あしたの、喜多善男 第1回(1月8日22時放映、フジテレビ)。いやあ、小日向さんすごいわー。ネガティブ喜多善男と対峙し葛藤する場面なんざなんかシュールな舞台劇を見ているようでしたよ。大した展開があるドラマでもないのに、なかなか飽きさせないし、また、こんなオヤジが(←非常に失礼です)これから死ぬまでの(そしておそらく生きる決心をするまでの)11日間を描くというめちゃくちゃ暗くなってしまいそうなドラマを作っちゃうというのもこれまたすごいかも。

善良だがさえない中年男・喜多善男(小日向文世)は、たった1人の友人だった三波貴男(今井雅之)の命日である11日後に自分も死のうと決意するが、そんな彼の前に次々とうさんくさい連中が現れる。

キャバクラのスカウトマン・矢代平太(松田龍平)はもちろん二癖も三癖もあり絶対喜多善男を利用して何かしようとしているに違いないし(予告では保険金を狙っているようにも見えるが)、その平田の恋人のリカ(栗山千明)もかたぎそうには見えるものの、フジのホームページによれば多額の借金をしているということだしなかなかどうしてこれまたフツーじゃないし。

そして喜多善男が11年前に結婚し半年で離婚した元妻・鷲巣みずほ(小西真奈美)は喜多善男の後に結婚した相手が事故死したことで、保険金殺人をやらかしたのではないかと保険調査員の杉本マサル(生瀬勝久)ににらまれているが、これまた超うさんくさい時効課の課長、違った、カウンセラーの江端(岩松了)に喜多善男の悪夢を見ることを悩んで相談しているのが、なんかのアリバイ臭いし。それにしても時効課の課長ったら、こんなところでこんなうさんくさい役をやってたなんてナイス。なんかついついあの「時効警察」のノリでなんかとんでもないグッズ(崖とかね)をカバンから出しちゃったりしないかなあとか、無駄な期待もしちゃうわね(←しません)。

喜多善男が3年前に会ったことのある落ち目なアイドル・宵町しのぶ(吉高由里子)のノリも結構妙ちきりんで、そのくせ「死んでも魂は残っていると言うことをキリストが言えば信じるのに、隣のおじさんが言うと信じないって変」などと結構まともなことを言ってたりして、これまた楽しみなキャラ。

なんでしょうかね、こういった濃い脇連中だけでなく、死ぬ覚悟をした喜多善男が頼まれて初めてしたサインが「明るい未来」「生きる希望」だったというように、苦笑いを楽しむドラマでもあるかもしれない。あと、ネガティブ喜多善男 がいるということは、これからポジティブ喜多善男 も出てくるのか? けど、きっと視聴率はとれないわね。フルヌードが出てきても、なんせ小日向さんの裸だったしね。でもこれは来週も楽しみかも。
関連記事
コメント
おもしろかったわ。
フジにしては予定調和的でないのがいいね。
松田龍平は喜多善男と全く生活圏の違う人間として出会い、たぶん利用しようとしてるんだろうけど、自分の周りにいない人種として新鮮で面白がってる感じが出ててよかったわ。
小西真奈美と栗山千明はどちらも謎が多そうだし。
時効課の課長、時効警察の印象が強すぎて なんだか普通にしゃべってても笑っちゃったよ。

ーきっと視聴率はとれないわね。
 最近、視聴率が全く自分の感覚と合わなくて驚く。
NHKの朝の連ドラ、時々しか見てないけど、時々見るだけでもおもしろいのよ。
でもなんと(時々見るだけでも)つまらなさが十分伝わった前回の旅館ものより視聴率が悪い、と今朝の新聞に書いてあってびっくり!
こうなると視聴率をあげるには、ひたすらベタなドラマを作るしかなくなるのでは?すべてのドラマが橋田壽賀子みたいなったら・・あ、悪夢だ。

2008/01/09(Wed) 21:04 | URL | oha~ | 【編集
>フジにしては予定調和的でないのがいいね。

そうそう、どこにどうころがるんだかわからない感じや、どこか実験的な匂いも微妙にするし。どう転んでどう展開しても、いい感じに裏切ってくれそうな気もするし。

>時効課の課長、時効警察の印象が強すぎて なんだか普通にしゃべってても笑っちゃったよ。

あれ、普通にしゃべっているのかね? あまりにもうさんくさすぎて、心の中で「課長、ブラボー!」って叫んじゃったよ。

>NHKの朝の連ドラ、時々しか見てないけど、時々見るだけでもおもしろいのよ。

落語家の話でしょ? 私は全く見てないからよくわからんけど、新聞記事や雑誌記事でたまに取り上げられているところを見るとそれなりに評価されているんじゃないのかねえ(え? 違う??)。
2008/01/10(Thu) 00:16 | URL | tsumire→oha~さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
あしたの、喜多善男~世界一不運な男の、奇跡の11日間ですが、面白かったです。あまり期待してなかったのですが、ブラックユーモアはほとんどツボにはまりました。 世界一ついてない男という触れ込みの喜多善男(小日向文世)は、友人の命日に当たる11日後に死ぬことを...
2008/01/09(Wed) 15:38:47 |  一言居士!スペードのAの放埓手記
ハチクロ見た後、そのままテレビをつけたままで 「あしたの、喜多善男」をながら見してました。 面白いじゃないか_| ̄|○ ながら見のつ...
2008/01/09(Wed) 18:17:34 |  ぐ~たらにっき
 私は・・けっこうおもしろかったですよ。好きですね~ セリフのひとつひとつが考えられていて、複線っぽいのがいいなぁ・・ 「新たな道をみつけだすために 時に人は大きな痛みを必要とする だが、この男は・・・ まだそのことに気づいてはいない」  『人生に...
2008/01/10(Thu) 12:43:41 |  トリ猫家族