒の銘柄を思い出していました。

それはもしかして渡哲也ファンだったから、とか?
2007/05/21(Mon) 11:35 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
このところ我が家では、リアルタイムに視聴し、再度録画を細部をチェックしながら見るというなんでここまでするかな的な見方をしています。
ここんところ、「こんなのアリですか?」という解決方法多くありませんか?
S氏曰く「時効警察だから許される」って、このごろのプロットは納得いかんですよ。
もっと楽しくって、ふにゃーとして、なおかつ推理もばっちり、ってのが見たいねあたしゃー。
ちなみに娘はミクシーの時効警察サイトに入っていて、番組が終わったとたん「囲碁の盤面が文字になっていた」とか、いろんな細かいところを教えあっているそうです。
で、そこで仕入れたネタが「時効課」は実在しないんだってー!!というものでした。
そんなの当たり前だっつーの!!!
2007/05/21(Mon) 12:52 | URL | M.I | 【編集
>「こんなのアリですか?」という解決方法多くありませんか?

まあ前回(前々回か)は5つ子ネタでその前が催眠術じゃあねぇ、ちゃんとしたミステリーじゃ許されない解決方法ですよね。あ、もしかして私がまだ見ていない第6回放映分もそんな感じ? でも本格物とかいっても京極夏彦の「姑穫鳥の夏」を読んだ時なんか「えーーーーっ、そんなのありかよ!!」とか思いましたが。

>もっと楽しくって、ふにゃーとして、なおかつ推理もばっちり、ってのが見たいねあたしゃー。

そうなるということなしですね。まあ、バカバカしいのも時効警察ならではということで(甘やかしちゃいかん?)。

>「時効課」は実在しないんだってー

……つまりかなり多くの人が「時効課」が存在していると信じているってこと!? だったらもっと多くのドラマで時効課が活躍しているよなあ。
2007/05/21(Mon) 13:55 | URL | tsumire→M.Iさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 「あはははーー」「待って~」学生服の男とセーラー服の女子が川原で戯れている。「熊本君ってステキね」「ホントかい?どこが好きなんだい?」「その若々しいところ・・」「ホントかい?そうかい?若々しいか~い?」 我にかえる50歳の熊本課長(岩松了....
2007/05/21(Mon) 14:01:25 |  トリ猫家族