ホタルノヒカリ 第1回(7月11日放映、日本テレビ、22時)。別にちゃんと仕事をして誰に迷惑をかけている訳でもないんだし、その生活を本人が気に入っているんだから別に干物女でも全然いいじゃーーーん、恋なんかしなくたって別に困らないし、昼間っからビール飲んでたっていいじゃん……と思った私は年代物の干物女なのか? でも税金も年金もきちんと払い、ゴミは決められた日に出し、近所の人には挨拶をし、電車の中ではお年寄りに席を譲り、ちゃんと社会人として真っ当なんだからいいじゃんかよう。

iMacがずらりと並ぶ職場(インテリア事業部門)でてきぱきと仕事をこなす雨宮蛍(綾瀬はるか)は家に帰ると干物女と化し、シミのついたTシャツに穴のあいたジャージ、髪を輪ゴムでとめて(輪ゴムで髪を止めるのは取る時痛いからやめたほうがいいですよ)尻をボリボリかきながらスルメをかじりビールをぶはっと飲む女。そこに大家(ボンちゃん)の息子・高野誠一(藤木直人)が拠所ない事情で家を追い出されて実家である高野家にやってくる。最初は蛍のあまりの生活ぶりに自分に対する嫌がらせかと思っていた高野だったが、蛍が好き好んでやっているのだと知って、「君は干物女だ。君は女として終わっている。一緒に暮らそう」と提案する。一方蛍は海外から戻ってきた手嶋マコト(加藤和樹)にいきなりキスをされたことで恋に落ちてしまう。

……別にいいじゃん、恋なんかしなくてもーーー。干物女だけで十分ネタはおいしいよ。綾瀬はるかのドラマをちゃんと見たのは今回が初めてだけど、意外にハマっていたし……でもそれじゃドラマにならないか。最初は「プロポーズ大作戦」よりも生き生きとしているフジッキー(フジッキー比)との恋愛ドラマかと思ったらそうじゃなくて、弁当をくすねようと思って会議室でかいがいしくお昼の準備をしている蛍を誤解しているらしい手嶋との恋愛話が進むのか? 次週予告の蛍と高野が同居しているのを誤魔化そうとするらしいシーンを見て、つい百万年ほど大昔にやっていた「奥様は18歳」(1970年、TBS)を思い出しちゃったよ。時代は変わったな……(しみじみ)。

また、蛍が久しぶりにキスされたことでうろたえるところ(キスしたら妊娠しちゃう!とか、夜中に部屋で浮かれて踊っちゃったりするところとか)や、「マコト」という単語につい反応したりするところなんかほほえましいっつーか、ガツガツしてないところがよろし。しかも常に人に見られるという状況から降りているために他人に見つめられると自分以外の誰かを見ているんじゃないかと思ってキョロキョロしちゃうあたりも、干物っぷりの一端がうかがえてナイス。でも最後に「私は恋に落ちたんですーー」と漫画みたいな泣きながらの宣言はどうかと思いましたが。このまま普通の恋愛モードに進展するよりももう少し綾瀬の干物っぷりを楽しみたいし、干物が通り一遍の「ステキ女子」にこれからなっていくんだとしたらそれはそれでつまらないので、できれば干物女のままで恋愛を成立させていって欲しい。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
>干物女だけで十分ネタはおいしいよ。

確かに。同族愛というのか、非常に愛しいものを感じるわ。(って、まだドラマのほうは見てないけど)
とはいっても、こちとら心身ともに干物になりつつあるわけで、中、老年の干物は煮ても焼いても食えないだろうなぁ。
ま、恋愛はよその惑星の出来事だから問題ないけど。

間引き運転、ご苦労様です。目標と最悪日が二つ書かれているあたりに、すでに逃げ道を用意しているようにお見受けいたしますが、スリルとサスペンスの修羅場記を楽しみにしております。死なない程度に頑張れ!でももう無理はきかない年だぞ!(←どっちやねん)
2007/07/12(Thu) 13:14 | URL | suika | 【編集
>中、老年の干物は煮ても焼いても食えないだろうなぁ。

会社でね、私より年上のお局様がさ、今「恋する乙女」なのよ。あのトシなのにすっかり少女に帰っちゃってさー、仕事そっちのけでとある部長にベタベタしているもんだから、練馬のS嬢とか大お局さまのK池さんが注意しても「そんなの、気にしないもん」とか言っててさー、干物じゃないけど確かに煮ても焼いても食えない状態なんだよねぇ。

>目標と最悪日が二つ書かれているあたり

本当は7月末当たりに目標をもってこれると、色々楽なんだけどなーー(自業自得……)。
2007/07/12(Thu) 13:21 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
干物女、期待しないでみたけれど面白かったです。
ただ主役に華がなく、会社の同僚達も同じ様な感じで似たような華のなさで顔も似ているので誰が主人公か解らなかったです。(これは只単にP子がボケているだけともいえるが)
汚い部屋を表現してましたけど服さえとっちらかせば汚い部屋を表現できているとはいえないと思います。まだまだ綺麗な部屋ですよ。それを「嫌がらせ」と思うフジッキーって心狭!女性はこうあるべき・・とか言っているから奥さんに追い出されるんだよー。それにいくら実家とはいえ帰る前に親に連絡しないかな?

なんで恋をしなきゃいけないのでしょうか?男って必ず必要なんですか?P子は高いところの荷物を取るときとか電球を替えるとき以外は男の必要性を感じないんですが・・。

あ、今回は熱く書いてしまった・・(干物女だから?)
2007/07/12(Thu) 13:39 | URL | P子 | 【編集
そうそう、あの部屋、散らかってはいるけど汚くはないんだよね。おまけに一人暮らしにしては洗濯物の量がすっげー多くて、もしかしてきれい好き?とも思えるし。

>フジッキーって心狭!

冷蔵庫の中に紙パックのまましまってあるビールをさ、「普通紙パックをはずして(←ここまでは同意してもいいけど)、ちゃんと向きを揃えてしまうだろ」と説教たれていたのなんか、ほーんと、「だから奥さんに追い出されるんだよ」と私も思いました。いや、私が紙パックのままビールを冷蔵庫に入れてあるからでは決してなく。

>男って必ず必要なんですか?

そこんとこ、私も理解できないや。だって電球の取替えでも力仕事でも何でも私は自分で全部やっちゃうからな。別に無理して彼氏、作る必要なんか感じたことないよ。それにパートナーが同性でも別にいいと思っているし。
2007/07/12(Thu) 13:49 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
面白かったね、干物女。見ながら、「あれはあんたの姿だね」と娘に言ったら、「お母さんでしょ」と反撃。
そう、我が家は干物親子なのであった。
でも自分の城(?うさぎ小屋?)でどんな生活しようが人様にとやかく言われたくないよなー。とりあえず仕事はちゃんとやってるわけだし。自治会とか、子ども会とかもそれなりに役割を果たしているんだから(え、わたしが…)、冷蔵庫の中までは進入禁止よ。
まあ恋とかすれば、オトコをお呼びすることがあるかもってことで干物女も部屋を整理するかもしれないけど、友人が来る(もちろん女性)ってことだけでも、うちなら大掃除ものよ。
綾瀬はるかはここんところの暗いイメージを払拭するいい役柄かもね。干物でもステキな恋ができる、って話をうちの子なんかは期待しているみたい。
それにしてもなんでみんなフジッキーにきびしいの?
2007/07/13(Fri) 13:14 | URL | MI | 【編集
うちも子どもの友達が遊びに来るっていうたんびに大掃除だよ。でも子どもの友達の場合、携帯電話で「今から○○ちゃん、うちに来てもいい?」とかかってきて、5分後に来るということもザラで、もうそうなるとお手上げだけどな。

綾瀬はるかの暗いドラマはぜーんぜん見てないから、今回結構新鮮な気持ちで見ているよ。

>それにしてもなんでみんなフジッキーにきびしいの?

大根だからじゃないの?
2007/07/13(Fri) 13:30 | URL | tsumire→MIさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 雨宮蛍(綾瀬はるか)23歳、SWビルドコーポレーション、インテリア事業部の企画アシスタント。飲み屋で知り合ったおじさんから借りた一軒家に一人で住んでいる。 仕事は一生懸命やるが、終わると家に一目散に帰る。合コンも恋愛も放棄・・・「やっぱり家が一番....
2007/07/12(Thu) 17:50:08 |  トリ猫家族