子ども(8歳)が自宅に持ち帰っていたお蚕様だが(6月21日「おかいこ様がやってきた」)、いよいよ繭になりましたよ!

一昨日の夜のことだが、大きい方(名前はスパイク)が桑の葉を全然食べなくなりどうしたのかなあ?と思っていると、立ち上がって(本当にほとんど立ち上がった状態)しばらくじっとしていたり、かと思うと入っている箱の周りをぐるぐる移動したりして、今までに無く活発な動きをしていたのである。それでしばらくじっと見ていたら箱の隅に糸を張り始めたのである。おお、これは繭か? 繭作りをはじめたのか? と期待をしながら見ていると、まるで私たち(私と子ども)の視線を感じたかのごとく、繭作りをやめてまたふらふらし始めるのだった。

そうこうしているうちに家人が帰宅してお蚕様が入っている段ボール箱を覗き込んで、紙で作った繭作り用の枠のようなものを箱の中に入れると、子どもが抗議する。「変なもの、入れないでよ!」。しかし、翌日見てみたらちゃんと、その紙の枠の中でせっせと絹糸を吐いていたのだった。

そして昨日帰宅すると、すっかり繭が出来上がっていた。あと何日くらいでモスラが出てくるのかなー。ソレは見たいような見たくないような……。なお、もう一匹の小さい方(名前はスパーキー)はまだ繭になる気配はないが、桑の葉を食べるスピードが非常に遅いので、時たま私が取ってきた桑の葉(7月8日「桑の葉ハンター」)がもしかすると本当は桑じゃなかったんじゃないのか?という疑惑にとらわれて、ちょっとビビッてしまう小心者の私だ。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
ほぉーーーーーー囲うと影ができて安全と思い安心して御蚕様になるんでしょうか~。
スパーキーは東京タワーに繭こさえそうですか?
2007/07/14(Sat) 13:51 | URL | P子 | 【編集
あれーー?囲うんだったっけ?全然覚えてないや。ま、とにかくこれでシルクのパンツはtsumireさんのものですよ。いっそtsumireさんも繭の中に閉じこもってしまえば原稿がガンガン進むのでは?ただし出来上がって繭から出てきても、外見は一皮むけてないけど。
2007/07/15(Sun) 11:12 | URL | suika | 【編集
>スパーキーは東京タワーに繭こさえそうですか?

あーー、なるほど、それは結構いい構図かも。東京タワーのミニチュアをどっかで買ってこようかなあ。……でも子どもに絶対反対されそう……
2007/07/15(Sun) 16:23 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
スパイクは段ボール箱の隅っこをフラフラ探していたから放っておけばそのうちどこかに繭を作っていたのかもしれないけどね。

>ルクのパンツはtsumireさんのものですよ。

……ヒップ100cmの私に合うようなパンツを作るためには繭がどれくらい必要なもんかなあ。

>いっそtsumireさんも繭の中に閉じこもってしまえば原稿がガンガン進むのでは?

いやあ、ホント、隔離されたいところだね。俗世間にいると雑用が多すぎるよ。
2007/07/15(Sun) 16:26 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
繭ってきれいだよね。
がんばれスパイク!
わたしは蛾が一番の苦手なので、実は実物を見たことがないのだ。教科書でもその写真のページは糊付けして見ないようにしていたのが小学校~高校時代。おぼろげな記憶をたどると、お蚕さんは成虫になっても体がでかくて、申し訳程度に羽があったような…。だからたぶんモスラになって飛び立つことはないのでは、と思います。でもスパイクたちは幸せよ。繭農家のお仲間は、繭のうちに茹でられて昇天しちゃうんだから。
2007/07/17(Tue) 17:11 | URL | MI | 【編集
>たぶんモスラになって飛び立つことはないのでは、と思います。

子どもが借りてきた本にも「野生の蚕蛾はいない」「蚕蛾は人の手で面倒見てもらわなければ50cm離れたところにある桑の葉を食べる事もできない」って書いてあったから、本当に人工的な生き物になっちゃっているんだね。子どものクラスでは、すでに蛾になっている蚕を学校に持ってきている子もいるということなので、蛾になってもおとなしく箱の中に入ったままなのかもね。
2007/07/18(Wed) 09:25 | URL | tsumire→MIさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック