もういくつ寝ると、おーしょーおーがーつーー(←半分自棄気味)。本当にまあ、月日が流れるのは早いもんで、今週来週は今期ドラマの最終回ウィーク、そして来月からはまたもや新ドラマが始まってしまいますよ。ついていけてない私……。

1月7日、TBS月8「水戸黄門 第38部」(出演・里見浩太朗、原田龍二、合田雅吏他)。1月始まるとすぐに水戸黄門も始まっちゃうというのは、これを心から楽しみにしているお年寄りへの心遣いだよね。TBSの水戸黄門公式ホームーページを見てみると、第1部から第37部までのデータやらポスターをみることができるのもすごい。さすが国民的時代劇。

1月14日、フジ月9、「薔薇のない花屋」(脚本・野島伸司、P・関卓也、稲田秀樹、演出・中江功他、出演・香取慎吾、竹内結子、釈由美子、松田翔太、寺島進、三浦友和他)。「物語は、小さな花屋を営みながら8歳になる一人娘を男手ひとつで育てている物静かな男(香取慎吾)の元に、ある日突然、盲目の美しい女性(竹内結子)が現れるところから始まります。ヒューマンラブをテーマに、香取さん親子と二人を取り巻く様々な人たちにより様々な愛の形が描かれます」(番組公式ホームページより)。うーん、地味。でもって脚本が野島伸司かあ。慎吾ちゃんももう父親役をやるようなトシになったのね。しみじみ。

1月8日、フジ火9、「ハチミツとクローバー」(原作コミック・羽海野チカ、脚本・金子茂樹、演出・谷村政樹、松山博昭、P・瀧山麻土香他、出演・成海璃子、生田斗真、原田夏希、向井理、成宮寛貴他)。美大生たちの青春ドラマ、というと月並みな表現になってしまうが、言わずと知れたハチクロですよ。でも山田役が成宮寛貴かよーーーーと一抹の落胆を禁じ得ない。はぁ……。山田役には一番期待していたのだが。でも演出はあの「のだめカンタービレ」の演出家、これはもしかして期待してもいいかも?

1月15日、日テレ火10「貧乏男子 ボンビーメン」(脚本・山岡真介、演出・猪股隆一、P・櫨山裕子他、出演・小栗旬、八嶋智人、山田優)。「人がいいために他人の借金を背負ってしまう「等身大のバカ」が借金の返済のためにさまざまなことに挑戦するコメディ」(Wikipediaより)。「花より男子」や「有閑倶楽部」なんぞではセレブライフを思い切りバカバカしく描いてくれたものだが、今度は反対にどんなどん底ぶりを見せてくれるかが見所か?  

1月、フジ火10、「あしたの喜多善男・世界一不運な男の、奇跡の11日間」(原案・島田雅彦「自由死刑」、脚本・飯田譲治、演出・下山天他、P・豊福陽子他、出演・小日向文世、松田龍平、小西真奈美、栗山千明、要潤、生瀬勝久他)。「「あしたの喜多善男」は、島田雅彦氏の小説「自由死刑」をもとに、「沙粧妙子-最後の事件-」「ドラゴンヘッド」などで知られる飯田譲治氏が脚本を担当した。主人公、喜多善男(きた・よしお)は45歳、妻(小西真奈美)に逃げられバツイチ、借金まみれ。11日後に迫った親友の命日に自分も死のうと決めたところから物語が動き出し、思いがけない波瀾万丈な人生が始まる」(サンケイスポーツ)。いやあ、あの小日向さんが主役ですよ、主役。世の中イケメンばかりが主役の座を占めるとは限らないというのはなかなか面白いじゃありませんか。もちろん、押さえで松田龍平、要潤とか入っている訳だけど。

放映中、テレ朝水9、「相棒(第6シリーズ)」(出演・水谷豊、寺脇康文、鈴木砂羽、高樹沙耶他)。土曜日とかに再放送しているのをたまに見るとコンスタントに面白いというか安心して見られる刑事ドラマなんだけど、でも続けてみようという気に(あるいは録画して見ようという気に)なかなかならない。

1月9日、日テレ水10「斉藤さん」(原作コミック・小田ゆうあ、脚本・土田英生他、P・西憲彦他、演出・久保田充・岩本仁志他、出演・観月ありさ、ミムラ、佐々木蔵之介、古田新太他)。「世の中には、腹立たしいことがヤマとある。なのに…。我々ダメな一般人はついつい見て見ぬフリを決め込んでしまうもの。悲しいかな。今や、日本全国日和見主義。しかし! ここに、世の悪に敢然と立ち向かっていく命知らずの女性がいた! 彼女の名は……『斉藤さん』。悪いことを悪いと言って、何が悪い? 「KY」(空気読めない)という言葉がはやるように、いまの日本、何事もまわりの様子をみながら行動するのが無難で当たり前という風潮。そこに斉藤さんは斬り込みます」(日テレ公式ホームページより)。キャッチフレーズは面白そうなんだけどなあ、でも主演が観月ありさだし。 演出が「野ブタ。をプロデュース」「受験の神様」の人だけど、……パス。

1月17日、NHK木8、「鞍馬天狗」(原作・大佛次郎、脚本・古田求、川上英幸、演出・野田雄介他、出演・野村萬斎、京野ことみ、緒方直人他)。「鞍馬天狗」、私の時代劇好きの原点ですよ。前にも書いた事があると思うけど、1969年のNHK版(高橋英樹主演)、1974年の日テレ版(竹脇無我主演)、1981年のTBS版(草刈正雄主演)、1989年のフジテレビ版(中井貴一主演)、全部見ていた私は鞍馬天狗マニア? それともただのバカ? ただ木曜夜8時はつい「うたばん」の方を見ちゃうんだよな。

放映中、TBS木9「3年B組金八先生」(原作・小山内美江子、脚本・清水有生、演出・今井夏木他、P・柳井満、出演・武田鉄矢他)。いまさらだが金曜日の夜8時じゃなくても金八。しかもこれは来年の3月まで半年間放映するドラマだったのね。

1月、テレ朝木9「交渉人~THE NEGOTIATOR」(脚本・寺田敏雄、演出・松田秀知他、P・五十嵐文郎、出演・米倉涼子、筧利夫、高橋克実、安めぐみ、陣内孝則他)。「事件が終わってから動き出すのではなく、まさに犯罪が行われている現場に出向き、犯人と対峙するSITは、犯人と粘り強い交渉を行うなど、最前線で命がけの任務にあたっている。その任務の特異性から滅多に日の目を見ることのないSITの日常を鮮やかに描く『交渉人~THE NEGOTIATOR~』が、この冬、木曜ドラマに登場!」(番組公式ホームページよりより)。スタッフは米倉/松本清張三部作のスタッフだそうだが、私は見てなかったしな。映画「交渉人 真下正義」が面白かったのでそんな展開を期待できればいいんだけどどうかなあ?

1月、フジ木10、「鹿男あをによし」(原作・万城目学、脚本・相沢友子、演出・鈴木雅之、村上正典、P・土屋健、出演・玉木宏、綾瀬はるか)。「人間関係のもつれから神経衰弱扱いされ、奈良にある女子校に常勤講師として期間限定で赴任することになった“おれ”。古の都・奈良で英気を養い、研究室に戻る予定だった“おれ”を待っていたのは、生意気な女子高生と癖のある同僚教師たちと鹿。その鹿が「先生、出番だよ」と語りかけてきたことから“おれ”の奈良ライフは波乱に充ち満ちたモノになっていく…」(フジテレビ番組紹介より)。原作では歴史オタクの藤原君がドラマ版では女性(綾瀬はるか)に変更になり、鹿男役が玉木宏、って……ファンタジーにも程があるような気がするが。でも演出が鈴木雅之(「古畑任三郎」「HERO」「ショムニ」など)ってことはフジも結構力が入っているのかなあ。とりあえず第1回目は見てみよう。

1月17日、TBS木10、「だいすき!!」(原作コミック・愛本みずほ、脚本・篠崎絵里子、演出・竹村健太郎、P・山本和夫他、出演・香里奈、平岡佑太、紺野まひる、岸本加世子他)。「軽度の知的障害を持つ福原柚子は、同じ作業所に通う沢田草介との間の子供を妊娠していた。しかしその矢先に草介は交通事故で他界してしまう。周辺の人から「子育ては無理」と諭されるも柚子は子供を生んで育てていく決心をする。そこから、柚子のお母さんとしての日々が始まる」(Wikipediaより)。お、重そう……。パス。

1月11日、TBS金10「エジソンの母」(原案・山口雅俊、脚本・大森美香、演出・武藤淳、P・加藤章一、出演・伊東美咲、清水優哉、坂井真紀、谷原章介、杉田かおる、松下由樹他)。「このドラマは現代のエジソンとも言える才能を(たぶん)持ったひとりの少年の担任となってしまった女教師・規子の視点から、少年の小学校で巻き起こる大騒動、その子を排除しようとする周囲の親や教師たちと、少年の可能性を信じて見守ろうとする少年の母の闘いの様子をコメディタッチで描く」(番組紹介ホームページより)。Wikipediaにはわざわざ「近年の金曜ドラマとしては珍しく、このドラマはジャニーズ事務所所属の芸能人を一切使用していない」なんて書いてありますよ。確かに最近のドラマは必ず誰か入っているもんね。でも勢いのある若手俳優を選ぶとなると事務所のしがらみを抜いたとしても、どうしても入ってきちゃったりするんじゃないのかなあ。

1月18日、テレビ東京金8、「幻十郎必殺剣」(原作・黒崎裕一郎「冥府の刺客」、出演・北大路欣也、戸田菜穂、尾美としのり他)。「元南町奉行所同心・神山源十郎(北大路欣也)は、同僚を殺害した罪で死刑を執行されたが、実際に首をはねられたのは身代わりの罪人。この世によみがえった源十郎は、自分が罠にはめられていたことを知らされ「幻十郎」として悪に向かい豪剣をふるっていく」(スポーツ報知)。この世の影として生きることになった男の復讐の物語、ってどこかで聞いた話のような……「モンテクリスト伯」か?

テレ朝金9「4姉妹探偵団」(原作・赤川次郎「三姉妹探偵団シリーズ」、出演・夏帆、中越典子、加藤夏希、市川由衣、吉沢悠、生瀬勝久、室井滋他)。原作では三姉妹なのを四姉妹に変更って、数が多けりゃいいのか? ここに生瀬勝久が出て来るって事は多分とんちんかんなことをやらかす刑事役?

1月11日、テレ朝金11「未来講師めぐる」(脚本・宮藤官九郎、P・中込卓也、出演・深田恭子、勝地涼、武田真治、黒川智花、正名僕蔵、星野源、田口浩正、船越英一郎、地井武男)。「「未来講師めぐる」は、クドカンこと宮藤官九郎のオリジナル脚本によるコメディー。深キョン演じる主人公の進学塾の英語講師・吉田めぐるは24歳の誕生日をきっかけに、満腹になると周りの人の20年後が見えてしまうおかしな能力に目覚める。塾の生徒や恋人の知りたくない?未来が見えてしまうことに悩みつつも、持ち前の正義感で恋に仕事に奮闘するコメディー」(スポーツ報知)。「モップガール」に続いて深夜枠はまたもや時間SFファンタジー? 深キョンvsクドカンは見てみたいような、どうでもいいような……。まあ第1回目は録画して見てみます。

1月12日、日テレ土9「1ポンドの福音」(原作コミック・高橋留美子、出演・亀梨和也、黒木メイサ、小林聡美、もたいまさこ、岡田義徳、高橋一生、田中要次)。「亀梨演じる畑中耕作は、19歳でボクシングのプロテストに一発合格。デビュー戦を1ラウンドKOで飾り、天性の逸材と騒がれるが、その後は連敗…。減量中に我慢できず、ラーメン、カツ丼、ハンバーグを平らげ、試合中も食べ物に気を取られノックアウトを食らう筋金入りの根性なしボクサーなのだ」(スポーツ報知)。ボクシングブームだから?? 亀梨には何の興味もないけど脇役トリオ岡田義徳(よっちゃん!)・高橋一生(「風林火山」「医龍2」)・田中要次(「あるよ」)は見てみたい。あと小林聡美ともたいまさこがでるならいっそ室井滋も出せばいいのに。

1月19日、NHK土9、「フルスイング」(原案・門田隆将「甲子園への遺言~高畠導宏の生涯」、脚本・森下直他、出演・高橋克実、伊藤蘭、塚本晋也、本田博太郎他)。「「教える」ことに人生の全てを捧げた一人の男がいました。打撃コーチ高畠導宏さん。七つのプロ球団を渡り歩き、落合、イチロー、小久保、田口を始め、30人以上のタイトルホルダーを育てた名伯楽は、58歳で福岡の高校の教師になりました。高畠さんは30年のコーチ人生で培った優れたコーチング力で、悩める思春期の子どもたちと現場の教師たちを大きく変えていきます。自ら、悩み、迷い、葛藤する姿をさらけ出す素敵さ。高みから何かを教えるのではなく、「生きる力」を伝えようとする熱意。「俺だけの先生」「私だけの先生」と子どもたちに思わせる「好きにならずにいられない」教師の姿がそこにありました。わずか1年でがんに倒れ、志半ばで逝去した新米教師「高さん」と、彼の思いを受け止め、成長していく子どもたちと教師たちの感動の実話をドラマ化します。」(NHK番組紹介より)。え? 主演が高橋克実? 高橋克典の間違いじゃない?? さすがNHK、やることが大胆。この間の「新・マチベン」といい今度の「フルスイング」といい、頑張るオジサンたちを応援している?(高橋克実、全然関係ないけど、私よりも年下なんだよなー。ガックリ)。

1月6日、NHK日8、「篤姫」(原作・宮尾登美子「天璋院篤姫」、脚本・田渕久美子、演出・佐藤峰世、P・佐野元彦、出演・宮あおい、堀北真希、瑛太、稲森いずみ、高畑淳子、堺雅人他)。来年のNHK大河ドラマは江戸幕府13代将軍・徳川家定の正室である天璋院(篤姫)が主人公。今やっている「風林火山」がむさ苦しい野郎ばかりのドラマなのに対して今度は女ばっかり、大奥がメインの舞台。幕末ものは嫌いじゃないんだけどこれにはあまり心惹かれない……。

1月20日、TBS日9「佐々木夫妻の仁義なき戦い」(脚本・森下佳子、演出・平川雄一朗、那須田淳、P・高橋正尚、出演・稲垣吾郎、小雪、小出恵介、酒井若菜、古田新太、山本耕史、桜井幸子、江波杏子、西村雅彦、藤田まこと他)。「性格が正反対の弁護士夫婦が繰り広げる、夫婦げんかや離婚戦争の騒動を描くラブコメディー」(Wikipediaより)。ゴローちゃんには何の魅力も感じないが、なんだか他のキャストがすごい。

1月ドラマは「あしたの喜多善男」「鞍馬天狗」「鹿男あをによし」あたりかなあ。「ハチミツとクローバー」「貧乏男子 ボンビーメン」「未来講師めぐる」「1ポンドの福音」はとりあえず第1回目だけ見てから様子見、「篤姫」も1回目のみチェック、なんだかんだいいつつ感想は書かないけど「フルスイング」はひっそり見ているかも。
関連記事
テーマ:テレビドラマ
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
えっっ、もう新番組の季節?早いなぁ。今季の拾い物は「SP」かな。「医龍2」はあの坂口憲二が爽やかに見えた不思議なドラマとして記憶されました。
来期、気になるのはやっぱり小日向さんの「あしたの喜多善男・世界一不運な男の、奇跡の11日間」かな。でも要潤って押さえになってる?「斉藤さん」は確かにキャッチフレーズは面白そうだけど、そういう人物設定を観月ありさがするとなると、なんだか一時間キャンキャンわめいてばかりの女が想像されて、疲れるな。「鞍馬天狗」、奥様、嵐寛寿郎のほうはごらんになってないんで?(いくつだと思ってるんだか)「1ポンドの福音」、脇は大層魅力があるけど、亀がなぁ・・・・・・・・・・(だからこそのこの豪華脇役陣?)
まぁいずれにしろ、わたしの場合は家族が見ているものを横からちら見してる程度だから、どれもあまり記憶に残らなそう。ちなみに今年の大晦日は「ガキ使・罰ゲーム」をやるって本当?これは絶対に見逃せない~!

2007/12/13(Thu) 16:59 | URL | suika | 【編集
私は今期は「医龍2」「風林火山」「SP」かな。「ガリレオ」は突っ込んで楽しんでいたといえば楽しんでいたかも。

>要潤って押さえになってる?

え? もう押さえになってない? 「動物のお医者さん」で二階堂をやった過去が響いてる?

観月ありさはねぇ、本人は別に嫌いでもなんでもないんだけど、出て来るドラマどれもこれもなんか嫌。ほんと、疲れるわ。嵐寛寿郎はテレビドラマじゃないし~(私が物心ついて以降に、テレビドラマでやってたらもしかして見ていたかもしれん)。

>ちなみに今年の大晦日は「ガキ使・罰ゲーム」をやるって本当?

え?本当?それはちょっとチェックしてみるわ。
2007/12/13(Thu) 17:07 | URL | tsumire→suika さん | 【編集
コメント読んだ時点でイメージありありなドラマはパス。saikaさんの観月ありさ評、あまりにどんぴしゃで感心しきり。
Kさん、なんやかや言って「フルスィング」を熱心に見てそうじゃん。主役はあのてっぺん薄い人でしょ?
「風林火山」が見ごたえあっただけに、大奥、女のドラマ、ちゅう時点でもうダメだわ・・・。

ところで要潤出演で「ピューと吹くジャガー」っつう、うちの子が好きな訳の分からんギャグ漫画がドラマ化するって聞いたけど、次期じゃなかったのね。いや別に興味はないのだが、ジャ-ジ穿いた聖徳太子を誰がやるのか、ちょっと知りたかっただけ。
2007/12/13(Thu) 23:36 | URL | oha~ | 【編集
>Kさん、なんやかや言って「フルスィング」を熱心に見てそうじゃん。

いや、別にハゲだから、じゃなくて(高橋克美実には興味ないし)。土曜夜9時のNHKドラマはものすごく地味だけど秀作が多いのよ。

>ところで要潤出演で「ピューと吹くジャガー」っつう、

一体そりゃなんだ??と思って検索してみたら来年1月から公開される映画なのね。映画の方は興味ないけど、マンガの方が面白そう。ちょっと見てみるね。でもジャージはいた聖徳太子って(わけわからんが)、この中にいるの? もしかしてカルーセル麻紀?
http://www.liverp.co.jp/jaguar/cinema_cast.html
2007/12/14(Fri) 06:29 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
なんか今回のクルーはやたら早く感じました。ハマるドラマが無かったせいでしょう。ハマったのはアニメの「もやしもん」だけ?でもこれも今週で最終回だから短かったなぁ。
「斉藤さん」は原作の漫画は確かに面白いけどアレをドラマにしようとすると「水戸黄門」的作りになりそうで早くもパスしたいけど1回目はみるかも?
「ピューと吹くジャガー」の要潤、なんてピッタリな配役!!これは期待大です。
2007/12/16(Sun) 21:17 | URL | P子 | 【編集
私も今回はやけに早く感じたのだけど、それは何かとバタバタ忙しかったせいもあるかなあ。リアルタイムで見られない事も多かったし。

今度のドラマの原作漫画はハチクロ以外全然見てないなあ。映画化の「ピューと吹くジャガー」も見てないし。もっと色んな作品を読むようにしないとなー。
2007/12/17(Mon) 06:41 | URL | tsumire→P子さん | 【編集
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
tsumireさん同様、私も小日向さん主演ドラマに
期待!
2008/01/02(Wed) 15:14 | URL | ちーず | 【編集
あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。そしてトラックバックありがとうございます。
毎回、ちーずさんのサイトには本当にお世話になっています(ドラマを見てもすぐにあらかた忘れてしまうというボケっぷりなので……)。ありがとうございます。あれだけの記事を書くのは本当に大変なことと思いますが、これからも楽しみにさせていただきます。
2008/01/02(Wed) 18:29 | URL | tsumire→ちーずさん | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/03(Thu) 04:18 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
いつもどおりです。しばらく一番上に置いときます。
2007/12/13(Thu) 23:35:27 |  つれづれなる・・・日記?
2008年1月期 気になるドラマ一覧表 (1月期ドラマがスタートするまでトップに置いておきます) 時間局番組名出演者R月 21:00 フジ 薔薇のない 花屋 香取慎吾 竹内結子 松田 翔太 ◎火 21:00 フジ ハチミツと クローバー 成海璃子 生田斗真 成宮寛貴...
2008/01/02(Wed) 15:17:01 |  どらま・のーと弐