昨日の土曜日は子ども(9歳)の小学校で学校公開があり(昔は参観日って言ってたもんだけどなー)、私は1時間目の国語と2時間目の書写(習字)の授業を見学してきた。子どもの担任の先生は今年大学を卒業したばかりのピッチピチの新人さんだが(4月17日「PTAの役員決めは大変だって、うちの母が言っていました」)、この間保護者会に行ってきたときはそれなりに先生業にも馴染んできたようで、今回の学校公開の授業でも最初はなかなかな滑り出しだった。

しかし昔の参観日と違って学校公開はいつどの授業を見てもいいことになっていて、教室のドアが開けっ放しになっている。そして常に保護者達が出たり入ったりしていて落ち着かないせいもあるのか、参観日で浮かれている子ども達も更に浮き足立っているようだった。1時間目の国語の授業のテーマは「こそあど言葉について」で、「これ」「それ」「あれ」「どれ」という言葉について考えると言う物で、考えようによっちゃ結構難しいテーマだったのかもしれない。

どの子も余計な一言を言わずにはいられないらしい中、とにかくずっと一人で騒いでいるガキがいるのである。先生が何か説明する度に「僕はこれこれこうだから、ああなってこうなって」といちいち口を挟み、しまいには先生の言葉に「そんなの、関係ねぇ!」と小島よしお節で言う始末。子ども達の間で爆発的に流行っている言葉とはいえ、こんな事言われたら新人先生もたまには泣きたくなっちゃうだろうなあ。先生は「まだうるさくしている人がいますよ」と結構冷静な態度だったけど。ちなみにこの流行語を知らない同僚の練馬のS嬢のお母様は、孫(4歳、S嬢の妹の息子)にこの台詞を言われてショックを受けて「あ、あんな言葉を言うなんて」と、もう泣き出さんばかりだったという。

2時間目は習字だったが習字が終わった後、墨だらけになった手を(どうしてあそこまで墨だらけになれるのだ)ゾンビのように前に突き出して、教室の後ろにある洗面台にフラフラやってくる子ども達に気がついてあわてて逃げる保護者達も何人かいた。

その習字の授業が終わったので「もう2時間も見りゃ十分だろ」と教室から出ようとした瞬間、教室内に「あ、Kくんだ!」とどよめきが走り、みんなまだ手も墨だらけなのに一斉に窓に駆け寄る。一体何事か?と子どもに聞いたところ「Kくん、昨日サッカーやってて骨折したんだよ。でも今来たみたい」という。K君だと!? K君といえば子どもが何日か前に「Kくん、○ャニーズに入ったんだよ」と言っていた子か!? それは一目見ておかなくては!と私も窓に駆け寄る。

しかし2階の窓から見たK君の姿は松葉杖をついた普通の子と言う感じで、○ャニーズ系の空気は感じられない。いや、でも近くで見たら違うのか?と思い、もうしばらく教室で待っていると(←おいっ!)、そのK君が教室に入ってきた。うーむ……。色黒のどう見ても普通の子だ。サッカーやっているんだから活動的なんだろうけど特に目立つような感じでもないし。しかし天下の○ャニーさんの見立ては違うのかなあ……などと密かにつぶやきなら教室を出たのだった。

なお、3時間目の数学を見学した家人によると、件のこうるさいガキは家人の前でも「そんなの関係ねぇ!」を連発したので、「人に芸を見せるんだったら、もう少し腕を磨いてからにした方がいいよ」とアドバイスしたという。でもそんなの、関係ねぇだろうけどな。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
k君、本当にジャニーズに入ったの?試験を受けただけとかじゃなくて?それともあれか。ひよっこのうちは一般人には原石の区別がつかないんだけど、芸能界の水に磨かれだすと光りだすのか?
学校公開、一回も行ったことないな。面倒くさくて。ちょい前までは授業参観って名前で同じ授業を保護者が見たものだけど、今はどの時間でも自由って言われたら、「ま、いいか」って思っちゃって。(子供も期待してないし)まぁしかし、そういうこうるさいガキの話を聞くにつけ、わたしには学校の先生や保母さんは無理だなぁと再認識します。(手を出さないまでも、怒鳴りつけるのは必至)
2007/11/11(Sun) 20:37 | URL | suika | 【編集
一応、子どもが言うには入ったんだそうだけどねぇ。やっぱ私には原石のの輝きが見えないだけなのかもね。よく○ャニタレのジュニア時代の映像なんか出ているのを見ても、「なんだ、普通のガキだな」とか思っちゃうし。

>そういうこうるさいガキの話を聞くにつけ、わたしには学校の先生や保母さんは無理だなぁと再認識します。

今の学校って、子どもの自主性を尊重するとか言って昔みたいに叱らないみたいだしね。私もぜってー先生なんかできそうにないよ。
2007/11/11(Sun) 20:55 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
叱らないのか!
いやそりゃ「窓際のトットちゃん」を今更読んで「トットちゃんのかーちゃんすげえ、トモエ学園校長すげええええ」と感嘆しきりではあったけど、やっぱり授業に差し障りがあるのは困るんじゃ…。
我が子は4歳児(年少)で小学校事情を知らずにいたんで、同じ園のお母さんが「上の子(小学生)の学校公開が1週間あるから」と言うのを聞いて、その学校だけの特別な取り組みなんだと思ってましたよ。全国区なのか都内(今は都下です)だけなのかしらん。
数年後に来たる、ウン十年ぶりの小学校はまったくもって昔の感覚でいちゃいけないところなのですね…。
そういやよく昔は怒られて叩かれりしたけど、あんなの今やったら暴力教師で大問題なんだろうなあ。
2007/11/11(Sun) 22:49 | URL | ともぞう | 【編集
他の年期が入った先生だったらもう少しビジッと叱ってたのかなあ。少なくとも去年までの担任だった先生は(ちょっと古いタイプの先生で)結構きびしく叱ってくれてたけどね。もっとも学校公開っつーことで、新人先生も緊張していたのかも。それにうちのガキの小学校の学校公開は1日だけだったし。これが1週間もあったら先生も生徒ももっと普段通りに授業が出来ているような気もするなあ。

>ウン十年ぶりの小学校はまったくもって昔の感覚でいちゃいけないところなのですね…。

私なんか40年ぶりだからねー、ギャップは色々本当に大きいよ……。
2007/11/11(Sun) 23:15 | URL | tsumire→ともぞうさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック