Flickrというのは写真共有サイトで、世界中から色々な写真が(検索に活用するための)タグつきで投稿されている。今日、知人のブログを眺めていたらFlickr内にこんなページがあるという情報が。

 flickrvision

投稿されている写真が刻一刻と、世界地図上に貼られては消えてゆく。海外旅行をしたような気分になれるきれいな風景写真もあれば、メタボリックシンドロームなデカ腹だけや足フェチなのかというような写真があったり、友達同士やカップルのスナップ写真みたいなものや親が撮ったであろう子どもの落書きや赤ちゃんの写真もある。それぞれ投稿者氏名とともに「3分前にどこそこから」「1分以内にどこそこから」という情報も表示される。なかなか不思議な光景である。

たまに会社で見てたりしたら不適切すぎるんじゃないのか?というような写真がアップされちゃったりしないのかな。あ、そうそう、このFlickrを使ったゲームもあるそうで、fastrはフリッカーからの写真が10個順番に表示され、これらに共通するタグに早く気付けば得点が高くなるゲーム。他にもFlickr版神経衰弱とか結構あるみたいだ。

インターネットがグローバルにうごめいているのだと、眼で見て実感できるサイトですよ。なお、ページ左上の「3D View」をクリックすると地球がぐるんぐるんまわって写真を表示するので、もしかすると子どもが喜ぶかも。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック