昨日、子ども(9歳)のなかよしのこっちゃんがうちに遊びに来て、2人でゲームなどしたりして遊んでいたのだが、ふと見るとテレビを見ながら2人でなにやら「いやだよねぇ」とか言っている。一体何かと思ったら。

子ども「タレントだとやらなくていいんじゃない?」
こっちゃん「じゃ芸人だとやっぱりやらなくちゃならないの?」
子ども「ねぇ、おかあさん、タレントと芸人ってどう違うの?」
私「はぁ? なんでそんなこと気にするのよ?」
子ども「だって私たち、大きくなったら2人で芸人になるんだもんね」
こっちゃん「ねぇー」
ねぇーって、あんたたち、この間まで花屋になるんじゃなかったのか?
私「芸人は……お笑い芸人だったら人を笑わせるような芸を持ってて、ちゃんと他人を笑わせることができる人かなあ。タレントは……何かの芸は持っているかもしれないテレビに出ている人、かなあ? で、なんでそんなこと気にするのよ」
子ども「だって、ほら(とテレビを指差す)」
テレビではお笑い芸人達と普通のタレント達が何やらアトラクションのようなものをやっていたのだが、タレントがごく普通にやるのに対して、お笑い芸人達は高いところを飛んでいるヘリコプターから飛び降りたり粉だらけになったりしているのである。
子ども「あんなこともやらなきゃならないならいやだよねぇ」
こっちゃん「ねぇー」

……。君たち、お笑い芸人を目指すならそんなことを気にするよりも、ちゃんと人を笑わせてみたまえ。今のところ君たちのベシャリはこれっぽちも面白くもなんともないぞ。
関連記事
テーマ:徒然日記
ジャンル:日記
コメント
「いやだよねぇ」と言った時点で芸人失格でございます。この場合正しい芸人は「おいしい」と言わなければいけない。
でもさ、わたし達が子供の頃は、芸人になりたいなんて思わなかったし、なりたいって言ってる子もいなかったなぁ。(関西にはいたかもね)芸人の社会的地位が向上した証だろうか。
tsumireさんのところのお嬢さんなら、単純なお笑いより、シニカル&ブラックなお笑いが向いてるかもね。
2007/10/01(Mon) 20:47 | URL | suika | 【編集
私もsuikaさんの意見に賛成。
関西人と結婚したせいで関西にはよく行くけど、いつも感心するのは電車の中の会話がすでにお笑いになってること。ああいうお笑い芸人養成風土で育った連中に対抗するためにも、関西風でないシニカル&ブラックはぜひオススメです。
ターゲットを限定したオタクにしか通じないお笑いなら、ママが台本書けそうだし。
お嬢さんの芸人への道を影ながら応援するよ。
2007/10/02(Tue) 10:54 | URL | oha~ | 【編集
>この場合正しい芸人は「おいしい」と言わなければいけない。

やつらがなーんで芸人をめざそうと思っているのかが全く不明だが、もしかしてただ単にテレビに出たいだけなのかもしれないなー(テレビに出てみたいというのは以前言っていたので)。だとすると、そのうち今度は芸人じゃなくってタレントを目指したりするかもしれん。でもタレントを目指せるほどのビジュアルがないというのはわかっているみたいだから、そのうちまた花屋さんに戻っているかもな。

芸人の社会的地位かあ。関西じゃ高いかもしれないけど東京じゃあ別に高いわけじゃないよな。芸人がタレントにシフトしていっているだけなんじゃないのか?
2007/10/02(Tue) 13:23 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>ターゲットを限定したオタクにしか通じないお笑いなら

それって伊集院光の深夜ラジオ番組みたいなもんか? あるいは全くテレビに出ずに舞台だけで活躍している芸人さんとか。伊集院の場合は他に雑学王枠とデブタレ枠も掛け持ちしているからいいけど、純粋にターゲット限定お笑い芸人は難しいよね(って、今、真剣に考えることでもないが)。

>お嬢さんの芸人への道を影ながら応援するよ。

えーーー、私は今のところ全然応援しないや。
2007/10/02(Tue) 13:28 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック