風林火山 第20回(5月20日放映)。今回は信州長窪城攻めの結果、山本勘助(内野聖陽)が軍師として認められるようなる。とか言ってもこのところずっと見ている私でも地理がとんとわからずどこをどう攻めているんだかちんぷんかんぷんだ。そういや高校のときの地理の授業、大嫌いでテストで20点取ったことがあったなー(遠い目)。

このドラマでは勘助が武田晴信(市川亀治郎)に認められる場面は、毎回(と言っても知っているのは最初の方の回と今回の2回だけだが)新しい衣装をプレゼントされることで表現されるんだね。もっとも当時は布地や衣装は貴重な物だったから役職にふさわしい衣装を与えられると言うのは、ものすごく重みがある行為だったのだろうけど。

そして信州長窪城でヒサ(水川あさみ)とともに守りについていた平蔵(佐藤隆太)は勘助の降伏要求に応じずに討たれるところをなんとか逃れて落ち延びる。もしかして最終回(か、あるいはその前後で)勘助を討つのは平蔵になるのでわ。

さて今回の目玉、真田幸隆(佐々木蔵之介)キターーーーーーッ!! 「バンビ~ノ!」とは別人だよ(←当たり前だ)。でもこれだけかいっ! ほんの一瞬じゃないの。全国3万人の真田一族ファンのためにも(←非常に微妙で適当な数字)もう少し場面を増やしてくれよ~。真田家はこの後武田家にずっと仕え、その後の関ヶ原の戦いでも大坂の陣でも子孫がその知略ぶりを披露して軍師として頭角を現すんだから、勘助の系統といってもいいのにー。

ところでさっき「風林火山」の公式ウェブページを見てみたら早速「Gackt見参」なんつー、アレなページが出来てましたよ。うっわーーっ、髪型がザンバラ髪であれじゃ落ち武者だろ。なんか他の場面は陰陽師みたいな感じだし。そりゃ長尾景虎(のちの上杉謙信)は信玄の永遠のライバルなんだから力の入れようも違うのかもしれんけど、なんか違うぞ。だったらもっと真田幸隆を出せ(←もっと違う)。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
そうでした!
大河なんて普段 絶対見ない物を見始めたのはガクトの上杉謙信!?・・という好奇心からだったっけ。
すっかり面白さにハマってガクトの事を忘れてたけど、HP見た分では、いい感じじゃないの♪
いきなり大河のやおいパロディバージョンみたいな風で。
そうかぁ~、なんで謙信がガクトなのか?プロデューサーの意図が見えたよ!
やっぱ戦国時代の男のドラマに”やおい臭”をひとつまみ入れたかったんだねぇ(しみじみ)。
ますます期待できるねぇ、今期の大河は♪
2007/05/21(Mon) 10:57 | URL | oha~ | 【編集
あれは絶対NHK、狙っているよね。そうでなくたって戦国時代はそーゆーこと(衆道)がお盛んな時代で、しかも史実では武田信玄と香坂弾正(田中幸太朗)なんかラブラブだもんね。NHKはそこら辺もやっぱり描くのか、とか当たりも注目だけど。

>いきなり大河のやおいパロディバージョンみたいな風で。

新撰組!で味をしめたのかもね。
2007/05/21(Mon) 11:42 | URL | tsumire→ohaさん | 【編集
>もしかして最終回(か、あるいはその前後で)勘助を討つのは平蔵になるのでわ。

さすがtsumireさん読みが深い。

今回は山本勘助が武田晴信に「流石の山本間輔も姫の気持ちは読めぬか・・」みたいな事を言われた時、武田晴信も中々のSよのぉと思っていました。
真田幸隆、久々の登場なのに持ち味のSぷりが発揮されていない・・おまけに出番がアレだけ?
Gacktも外見上はSキャラっぽいから山本勘助のMキャラに磨きがかかる事間違いなし(完全にずれているような?)
2007/05/22(Tue) 10:43 | URL | P子 | 【編集
わたしゃ今回、武田晴信がひじょーにオープンに夜は奔放なのに昼は冷たいんだからもうっ、ってブーたれた後にそのわけを勘助に探らせるあたり、理由なんかねーよ、ツンデレってやつだよ、とか突っ込んでしまいました。
Gacktな……。まあ、いっそのことNHKさんがどこまでやってくれるのか、お手並み拝見といきましょうか。
2007/05/22(Tue) 10:52 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
風林火山ですが、今回盛りだくさんで面白かったです。久々に合戦もあり、山本勘助(内野聖陽)が正式に軍師に任命されたり、平蔵との運命的な再会、懐かしい人や北信濃の王・村上義清登場、由布姫と三条夫人など、45分足らずでよくここまで詰め込んだと思います。(大河ド
2007/05/20(Sun) 23:44:09 |  一言居士!スペードのAの放埓手記