え? 10月?? なんと今年も後残すところ3ヶ月ってこと!? あっという間に1年が過ぎて行く、この早さに気が遠くなりそうだよ、ママン(って、毎回言っているが)。

月8TBS、「浅草ふくまる旅館」(脚本・横田与志他、演出・脇田時三他、P・森下和清他、出演・西田敏行、渡辺いっけい、木野花、石垣佑磨、黒川智花、黒田知永子)。特にどうこう言うもんじゃないTBS月8枠。なんたって松下御大(幸之助)が「世の為人の為、老若男女問わない番組を」というコンセプトで1956年からはじめた場所だもんね。もっともここ数年は「こちら本池上署」→「水戸黄門 第34部」→「こちら本池上署」→「水戸黄門 第35部」→「特命!刑事どん亀」→「水戸黄門 第36部」→「浅草ふくまる旅館」→「水戸黄門 第37部」→「浅草ふくまる旅館」というローテーションで、明らかに老老男女向けとしか思えないが。私が子どもの頃は「水戸黄門」と「大岡越前」(たまに「江戸を斬る」も入る)のローテーションだったよなー。

10月15日、月9フジ、「ガリレオ」(脚本・福田靖、演出・西谷弘、P・鈴木吉弘、原作・東野圭吾、出演・福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、品川祐、渡辺いっけい、真矢みき)、「約4年ぶりのドラマ主演となる福山雅治が演じるのは、ルックスはいいが変人ぶりが際立つ天才物理学者・湯川学。新米刑事・内海薫(柴崎コウ)が持ち込んでくる超常現象のような怪事件のからくりを、明晰な頭脳でさらりと解析して行く」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。原作が東野圭吾(原作は読んでないけど)、そして脚本が「HERO」の福田靖というあたりにちょっと心惹かれるけど、福山雅治の変人ぶり次第かなあ。でもこれ、きっと原作ファンには不評なのでわ。

10月16日、火9フジ、「暴れん坊ママ」(脚本・大石静、演出・佐藤祐市、P・永井麗子、出演・上戸彩、大泉洋、ともさかりえ、東幹久、大和田伸也、岡江久美子他)、「バツイチの美容師と結婚した勝気な女性が夫の前妻の間に生まれた子供を引き取り、子育てに奮闘する姿や幼稚園の母親とのバトルを描いたホームコメディ。上戸彩はこのドラマで初の母親役を演じる」(Wikipediaより)。上戸彩のダメ夫役に洋ちゃんみたいだけど、洋ちゃん、もう少し仕事選んで……。

10月16日、火10日テレ、「有閑倶楽部」(脚本・江頭美智留、演出・大谷太郎、P・荻野哲弘、原作・一条ゆかり、出演・赤西仁他)、「聖プレジデント学園に通う個性豊かな6人組、通称「有閑倶楽部」のメンバーが金と暇に飽かしつつ、大小さまざまの事件に首を突っ込み、各々の才覚を発揮してこれを解決していくと言う世界を股に掛けて織りなすアクションコメディである」(Wikipediaより)。まあ、前に書いたけど(8月31日「「有閑倶楽部」赤西仁主演で、「働きマン」菅野美穂主演でテレビドラマ化」)、「赤西が魅録かあ……」というのが一番の感想、でもこの期に及んで(9月11日現在)いまだに他のキャストがわかっていないのは何故?(私が知らないだけなのか?)
(追記・2007年9月19日:6人のキャストが決定。美童グランマニエ:田口淳之介(KAT-TUN)、松竹梅魅録:赤西仁(KAT-TUN)、菊正宗清四郎:横山裕(関ジャニ∞)、白鹿野梨子:香椎由宇、黄桜可憐:鈴木えみ、剣菱悠理:美波。魅録役に赤西が決定した時点でありゃ?って感じだったが、他もありゃりゃ?? 女子のキャスティングは普通のドラマなのになあ)

10月16日、火10フジ、「スワンの馬鹿~小遣い3万円の恋~」(脚本・旺季志ずか、演出・河野圭太他、P・吉條英希他、出演・上川隆也、田中美佐子、成宮寛貴、劇団ひとり、美山加恋、梶原善)、「娘の受験のために一ヶ月の小遣いを3万円にカットされた男のコメディ」(Wikipediaより)。「スワンの馬鹿」ってタイトルは一体何?と思ってチェックしてみたら「湖面を優雅に滑る白鳥=スワン。「白鳥の湖」の旋律のように、なんとも美しい動きである。しかし、その白鳥、目に見えない水面下では水カキつきの足をバタつかせ、みっともないほど必死にもがいているのだ。(中略)部下どころか、バイトしている学生たちよりもお金がないかもしれないのに、 部下たちからは、ご馳走してもらえるもんだと思われている。 だけど、そんな不条理な格差への不満は微塵も見せない。大人として、男としてのプライドで、格好良く見せなくてはいけないのだ。だから人は陰でささやく。「スワンの馬鹿」…と」(番組紹介ページより)。タイトルがちょっと苦しい。梶原善は超久しぶりの連ドラ出演?

10月10日、水10日テレ、「働きマン」(脚本・吉田智子、演出・南雲聖一、P・加藤正俊他、原作・安野モヨコ、出演・菅野美穂、速水もこみち)、「安野モヨコの同名コミックをドラマ化。週刊誌の熱血女性編集者が、寝食を忘れて仕事に明け暮れる姿を描く」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。原作は面白くて好きなんだけど、そして菅野美穂は嫌いじゃないんだけど、でももこみちが嫌。

10月11日、木9TBS、「3年B組金八先生」(脚本・清水有生、演出・今井夏木他、P・柳井満、原作・小山内美江子、出演・武田鉄矢、高畑淳子、星野真里、金田明夫、山崎銀之丞他)、「1979年の第1弾から数えてことしで28年目を迎える名物ドラマ。シリーズ第8弾の今作でも、生徒を最優先させて奮闘する坂本金八(武田)と、共に成長していく生徒たちの姿が描かれる」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。金八って、まだヒラなの? ところで同僚の大お局様のK池さんは「金八はどの新人ジャニーズタレントが出るのかが楽しみなのよ」とおっしゃってました。

10月25日、木9テレ朝、「おいしいごはん 鎌倉・春日井米店」(脚本・古沢良太、演出・吉田啓一、P・古河喜美子他、出演・渡哲也、藤原紀香、徳重聡、羽田美智子、水川あさみ、塚地武雅、余貴美子)、「神奈川・鎌倉を舞台に、崩壊した家族が再生する姿を描く」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。体育会系ファミリー……。

木10TBS、「ジョシデカ! ~女子刑事~」(脚本・秦建日子、演出・平野俊一他、P・鈴木早苗他、出演・仲間由紀恵、泉ピン子、リュ・シウォン、益岡徹、大倉孝二、袴田吉彦、鈴木浩介、片平なぎさ、岩下志麻)、「年齢も性格も見た目も全く違う女性刑事コンビが、反発しながらも難事件に挑んで行く刑事ドラマ。射撃の腕しか取り柄がない新米刑事・畑山来実役に仲間由紀恵、検挙率ナンバーワンのベテラン刑事・桜華子役に泉ピン子」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。脚本が「アンフェア」の秦建日子はいいとして、主演が仲間由紀恵と泉ピン子かぁ。心惹かれない。

10月11日、木10フジ、「医龍 Team Medical Dragon 2」(脚本・林宏司、演出・水田成英他、P・長部聡介他、原作・乃木坂太郎、出演・坂口憲二、内田有紀、小池徹平、北村一輝、阿部サダヲ、水川あさみ、池田鉄洋、佐々木蔵之介、夏木マリ、岸辺一徳)、「2006年に放送された人気作の続編。"医療と金"をテーマに、天才外科医・朝田龍太郎(坂口)が、研修医・伊集院(小池)、麻酔医・荒瀬(阿部)、看護師・ミキ)水川、内科医・藤吉(佐々木)らと日本の医療問題に挑む」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。前回の「医龍」は「弁護士のくず」の裏だったので見られなかったけど、今回は見ることが出来るかも(根性があれば。でも多分ない)。

10月、金9テレ朝、「オトコの子育て」(脚本・尾崎将也、演出・塚本連平他、P・柴田聡他、出演・高橋克典、小泉孝太郎、国仲涼子、塚本連平)、「妻子がありながらも、家に帰らないダメな父親が、妻の急死をきっかけに3人の子育てに奮闘する姿を描く」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。テレ朝の金9には「富豪刑事」や「エースをねらえ!」みたいなトンデモ系というか超越系ドラマを期待したいのだが。

10月12日、金10TBS、「歌姫」(脚本・サタケミキオ、演出・坪井敏雄、P・磯山晶、出演・長瀬智也、相武紗季、佐藤隆太、大倉忠義、斉藤由貴、高田純次、風吹ジュン)、「『花より男子』の脚本家・サタケミキオ氏率いる東京セレソンデラックスが2004年に公演し、好評のため今年7月~8月に再々演した伝説の舞台のドラマ化で、主演はTOKIOの長瀬智也! 高度成長期に向かって日本全体が加速する一方で、戦争の傷跡がまだ人々の心に残っていた昭和30年代の土佐清水。熱い想いとユーモアあふれる登場人物たちが一生懸命に生き、恋をし、夢を見た姿を、昭和の雰囲気たっぷりに描きます。長瀬が演じるのは、戦争でそれまでの記憶を失い、流れ着いた土佐清水で暮らす喧嘩っ早いお調子者。全編に渡って土佐弁で繰り広げられる物語、高知県でのロケなども見どころだ。笑いたっぷりのホームドラマでもあり、戦争によって運命を狂わされた男の悲しいラブストーリーでもある。あらゆる世代の人に何かを感じとってもらえる、そんなドラマをお届けします!!」(TBS番組紹介ウェブページより)。主演が長瀬というのも、また脚本家が花男の人というのもポイント高いし、プロデューサーが「タイガー&ドラゴン」や「木更津キャッツアイ」「IWGP」の磯山晶というのもよさげ。それに金10TBSはこのところあまりひどいハズレはないしね(「特急田中3号」は主役が痛かったけど、それ以外は私は嫌いじゃなかったな)。ただ昭和30年代ものというあたりがどーかなー。

10月、金11テレ朝、「モップガール」(脚本・真柴あずさ他、演出・片山修他、P・中川慎子、原作・加藤実秋、出演・北川景子、谷原章介、佐藤二郎、マギー)、「未練を残した遺体と接すると時間を遡る主人公が、思いを晴らすために奔走」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。この設定はFOXのドラマでも見たことがあるような気が。で、今期のタニショーはこんなところに。

10月13日、土9日テレ、「ドリーム☆アゲイン」(脚本・渡邉睦月、演出・中島悟他、P・次屋尚、出演・反町隆史、加藤あい、志田未来、児玉清)、「夢半ばで死んだ元プロ野球選手が、神様の計らいで他人の体に魂だけ戻り、もう一度夢にチャレンジする姿を描く」(ザ・テレビジョン9月14日号より)。こ、これは苦しい、三重苦ドラマな予感(←非常に失礼です)。タイトルに「ドリーム」が入ってて「☆」まで入ってて、しかも主演が反町。あいたたたた……。いやいやそんなこと決め付けちゃいけない、日テレの土9枠は「すいか」や「野ブタ」、「マイボス」もあったんだし。えっと脚本家の渡邉睦月は……「輪舞曲」(2006年、TBS)「生徒諸君!」(2007年、テレビ朝日)、あら? いや、せめて演出の中島悟は……「喰いタン2」(2007年、日テレ)「探偵学園Q」(第1話SP、2006年、日テレ)はいいとして、「クニミツの政」(2003年、KTV、押尾学主演)、「HOTMAN」(2003年、2004年、TBS、反町隆史主演)、「ナンバーワン」(2001年、TBS、窪塚洋介主演)って、もしかして俺様系タレント御用達?

11月3日、土11フジ、「SP」(原案/脚本・金城一紀、演出・本広克行、P・高井一郎、出演・岡田准一、堤真一、真木よう子他)、「物事を一瞬のうちに記憶できる能力を持ったSPとテロリストとの戦いを描いたドラマ。監督は『踊る大捜査線シリーズ』や映画『交渉人 真下正義』、『UDON』などの数多くの話題作の監督を務めてきた本広克行。連続ドラマの監督を務めるのは『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』以来6年ぶりとなる。脚本の金城一紀、出演の岡田准一・堤真一が一緒の作品に携わるのは映画『フライ,ダディ,フライ』以来2度目となる」(Wikipediaより)。これは岡田准一、堤真一というキャストからして期待できそうな上に、演出が本広克行となるとそれなりに面白くなりそうな気もするんだけど。

10月14日、日9TBS、「ハタチの恋人」(脚本・吉田紀子、演出・清弘誠、P・八木康夫他、出演・明石家さんま、長澤まさみ、塚本高史、森下愛子、小泉今日子)、「50歳の中年男と20歳の専門学生の恋を描くラブコメディー(Wikipediaより)。TBS日9はついこの間20歳年下妻の「冗談じゃない!」をやったばかりなのに、今度は30歳年下かあ。しかも明石家さんまと長澤まさみ。全くもって心惹かれない。

とりあえず、「SP」「歌姫」「医龍2」「ガリレオ」は見てみるかなあ。「働きマン」「有閑倶楽部」も第1回目は見てみるかも。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
・・・・・・・・・・ _| ̄|○ ・・・・・・・・・・

もう、なんて言うか、身体がドラマを受け付けないのかも。
少し心が動いたものといえば、「歌姫」くらいか。(なんでこんな題名なんだろう)
金八先生って、ぼちぼち定年じゃないのか?まぁマニアには見所が別にあるってことなんだね。
まぁでも、わたしの好みがどうであれ、居間にいると嫌でも娘と夫が見ているドラマをチラ見することになるだろうから、「医龍2」「浅草ふくまる旅館」「有閑倶楽部」は見ることになるんだろうなぁ。(ちなみに今期はこのパターンで、掘北真希の男装ものと江角マキ子VS野際陽子の嫁姑もの、あとホタルのヒカリを見ちまいました)
2007/09/11(Tue) 17:53 | URL | suika | 【編集
今期いろいろ見てたはずなのに、気付いたら総崩れ。「山田・・」も「パパと娘」もツマンナイ訳じゃないけど、たまたま見忘れてそれっきり~♪

ナニナニ長瀬君で、昭和30年代!これはもうDVD録画クラスだわ。佐藤隆太も好きだし、土佐は夫方の田舎(両親の故郷)だし。
でもまさか長瀬君の相手って斉藤由貴じゃないよな~!?といって相武紗季じゃもの足りんぞ!

「ガリレオ」福山か!これが阿部寛なら見るんだけどね~。
2007/09/11(Tue) 23:26 | URL | oha~ | 【編集
>もう、なんて言うか、身体がドラマを受け付けないのかも。

大丈夫、私もかなり受付拒否だから(って、何の慰めにもならんが)。とりあえず第1回目は見たとしてもその後が続かんよ。

うちも子どもがチャンネル権を握っているから「花ざかり」とか「ちびまる子ちゃん実写版」とか見させられてるよ(何せ8歳だから自分が見るだけじゃ満足できないのか、とにかく「ほら、見て見て」と視聴を強要される)。今回も雑誌の新番組特集を開いて「お母さんは何見るの?」とチェックに余念がなかったな……。
2007/09/12(Wed) 06:41 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
私も今回は入院だの原稿だの帰省だの色色あったとはいえ、いつもよりも全然見てないよ(ま、いつもだって最終回まで見るのは結局二つくらいに減っているけど)。でも、夏場は放送局側もスポーツ中継(野球、サッカー、陸上他)ドラマには力を入れてないんだってね。挫折するのは見る側だけのせいじゃないのさ~。

長瀬のドラマは主演が長瀬だからっていうだけじゃなく、結構色んな層にアピールするかもね。とりあえず「あゆと別れてよかったわよ」と言っている同僚のNさんは絶対みるだろうな。
2007/09/12(Wed) 06:51 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
tsumireさんのドラマ紹介どれも見たくなる文章で毎回(といっても3ヶ月に1回)を楽しみにしています。
10月からはどこの局もドラマに力入っているみたいですね。取りあえず月9、火10、水10、金10辺りは外せないかな?
2007/09/12(Wed) 22:55 | URL | P子 | 【編集
やっぱりスポーツの季節(普通スポーツの季節ったら秋のような気もするけど)は中継だのなんだのでドラマは今ひとつみたいね。
昨日届いたザ・テレビジョンを見て見たらここに書いた以外の新番組情報が沢山載っていて、その中にもバカバカしくてちょっと心惹かれるものもあったよ。
2007/09/13(Thu) 07:01 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
おいしいごはん_鎌倉・春日井米店}おいしいごはん 鎌倉・春日井米店(おいしいごはん かまくら・かすがいこめてん)は、テレビ朝日系列で2007年秋|秋季(10月~12月)に放送予定の、石原プロモーション制作の連続テレビドラマである。放送時間は2007年10月から毎週木曜日の2
2007/09/14(Fri) 12:07:02 |  このドラマに夢中!NEW
小泉孝太郎日本・神奈川県横須賀市|民族 =日本人 |血液型 =AB型|生年 =1978|生月 =7|生日 =10|没年 = |没月 = |没日 = |ジャンル =俳優タレント |活動時期 = 2002年 -|活動内容 = 俳優、タレント|配偶者 = |主な作品初体験(2002年)アテンションプリーズ
2007/09/15(Sat) 10:01:49 |  みうの部屋
 夏ドラマもやっと総て終わりました。花火のようにぱっと咲いて(咲かなかったのもあったけど・・)通り過ぎていった夏ドラマ・・心はもう秋ドラマですよね~ さて、私のイチオシは何と言っても長瀬智也主演の「歌姫」「タイガー&ドラゴン」、「マイ☆ボス ....
2007/09/24(Mon) 14:05:42 |  トリ猫家族
 さて、お次は久々の福山雅治主演「ガリレオ」東野圭吾原作の「探偵ガリレオシリーズ」のドラマ化だそうですよ・・ 「ひとつ屋根の下」とか見てないんで、私の中ではドラマの福山雅治って「ホームワーク」で終わってるんだよな~だからどんなんだか予想がつかな....
2007/09/24(Mon) 17:59:09 |  トリ猫家族
この第5シーズンはそんな感じです。年末SP「バベルの塔」はちょっと不思議な話。右京達警察は自力で事件を解決するには至らず、犯人側も一人が発狂?被害者も政治家先生は自分の経歴に大きな傷を残すし三方痛み分けな感じです。そんな中、誘拐された子供が無事だった事と
2007/09/26(Wed) 11:47:13 |  アニメ・ゲーム音楽が最高によかった