今日は子ども(8歳)の小学校で災害訓練を兼ねた始業式があった。したがって(!?)うちの子どもは昨日の夜、最後の宿題を泣きながらやっていたのだ(←本当に泣いていた)。他のほとんどの宿題はなんとか終えていたのだが、自由研究は一昨日やっと完成させて、最後の最後に残っていたのが読書感想文だった。

しかしちゃんとした原稿用紙2枚以上に読書感想文を書くのなんざ多分初めてらしく、何をどう書いていいのか皆目見当がつかないらしい。父親に読書感想文の書き方のポイントを教わってはいたものの、いざ書くとなると全然進まず、進まないので本を変えて読み直しまた書こうとするけどやっぱり進まず、また本を変えてみてチャレンジ、やっぱり進まない。昨日の夜10時過ぎにはもう大泣きですよ。冷房をかけずに窓を開けっ放しにしていたのでさぞかしご近所中に聞こえていた事だろう。しかし私は、ま、宿題が遅れて先生に何か言われるのもいい経験だしギリギリになるまでやらないでいて痛い目を見ているのもそれはそれでいい経験だと思って、「がんばってねぇ~」と言いつつ子どもをほったらかしにして風呂に入っていたら、子どもはすでに寝ていた父親を叩き起こして「どうしたらいいのーーー」と泣きついていたようだ。

それで私が風呂から上がったら、なんとか感想文が出来上がっていたのだが……いやはや、ひどい出来で、あれじゃ先生に何か注意されるかもなーという代物だったが(父親は再び寝入ってしまって完成を見ていない)、でもそれもいい経験だよ。多分あと20年経っても「3年生の時、2学期の始業式の前の日に大泣きして読書感想文やってたよねぇ~」と絶対ネタにはするがな。

しかし驚いたのだが、さっきニュース(プレミアA、フジテレビ)を見ていたら、今、宿題代行業ってのがあるのな。ビックリ。

 宿題代行 批判よそ、夏休み最後に依頼殺到 算数1問500円 感想文2万円…(gooニュース)

読書感想文は400字詰め原稿用紙3枚で2万円だって。算数の文章問題は1問500円、自由研究2万円、工作5万円だそうだ。宿題は片付ければいいってもんじゃないだろ。業者の人は「中には本当に大変な事情があって宿題が出来ない子がいるんですよ」って言ってたけど、それならそれでそういう事情を学校にちゃんと伝えればなんとかなる問題じゃん。なーんかこういうのを金を出して依頼する親に限って給食費は払ってなかったりしてな。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
そのニュース、見た。
なんかもう馬鹿馬鹿しくて、依頼する親を怒鳴りつけてやりたい気分だったわ。
ほんとお金をドブに捨てるとはこのこと。磯野家では恒例の波平さんとマスオさんがねじり鉢巻で、カツオをしかりながら宿題をしているだろうというのに。(tsumire家はどちらかといえば磯野派だね。母親は手伝ってないし)
子供に聞くと、それでも白々しく「忘れました」って言いのけるつわものもいるらしい。
お嬢さん、泣くだけまだ無垢ですよ。
2007/09/02(Sun) 23:21 | URL | suika | 【編集
色々なバカ親のニュースを聞くけどねぇ、結構際限がないもんだね。もっともニュースの方では「ゆとり教育のしわよせで、夏休みの宿題が以前よりも増えていて、処理しきれなくなっている」とか言ってたけどさー、でも夏休みなんて1ヶ月半もあるじゃんねー。

>お嬢さん、泣くだけまだ無垢ですよ。

ふふふ、これで来年以降の8月31日にはこのネタでとやかく言う事ができるのさあ(←ひどい……)。
2007/09/03(Mon) 06:45 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック