医龍 Team Medical Dragon2 第3回(10月25日放映)。いやー、先週の野口(岸部一徳)の「そのオペは失敗するよ、必ずね」という台詞から、手術中に何らかの邪魔をしたり、たとえ朝田(坂口憲二)たちの手術が成功しても生命維持装置を引っこ抜いたりして殺しちゃうんじゃないのか?とか思ったけど、さすがにそれはなかったようだ。

やっぱりこのドラマ、手術シーンがあると盛り上がるし、夏木マリ様(鬼頭笙子役)が出ると引き締まるわ。しかも鬼頭が「手術のチームは掛け算。ゼロが一人入れば全てゼロになる」と言うのに対して荒瀬(阿部サダヲ)の「ゼロどころかマイナスだぜ!? でもさ、マイナスとマイナスかけたら、プラスになるぜ。それも結構でかいプラスにな!」と返すのがナイス。鬼頭と荒瀬なら毒をもって毒を制すみたいな取り合わせで、これはこれでなかなか楽しみなコンビだ。

また、技術は持っていながらも人間としてサイテーな外山(高橋一生)や小高七海(大塚寧々)、松平(佐藤二朗)らが、朝田のオペを目の前にして医者心(というのがあるのか?)に再び灯が灯って行く様子が面白い。ところで外山役の高橋一生、どこかで見た顔だけど誰だっけな?と思っていたら、なんだ、「風林火山」に出てたじゃないの。うかつ。

それにしても片岡(内田有紀)の行動に、つい裏の裏があって実は何かものすごく強い意志の元に行動しているんじゃないかと思ってしまうのは、私の見方がまだまだ浅くて甘いのかなあ。少なくとも過去に医学を学んだのは確かだろうし、そこで何か深い絶望をして今に至っているのかもしれないとか思うと、最終的には結構あっけなく改心(え?)したりするんじゃないかなーとか思っちゃうんだけど、どうなんだろう。もちろん徹底したヒールならそれはそれで結構だけど。
関連記事
テーマ:医龍&医龍2
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
「医龍」を見ててすごく気になるのは、朝田が手術室に入ってくるときに両手を顔の前にかざしてるポーズ。ちゃんと意味があるんだろうし、現実もそうなんだろうけど、なーんかあのポーズを見ると「スチュワーデス物語」の片平なぎさを思い出しちゃうんだよねぇ。確か義手で、何かことがあるたびにお決まりのポーズがあったような。おかげでドラマ的にはいよいよクライマックスの手術シーンに突入って時に、集中が途切れちゃうわたしです。(とか偉そうなこと言ってるけど、相変わらずのチラ見なので、話の筋はさっぱり)
2007/10/29(Mon) 08:15 | URL | suika | 【編集
>確か義手で、何かことがあるたびにお決まりのポーズがあったような。

「ひろし、この手を見て、全部あなたのせいよ」みたいな感じの……。うがーーー、今度からそういう目で医龍を見ちゃうじゃないのー。で、私が気になるのは朝田のエアオペかな。多分実際にイメージトレーニングとしてやっているんだろうけど、どうもエアギターの延長にしか見えなくって。……どうもおばちゃんたちのドラマ視聴は雑念入りまくりでいかんなあ。
2007/10/29(Mon) 09:22 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
>どうもおばちゃんたちのドラマ視聴は雑念入りまくりでいかんなあ。

これはすっごく同意します。あの「ーとーをかけると~」のあの台詞にも深読みしちゃうし先の展開をついつい予想しちゃいますね。

高橋一生くんは、「池袋~」では引きこもり青年、「我が輩は主婦~」ではベストセラーの小説家等をこなしているんですヨ~~。今までの役柄では、直ぐに一生君だと解っていたのに今回は解りませんでした。役柄に合わせてか顔もいつもとゼンゼン違っているし、あんな台詞回しもできる人だったんですね~~。この先、どんな風に引っ掻き回してくれるのかチョイ楽しみです。
2007/10/29(Mon) 22:38 | URL | P子 | 【編集
>あの「ーとーをかけると~」のあの台詞にも深読みしちゃうし

それは……腐女子ならでは深読み、というやつ?

>高橋一生くんは、……この先、どんな風に引っ掻き回してくれるのかチョイ楽しみです。

この人、すごく変な顔なのにそれがまた妙に印象にも残って、さらに役に合わせてあの変な顔がちゃんとコロコロ変わるので、気になる存在だよねぇ。「風林火山」でも真田幸隆に次いで目がいっちゃうよ。
2007/10/30(Tue) 06:57 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック