東京メトログッズ今週の木曜日、小学校で社会科見学の授業があり、子ども(小三)は弁当を持ってパン屋さんと中野の地下鉄検車工場見学に行ってきたのだが、私が帰宅すると居間はいまだかつてないくらいすさまじいちらかり具合だった。地下鉄検車工場でもらった地下鉄グッズを開封して散らかしまくり、多分先生に今日の事はちゃんとメモしておくようにいわれたのだろうが、そのメモが何十枚も散らばっている。もちろん持っていったリュックサック、水筒、敷物、社会科見学のしおり、帽子、脱いだままの靴下、長袖のTシャツなども片付けずにテレビアニメを見ているのである(あと、彼女のせいではないのだが、父親が読み散らかした新聞と新聞広告がこれまた床に散乱していた)。

早速ちゃんと片付けるように注意し、私は夕飯の支度をはしめたのだが、ふと見るとやっぱり片付けもせずにテレビを見ている。そこでまた注意する。夕飯の支度をする。またテレビを見ている。で注意する。夕飯の支度。テレビ見てる。注意。……というのを5回くらいやった時にまた見ると、今度は私宛に来た手紙を勝手に開けて中を見ているのである。これにはさすがに私も頭に来て、「やらなきゃならないことを全然やってないくせに何やってるのーーー!!! 他の人宛に来た手紙を勝手に開封して、中身を見るなんて泥棒と一緒だよ!!」とこれまたいまだかつてないくらい強い調子で叱ったのである。

まあ、もう私宛に来る手紙なんざ他人に見られても別に嬉しも恥ずかしくもないものばかりで、現にこの時も手紙の中身は来年度のスケジュール帳だったのだが、他人の手紙を見るというのは他人の権利の侵害の第一歩でもあるのでかなり厳しく叱ったのだ。

しかしなんだな、前にテレビで「恋人の携帯電話をこっそり見たことがある」という設問に半分以上がYESと答えていたが、なぜ恋人(あるいは夫)とは言え他人の携帯電話を勝手に見て平気でいられるのかまったくわからん。これが手紙だったらもう少しハードルは高いはずだと思うが、携帯だとちょっと開くだけ、ちょっとボタンを押すだけだから罪の意識がないのであろうか。少なくとも他人の手紙の勝手な開封は犯罪である(刑法第百三十三条  正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する)。

まあそれはともかく。いつもなら言い返す子どもも私のあまりの剣幕に珍しくすっかりしょぼんとしきっていた。子どもはいつもチラシの裏にお話や漫画を描いたり、その日あった事を書き散らしているのだが、この時は見てみたらチラシの裏のすみっこの方に小さい字で「おかあさんに……しかられた」と書いてありましたよ。

と、そんな話を会社で同僚のNさんに話したところ、「しょぼんとするなんてまだ素直でいいじゃないのー、うちの子(やはり同じく小三)なんか最近じゃ言い返すからねぇ」と言っていたのだった。

Nさん「地下鉄の工場だなんて面白そうだよね。私も行ってみたいなあ」
私「いいかもね。それに色々地下鉄グッズをたくさんもらってたよ」
Nさん「でも大人だとそう簡単に見学させてもらえないか」
私「Nさんも結構鉄っ気あるんじゃないの?」
Nさん「大人でも自由に見られるんだったら鉄ちゃんとか沢山来ると思うんだけどなあ。でも大人だったら地下鉄グッズはくれないか」
私「景品目当てかよ。でも私もすっかり開封して散らばっている地下鉄グッズを見て、これじゃ他には売れないな、とか一瞬思ったよ」
Nさん「でしょ? 結構高く売れたりするんじゃないの?」
私「どうかなあ。じゃヤフヲクでチェックしてみるか」

素直に工場の仕組みなんかを観察しようという気持ちなどかけらもない腹黒な私達だった。
関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
へぇぇ~、結構いるんだねぇ、ひとの携帯電話見れる人。でもその人達もきっと自分の携帯を見られるのは嫌なんだろうにね。手紙も子供宛のものは開封はしないけど、塾や教材のDMはそのままゴミ箱行きだな。
もう随分長い間真剣に子供を叱ったことがないなぁ。体力、気力ともに衰えたとも言える。tsumireさん、まだまだ頑張れ~
ちなみにわたしもこの記事読んだ瞬間、「あーあ、開封しちゃったら売れないじゃん」って思った腹黒い大人の一人です。

2007/11/17(Sat) 20:20 | URL | suika | 【編集
いやあ、私もかなり衰えているんだけどねぇ……小学生のうちに叱るもんは叱っておかないとなー。でもまあ、私なんかまだマシな方で、47歳で長男(4歳)を叱っている同僚のNさんはもっと大変なことだろう(もっともダンナは6歳年下だが)。

しかし東京メトロも結将来の客とはいえ、構太っ腹。社会科見学がちょっとうらやましかったよ。
2007/11/17(Sat) 23:06 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック