同人誌の原稿があがったら絶対買おう、北海道帰省の際にプレイしようとずっと思って我慢していたNintendo DSの「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」をやっと買って、この北海道滞在中にプレイしている。まだはじめたばかりで(昨日からなので)、多分全行程の10分の1も行ってないレベルである。

……で、面白いっちゃあ面白いのだが、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」(Nintendo64)絶対主義者の私としては、どだい「ゼルダの伝説」を携帯ゲーム機でやること自体、多分普通の人よりも格段にストレスがかかってしまっているような気がする。かつて据え置き型ゲーム機(Nintendo64)のテレビ画面で、ゼルダの広々とした空間を自由に駆け巡り、代わる景色の美しさにハイラル平原の中で立ち尽くして夕日や朝日をずっと眺めていた記憶が思い起こされる。もちろんこのDSのゼルダだって十分に美しく十分に広々とした空間を感じさせてくれる。しかし目に映るは携帯ゲーム機の小さなディスプレイ画面である。もっと大きな画面でプレイしてみたいとか、思う(DSを大画面モニタにつなげばいいという問題ではない)。

また、ほとんどすべての操作がタッチペンで行われることに関しては、かなりの人がプレイ前には懸念を感じていたものの慣れるにしたがって気にならなくなったとコメントしているが、残念ながら私はあのタッチペンでの操作にまだ慣れる事ができない。もともと脳トレ系のゲーム以外はほとんどタッチペンを使わずに十字キーや右側のボタンだけで動かしているために、今回のこのソフトでタッチペンばかり使うことに非常にストレスがかかっている(じゃ、やるなよ、って話だが)。はじめたばかりなので仕方がないのかもしれないが、このところいろんなものに馴染むまでに非常に時間がかかることを思えば(やっぱりトシなのか……)、エンディングまでに慣れる事ができるのかどうかも不明だ。

とか文句をいいつつも、まあ、それなりに楽しんではいる。たまにダンジョン内を行ったり来たり繰り返すが面倒になることもあるが、まだまだ「大いなる冒険が待っている」という最近ではめったに味わうことができない経験を楽しんではいる。そういえば最近この手のアクションアドベンチャー物って全然プレイしていなくて本当に久しぶりだったしなー。キャラクタも曲も見たり聞いたりするのがどれもとても懐かしいし。

なお、一昨日一応買っておいて「今回はなるべく最後の最後まで見ない」とか思ってしまっておいた攻略本「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 (任天堂ゲーム攻略本Nintendo DREAM) 」は早くも一番最初のボス戦(火焔幻術師・ブレイズ)のところで開いてしまったことを告白しておく。……難易度は結構低目という評判なのに、だめじゃん。
関連記事
テーマ:ニンテンドーDS
ジャンル:ゲーム
コメント
ああ、わたしもFFはDSでする気にならないなぁ。やっぱCGのきれいなRPGは大きな画面でやりたいもんね。(とはいえ、先日夫が後先考えず大きなテレビを買ってしまい(←我が家比)、文句は山ほどあるけれども、唯一ゲームの画面が迫力あるだろうなぁってのが楽しみで、わくわくしながらつけてみたら、大きすぎて画像が荒くがっかりした)
「なるべく攻略本は見ない」なんていう潔い決心は露ほどももたないわたしなので、そんなの最初からガンガン見まくりですよ。(と言っても極めつけの攻略本は、ゲーム発売日からある程度日にちが経たないと発売されないので、一巡目は子供に助けてもらったり、ネットで調べたりして、とりあえずクリアするかな)
まぁ一回見ちゃったら後はもうずるずるですよ。タッチペンの巨匠目指して頑張ってくださいませ。(確認。夫実家での話だよね?)
2007/08/13(Mon) 11:52 | URL | suika | 【編集
なーんかさー、ドラクエの次期バージョンがDSで出るというニュースを見たときはさほどどうとも思わなかったんだけど、実際プレイしてみるとやっぱり違うんだよねぇ……。それにしても今をときめく大画面テレビがあるなんて、それでゲームをできるというのと、それを置けるというのであわせ技でうらやましすぎ。

>確認。夫実家での話だよね?

当たり前田のクラッカー。私はダンナの実家でもがんがんゲームしまくり(ダンナ母がまた、ゲーマーだし)酒飲みまくり(みんな当然のように飲みまくって、さっき飲まない親戚の話題になったんだけど「1月に買った酒がまだあったのよ」と驚いていたよ)お客然としまくりの日々だ(←自慢するようなことじゃねーーーーー!)。
2007/08/13(Mon) 13:36 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック