ガリレオ 第2回(10月22日放映)。今回トリックがあまりにもミエミエすぎだったのは原作のせい? それとも目撃者親子(小市慢太郎、今井悠貴)の方の描写をメインにしたせい? はたまた福山雅治(湯川学役)のイケメンぶりをじっくりとお見せするための回だったせい? 福山が「変人」でもなんでもなく、とにかく「カッコいい」(ということになっている)のはもう十分わかったからと心の中で何度もつぶやいてしまったのは、私がかなりマイナーな趣味をしているせいなのか?

このドラマは、「変人」の湯川が一見、現代の科学では解明不能に見える事件のパズルを、明快に解きほどいていく過程が面白いんじゃないか、と期待していたわけですが……。変人描写も全然だし(というか、「湯川学」よりも「福山雅治」全開にしか見えない)、謎も大したことなく、謎解きも今三つで、設定が今三つ納得できないのに(普通のOLが腐乱死体になるほど会社をずっと休み続けて発見されないなんてないだろとか、最初の容疑者に格闘技をやっている被害者を素手で殺せるほどの技術も体力もないのは明白なのにアリバイだけやたらとこだわりすぎじゃないのかとか)、みょーに「福山ステキ」シーンが入ってたりして、私にはひじょーーーに物足りなく思えました。

でも、子役の子はよかったです。最近の子役はみんなお芝居うまいなあ。こんなんで小学校の学芸会になんか出ていたらさぞかし浮きまくりなんだろうね。しかし今回、犯人役はてっきりお父さん(小市慢太郎)かアブちゃん(幸恵役・虻川美穂子)だと思ったら、ラストで今まで全く出てこなかった全然関係ない容疑者(被害者の愛人)が出てくるしー。ミステリーメインじゃないつもりなら仕方ないけど、正統派ミステリーだったら失格物でわ。

このドラマ、特に福山を楽しみにしているわけでもない私としては、ミステリー描写や謎解き場面、トリックのあざやかさなどが楽しめないんだとしたら、ゲストさんを楽しみにするしかないのかなあ。そうなるとかなりビミョーかも。だったらせめてたまには北村一輝(草薙俊平役)を出してくれ。でも一応第4回目のゲストは香取慎吾らしいのでそれはかなり楽しみだ(「沙粧妙子-最後の事件」の時の連続殺人事件の犯人役はそれはそれはよろしゅうございました)。
関連記事
テーマ:ガリレオ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 さて、事の始まりは風邪で熱にうなされていた8歳の男の子忠弘(今井悠貴) が書いた車の絵・・・  殺人事件の容疑者として保険外交員の栗田(石井正則)が事情聴取される しかし、彼は事件があった頃、別の場所で車の中で休んでいたとアリバイを主張。 忠弘が書...
2007/10/23(Tue) 22:07:23 |  トリ猫家族