自宅のパソコンにPhotoshopCS3をインストールしたものの、超基本的な使い方しか出来ず(いやー、CS3の前に使っていたのが100代くらい前のPhotoshop version4だから仕方ないんだよう)、銀座AppleのPhotoshop CS3ワークショップか、あるいはカルチャーセンターのその手の講座に通ってみようかと思って昨日は本屋でCS3のマニュアルを色々立ち読みしていた勉学の秋……。

 朝日カルチャーセンター「やおい、ボーイズ・ラブとは何か」(12月1日、講師:金田淳子)

こんな講座がこんなところで。「男性同士の恋愛を描いた、女性読者のためのマンガ。「やおい」や「ボーイズラブ」と呼ばれるそれらの作品が、なぜ生まれ、どのように表現・受容されているのかを考察します」とのことだ。講師の方は濃~~~い腐女子として有名な方。いまさらやおいについて教わろうとは思わんが、この人の講義は聴いてみたいかも。
関連記事
テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記
コメント
え?そんな堂々と?
どうなの、それって。人に教えてもらうものなのか。知らないうちに踏み込んでいた獣道っていうのが正しいあり方なんじゃないの?
なぜ生まれ、どのように表現・受容されているのかを考察するまではいいけど、大勢の方とそれを聴くのは、こっぱずかしくって、わたしには無理。なんかこう、身体のあちこちがむずがゆい感じ。アキバがクローズアップされたり、腐女子の本がたくさん出たり、あげくにカルチャーセンターでやおい講座が設けられるとは、時代は変わったね。
2007/09/23(Sun) 23:31 | URL | suika | 【編集
>知らないうちに踏み込んでいた獣道っていうのが正しいあり方なんじゃないの?

そう思いますが、獣道も人が沢山通ればちゃんとした道になり、地図にも載って舗装され市道や県道になっちゃりすることもあるわけよ。

>あげくにカルチャーセンターでやおい講座が設けられるとは、時代は変わったね。

昨日、「OL進化論」最新刊を読んでいたら、シリーズ物みたいになっている「35歳で独身で」と言うサブタイトルの4コマが一番多くて、そういう時代なんだな~と思ったよ。やおい(やアキバ系)の隆盛にはライフスタイルの大幅な変化も関係しているのではないかと……。
2007/09/24(Mon) 07:05 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
会社の同僚に「最近のマイブームはフレディマーキュリー」と言ったら普通に「腐女子街道、走っているね~~』と言われ随分一般化したなぁと思っていたらカルチャースクールですか?
海外のオタクに解ってオタク文化を生み出した同じ日本人に理解していないのが悔しい人達が受講するんでしょうか?この手の事はカルチャースクールで学ぶ事じゃなくコミケ等に出かけて解ると思うのですが・・・。
2007/09/24(Mon) 19:14 | URL | P子 | 【編集
Kさんから「腐女子疑惑」を持たれた私ですが、最近自分のボーダーラインがはっきりしてきました。
三浦しをんがお勧めする様な、いわゆるボーイズラブ物はすべて「×」。(ほとんど実物を読んでないけど)
あれっ?この2人、男の友情にしては濃すぎないか~?みたいなホモ疑惑を抱かせるのが趣味です(←どーでもいいですね)
だから高村薫が好きなのね、きっと。(←だからどーでもいいのだが)
この路線でお勧めコミックがあったら教えてね。
2007/09/24(Mon) 22:42 | URL | oha~ | 【編集
フレディマーキュリーとはこれまたクラシックなお名前を。もう亡くなってから15年くらい経つかしらねぇ。たしかにフレディは大昔からの正統的なそっち方向のお方だもんね。なんだか青池保子とかを思い出すわ。

>同じ日本人に理解していないのが悔しい人達が受講するんでしょうか?

前に会ったアキハバラオタクツアーの場合には、本当に興味がある一般人と、濃いオタクとかが半々だったかなー。
2007/09/25(Tue) 06:45 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
>あれっ?この2人、男の友情にしては濃すぎないか~?みたいなホモ疑惑を抱かせるのが趣味です

ふふ。「げんしけん」という、漫研を舞台にしたオタク漫画の中に「ホモが嫌いな女子なんていません!」という有名な台詞があるけど、こういうoha~さんレベルの人も含むからこそ出てくる台詞なんだろうなあ。
私はそっち系の妄想はまったく興味ないし(っつーか、もはや恋愛もの自体どうでもいいっつーか)高村薫は話の進行がトロすぎて根性が持たないので読んでないけど(途中で挫折した)、高村薫は本当は腐女子スピリッツをもっているヒトであると腐女子の方々には認知されている作家だよね。

>この路線でお勧めコミックがあったら教えてね。

それは著しく妄想の余地がある作品っつーことでわ。となると星の数程あるのでは~。
2007/09/25(Tue) 06:54 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック