セクシーボイスアンドロボ 第8回(5月29日)~第9回(6月5日放映)、前後編。実は先週の第8回を見たときに納得できなかった。ロボ(松山ケンイチ)が突然恋に落ちるのはまだしも、ニコ(大後寿々花)のロボへの気持ちがなんだか少し唐突過ぎるように思えて仕方がなかった。それは放送されなかった第7回に何かが描かれていたからなんじゃないのかと思ったし、番組ウェブページのプロデューサー日記を見てみたら「第7話は連続ドラマ的要素としては、ロボとニコの誕生日ということで二人の関係性の進歩や、ロボと一海をはじめとしたニコの家族との関係性、などを描いていました」とあったので、欠けたら微妙につながらなくなる部分もある話でもあったようだ。やっぱり抜けた第7回の穴は思っていたよりも大きかったかなあ。でも今回の後編を見てやっと少しだけまたつながったような気もする。

ところで8回目の番組予約表でのサブタイトルは「恋愛と死・前編」で9回目のサブタイトルは「みんな死なないで」ですよ。なんだかこれこそ時節柄というかタイムリーすぎるサブタイトルと内容なんじゃないのか?

死んだ人の最期の願いを叶えるという謎の集団プッチーニは、看護師である昭子(小林聡美)、絵美理(ともさかりえ)、恵(もたいまさこ)の3人組だった。昭子が落とした黒い折り鶴に書かれていた何者かの最後の願いは「真境名マキと一緒に死なせて欲しい」というものだった。なんとか阻止したいと思うニコだったが、昭子に恋するロボにはその声が届かない。3人は最後の願いを叶えるため、真境名(浅丘ルリ子)を殺すべく計画を着々と進めてゆく。しかしその折り鶴の願いは真境名が書いたものだった。

「生きる」と「死ぬこと」が沢山出てきて、今回は登場人物達のそれぞれのいなくなったら世界が変わってしまうかもしれないような相手(それは恋人だったり友達だったり家族だったり)への思いがあきれるくらいまっすぐに描かれる。そしてその相手が生きていたことを忘れてしまいそうになるがゆえに必要以上に自分を責めていたり、なんとか最後の望みだけは叶えてあげたいと奔走したり、人殺しでもラスボスでも巨悪でもでもやっぱり好きだーーとか思ったり、友達だから許したり許されたりと色々(←一体何がいいたいんだか)。今回は第1回目の時に真境名が言った「(私達は)独りで生きているんじゃない。この世界にどうしようもなくかかわっている」という台詞をニコが言う。

ラストのニコのモノローグがもっといろいろな人に届きますように。

「あなたがいなくなると世界が変わる
あなたがいなくなると私の知っている世界じゃなくなる
それはとても寂しいことだから
だから死なないで」

でもまたもや次回も予告場面なしですよ! 蕎麦屋の出前みたいに「今店を出ました」とかいいつつまだ作ってる状態? 大丈夫か? セクロボ。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
まだ見てないんだけど、ちらっと小林聡美ともたいまさこが出てるのは確認してたんだよね。んで、「あー、あと室井滋がいたら、『やっぱり猫が好き』だなぁ」と思ってたら、時効警察の最終回予告に室井滋が出てて、びっくり!(いや、なんの関係もないじゃんと言ってしまえば、それまでなんだけどさ)
それではわたしも第8回、第9回と連続で見ることにしますか。
2007/06/07(Thu) 00:20 | URL | suika | 【編集
>「あー、あと室井滋がいたら、『やっぱり猫が好き』だなぁ」

まだ見てないなら細かくは書けないけど、最後に昔の写真が1枚出てきた時は、もしかして昔死んだ友達の別子って、室井滋か?とか思いながらその写真に誰が写っているのかじっと見てみたんだけど結局誰が写っているのかわかんなかったよ。写真と言えば浅丘ルリ子の若い頃の写真(本物かなあ?)もよかったよん。
2007/06/07(Thu) 06:17 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
やっと後編見ました。
なんか切ない回でした。でもやっぱりいい脚本、ニコもモノローグは毎回グっときてます。

>昔死んだ友達の別子って、室井滋か?
同じ事考えました。一時停止して「はえぎわが室井滋?」とか考えていました。

>浅丘ルリ子の若い頃の写真(本物かなあ?)
だとしたら随分顔が違ってますね。あの頃の写真っておしゃれなの多いから見る機会があったらまたみたいです。
2007/06/08(Fri) 08:55 | URL | P子 | 【編集
やっぱり木皿泉の脚本はいいよね。このセクロボはストレートすぎると思うところも沢山あるけど、でもそれはそれでいいのかもと思うし。

>同じ事考えました。

室井滋にする義理は別にないから、室井滋じゃないとすると「すいか」ファミリーの市川実日子あたりかなとか思ってみてみたけど、やっぱりわからなかったなー。まあ、実際のところはスタッフとかなんだろうけど。

>あの頃の写真っておしゃれなの多いから見る機会があったらまたみたいです。

そうなんだよねえ。「サイケ」とかそんな時代の写真。本物かどうかはわからないけど、いかにもな感じでよかったねえ。
2007/06/08(Fri) 21:23 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 ニコ(大後寿々花)の家ではいつも通りのもめごと勃発・・『いつもと変わらない・・何で何も変わらないんだろう・・あんなにいろんなことがあったのに。全てはプッチーニが・・』 殺人予告を受けたマキ(浅丘ルリ子)は地蔵堂も閉めて死ぬ覚悟を決めたようだ。....
2007/06/07(Thu) 12:06:27 |  トリ猫家族
 ニコ(大後寿々花)の家ではいつも通りのもめごと勃発・・『いつもと変わらない・・何で何も変わらないんだろう・・あんなにいろんなことがあったのに。全てはプッチーニが・・』 殺人予告を受けたマキ(浅丘ルリ子)は地蔵堂も閉めて死ぬ覚悟を決めたようだ。....
2007/06/07(Thu) 12:06:57 |  トリ猫家族