プロポーズ大作戦 第7回(5月28日放映)。連ドラってリアルタイムで見逃すと後は日曜日くらいしか見る時間がない……。そんなわけで明日は第8回目だというのにまたもや駆け込み視聴ですよ。

さて今回は多田(藤木直人)の礼(長澤まさみ)への告白を阻止するために過去に戻る健(山下智久)。しかしせっかくのチャンスのときに、エリ(榮倉奈々)の携帯に元彼からメイルが入り、まだ気持ちがあるなら行ってこいと言ってしまった鶴(濱田岳)が、自棄酒を飲むのを見て、「エリを止めろ、止めなきゃ後悔するぞ、手を伸ばしてもいないくせに、いまさら空振りするのを見送っているんじゃねぇ、ホームラン狙って思い切り空振りしてこいよ。いつもどおりやれよ!!」とハッパをかける。それは礼への告白を見送ってしまっていた健の自分への気持ちでもあった。そしてエリにおいついた鶴が「俺の憧れなんだから、都合のいいオンナになるなよ。泣いてばっかの恋愛なんかするんじゃねーよ。もう見てられないんだよ。もうあいつのところに行かなくていいよ。もう行くな」と思い切り告白。鶴、かっこいーー。

一方健の方は礼と多田が二人きりでいるときの告白を阻止することが出来たものの、自分が告白する前に結局みんなの前で多田が礼に告白してしまうというパラドックス解消作用がまたもや働いてしまい、現実に戻ってみると今回のタイムトラベルも大失敗。「運命とはどうしてこんなに切なく出来ているのだろう。人が幸せになりたいと願う時どうして誰かが悲しまねばならないのだろう。でもどうしても多田さんよりも先に礼に伝えたい言葉がある。俺は礼が好きだ。そう、泣きたいくらい好きだ」。でもタイミングやきっかけに頼ろうとしていたばかりに失敗してしまった健に、妖精さん(三上博史)もがっかりですよ。

でも今回は健が過去を変えたせいで、なんと現実が変わってしまっていて鶴とエリが付き合っている!(でも健の方の事実は変わらない)。まだ可能性は残っているはず、まだチャンスは残っているはずだよ、健!! しかしもうすっかり諦めモードでタイムスリップ中止宣言をして、妖精さんが寂しそうだよ。妖精さんは色々悲しい恋を見てきたから(多分)、ここで一発頑張ってほしくて(多分)力になっていたのになあ(ま、もしかして妖精って仕事がヒマでヒマでしょうがなくてちょっかい出しているというセンもないわけではないが)。しかし幹雄(平岡祐太)にタイムスリップがばれていて、「もっと早くに気づいていれば協力してやれたのに。あれから二度とタイムスリップすることはなかったから」と言われてまた気持ちが動きかけてきた??

このドラマも後半戦折り返し地点に入ってついに現実の方が小刻みに変わってきたのか? このまま小さな過去改変を行って多田と礼の結婚を阻止できるのか、あるいは最後は静かに見送ることになるのか。毎回似たような展開なのに、結構楽しみになっちゃってるよ。リアルタイムで見られなくって1週間遅れでみちゃってるけどな。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
えっっ、このドラマ、まだやっと折り返し地点なの?うーむ、モタモタいらいらするやっちゃなぁ。そりゃ妖精さんも叱りつけたくもなるよ。(tsumireさんが「妖精さん」って言葉を使うたびに、なんか「ん?」って感じがあったんだけど、あれですよ、クーロンのめがねのバレリーナの妖精さん。あれが言葉からイメージされてたんだわ、無意識に)
でもさ、あんな簡単に「タイムスリップ」って納得できるものかなぁ。いくら「チョー、気持ちいい」って言ってもさぁ。今回そこ、ひっかかりました。
2007/06/03(Sun) 21:36 | URL | suika | 【編集
全11回放映だからね、正確には前回が折り返し地点で今回はコーナーを曲がりきったところか。

>クーロンのめがねのバレリーナの妖精さん。あれが言葉からイメージされてたんだわ、無意識に

……suikaさん、そんなあまりにもマイナーな妖精さんを思い浮かべるなんて……。次、このドラマを見た時にもう、三上博史の陰にクーロンズゲートの妖精さんの姿を見ちゃうじゃないの!

>あんな簡単に「タイムスリップ」って納得できるものかなぁ。

私もSF者としてそこらへんは実は納得できないんだけど、そんなことまで言ってたらきりがないからかなあ。まあ、SFじゃないから、と言われればそれまでだしなあ。
2007/06/03(Sun) 22:02 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
恋愛ファンタジーと思って見ていますが、リアルな箇所多い。回を重ねる事になんだかどうでもよくなってくるのは、妖精さんの力技かしら。やっぱり三上の変人ぶりは見ごたえあります。
2007/06/04(Mon) 10:57 | URL | P子 | 【編集
>妖精さんの力技かしら

山Pのファンでこのドラマをみている若いお嬢さん方などは、実はこのドラマの裏の主役があの妖精さんだとはこれっぽちも思いやしないだろうなあ。でも三上の変人ぶりはこのドラマよりも「共犯者」とか(以下略)
2007/06/04(Mon) 15:14 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック