風林火山 第49回(12月9日放映)。いよいよ来週が最終回。1年間も続くドラマを通して見たなんて本当に久しぶりだったなあ……とかいいつつ飛び飛びにしか見てなかったのだが。さすが最終回に向けて回想シーンも多くなり、山本勘助(内野聖陽)も多分リアルなんだろうけどドラマの主人公としてどうよな風貌(ハゲ、眼帯、真っ黒、人相悪すぎ)な訳だけど、回想シーンの勘助は(メイクのせいもあるのだろうけど)ちゃんと若い姿だったのには感心。やっぱり少しずつ年を重ねてきていたのね(当たり前だ)。また武田信玄(市川亀治郎)の弟・信繁(嘉島典俊)はこころなしかふっくらとした顔になってていて、もしかしてオヤジ(っつーても37歳という設定だが)という役柄に合わせての役作り?とか思いましたよ。

ハゲ祭り続行中の「風林火山」、しかし勘助は怪物のようだし、信玄は肖像画そのままとはいえ首が短いせいか鎧を着ているせいかなんか置物みたいな感じがあるんだよなあ。その点我らが真田幸隆様(佐々木蔵之介)のハゲっぷりの美しいこと。チラッと見た後頭部に微かに10円ハゲのような箇所があったような気がするので、もしかしたら本当に剃っているのかなあ(信玄と勘助はリアル坊主)。蔵之介には次回も是非ハゲ、ちがう、僧侶の役なんかをやってみていただきたいところだ。あとできれば駒井政武(高橋一生、やっぱりヒゲは変)と馬場信春(高橋和也)にも(以下略)。

今回は川中島の戦い編。出陣に当たって香坂弾正(田中幸太朗)が勘助に「お先に参ります。父上ご武運を」とか言っている訳ですよ。まあ、勘助の養女のリツ(前田亜季)の婚約者なんだから義理の父親であることには変わりはないんだけど、でも香坂弾正といえば歴史上、信玄の愛人として有名だった人ですよ。そして現代において日本の同性愛者の皆様が結婚相手と思う相手と家族になるために養子縁組をすることがあるということを考えると、この「父上」発言にはただならぬものを感じるね(はっ、腐女子入ってた??)。

一方、上杉謙信のGacktだよ。見てて「ちゃんと髪の毛はしばっておけ」と思った私は偏屈なのか? しかも陣中で琵琶をビロンビロン鳴らしててうるせーーーっ!(基本的に、Gacktの謙信が嫌いなんだな)。

で、海津城に陣を張っている武田軍は、軍勢を二手に分けて真田・相木(近藤芳正)らの別働隊を夜中に上杉軍が陣取っている妻女山へ接近させ、夜明けと共に一斉に攻めて、驚いた上杉勢が妻女山を下りたところを平地に布陣した本隊が挟撃するという作戦(啄木鳥戦法)をとったが、謙信の軍師・宇佐美(緒形拳、渋くてカッコエエ)に見破られていて、妻女山を襲撃した時はもぬけの殻となっていた。ここで一瞬「こういう時に携帯電話があれば便利だったのに~」とか思ったうえに「あ、真田っち? なんか上杉ったら全部こっちの方に軍勢集めちゃってたみたーい、ごめんねー」「ウソ、マジヤバじゃね?」という会話まで浮かんでしまった私は時代劇を見る資格なし。だいたい携帯電話がある現代の戦争でも、傍受される危険がある携帯電話なんか使わないっつーの。

さて来週はいよいよ最終回。こんな渋い男優さんてんこ盛りなドラマもしばらくは見られないわね。来年から始まる「篤姫」は大奥がメインになるだろうから、女優さんの方が多いだろうしね。
関連記事
テーマ:テレビ番組・ドラマ
ジャンル:日記
コメント
>もしかしたら本当に剃っているのかなあ
えっっ!?ってことは、「医龍」のほうはヅラ?
ふっふっふっ、「父上」って言葉でそこまで深読みするのは腐海の住人だけ。めくるめく倒錯の世界へようこそ。まぁハゲシブが好きって言う変わり者ジャンルだけど。(わたしなんかそちらの世界でも一般ピーポーだから、tsumireさんの好みはディープ過ぎて、ついていけんが。でもGackt系もダメダメだけどね)
それにしても「風林火山」でも雑念入りまくりじゃないのさ。これがtsumireスタイルってことかも。
2007/12/10(Mon) 17:39 | URL | suika | 【編集
>えっっ!?ってことは、「医龍」のほうはヅラ?

そこらへんがビミョー。蔵ノ介のハゲを確認するためだけにもう一回録画を見直すヒマもないしな。でもヅラ疑惑を否定しきれない髪型ではあるけど。

>tsumireさんの好みはディープ過ぎて、ついていけんが。

え? 私の好みは著しく偏ってはいるけどさー、そんなに濃くはないと思うんだけどなー(認識不足??)。大丈夫、suikaさんも十分に素質あるから(なんの?)。

>それにしても「風林火山」でも雑念入りまくりじゃないのさ。

そこが十代と違うところね……(遠い目)。
2007/12/10(Mon) 22:51 | URL | tsumire→suikaさん | 【編集
いやぁ~会社では「腐女子」と指を指されているP子ですが、流石に風林火山でこんな風には観てませんでした。
せいぜい最後にまた趣味の良さげな男(香坂弾正)を出して来たな位でしたし歴史的にそちらで有名という事も知りませんでした。

Gacktの上杉謙信はあんなもんと思っているせいか気にならないのですが、ただあの琵琶演奏。琵琶ってあんな風に演奏する楽器なんでしょうか?
ミュージシャンGacktを落としているような気がします。
NHKの撮影は意外と早く終わるみたいだから医龍の撮影までに髪が間に合ったのでは?それとも蔵様のこだわりで10円ハゲを作ってもらったかつらとか?





2007/12/10(Mon) 23:25 | URL | P子 | 【編集
あ、書き忘れ!
前回と今回のP子的HITは緑摩子。
声がYOUそっくりだったので驚いた。
久々だと忘れているなぁ
2007/12/10(Mon) 23:28 | URL | P子 | 【編集
>流石に風林火山でこんな風には観てませんでした。

腐女子ではない私ですが、こんだけ野郎ばっかりなドラマだと、あちらの世界ではネタには困らないんじゃないでしょうかねぇ。現に腐女子界の新進スター三浦しをん(え?)なんか、今回の大河ドラマは「新撰組!」以来ハマっているとかどこかに書いてたよ。

>前回と今回のP子的HITは緑摩子。

そうそう、お天気ババァの緑魔子ね、私も声がYOUに似ていると思ったわ。しかも緑魔子の周辺だけ60年代70年代の演劇っぽい空気も漂わせちゃってるの(とかいいつつ見た事まったくないけど)。
2007/12/11(Tue) 06:52 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
風林火山ですが、山本勘助(内野聖陽)は世に有名な啄木鳥戦法を進言します。川中島では濃い霧が出る日があり、天の利を利用する戦法です。軍を二手に分け、一手は妻女山を登り、上杉軍を下山させ、麓で本軍が霧を煙幕に待ち伏せして挟みうちにする作戦です。(風林火山、...
2007/12/10(Mon) 13:59:20 |  一言居士!スペードのAの放埓手記
とうとう最終回前夜ですね。長かったような「あっ!」という間だったような・・・。 さて本編と一緒に「風林火山クラブ」も最終回が近付いて参りました。今回は主人公「山本勘助」にスポットを当ててみたいと思います。さらに「風林火山流行語大賞」との2本立て企画にな?...
2007/12/10(Mon) 18:41:52 |  ブルー・カフェ