激甘プリン今日の午後3時頃だったか、子どもがいきなり「おやつ作ってよ」と言い始めたのである。今更言うまでもないが私は料理は別に得意ではなく、なおかつ甘いものは苦手で(4月26日「さすがアメリカもんは破壊力が違う」)、さらにおやつを手作りした事など(少なくとも子どもが生まれてからは)一度もないのである。なのに何故?

「えーーーー、面倒くさいよ、おやつ代あげるから(近所の)ショップ99に行って買ってくれば~」
「だって、雨降ってるから外に行きたくないもん」
「私だっておやつなんか作るの面倒くさいからイヤ」
世の中の「子どものためには心のこもった手作りを教」の皆様が聞いたら鼻血が出るかもしれない台詞だが、面倒くさいものは面倒くさいし、食への探究心もほとんどないしなー。
「ほら、DSのお料理ナビで検索してみたら? 色々とあるよ?」
と子どもがDSを差し出す。
「じゃあ、このチーズケーキなら食べてもいいから作ってもいいよ。その代わり駅前のK屋に行って生クリームとクリームチーズ買ってきて」
「雨降ってるからやだ」
チッ。
「じゃあこのパンプキンクッキーはどう? これならカボチャ以外の材料があるから、とにかくカボチャだけショップ99で買ってきて」
「雨降ってるからやだ」
「なにーーーー!」

という訳でメニューのセレクトからして既に暗礁に乗り上げていたのだが、色々見て見たら(バニラエッセンス以外)冷蔵庫の中にある材料だけで作れるメニューがありましたよ。それがこの写真のプリンだったのだが……。お菓子作りは材料を必ず、きっちり、正確に計って作らなきゃならないと言うのをよく聞いていたので、今回DSお料理ナビ様のおっしゃる通り正確に量りました。しかしね、計量している段階で砂糖の量がすっげー、多いの。4個分で40gなのよ。もちろんちゃんと量りを使って正確に40g計量したのだが、見た目にも他の卵や牛乳の割合に対してもかなり多めな感じ。でもDSお料理ナビ様が40gと言っている以上、逆らうわけにはいかない。なおバニラエッセンスは子どもには「これは匂いつけるだけだから今回は省略するから。どうしてもプリンの匂いを付けて欲しかったら駅前のK屋で買ってきてよね」と言い訳をして入れませんでしたよ。

それで超正確に計量し、材料を合わせて鍋で温めたものをプリンカップに入れる段になって、プリンを作れるような適当な耐熱カップが全くないことに気がつく。作る前は適当な小鉢にでも入れとけばいいやと思っていたのだが、オーブンで焼かなきゃならないために普通の小鉢じゃダメだとここではじめて気がつく時点でもうダメダメ。仕方なくグラタン皿で代用ですよ。しかし今度はプリンを入れた皿をお湯を張った耐熱バットに入れなきゃならないのに、このでかいグラタン皿が入るような大型のバットがない。ああああ、私って本当におやつを作る資格なし。とほほ。

仕方なくオーブンレンジの中皿?プレート?が深さ2cmほどあるので、ここにお湯を入れて代用。うわー、電子レンジのオーブン機能を使ったの、初めてだよ。ピザトーストは自動メニューの「ピザ」で代用しているし、トーストもやっぱり自動メニュー使っているし。160度で余熱セットしておいてから焼く事25分、蒸らし5分、常温で放置10分、冷蔵庫で20分冷やして、カラメルソースを乗せていざ試食。

あっまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!

め、めまいがする程甘いよ、このプリン。子どもですら「おいしいけど、……甘いね」と言っていたくらい。甘さ以外の部分では悪くはなかったのだが、これはもしこの次また作る機会があったなら、少なくとも砂糖の量は半分以下でいいんじゃないのかなあ。あとあんまり冷えていなかったのも、余計に甘みを感じる原因だったかも。

そして子どもはこのプリンを食べる時に冷蔵庫から飲み物を持ってきたのだが、自分用には牛乳を持ってきたのに、私に「はい、おかあさんの分」といって渡してくれたのは……缶ビールでしたよ。子どもにとって「おかあさんがいつも飲むもの」は無条件でビールなのね……。まあ、そんな訳で激甘プリンをビールで流し込んだ三連休最終日の午後である。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
うっわー、偶然!
我が家でもおやつ作りましたよ、スウィートポテト。娘が。
ま、使えない子供も、中学生くらいになれば使えるときもあるってことで、tsumireさん、もうちょっとの辛抱じゃ。
こっちのスウィートポテトにも砂糖40gとありましたが、怖くて現物は見ておりません。しかもあまり甘さは感じなかった(というか、ちょうどの甘さだった)ので、砂糖に対する危機感が薄い模様(泣)
そしてまたまた同じくバニラエッセンスは抜きで。(お菓子を作らない母親の管理する台所に、そんなもんあるわけないっ!)
卵を表面に塗るのに刷毛がいると言うので、「無いから指でぬれば?」とグッドアドバイスをしときました。
グラタン皿に入ったバニラエッセンス抜きのプリンと、卵は指で塗られ、オーブンと書いてあってもトースターで大丈夫と手抜きで焼かれ、同じくバニラエッセンス無しで出来上がったスウィートポテト、今日はいい勝負だったね♪(ま、うちは、娘が勝負したわけだけど)
あ、でもビールでポテトが食べれなかった分だけ、わたしのほうが小物。
2007/10/08(Mon) 20:03 | URL | suika | 【編集
中学生くらいになるとお使いするだけじゃなくメシやおやつまで作ってくれるのか、いいなあ……って、そこまでするにはちゃんと仕込まなくちゃいけない訳ね。それも面倒くせーなー。suikaさん、うらやましいっす。

>砂糖に対する危機感が薄い模様

いや、よくよく考えてみたら白砂糖じゃなくて黒砂糖(? 砂糖黍の砂糖で茶色のヤツ)を使ったのが主な敗因なのかも。多分普通の白砂糖を使えば妥当な味だったのかも……。

>「無いから指でぬれば?」とグッドアドバイスをしときました。

卵が入ったボウルにくぐらせちゃダメなのか……(←心底お菓子作りに向いていません)。
2007/10/08(Mon) 21:02 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
え~~~^黒砂糖で40gは多いでしょう。いや白砂糖でも40gは多い方じゃないかな?
ちなみにP子がプリンやティラミスを作るときは卵1個に砂糖大さじ1杯と決めてやっています。
確か中学の教科書に載っていた分量では卵1個、砂糖15g、牛乳200ccだったと記憶しています。
ティラミスも卵2個、砂糖大さじ2、リコッタチーズ1パックといういい加減な分量とインスタント珈琲にマリービスケットというチープさで作っています。
容器が無かったら珈琲カップかボール小でやれば洗い物も少なくて済みます。
2007/10/09(Tue) 00:32 | URL | P子 | 【編集
>え~~~^黒砂糖で40gは多いでしょう。

や、やっぱり? いやー、昨日は結局夜寝るまで甘みがもたれちゃって苦しかったです。超反省。でももしかしてこれで子どもも私にお菓子を作ってなどと言う事もなくなってラッキーなのかもしれんが。

>確か中学の教科書に載っていた分量では卵1個、砂糖15g、牛乳200cc

うわー、よく覚えてますねぇ。とりあえずお料理ナビ様は、4個分で卵2個、砂糖40g、牛乳200ccでしたよ。
2007/10/09(Tue) 06:40 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
うひえ
読んでいただけで口の中が甘くなってしまった。子が生まれると、なんだかキャラじゃないことまでやらなくちゃいけない機会が増えますよね…って私だけなんだろうけれど勝手に同意を求めてみます。
私も子が生まれてから手作りおやつなんか作ったりして、ほっこりさんか?って思うことが多々あります。
んで、9月に引っ越してS区を離れたんで「駅前のK屋」懐かしいぃぃぃ。SayYOUじゃダメなんですね(笑)
2007/10/10(Wed) 13:38 | URL | ともぞう | 【編集
>子が生まれると、なんだかキャラじゃないことまでやらなくちゃいけない機会が増えますよね

そうだよねぇー、まあ私の場合結婚した時点ですでに、そういうキャラじゃないのに結婚祝いにスケスケのピンクのネグリジェをくれる友人がいたり(←ギャグではなく本気でだ)、子どもを生んだら生んだで暗黙の了解でちゃんとやってるんだろ的なことを求められたりして、「んな訳ねーだろ!」と心のそこから思います。一応、なるべく、できれば、子どものリクエストには答えてみたいとは思うものの、とてもじゃないけど流行のほっこりママにはなれそうもねえです。

>SayYOUじゃダメなんですね

SayYOUだと、ケーキ材料や乳製品売り場まで結構距離があるから(笑)。
2007/10/10(Wed) 14:07 | URL | tsumire→ともぞうさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック