プロポーズ大作戦 第11回(6月25日放映、最終回)。この結婚式場の式進行とスケジュール管理はどうなってるのよ、とか思ってしまったんだけど、まあ何はともあれなかなかいいラストでした。映画「卒業」方式で決着がつくのかと思ったらもうひとひねりあって、男が女をさらうのではなく、結婚相手の男が最後の決断を女に迫り、そして女が男を追う。一番最後にどう決着がつくのか決定的な場面を見せるのではなく、健(山下智久)の笑顔で終わるところなんかも余韻があってよかった。

とはいえ、後に残される多田(藤木直人)やご親戚の皆様の事を考えるとねぇ、やっぱり「もっと早くに決断しておけ!」と言いたくもなりますよ。過去をやり直す事で現実を変えるのではなく、現実の今、現実の相手と向き合う決心をして現在に戻ってきた健だけど、祝福のスピーチであの内容、式場の空気が一斉に凍り付いちゃうっつーの。でも今までスライドショーで映された写真の過去への旅を経て、今度は礼(長澤まさみ)のモノローグで礼の側から今まで語られなかった気持ちが語られて行くところなんざ、構成が実にうまいよなあ。健が少しずつ変えてきた過去がやっぱり少しずつ効いてきていて、礼の心を動かしていたところにきて、DKNYの指輪、健のスピーチ、スライドショーで駄目押しですよ。

しかし多田は何考えて礼にやりのこしたことがあるならはっきりさせてきたら、なんて言っちゃうかねぇ。「誰の手にも変えられない運命は絶対に存在すると思ってる。それがどんなに困難に見えても結ばれるしかない運命はあると思ってる」そしてそれは自分だと思ってあえて礼をプッシュしたのか、それともただ単に礼の涙と表情からこんな中途半端な気持ちのままで結婚しちゃいけないと思ったのか、はたまた半分以上白旗あげてますみたいな心境の結果なのか。まあ、気の毒ではあるけど結局最後の最後までフジッキーには心動かなかったなあ。

さて妖精さん(三上博史)ったら、あれで最後かと思ったら(まったく目をうるませちゃって、しかも健としっかりハグしちゃって、これで妄想をかき立てられた腐女子も多かろう)、礼のところにまで登場しちゃうもんだから、今度は礼が過去をやり直すのかとおもっちゃったよ。もちろん現実と未来を直視するこのドラマでそんなことをやるはずもなく、礼にハッパをかけて消え去った訳だけど、いやあ、それにしても今回は三上さん、堪能させていただきましたよ。これで終わりなのが実に寂しいね。後日談とか別のカップルに関わる特別編とかあっても私は怒らないよ、フジテレビさん。

今回の月9、最初は全く期待してなかったけど毎週結構楽しめました。でもこのドラマの最終回のラストの余韻に浸ろうと思ったところで、次の月9の予告が入って雰囲気ぶちこわし。もう少し予告編を練って流してほしかったなあ。次を見る気がかなり失せちゃったよ。どうせ伊藤英明だしなー。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
もう、あのまま式を挙げちゃっとけば良かったのにね、多田さん。青春時代の甘酸っぱい思い出で片付けちゃえば簡単だったのにぃ。それでも本人達はいいけどさ、参列者は貸衣装代やら美容院代やら交通費やら、どえらい迷惑ですよ。(「卒業」じゃなくても、迷惑かけられ度は一緒)
そんで卒業だったら、花婿は被害者で通せるけど、今回は共犯者だし。やっぱ藤木直人、頭悪いな。(役の上のこととはいえ)
しかし、三上博史がきちゃないからか、山Pに心を動かされないせいか、はたまた年のせいか、腐(老)女子のはしくれのわたくし、さっぱり心がざわめきませんでした。もっと美中年持って来いっ、フジテレビ!
2007/06/27(Wed) 08:10 | URL | suika | 【編集
エンディング表現としては悪くなかったと思います。長澤まさみや山Pのイメージを損なわず爽やかな終わり方でした。
妖精さんの励まし方を聞いていて「妖精さん。もしかして将来生まれる2人の子供?」という続編製作的想像をしてしまいました。

>これで妄想をかき立てられた腐女子も多かろう
あのハグシーンを見て妄想はしなかったが、はたして山Pは三上のタイプかしら?と下世話な事は思いました。
2007/06/27(Wed) 10:42 | URL | P子 | 【編集
>参列者は貸衣装代やら美容院代やら交通費やら、どえらい迷惑ですよ。

世の中、結婚式のドタキャンは結構多いだろうけど当日キャンセルは本当、迷惑この上ないだろうねぇ(……なんて会話をするあたりが夢のないおばちゃんなのかしら)。

>もっと美中年持って来いっ、フジテレビ!

美中年かあ。この間までやっていた「冗談じゃない」の草刈正雄とか? 「美」じゃなくて「老年」なら今度のNHKの新番組は渡哲也、石坂浩二、チィチィのジジィ三人組の渋いお話よ。あと「美」かどうか微妙だけどいまやっている大河ドラマ「風林火山」はオヤジとジジィがてんこ盛りだよ。
2007/06/27(Wed) 14:07 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>長澤まさみや山Pのイメージを損なわず爽やかな終わり方でした。

私は、昨日になって「もしかして結局一番腹黒だったのは山Pなんじゃ」とか思ってしまいましたよ。

>はたして山Pは三上のタイプかしら?

三上は結構あの手のかわい子ちゃん食いのような気も(←とんでもねー妄想)。
2007/06/27(Wed) 14:15 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
プロポーズ大作戦も最終回を迎えましたが、健(山下智久)が礼(長澤まさみ)の腕を引っ張って連れて行ったのは2人が出会った小学校でした。転校してきた礼に消しゴムを貸したのが始まりですが、2人は夕日がさす小学校でノスタルジックな思いに浸ります。(プロポーズ大作
2007/06/27(Wed) 01:04:04 |  一言居士!スペードのAの放埓手記
エンドロールを挟んでの“ご想像にお任せします”なエンディングには賛否があると思いますが、まずは納得の、試聴後感の爽やかなドラマでした。
2007/06/27(Wed) 06:40:21 |  伊達でございます!
いや~、いいラストだったんじゃないですか~?久しぶりに月9らしさを堪能させてもらいましたよ~ 妖精さんの謎はそのままだったけど、それも良かったかな・・って感じで。多田先生(藤木直人)には泣いてもらう結果になってしまいましたが・・・やっぱり全員が...
2007/06/27(Wed) 13:00:54 |  トリ猫家族