ガリレオ 第5回(11月12日放映)。えー? 死亡推定時刻に遺体現場が密室状態だったから密室殺人!? なんだそりゃー。その後にいくらでも楽勝で証拠隠滅できたって何事!? それに気づかない警察って何? ミステリーとして甘すぎるんじゃないのか? 原作もこんなぬるいトリックなのかなあ。でも今回はドラマとしてとても割とまとまっていたし、各キャラのバランスがよかったように思うし、バカバカしい実験をこれでもかとやらかしてくれたし、何よりもやっぱりニコ、違う、大後寿々花がよかったよ……(しみじみ)。もう少しニコ(だから違う)、大後寿々花を見ていたかったなあ。

あとなー、自分の後始末はちゃんと自分でやれよ、とか思いましたよ。奥さんに後始末させるなんてサイテー。私だったら手伝わないよ(←そういう問題ではない)。それに奥さんに手伝わせるならもっと別な死に方もあっただろとか(え? 違う?)、どうせなら1年経ってから死ねば自殺でも保険金出るんじゃねーの?とか。まあ1年待てない経済状況だったんだろうけど、だからって練りに練って作り上げた自殺のシナリオがあれか? 手はすごくこんでいるんだけど別にそういう死に方じゃなくてもいいじゃん(と言ったらドラマにならないのか)、これじゃ娘(大後寿々花)に無計画で先の事は何も考えてないと言われても仕方ないよなあ、とか。この死んだ男の最大の悲劇は自分がそういう底が浅いオバカさんだってわかってなかったところかなあ、だから借金だらけになっちゃうのか? とか。

さて湯川(福山雅治)と内海薫(柴崎コウ)の方は、なーーんか普通に月9進行していて、わたしとしてはガッカリだ。製作者側としては純粋ミステリードラマとして作るにはあまりにも不安だったので、保険のつもりで恋愛モードも漂わせちゃっているのかなあ。今回結構いい感じにまとまっていただけに、やっぱりそっち方向に行くのは非常に残念だ。

さて来週のゲストは堀北真希と手塚理美ですよ。このドラマ、やっぱりゲストにかなり左右されるよなあ。
関連記事
テーマ:ガリレオ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
ニコはここでもニコにしか見えなかったわたし・・・・・・・・・・あの役、インパクトあったからなぁ。わたしも自殺後、後始末を押し付けられたら、めちゃくちゃ腹が立つと思う。本人の了解も無くこんな面倒くさいこと押し付けやがってって。いくら形見でも夫の首を絞めた弓を残しとくのも嫌だし。まぁこんなこという妻には、夫も命を懸けてまでお金を残そうとは思うまい。
今週も、tsumireさんもわたしもまたまた雑念入りまくりの試聴でしたね。
2007/11/13(Tue) 17:30 | URL | suika | 【編集
後始末もねぇ、もっと手がかからない方法でやってほしいよね(え? そういう問題じゃない?)。私も形見はいらないや。置く場所ないし(そういう問題でもない?)。形見って下手にもらうと捨てるにしてられないんだから、ちゃんと捨て置けばいいのに。

>今週も、tsumireさんもわたしもまたまた雑念入りまくりの試聴でしたね。

そんだけ入り込んで見てないっつーことだよなあ。でもまあ、こんだけ突っ込みどころ満載でなおかつ別に福山に興味もなきゃ仕方がないよなあ(←開き直り)。
2007/11/13(Tue) 19:56 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
そうそう、ニコの子(?)いいね。
水野美紀も久しぶりに見たなぁ。いつのまにやらお母さん役なのね。

以前 山ノ内豊をけなして総スカン喰った同じメンバーと話してて、福山を「あーゆーガキ顔がなんで人気あるんだろ~?」と言って、再度総スカン・・。失礼しやした。

私だってニコラスケイジみたいな際ものばっか好きな訳じゃない。長瀬君みたいなアイドルもちゃんと好きだけど、福山は薄い(いや髪じゃなく)。せめて閃いた時にもっと変人オーラ出すとか。
2007/11/13(Tue) 23:57 | URL | oha~ | 【編集
山ノ内豊って誰だかわからなくて真剣に検索しちゃったよ。でも出てこなくてさー、Googleには「もしかして竹野内豊?」とか聞かれるし、山内一豊も出てくるし、Wikipediaにも項目ないし、Yahoo検索では株やっている人の名前が出てくるし。gooで検索したら「山一證券といえば田中美佐子と山ノ内豊」という言葉が出てきたので、オオッやっとでた!と思って山一證券のCMについて検索してみちゃったよ。……どうやらGoogleが正しかったみたいだな。福山雅治系の薄い男というなら竹野内豊なのね。納得。

まあ、とにかく決着がついて一安心(え?)
2007/11/14(Wed) 06:46 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
薫  「犯人は?!」湯川 「湯川です」(←携帯電話の相手に向かって)って会話の流れに、「お前(湯川教授)が犯人かい!( ̄□ ̄;)!!」と思わずノリツッコミをしちゃったのは私だけですか?(←マジ)さらに言えば、今週は、コンクリの上に数式を書きなぐった湯川...
2007/11/13(Tue) 06:11:34 |  読書とジャンプ
回が進むにつれて、湯川はどんどん饒舌に、内海がどんどんコミカルに……。事件の重さとのギャップを、秋穗の設定が、うまくバランスを取っていたように感じます。
2007/11/13(Tue) 08:40:23 |  伊達でございます!
ガリレオですが、長野県のペンションで少女(大後寿々花)が火の玉を見ます。父親の工房を窓から見るのですが、それを母親(水野美紀)に伝えます。最初二人が親子かどうかも分かりませんが、少女は自分の父親を「あの人」と呼びます。 内海薫(柴咲コウ)は相変わらず大...
2007/11/13(Tue) 14:52:48 |  一言居士!スペードのAの放埓手記
『絞殺る(しめる)火の玉の謎と完全なる密室殺人』
2007/11/13(Tue) 18:24:32 |  ぐ~たらにっき