有閑倶楽部 第1回(10月16日22時放映、日本テレビ)。昨日は有閑倶楽部の第1回目が始まるなんてことをすっかり忘れていたのだが、同僚の腐女子のM様が「あの有閑倶楽部のキャスト、一体なんですか! ひどすぎですよ」と言うのを、「まあ、まあ。私はドラマとしては見ないけど突っ込みどころを楽しむためにとりあえず第1回目は録画して週末にでも見るよ」と宣言して録画を予約していたので、つけっぱなしのテレビから最初の方だけチラ見してしまったのである。

……いやあ、いくらあのキャストでももう少し楽しめるかと思ったのだが、開いた口が塞がらないというか……、ギリギリまでキャストが決まらなかったみたいだからスタッフのモチベーションも全く上がらないまま作っちゃったのかなあ、一体どうなっちゃってるの??って感じ。オープニングの登場人物紹介のナレーションはちょっと「セクシーボイスアンドロボ」を思い出してしまったが、それはもちろん気のせいだよな、いくら同じテレビ局の同じ曜日の同じ時間帯でも。このナレーションが終わったところで風呂に入って寝ちゃって後は見ていないので、まだちゃんとは論評できないのだが、視聴率は15.9%ですって。ジャニーズの威力はやっぱりすごいな……。最初の10分ほどしか見ていないのでドラマ本編の方は置いておいて、まずあのキャストだが。

美童グランマニエ(田口淳之介)、KAT-TUNの中でも一番薄いというか、「KAT-TUNは悪ガキぞろい」というジャニーズ設定に一番合わない子だとは思っていたけど、なんでまた目立つのが大好きな美童役にしちゃったのかなあ。あの金髪が気の毒なくらい全く合ってなくて、なんだか隠し芸大会のヅラみたいだったなあ。気の毒に。魅録のキャラ設定を変えたならついでに美童ももう少し田口寄りに変えてあげればよかったのに。

白鹿野梨子(香椎由宇)は結構原作イメージを壊さない出来だとは思うけど、原作の野梨子が小さめでこじんまりとしているのに対して、香椎由宇はかなりがたいがでかいように思われるために、勝気でプライドが高い態度が無駄に誇張されてしまっているように見える。勝気でこ憎たらしい事を言うけどでも守ってあげたくなるようなところもある、原作の野梨子のそんなところが感じられないのが残念かもね(でもこれはこれでいいのかもしれないけど)。

黄桜可憐(鈴木えみ)は特に見所も華もなく、ましてやセレブ感も全くない。大体、あんな感じの女子高生、別に珍しくないし。そういやドラマの中の金持ち描写がなんか辛気くさいというか非常に貧乏臭い感じもしたなあ。もっと壮大でバカバカしい夢を見せてくれよ、とか思ったんだった。

剣菱悠理(美波)は……少なくとも最初の10分を見る限りでは一番原作キャラに合っているように思う。ただし思いっっっっっ切り、ヘタなのが惜しまれる。もったいない。これでもう少しお上手だったら主役は原作通り悠理になるところだったろう。

菊正宗清四郎役の横山裕だが。関ジャニ∞のメンバーとして「HEY!HEY!HEY!」に出ているのを何度か見たが、関西弁のよくしゃべる男というイメージがあり、ドラマが始まる前にはそれが清四郎かよと思ったのだが、しかし今回、この中にあってはかなり健闘していたのではないだろうか。原作とは違うが、確かに彼なりの清四郎を演じていたように思う。ただ、やっぱりもう少し顔のお肉を落とした方がいいと思う(←余計なお世話)。

そして松竹梅魅録(赤西仁)だが。…………。うーん。やる気がないの? せっかく魅録と言うキャラをあなた寄りにしてあるのに、それを全然生かしていないし。確かに魅録は悠理ほどテンションは高くないけど、でもあそこまで低くはないだろ。いやテンションの問題じゃないな、なんか自分の役を演じようとしてないとしか思えない。「そのままの君でいいから」とか言われてるのかな。大昔のアイドル映画みたいか?

まあ、そんなわけで続きの40分強を週末に見るかどうか迷ってはいるところだ。なお、今日は会社でも何故か有閑倶楽部のネタに。

派遣のMさん「K池さん、有閑倶楽部は見たんですか?」
大お局様のK池さんはジャニタレとかイケメン(ということになっている今時の若者)が好きなので、前々から有閑倶楽部は見ると宣言していたのだ。
K池さん「見たわよ!もちろん!」
派遣のMさん「えー、見たんですか。あれ、すごくつまらないですよねぇ。それにせっかくの原作を破壊しているじゃないですか」
私「やだなあ、あのドラマはドラマとして見ちゃだめだよ」
派遣のMさん「え!?」
私「あれは突っ込んで遊ぶための番組だよ。だから私は予約録画してー」
派遣のMさん「え!? 予約までしたんですか!?」
私「そりゃそうだよ、あのキャストだけでもリアルタイムでは見る気になんかならなかったし。でも昨日は最初の10分程見ちゃったけどさ~。いやはやコメントは何もないね」
K池さん「あら、私は面白くみたけど」
派遣のMさん「でも一条ゆかりの原作はもっと面白いんですよ!ねぇ、Kさん(←私の事だ)!」
私「まあ、ね」
派遣のMさん「だいたい一条ゆかりの漫画ってどれもみんな面白いですよ! そう思いませんか?」
K池さん「私はりぼんは読んでなかったからわからないわ」
私「私は一条ゆかりの作品はデビュー作からほとんど全部リアルタイムで読んでいるけどね、どれもとは言いがたい」
派遣のMさん「えー、そうですかあ? とにかくあのドラマはもう絶対見ませんよ、私は」
K池さん「私は来週も多分見ると思うな」

愛は盲目? K池さんも視聴率15.9%を支えている層の一人なのかもね。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
あのひどいキャスティングの中にあって、ひときわ輝いていたのが鶴太郎の悠理の親父役と男山。(男山、ほとんど漫画どおりの毛色と姿だったわ)
やっぱ鶴太郎はお馬鹿な役がいいわぁ。美童は金髪というよりは美輪明宏だったな。まぁ結論から言うと、いくら突っ込むためとはいえ、来週もこれを見るのは拷問に等しいかと。今回にて終了だな。
2007/10/18(Thu) 00:46 | URL | suika | 【編集
>ひときわ輝いていたのが鶴太郎の悠理の親父役と男山。

なるほど。じゃあ鶴太郎を見るために残りの40分を見てみることにしよう。確かに剣菱万作に片岡鶴太郎というのは合っているかもねぇ。他にもキャスト一覧を見てみると鹿賀丈史や萩原流行みたいな濃い人たちも出ているみたいだし。確か学園の理事長は長谷川初範だったし。
2007/10/18(Thu) 06:47 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
裏番組の「スワン~」を録画していたので「有閑~」をリアルタイムで見ていたら友人から「人生相談」の電話が・・・・
話しながら音量を小さくして見ていたのだが、悠理と野利子以外は解らなかったです。第一、赤西の顔も覚えてないのでじぇっじぇん解りませんでした。
読む限りでは見なくてもなんら問題もなさそうなので多分、今回でリタイアになりそうです。(仕事も忙しいしねぇ~)
2007/10/20(Sat) 23:17 | URL | P子 | 【編集
日曜日ももう終わろうとしているのに、まだ有閑倶楽部の残りの40分強を見てなかった……。このまま見ないうちに削除してしまう可能性高し。

>赤西の顔も覚えてないのでじぇっじぇん解りませんでした。

私もいまだに全然覚えられないや。イケメンっつーことになっているけど、私的には無茶苦茶影が薄い男だな。
2007/10/21(Sun) 17:45 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 え~一条ゆかり先生原作の「有閑倶楽部」拝見させていただきました。いやはや・・・何とも・・・ 端的に言うと・・・高校の文化祭の芝居を見ているような・・・その心は・・・かわいい我が子が出てるならまだしも・・知り合いでもなきゃ友達の子でもないお子....
2007/10/17(Wed) 22:50:54 |  トリ猫家族