この土日、自宅近辺の地域一帯でお祭りがあった。神輿があちこちで出没し、ウォーキングスタンプラリーがあり、小学校の校庭と体育館を全部使ってのフリーマーケットがあり、とこの二日間はにぎやかなものだった。7月になれば小学校、近隣の各種共同体と商店街、その他協賛で夏祭りが開催されるし、秋には秋でまたお祭りがある。児童館のイベントも4回のうち2回は小学校や商店街が相乗りしているイベントだ。本当にこの地域の人たちはお祭りが好きだよなあ。もしかしてラテン系なのか? 私がここのお祭りに今ひとつ乗り切れていないのは出不精だからだけでなくもしかしてラテン系じゃないからか?

そんな訳で子ども(8歳)が今年はウォーキングスタンプラリーに参加したいと言い出したのだ。しかし今まで一度も参加したことが無かったためにそれがどんなものだかよく分かっていなかったのだが、同じクラスのこっちゃんが一緒に行くというので、こっちゃんママとお話してみたら「私もさ、去年までは一緒に付いて回ったんだけど、もう大丈夫じゃないかなと思うのよ。うちの子も自分達だけで回りたいっていうしさ。もっとも私は土曜日は仕事があるから付いていきたくても行けないんだけどね」というのだ。まあ、ここいら一帯の商店街を回るだけならそんなに心配ないよな。私なんかが5歳6歳の時に隣町の保育園まで定期券を見せて市バスで一人で通っていたことを思えば(東京の隣町ではない、あくまでも北海道の隣町)、こんなスタンプラリー、目をつぶっていたって歩けるっつーものだ。地図を見て友達と相談しながらスタンプポイントを見つけるのも、いい勉強になろう。

そんな訳でよく晴れた先週の土曜日の午前9時30分、こっちゃんのおばあちゃんちに集合すると、おばあちゃんは子ども二人だけで回るということを聞いて目を丸くしていたが、「いざとなったら携帯電話ですぐ連絡できますし、位置情報もすぐに確認して駆けつけられますから」というと「まあ、そうねぇ……」とちょっと心配顔。私はそんなのを無視してさっさと自宅に戻り、家のかたつけを終わらし、いつものフィットネスクラブでひと運動してから、念のために携帯電話をひらいてみると、連中から不在着信がありましたよ。しかもメールじゃなくて電話ということは?
「もしもし、さっき電話してきた?」
「うん、あのね、ちょっと迷ったの」
「え? どこらへんで?」
「○○会館の近くでわからなくなって電話したんだけど」
「あらまあ。今どこにいるのよ」
「○○会館のそば」
「今は大丈夫なの?」
「多分……」
「ふーん。じゃ、迷ったらまた電話しなね」
「えっと……」
「何? そっち行ったほうがいい? 今なら行けるけど」
「いや、いい。後で来てくれればいいから」
「じゃ、お昼ご飯の時には一旦うちに戻ってこいよ」

お昼時に戻ってきた子どもに聞いてみると、スタンプラリーのスタンプポイント15箇所のうち4個所をまわったけど、最後の○○会館が遠くてよくわからない場所にあったので色んな人に聞きまくってたどりやっと着いたらしい。そして家に戻ってくる時もやっぱり分からなくてずっと他の参加者に聞きながら戻ってきたらしい。まあ、それもいい経験だよねと思いつつスタンプラリーの地図を見てみたら、こりゃ子どもにはよくわからんよなあという略図で、しかも10個以上の商店街が参加しているために範囲がむちゃくちゃ広い。一番遠いポイントは道が狭い割に交通量が多いところで、子どもだけで歩かせるのはちょっと危ないかもという場所だ。いや、これも本人達のいい経験になるはずだし。でもまず何より子どもが習い事に行かなきゃならない3時15分までにはなんとか戻ってきてもらわなきゃならないけど、この二人で大丈夫か?とか。

そんな訳で午後は私が付いていくことになりましたよ。とほほ。私にはスタンプラリーの貧乏神が付いているのか?(2006年7月30日「ポケモンスタンプラリー2006に行ってきました。」)。私が付いていこうか?と提案すると二人はすっかり喜んで「じゃ、まずはこのコースで回ろうと思うけどどう?」と聞いたところで聞きやしねえし地図も見やしねえ。すっかりピクニック気分で二人で道草しながら歩き出す。方向音痴っていうのはこうして作られるのかもな。

しかし、二人とも車がバンバン通るのに道の真ん中を平気で歩くし、陽射しがきついのに帽子を脱ごうとするし、注意しないと持ち歩いている水筒の水を飲もうとしないので、すっかり小言ババァですよ。もっとも私も「こんなところにこんな店があったのか」と覗き込んだり、きれいな花が咲いていると写真を撮ったりしてその度に子ども達に「置いて行くよ」とか言われていたのだが。

スタンプポイント各所でお菓子をもらったり麦茶を飲ませてもらい、場所によってはヨーヨー釣りをしたりしながら、さくさく進むが、午後2時50分、全15箇所のうち13箇所目のスタンプを押してもらったところで「あとの2箇所を回る時間はないから、もう終わりにするよ」と言う。するとそのポイントの係の人が「最後の2箇所はすぐ近くだよ。この道をまっすぐ行くだけだから。そこで押したらもうゴールだから!」と声をかけてくれたために、二人が私の声を無視して14番目のポイントに向かって走り出しやがりましたよ。そりゃそうだよなー、ここまできてあともう少しでゴールだって言うのに辞められないよなあ。悪態をつきつつも「時間がないから急ぐよ!」と私も走り出す。

しかし14番目の「すぐ近く」のはずのポイントが歩けども歩けども歩けどもたどりつかねぇーー。「ポイントまであともう少し」「ポイントまであと3歩」「がんばれ、あとちょっと」などという看板はもう、3mおきに立っているものの、肝心のポイントに全然たどり着かない。時計を見るともうすぐ3時ですよ。ああ、なるほど、博打で負けが込んでいる人があとちょっとだけつぎ込めば負けを取り返すことが出来るとさらに深みにはまるのって、こんなことねと気が遠くなる。

午後3時、やっと14個目のスタンプをおしてもらい係の人の「最後のポイントはこの角を曲がってまっすぐ行けばすぐだから、あとはゴールだよ」という言葉を、心のそこから「嘘だっっっ!」と思いつつも目指す。……やっぱり15番目のポイントも遠かったよ、ママン……。

15個目のスタンプを押して「やったーーー!」と叫ぶ二人に「抽選で何かもらえるみたいだからゴールポイントで承認スタンプを押してもらうよ!」と、15番目のポイントからゴール(スタート)ポイント(駅のそぐそば)を目指す。時計を見ると3時10分、炎天下の日差しがきつく、私ってもしかしてバカ?と思いつつ走る歩く走る歩く。中央線の高架下をずっと歩き続けているのになかなか駅が見えない。午後3時15分、ゴールポイントにたどり着く、無事スタンプラリーをコンプリートできて子ども達はすごく嬉しそうだ。

さて、ご褒美の抽選は一体何が当たるのか?と子どもが抽選箱に手を突っ込むと出てきた紙は……近所の八百屋さんの500円分の商品券でした。そしてこっちゃんが引いたのは近所の魚屋さんの500円分の商品券。……そりゃそうだよね、商店街がスポンサーで成り立っているイベントなんだもんね。ま、子ども達はゴールできた事が一番嬉しかったので、抽選で自分たちにはあまり関係がなさそうなものが当たっても特に気にすることもなかったが、参加者の大半が子どもである事を思えばもう少し子ども向けの賞品があってもよかったんじゃないの?とか思ったが、それは贅沢っつーものか。

何はともあれ無事ゴールし、駅から走って自宅へ戻って子どもは習い事に行ったのだった。ふうぅ~~。その時点で万歩計を見たらなんと17,000歩、今回は期せずして自分の体を鍛えちゃったよ。

さてその後。こっちゃんに聞いたらもうすぐこっちゃんの誕生日なのだという。そして誕生日のお祝いにはお母さんがKAT-TUNのコンサートに連れて行ってくれるのだという。……ちがうだろ、こっちゃんママ、本当は自分が行きたいだけだろ!(参照:2006年1月10日「私は郷ひろみじゃなくてマッチだから!そこんとこ夜露死苦」)。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
とにもかくにも、お疲れ様~。話を聞く限りじゃ、確かに小学生低学年にはきつい道のりかも。(おばさんには別の意味できつい)
商店街と祭りってつきものだよね。売り上げとはあまり関係なさそうだから、やっぱ景気づけ?それならラテン系説もうなづけるよね。まぁご褒美は商品券よりも17000歩でしょう。(1kg増えちゃったんだから、ちょうど良かったね♪)
それにしても子供の誕生プレゼントがコンサートって、なんか世代の差を感じる。(親が行きたいならなおさら)わたしは子供と絶対に行きたいコンサートがかぶらないもんなぁ。(大塚愛は辛い)
かろうじて映画がかぶる部分があるくらいか。(パイレーツ、会社さぼって行く?)
2007/05/30(Wed) 08:08 | URL | suika | 【編集
おばさん、ほんと疲れちゃったよ。しかも土曜日はあの後買物に行って帰宅したら万歩計が19,000歩になっててすっげーーーとか思っていたのに、家事をやってたらいつのまにやら押してしまったらしく数字がクリアされちゃってて、寝るときに見たら3500歩とかになっててちとショック。もしかして今までの最高だったかもしれないのに。

>かろうじて映画がかぶる部分があるくらいか。(パイレーツ、会社さぼって行く?)

あら、奥様、パイレーツをご覧になるの?(って、さてはジョニー・デップ目当てか)私は最近は見たいもんがないなー。ましてや子どもとは映画なんか絶対見たくないな。どうせ「ポケモン」とか「プリキュア」になるんだもん。コンサートは多分嵐だろうな。行くだけで疲れて翌1週間丸々会社を休んじゃうかも。
2007/05/30(Wed) 11:06 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
あのあたりは高円寺の阿波踊りも有名だし、ラテン?というかお祭り好きな人種が多いんじゃないの?それに地域活性化とかいって、市民を巻き込んだムーブメントを自治体は模索しているようだし。地元でも通ったことない道とかあるだろうし、いい企画じゃない?
500円でなんていうお魚が何匹買えるでしょうか、なんて普段しないお買い物ができるかもしれないし。
でもそれも子どもがちっちゃいうちだね。あとしばらくは頑張ってとことん付き合ってあげてください。

ところで今日は地元映画館ではレディースデイなので女性は1000円ですの。週末行けなかったから、今日こそジョニー・デップに会って来ますわ。(子どもを誘ったけど先約ありで断られてしまいました。とほほ…)
2007/05/30(Wed) 12:54 | URL | MI | 【編集
一瞬、江戸っ子って喧嘩と祭りが好きなんだっけ?とかも思ったけど、それにしても地域の祭りが多いよ……。確かにウォーキングラリーは新しい店を色々発見したけど、でも今じゃ全部どこにあったんだか忘れているし。

>あとしばらくは頑張ってとことん付き合ってあげてください。

えーーー、今の私って昔からは考えられないくらい、付き合いがいいんだけどーー。あと、来週末は地獄の学童クラブ運動会があるし、7月中旬は保護者全員強制参加の夏祭りがあるし、7月末から極悪ポケモンスタンプラリーもあるしーーー。道のりは遠いよ。
2007/05/30(Wed) 13:10 | URL | tsumire→MIさん | 【編集
お疲れ様でした!
私なんか、そちらの商店街のスタンプラリーチラシを見ただけで気が遠くなりましたもん。「絶対回れネエエエ」(笑)
”散歩がてらにいかがですか”って東西南北に相当広がってましたよねー。
もしチラシで入っていた略図と同じもの渡されたら絶対迷うし!
あれは確かに小学校低学年にはいろんな意味で難しいかも…。
でもなんか楽しそうなお店が多くていいなあといつも思います。隣で、ウチの最寄り駅O駅ってなんか中途半端で何するにも足りない~。まあKJJ駅(なんだその略)ぐらいまで行けって話なんでしょうか(笑)
2007/05/31(Thu) 09:54 | URL | ともぞう | 【編集
散歩がてらっつーかねぇ、あんだけ広いと大人でも3時間くらいかかっちゃうかもね。しかし元気なガキどもはあちこちで走ってたよ……。15人くらいの子どもを引き連れたお母さん数名とかもいたなー。あれに比べればまだましだったか(遠い目)。

>もしチラシで入っていた略図と同じもの渡されたら絶対迷うし

あのチラシ、まんま、使いました。絶対無理だって、あのチラシの地図。私なんかたまに携帯で位置確認しちゃったもん。

>楽しそうなお店が多くていいなあ

あら、ともぞうさんもこちらに引っ越してこられては? ラテン系できっと楽しめるよ~~。
2007/05/31(Thu) 13:11 | URL | tsumire→ともぞうさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック