医龍 Team Medical Dragon2 第8回(11月29日放映)。サブタイトルの「絶対に許せない麻酔医!!」ときたらやっぱり小高(大塚寧々)のことかと思いきや、まったくの別人。しかしね、急な手術が入って小高の帰りが遅くなってしまったために息子の智樹(本郷奏多)が喘息の発作で倒れたままになっていて、しかも腕の悪い麻酔医の手にかかって半身麻痺になったからって、黒田(野村宏伸、本当に久しぶりに見たわ)が元妻の小高を許せないっていうのはお門違いだろ。あんただって遅れていたじゃないの。それにだいたい、ベビーシッターは私も子どもが小さい頃はよく利用したけど、たとえ約束の時間が来たとしても、保護者の手に引き渡して確認もしないままそのまま帰っちゃうなんて、ちゃんとしたシッター業者ならあり得ないがなあ。

それはともかく。今回は院長・善田(志賀廣太郎)と野口(岸部一徳)の間に何か確執があったらしいことがわかるが、院長が野口の事を悪く言うのはわかるけど、野口が「憎んでも憎み足りないヤツ」なんて言うなんて、いったいどんな事があったのか気になるところだ。もしかして野口があんな性格になったのも全部院長先生のせい? 一方片岡(内田有紀)は院長の「移植を心待ちにしている患者」という言葉に反応する。身内に移植待ちの人がいるのか、それとも移植待ちをしているうちに死んでしまった人がいるのか。

ところでバーで並んで座っていた荒瀬(阿部サダヲ)と小高、小高の方が手前で荒瀬が奥の方だったのに、荒瀬の顔、でかっっ! 遠近感が狂ってるんじゃないかと思ったくらいだ。

まあ黒田と小高の息子・智樹の手術は、途中で小高が麻酔医として参加した事で無事成功し、小高もチーム入りですよ。私も何度も外科手術は受けているけど、手術の前日までに担当の執刀医の他に麻酔医もわざわざ挨拶と説明に来ていて、なんで麻酔医までこんなに丁寧に説明してくれるんだろうとかいつも思っていたもんだったが、このドラマを見ると手術における麻酔医のポジションってすっごく重要な物だったっていうのがよくわかるなあ(私が無知すぎなのか?)。でもって、Gメン75みたいにみんなが並んで廊下を歩くシーンに小高も仲間入り、こういうチームって言うのは大抵奇数なんだが数えてみたら6人、あれ? 足りない? と思ったらすっかり自信喪失してしまった伊集院(小池徹平)が屋上でやさぐれてましたよ。

さて来週は朝田のチームと鬼頭(夏木マリ)のチームの対決? でも心臓移植っていうのは、心臓を取り出すチームと心臓を移植するチームの二つのチームの連携が必要な手術らしいから対決ってことはないよなあ。しかもいきなり野口の心臓発作で「つづく」ですよ。ここに片岡の身内の移植待ちの患者が入ってくるのか? 来週も目が離せない……とか言いつつもチャンネル権を奪われてまたもや土曜日視聴になっちゃうんだろうが。

あ、そうそう、院長先生のためらいがちなウィンウィン、ヘタするとよぼよぼなじいさんの腕が震えているだけのように見えなくもないですよ。
関連記事
コメント
やっぱりあの小高に対する父親の感情は不自然で無理があったなぁ。恨むところが間違ってるよね。それにしても小高のハイヒール、音がうるさいんですけど。病院であんなカッツンカッツン音たてちゃだめでしょ。外反母趾にもなっちゃうし。伊集院のやさぐれ具合はジメジメしててカビが生えそうでしたな。
もうなんか主役は朝田じゃなくて、院長と野口って言っていいんじゃないかと。濃すぎるよ、この二人。
2007/12/02(Sun) 12:47 | URL | suika | 【編集
>病院であんなカッツンカッツン音たてちゃだめでしょ。

だいたい医者も看護士も緊急事態で走り回る事だって多いのに、あのハイヒールじゃ走れないよなあ。……は? もしかしてハイヒールで走れないのは私だけか?

>主役は朝田じゃなくて、院長と野口って言っていいんじゃないかと。

そうねぇ。それで私とsuikaさんはいいとしても、客は呼べないよなあ。あの二人じゃ。どうせならもっと客を呼べそうなジジィも入れときゃいいのか(って、誰だ?)。
2007/12/02(Sun) 21:35 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
 Ψ( ̄∇ ̄)Ψにゃはは~~!! 遠慮がちにwinwinポーズを決める善田院長に萌え~~!!  さて、野口に宣戦布告した院長(志賀廣太郎)、大昔に野口(岸部一徳)と 一緒に写した写真を見ながら、闘志を燃やしてましたよ・・ って・・後ろ右側がサリーで・・・その...
2007/12/02(Sun) 19:20:47 |  トリ猫家族