同僚のNさんは鎌倉に住んでいる。

Nさん「この間、バスの車掌さんを久しぶりに見ちゃったよ」
練馬のS嬢「車掌さんって、乗車券を切ったり行き先を案内する車掌さんのこと?」
Nさん「切符を切っているところは見なかったけど、バスの外で案内をしていて最後にそのバスに乗り込んでいたよ」
S嬢「昔のバスガイドさんみたいに大っきながまぐちみたいなのを首から提げていた?」
Nさん「あー、多分下げていたと思う。服装が昔っぽくてすごくダサかった」
私「もしかしてバスの車体もボンネットバスとか?」
Nさん「普通の路線バスだよ。でも今時車掌さんが乗っているバスって珍しいよね?」
S嬢「私が子どもの頃はいたけど、今はあまり見ないよね。ワンマンバスばかりで」
私「たまに春先なんかだと運転手さんの後ろとか横の席に、新人研修なのか見習い運転手なのかもう一人車掌さんっぽい人が乗っていることがあるよね」
Nさん「なるほど」
S嬢「鎌倉は年寄りが多いからそのために用意してるんじゃないの?」
Nさん「乗り間違いがおおいから?」
S嬢「ちょっと乗り間違っても若い人ならすぐに何とかできるけど、年寄りだとここで降りて何番のバスに乗ってって説明してもすぐわからなかったり、耳が遠くて手間取ったりするとかさ」
Nさん「つまり鎌倉では年寄り対策が進んでいるって?」
私「もしかしてなんかの撮影とかじゃないの? 大船(松竹撮影所)がすぐそばだしさ」
Nさん「えーっ」
私「「三丁目の夕日」の続編みたいな映画を撮っている最中だったとかさ」
S嬢「だから服装も普通じゃない感じとか?」
私「そうでなきゃそのバスガイドさんみたいな人、趣味でコスプレしてやっているだけだとかさ」
S嬢「勝手に案内していると」
私「運転手さんも、またあの人が来た仕方ないなあとか言ってたりしてさ」
S嬢「もしかしてバスの料金箱とかアナウンステープが壊れちゃって仕方なく車掌を乗せているとか」
Nさん「鎌倉は年寄りが多いだけでなく、バスも古い車ばかりで故障がちだとか?」
S嬢「でもそんなの、替えのバスが1台もないなんてことはないよね」
私「もしかすると鎌倉の観光対策で、今のレトロブームに乗ってわざわざバスガイドを乗せているとか」
S嬢「だから昔っぽい服装していると」
Nさん「バス会社のお問合せ窓口とかに聞いてみようかな」
私「聞いたらさ、そんなバスありません、とか言われたりして」
Nさん「え!?」
S嬢「実はそのバスガイドは幽霊で、思い出のバスに取り付いているとか」
私「だから服装も30年前に死んだ時の服装のままだとか」
Nさん「えーーー、だってうちの娘も一緒に見ているんだよ?」
S嬢「親子揃って霊感体質なんじゃないの?」
私「もういっそのこと、バス自体趣味で走らせている人たちなのかもよ。前にタモリ倶楽部で趣味でバスを集めている人たちの特集をやっていたよ」
S嬢「私物バス!?」
Nさん「やっぱり、問合せ窓口に聞いてみるよ……」

という訳でNさんが見た車掌さん(バスガイド)が本物なのかどうかは今のところ不明だ。
追記:結局真相は……「続・幻の車掌さんは本当にいたのか?」(2007年9月4日)で。
関連記事
テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
コメント
うわあ、結果、気になるー。
どれもこれも説得力のある仮説だけど、撮影ならカメラの人がいたはずじゃない?車内から写してたとか?
わたし的には、コスプレのボランティアか昔を懐かしんで出てきた車掌の幽霊って線がいいなぁ。鎌倉って場所が真実味を持たせてるよね。ボンネットバスとか渡辺粉末ジュースの素とか、あっと驚くタメゴローとか、細腕繁盛記とか(←え?)これを知ってたらこの年代っていうボーダーラインの罠が見えない蜘蛛の糸のように周囲に張り巡らされていて、最近しょっちゅう地雷を踏んでは、周囲のわたしよりわずかに若いだけの友人に「え?何それ?」って聞かれたりするんだけど、説明するのもかったるい。ああ、同年代って素敵。
2007/09/03(Mon) 14:50 | URL | suika | 【編集
>撮影ならカメラの人がいたはずじゃない?車内から写してたとか?

実は臨場感を出すために(何の?)CCDカメラとか、あるいは民生用のハンディカム部隊がいて、「はじめてのお使い」みたいにその車掌さんの周りに待機していたのかもしれん(何のために!?)。

>最近しょっちゅう地雷を踏んでは、周囲のわたしよりわずかに若いだけの友人に「え?何それ?」って聞かれたりするんだけど

地雷を踏むのを楽しむのもアリでは。私なんか会社で派遣の子と話すとジェネレーションギャップどころの話じゃないもんね。あたり一面地雷だらけ。そういう時は「100万年ほど前にそういうことがあったのさ」と長老ぶって話しながら、今時の若者の話を別の国の土産話のように聞くのさあ。
2007/09/03(Mon) 17:22 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック